ごーいんぐまいうぇい!

ごーいんぐまいうぇい!

ふらりふらりと気の向くままに。日々迷走。ときどき暴走。とある自転車乗りのひとりごと。

あけましておめでとうございます。

ぽにです。

 

さて、今回は昨年11月に決行した終電出発日の出ライドについて。

北海道遠征記は一旦お休みです。

 

 

ことの発端はいつもの思い付き。

「星と朝日を見に行きたい」

 

思い立ったら瞬間から、目的地を考え始める。

かつて何度か外房方面へと朝日を求めて走ったことはあったが、都内から走るとなると半分以上は市街地。正直、楽しくない。

 

というわけで、今回の目的地は群馬県へ。

さらにこれまでは自走がメインだったところを、終電輪行で高崎へ向かうプランに。

 

都内から高崎へ向かう終電は、23:46上野発高崎行き。(平日ダイヤ)

所要時間は1時間50分と、ライド前の仮眠にもちょうどいい時間だ。

なおこの終電、先頭5両は途中の籠原止まりとなっているので、輪行ポジション取りには注意が必要。

うっかり先頭車両に陣取ってしまうと途中で乗り換えが必要になってしまう。

 

最後尾に乗り込んでうとうとすること2時間弱。高崎駅に到着。

いつもの手順で輪行解除し、走り出す。

目的地は二度上峠だ。

 

このブログで紹介するのは初めてだったと思うが、二度上峠は榛名山よりさらに西、北軽井沢へ向かう道中にある。

標高は1300m程度で高崎駅から山頂まで50㎞とほどほどの距離にあり、麓からはおよそ20㎞ほど上りっぱなしとなるルートだが、激坂はないし景色もいいため楽しく走ることができる。

 

実際、私自身も秋には必ずここの紅葉を見に訪れているし、2019年に至っては年間5回走る程度には大好きな道だ。

今回はナイトライドのため途中の景色を撮ることはできなかったが、以前撮った景色を共有しておこう。

 

さて、実は夜の二度上峠は初めて。

過去何度か昼間走ったときにカモシカに遭遇した経験があったので野生動物には注意しつつ走る。

とはいえ、街灯が少ないうえにソロのヒルクライム。ペースを上げる必要はない。

というかあまり頑張って走ると山頂の日の出待機で汗冷えして凍えてしまう。

そんなわけで時折星空を見上げながらのんびりと走るものの、真夜中の峠道を自転車のライトのみで照らしながら進むわけなので、ぶっちゃけ「たのしい」と「こわい」が半々。

 

その「こわい」というのも、ホラー的なものではなく野生動物に突っ込まれるのではという恐怖。

普段より草葉が擦れる音が大きく聞こえる。こわい。

近くの茂みがガサガサと音を立てるたびにベルを連打し威嚇する。マジでこわい。

 

そんな感じでビビリ散らしながらもなんとか山頂に到着したころには、空が白みはじめていた。

当初の予定では山頂でのんびり星を見るつもりだったが、少々時間をかけすぎた模様。

サドルバッグに詰め込んでいたダウンジャケットを羽織り、バックポケットの中で圧縮されたひとくちアンパンをモシャモシャしつつ、徐々に明るくなる高崎市街地を見下ろす。

 

もうね。最高。

 

さて、この時点でこの日のライドの目的は完遂済み。

このあとは完全にノープランだが、とりあえず気の向くままに走ってみようといういつものノリライドである。

北軽井沢側へと下山しながらプランを考える。

せっかく北軽井沢・嬬恋エリアまで来たのなら、愛妻の丘には行っておきたいということで、嬬恋パノラマライン(北ルート)を目指すことに。

ただ、この時は台風19号被災の影響で各所で通行止めが継続中。

 

吾妻線もこの有様だった。

 

いつも走っているルートは使用できないため、GPSのマップを頼りにそれっぽい方向へ走る。

が、わりとエグイ登り。

まぁ、勝手気ままに走ってればこういうこともあるよね。

 

さて、嬬恋パノラマライン(北ルート)上にある愛妻の丘も、二度上峠に並んで私が好きな絶景ポイント。

「なにもない」がそこにある。

 

何度来ても飽きない景色。

ベンチに座り、何も考えずにただぼーっと浅間山を眺めるだけの時間。至福だ。

 

とはいえ、風は冷たいので体が冷えきらないうちに撤収。

時間は昼前。そろそろ飯処を探す頃合いだ。

ここまで思い付きのみで走っているため、当然食事のアテなどあるはずもないわけだが、なんとなく市街地方面へ向かいながらそれっぽい店を探していたところ釜めしの看板が見えたためピットイン。

 

こういうのでいいんだよ。こういうので。

安心する味わいでした。

 

食事後はそのまま長野原草津口駅へ。

特急草津に乗車し、今回の思い付きライドは無事終了。

 

のんびり120㎞走っても昼過ぎに終われる終電輪行オーバーナイトライドはいいぞ。

 

走行ログ:Strava

9月1日。

 

天気予報は晴れ。

一昨年は部分参加でまともに楽しむ余裕はなく、去年は途中からの雨で景色も満喫しきれたとは言えなかったが、今年は違う。

去年楽しめなかったところまで余すところなく満喫しよう。

 

さて、今年のSGFルートは北側へ。

 

毎年参加しても違う道、違う景色が楽しめるというのがSGFが他のロングライドイベントと一番違うポイントだ。

なお昨年のブログであったらいいなと書いたグラベルオプションの難易度表記、今年はバッチリ反映されていた。

このあたりの運営のフットワークの軽さと、ホスピタリティの高さは素直にすごいと思う。

 

わざわざグレーチングの隙間に角材詰めるイベント運営初めて見た...

今回で第6回となったSGF、毎年進化してる。

 

スタート前のソワソワした雰囲気を楽しみつつ、AM7:00、そらちグルメフォンド2019開幕。

 

今年のSFGは開始早々サプライズルート。

なんと、スタート地点であるキタオンの隣にある遊園地内を走行する。

 

 

そんなサプライズもあり、スタート直後からテンションは既に最高潮。

 

なお、移動エイドやメインのエイドステーションで振舞われる食の魅力については各ゲスト陣がバッチリ言及してくれているので、

ここから先は写真メインでお送りします。

見通しのいいワインディングを走り、

 

グラベルオプションに入ればメインルートを見渡せる。

 

起伏あり、

 

牛あり、

 

ドローンあり、

 

そして何と言ってもグルメあり。

 

さて、ここまで景色や食事にクローズアップしてきたSGFだが、サイクリストのマナーアップにもかなり精力的に動いている。

それを一番感じたのがこの場面だった。

 

一日数本しか電車が走らない踏切での、足をついて完全一時停止・左右確認からの再スタート。

開会式でも運営からの注意事項として挙げられてはいたが、道外からの参加者も多々いるイベントでここまで徹底できるものなのか。

いくつか他のイベントにも参加したことはあるが、最終的に参加者個人の意識に頼る部分でこれだけの統一感を出せるというのはSGF運営の気遣いと啓蒙の結果だと思う。

 

 

とまぁそんな感じで気持ちよくロングコースを完走。

 

おもてなしステーションでこれでもかと言わんばかりの食べ物を受け取り、

 

暗くなる空に名残を惜しみつつ3日間を共にしたゲスト陣ともここで解散。

 

私にとってこの夏一番のライドイベントが終わった。

 

が、北海道遠征はまだ終わらない。

北海道上陸4日目。

 

この日はそらちグルメフォンド公式開催の「裏そらち」、「ハイパーエキセントリックライド」の開催日だ。

 

裏そらちはゆるポタで景色と食事を楽しむプラン。

そしてハイパーエキセントリックライドは元全日本覇者のTKこと竹谷賢二さんをはじめ、実業団所属のガチライダーとキャッキャウフフの鬼ごっこ。

 

ゆるポタリストを自称する私だが、何を血迷ったかハイパーエキセントリックにエントリーし、さらにその中でも最高強度ライドになるグループに割り振られていた。

 

どうして…。どうして……。

 

なお、この日の天気は荒れる予報。

数日前に誰かがこんなフラグ建てたから…

 

なお、ゲストからハイパーに参加するのは、つむりん、篠さん、まさやんさん、ko-he-さん、私の5名。そして高強度組は篠さん、まさやんさん、私の3名だ。

いやほんと、なぜこのグループなのか。

 

ともあれ、けーすけさんの車でスタート地点である岩見沢キタオンへ。

この時点でそこそこの強風と、青空の向こうに分厚い雲が見え始めていた。

 

去年のSGF本番の雨を思い出し、ひたすら念じる私。

のちに、これが功を奏すことになる。

 

 

スタート地点には続々と参加者が集まってくるが、全員の太腿が明らかにわたしよりも一回り太い。

 

あぁ、今日が命日か…。

 

とはいえ、ただ牽き殺されるのを待つだけではなく一矢報いたいという気持ちはやはりある。

本格的な登りが始まる前に設置されている休憩ポイントまでは粘ろうというのがとりあえずの目標だ。

 

簡単なブリーフィングを終え、いざ、ハイパーエキセントリックライド開始。

 

走り出しは比較的交通量のある場所を走ることもあり、流していこうという話があったはずだが、あっという間に先頭との距離が開く。

 

これはまずい。

今回のコースプロファイルは、細かな起伏が多く且つ、風が吹けば吹き曝しとなるという私が一番苦手とするもの。

一度でも千切れたらその瞬間から一人旅が確定してしまう。

 

何度か前のライダーとの間が空いてしまっては、そのたびに死に物狂いで食らいつく。

だが、普段よりも明らかに高い強度に加え、強風が容赦なく体力を奪いにくる。

結果として、20㎞程度で集団から脱落。

当初の目標の半分すらも達成できなかった。

 

集団復帰が絶望的と判断してからは普段のツーリング(ちょっと高強度)モード。

途中、公式カメラマンがいたのでとりあえずピースしてみたものの、あとでもらった写真を見てみると明らかに顔に生気がなかった…。

 

ともあれ、なんとかエイドポイントで先行していたグループに合流し食事をとる。

 

そして、ここでゼッケンに脱落者マークを貼られる。

 

 

微塵も構われずに先に行かれました。

 

再び走り始める前に集合写真を撮り、ここからは万字峠へ向かうヒルクライム。

普段であれば人並みには登れる自負はあったが、この時点で完全に脚は売り切れ。

戦う前から負けていた。

 

早々に見えなくなる先行グループを見送り、完走を目標とした走りに切り替えて淡々と登る。

息も絶え絶えに山頂を通過し、下った先の合流ポイントで再び先行グループに合流。

ここで自販機給水ができたため、多少元気になったので帰りは頑張ってトレインについて行ってみようかなと思ったものの、あえなく撃沈。

 

もうね。無理。

 

おれ、来年は絶対裏そらちに参加するんだ…。

 

そんな感じで、行程のほぼ半分以上は一人旅だったハイパーエキセントリックライド。

とてつもなくキツかったが、実業団レベルのひとがどんな走りをしているのか肌で感じられたというのは新しい収穫だった。

 

めっちゃキツかったけど!!!

 

キタオンに戻ると、キジ麺が提供される。

うめぇ…疲れきった体に染み渡る…

箸持つ手が震えるしエネルギー使いきって顎すらまともに動かないけど。

 

ちなみに、走りだしは心配していた空模様、結果として走行中は一度も降られることはなかったが、キタオンから岩見沢のホテルへ戻る途中で道路が一瞬で冠水するような極地豪雨。

そんなこともあり帰りは少々ドタバタしたものの、無事にホテルに戻ってSGF前夜祭という名のツイッターオフ会。

今年は壇上でのマイクパフォーマンスは篠さん、つむりん、けんたさんに丸投げして参加者同士の交流を楽しむ。

 

絵面が濃い。

 

 

さぁ、いよいよ翌日はSGF本番。

今年は去年以上に満喫しようと心に決めて、お布団にログイン。

 

走行ログ:Strava

8月30日。

北海道で迎える3回目の朝。

 

この日は裏々そらちと称し、けーすけさん他地元ライダーとゆるポタしようの会。

なお、予定ルートや目的地、走行距離についてはゲスト陣には知らされていない。

これは油断してるととんでもないルート走らされて死にそうになるやつでは?と若干警戒しつつ、とりあえずこの日一緒に走るメンバーと挨拶。

去年も使用したIP無線を装着し、いざ走行開始。

 

走りだしてまず向かうのは、何はともあれボトルに飲み物くらい入れておきたいよねということでセイコーマートin北海道大学。

なんか、やけにオシャレっぽい雰囲気なんですが。

 

北海道大学の広さについてはうわさに聞く程度には知っていたが、実際敷地内を走ってみると本州とのスケールの違いを感じた。

主に道路が広い。

 

大学敷地を抜けてからは新川沿いを石狩湾に向かって走る。

このあたりの川沿いの道ひとつとっても、地元民の持つオススメルート情報は旅行者である我々にとって非常にありがたい。

教えてもらえなければ知らずに終わるような快走路を知ることができるというのも、遠征先の友人と一緒に走る楽しみの一つだ。

 

新川沿いをしばらく走り、前田森林公園に入る。

オススメのフォトスポットがあるとのことだが、公園内に入って直後

 

ponic 「写真撮りたいので止まりまーす」

 

いきなり進行を阻害してすみませんでした。

でもどうしてもここで写真撮りたかったんです…

 

というわけで突然始まる愛車撮影会。

 

そして躊躇なく地に這うローアングラー。

 

この後も公園内の各ポイントで撮影会が始まったわけだが、前田森林公園、撮れ高高い。

 

公園を離脱後は、小樽方面へ。

なにやらオススメのランチスポットがあるらしい。

 

というわけでやってきたのは銭函ベース

キャンピングトレーラーを改装したカフェで、テラス席からは海を眺めることもできる。

 

メニューも思いのほかボリュームがあるうえにこれまた飯テロ力が高い。

 

さらに、銭函ベースから少し先の「KAKOME」でかき氷を食べる。

なおKAMOMEは夏季限定営業で、この日はたまたま2019年最終営業日だったらしい。

 

そして今度は砂浜で始まる自転車撮影会。

 

距離的にはここまで30㎞も走っておらず、自転車に乗っているよりも観光の時間の時間の方が長いくらいなのだが、そうしないともったいないと思うくらい景色にランチ、デザートと非常に満足度が高い。

 

さて、行程としてはここで折り返し。

 

往路とは違い少々のアップダウンがあるルートで、体力のあり余った大きい子供たちが嬉々としてはしゃぎ始める。

徐々に巡航速度が上がり始めたころに、無線が入った。

BOOBYさんとけーすけさん、千切れたのでショートカットしますのお知らせ。

 

去年に続き、今年も後半からサバイバルモードである。

 

その後もペースは落ち着くことなくショートカット組との合流ポイントである五天山公園へ。

ここで小休憩をはさみ、市街地へと戻る。

 

で、市街地へ向かっての走行中のまさやんさん、

「とうきびが食いたいです」

との発言があったため、大通り公園でとうきびタイム。

 

ほんと食ってばっかだなこのライド…。

 

とうきび欲も満たしたところで、あとはけーすけさん宅へ戻るのみ。

市街地内は3人程度のグループに分かれて走っていたわけだが、ここでまたBOOBYさんから無線に連絡が入った。

「BOOBY、迷子です…」

ど う し て そ う な っ た 。

 

今年も迷子属性を存分に発揮したBOOBYさんを無線で誘導しつつ、全員が無事帰着して裏々そらちは終了。

 

いよいよ翌日はそらちグルメフォンドはじめての試み、「裏そらち」の公式開催と「ハイパーエキセントリックライド」が開催される。

 

走行ログ:Strava

8月29日。 

起床は6時。 

朝食は補給用のプロテインバーで済ませ、出発のための荷造りをする。 

幸い、昨日雨に濡れたウェアはすべて乾いているし、外を見てみても霧雨っぽくはあるが昨日ほどの雨ではない。 

前日、ずぶ濡れの状態にもかかわらず快く迎え入れてくれた宿のオーナー夫妻にお礼を伝え、いざ3日目。 

 

この日は予定通り旭川を経由して札幌まで。 

距離にして170㎞程度だが、北海道補正があれば途中で観光を挟んだことろで10時間もあれば走れてしまうような距離だ。 

 

まずは旭川を目指す。 

せっかく美瑛に泊まったのだし、できることならば青い池も見に行きたい気持ちもあったのだが、天気も良くない上に少々登るルートとなるので今回は見送り。 

天気がよければ最高であろう美瑛の丘を横目に、そこそこのペースで快走する。 

 

旭川市内には1時間程度で到着だ。 

さすが北海道、30㎞/hで1時間走れば30㎞進む。 

この快走感ばかりは本州では得難い。 

意識して休憩しないと走りっぱなしになるということでもあるんだが。 

 

さて、美瑛から札幌であれば根室本線沿いに滝川に出るのが最短ルートではあるものの、なぜわざわざ旭川に寄ったのかという理由がこちら。 

 

そう、神居古潭。 

ぶっちゃけ周囲には何もないし、目立って凄いものがあるわけでもないのだが、「うしおととら」を読んだことがある人ならわかってもらえると思う。 

ここが作中でのストーリーにおける重要地点であることが。 

というわけで観光というよりは聖地巡礼的な感じではあるが、ここも昨年訪れようとしたものの雨により断念した場所。 

今年も残念ながら青空の下というわけでもないし、なんなら近くを流れる川は茶色い濁流と化しているが気にしない。 

天気が悪い日は悪い日なりに楽しめる雰囲気もあるんです。 

 

ちなみに神居古潭の旧駅舎前にサイクリングロードが通っているのは訪れて初めて知ったのだが、後々ここを走った友人から話を聞くと、わりと荒れた路面なのでロードバイクにはあまりオススメはしないとのこと。 

こうなってくるとツーリング特化のグラベルロードも欲しくなってくるなぁなどと思わないでもないが、そちらの沼は深そうなのでまだ踏み込まないでおこう。 

 

神居古潭の雰囲気を満喫したら、このあとは途中観光地も設定していないので札幌を目指すのみ。 

 

とはいえ、せっかく長い休みを取ってきたのにただ走ってるだけではもったいないので、道の駅を見つけては積極的に休憩をとる。 

道の駅田園の里うりゅう では雨竜米アイスを食し 

(お米の食感がわりとしっかり残ってて普通のアイスと違った甘味があっておいしかった) 

 

その先の道の駅つるぬま では昼食にと冷やしラーメンを食す。 

(冷やし中華っぽいけどそうじゃない冷やしラーメン、好きです) 

 

辛くない強度で走り、積極的に食事休憩をとる。 

なんて健全なライドだろうか。 

普段からこういうのやりたい... 

 

さて、残り距離が70㎞程度になった時点で、時刻はまだ13時前。 

予定よりもかなり早い。 

下り基調なうえに信号もないからとちょっとはしゃぎすぎた感も否めないが、無理してるわけでもないしなにより早く着けばそれだけ遊べる時間が長くなるし悪いこと何もないよねってことで特に気にせず先を目指す。 

とはいえ、この日泊まるのは昨年もお世話になったけーすけさん宅。 

あまり早く到着してもアレなので、適当に時間をつぶす算段を立てる。 

 

幸い、札幌に向かう途中の当別町は石狩太美駅近くには普段コーヒー豆を通販で購入しているカフェがある。 

というわけで、Coffee Sanaticへ。 

 

ここに来るのは前年に続き2度目。 

昨年はなかったバイクラックが設置されていたため遠慮なく利用させてもらい、店内へ。 

2度目なのに、ホームのような安心感。 

 

さすがに前回訪れたのは1年以上前だしオーナーもまさか自分のことなど覚えてないだろうと思い、さらっと挨拶してとりあえず顔面の汗と塩を流そうとお手洗いを借りて席に戻る。 

で、オーナーの第一声。 

「あの...もしかしてponicさんですか?去年も来てくれましたよね?」 

TwitterのアカウントバレてらHAHAHA。 

 

なお、オーナーも旦那さんも程度の差はあれど自転車に乗る方なので、お近くの自転車乗り各位は行ってみると話が弾むかもしれない。 

ちなみにここでの会話一部抜粋。 

 

私「バイクラック設置したんですね、自転車乗りとしてはめちゃくちゃありがたいです。」 

オーナー「旦那の協力で置いてみたんですが、自転車乗りの方、来てくれますかね?」 

私「大丈夫です。自転車乗りはだいたいバイクラックあるお店に吸い込まれていく生き物なので!!(ドヤ」 

 

いや、あながち間違ってもない認識だ思う。 

あれば行ってみようかってなるでしょ? 

 

とまぁ、そんな感じでオーナーと談笑しつつ和やかにカフェタイムを過ごし、ほどほどにいい時間になったので再び札幌へ向かい移動開始。 

 

17時には札幌駅近くのスーパー銭湯に到着。 

ここで汗を流して着替えてついでに食事も済ませ、さらに近くのコインランドリーでウェアその他を洗濯するというのが昨年確立した黄金ルート。 

温泉の近くにコインランドリーはマジで神だと思うんだ。 

 

洗濯待ちの時間に自転車の軽い整備も済ませていざ、けーすけさん宅へ。 

 

けーすけさん宅にはすでにつむりんこと、神楽坂つむりさんがいたが、なにやら慌ただしい雰囲気。 

その理由が 

「ペダルがSpeedPlayなのに間違えてクリート付いてない新品のシューズ持ってきちゃった上にSPDしか対応してない...」 

いや、何やってんですかw 

 

まぁないものは仕方ないということで現地調達に向かうつむりんとけーすけさんを見送り、私はお留守番。 

 

とまぁそんなトラブルもありつつも、つむりんは無事SPDペダルとクリートを調達して帰還し、昨年も一緒に走ったBOOBYさん、まさやんさん、ぢろうさんも合流。 

さぁせっかくだし軽く飲みながら駄弁ろうぜと言ったところで、けーすけさんが持ち出してきたのがコチラ。 

「なんか差し入れ頂いちゃって…」 

って言ってますけど、差し入れでこの量って... 

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま す 。 

 

折角のご厚意は遠慮なくいただくスタイルなので、躊躇なく食い、呑む。 

で、この唐揚げ。 

山沢仕出し店さんからの差し入れなんですが。 

もうね、でかいしうまい。(圧倒的語彙力不足 

今回差し入れしてくださったのがノーマルの味付けと味噌で味付けしたものだったわけだが、個人的には味噌バージョンがめちゃくちゃ美味かった。 

当然味が濃くなるのは想像に難くないわけだが、しつこくない味の濃さ。 

これ、自分で出そうと思うと意外と難しかったりするんですよ。マジで。 

 

あと、わりと衝撃的だったのが昆布焼酎。 

いや、昆布と焼酎って何。 

でもなんだかんだ言ってちょっと風味付けた焼酎なんでしょ。 

 

と、思ってました。 

 

なにこれ。めっちゃ昆布。なのに焼酎。 

味覚の処理能力が混乱してる。 

 

さらにはイクラ。 

の、アイマスク。 

ど う し て コ レ を 差 し 入 れ よ う と 思 っ た 。 

 

結果、大好評でした。 

 

と、そんなこんなで盛り上がりつつ日付が変わったころに就寝。 

翌日は裏々そらちだ。 

 

走行ログ:Strava