西川隆光です。

 

西川がご相談を受けていると

よく「何で自分ばっかり」とか、

「どうせ自分なんて」と

考えがちな方がいらっしゃいます。

 

しかし、実は

そう考えれば考えるほど、

疫病神がやってくるし

貧乏神がやってくるし、

終いには、

死神もやってくるんですよね。

 

でも、疫病神も貧乏神も死神も、

決して悪魔じゃなくて

「神」なんです。

そして「神」とついているからには

必ず役目を持っています。

 

僕たちが

二河白道(にがびゃくどう)、

中道を歩こうとしたときに

必ず「どうだ、どうだ」と試してくるのが

疫病神や、貧乏神、

あるいは健康をむしばむ死神。

彼らにはそんな役目もあります。

 

実際には試されているのだけれど、

僕たちはそれが現実だと思っているので、

おののいて、慌てふためく。

せっかく次元上昇しようと

中道を歩こうとしているのに、

引き返していったり、

常識的に生きようって言って

するっと元の自分に

降りていってしまうんですね。

 

もっとも皆がそういう生き方をして、

行ったり来たりしているわけですが、

その真実に気がついてしまえば、

二河白道というのは

白き、素晴らしい道だということが

わかってくるわけなんですよ。 

 

ですから、病気であれ、厄災であれ、

貧乏であれ、何であれ、

それは、試されているんです。

 

日々細い道を歩いていると

ふいに災難に襲われたり、

ふいに事故に遭ったり、

いろんなことが起こります。

 

しかし、それに気づけば、

襲い掛かってくる苦難、困難とか、

事故や厄災みたいなものは

実は自分が試されているだけだと

わかるはずです。

 

自分の心の中にある心象風景というものが

映画のように映し出されているだけ。

そのことに一喜一憂しているのが、

僕たち、蟻のような

ちっぽけな人間の存在なんですね。

 

神からみたらどうってことないものに

慌てふためいている。

上から見るとそう見えてしまうわけですよね。

それが僕らの人生の真実なんですよ。

 

煩悩に振り回されない

人生を送るためには

煩悩を経験してみることも

すごく大事だと思うんです。

 

いろんな煩悩に振り回されて、

それでハッと気付く瞬間、

それがまさしく悟りの瞬間なんですね。

こうして悟れば悟るほど、

二河白道の白い道が明確に

見えてくるんです。

 

そして、その白道の中にこそ

自分の使命だとか、

人生の目的とか、

何のために生まれてきたのかとか、

そういうことの答えがおいてあるんです。

そこを歩まない限り、決して

そういったものは見えてこないです。

 

それが霊的な人生を生きる時の

真実だと思ってください。

 

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。

西川隆光です。

 

皆さんは、

「中庸(ちゅうよう)」という言葉を

ご存じだと思います。

この中庸という言葉は

儒教の始祖である孔子が

おっしゃった言葉ですよね。

右にも左にも偏らない

「ほどほど」をとることです。

 

一方、ブッダが教えた

「中道(ちゅうどう)」というのは、

右にも左にも偏らない考え方ではなく、

王道を行くということなんです。

 

言葉はちょっと似ていますが、

全然違いますよね。

 

物事にはやはり王道というのがあって、

その王道を歩くというのが

中道の道と言われているんです。

 

中道の道というのは

二河白道(にがびゃくどう)といって、

ひとつの白い道なんですね。

 

でも、その二河白道は、

右側には燃え上がる火の手、

左側には鳴門の大渦みたいな渦が押し寄せ、

いわば火責め、水責めというような状態

その中にある細い道なんです。

それを歩くことを

中道を歩くと言います。

 

この時の水や火というのは、

自分に襲い掛かってくる夢、幻、

煩悩であったり、災難であったり、

そういうことを表しています。

 

ここを歩いていく

ひとつのポイントは、

襲い掛かってくる火の粉とか

水は、バーチャルなものだということ。

自分が試されているだけなんです。

 

それにいちいちおびえてしまえば、

もうこの人生では

中道歩くのをやめようって

あきらめちゃうと思うんですよね。

 

しかし実は、僕たちの生きている

3次元世界、この世というのは

言ってみれば、すべてが

バーチャルな仮想現実の世界。

 

たとえば病気というものは、

肉体を蝕む(むしばむ)ものであって、

霊体を蝕むものではないですよね。

自分本来の姿である、霊的なあなた、

霊体としてのあなたを

食い殺すものではないですよね。

 

肉体というのは、いずれ

この世において消滅して、

そして霊的な自分だけが残って

それが天国へと戻っていくわけです。

それを考えたならば、

実は肉体で経験していることはすべて

バーチャルな仮想現実であるということ。

 

それに気づけば、

襲い掛かってくる苦難、困難とか、

事故や厄災みたいなものは

実は自分が試されているだけだと

わかるはずです。

 

降りかかってくる火の粉や

襲い掛かってくる水は

自分が勝手につくり出している

煩悩にしかすぎないということに

気づきます。

 

そして、それに気づくと、

バーチャルだから

見えなくなります。

実は何もないところに

恐ろしい映像が

映し出されていただけなんです。

 

そうすると、白道を恐れずに

まっすぐに歩むことができます。

実は人生ってこの連続だと

西川は思うんですよね。

 

中庸と言うのは物事の考え方。

右にも左にも偏らない

ほどほどをとろうという考え方。

一方の中道というのは

煩悩に振り回されない人生を送っていく、

そのための道を表しています。

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。

西川隆光です。

 

立冬を過ぎて暦の上はもう冬。

カップルにはイベントの多い季節ですが、

一人の冬は淋しいと

若くてフリーの方の中には

クリスマスまでには恋人ゲット!と

張り切っておられる方もいることでしょう。

 

一昔前ほどではありませんが、

やはり相談内容で一番多いのが

恋愛に関することです。

 

以前こんな相談を受けたことがあります。

毎日、顔を合わせる男性と

まるでツインレイかツインソウルかと

感じてしまうくらいに気が合って、

お互いにひかれあっていったけれど、

彼には奥さんがいた。

それでも付き合いを続けてしまったが、

何とか別れを決意した…。

そんな内容のご相談です。

まるでドラマみたいなお話ですよね。

でも、本人には辛い決断だったでしょう。

 

まずこの方の魂的なリーディングをすると、

やはり基本的に、

自己犠牲的恋愛が好きな人でした。

これはもう、魂の傾向性なんですね。

 

ツインレイかツインソウルかと感じる

というのは恋愛の中でも

やはりすごく縁のある人には

そういう感じ方をするんです。

それでもやはり、その場限りとか、

そこまでいかない恋愛もあります。

そのくらい縁の深い人に対する

処し方というのは、もうそれを

「良き思い出」に変えるしかないんですね。

 

それを引きずるから、くり返すんです。

恋愛というのは忘れることがとても重要で

どこかで何かを引きずっているから、

同じ傾向の恋愛、この方の場合だったら

自己犠牲的な傾向の恋愛を

また引き寄せてしまうんです。

 

人はどうしても自分の発している

オーラや念波や波動でもって

事象を引き寄せています。

これは良かれ悪しかれ、どちらもそうなんです。

 

自己犠牲的恋愛で傷つくのが

もう本当に嫌だと思ったら、

一度普通の恋愛をしてみるといいのですが、

多分それでは心が動かないかもしれないです。

 

ですから、

ちょっとの期間試しながら、

その感覚に慣れる、

いわば助走期間みたいなものを

しっかりと設けてほしい。

 

最初から前の方と出会ったときの感覚を

新しい普通の恋愛に求めようとしたり、

何かが違うと思わずに、

新しい道を歩んでいるんだと思って、

新しい感覚をつかみに行く。

 

そうすると今度はそれが

自分の恋愛のパターンになっていきます。

 

僕は一番恋愛でいいのは

いろんなパターンを持つべきだと

思っているんですね。

多くの人は傾向性が偏るんです。

偏っているから、この相談者の方のように

自己犠牲的恋愛になったり、

なかなか結婚できなかったりする。

 

たくさんじゃなくていいんですが、

いろんなパターンの恋愛をしてみようと思わないと、

これは解消できないです。

そこに対して恐怖感をあまり覚えずに、

楽しむ恋愛をしてほしいと思います。

 

この方も恋愛=結婚とか、

恋愛を少し重くとらえていたところがあります。

 

自分の魂は穢れずにいればいいと思えれば

もう少し気楽に恋愛できるのかなと思いますね。

いろんな形があってよしと

受け入れていることも大事だと思います。

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。

西川隆光です。

 

言葉の大切については

このメルマガでも常々申し上げていますね。

 

ひとつ霊界的な話をすると、

霊界には空気もなければ、

肉体もありません。

じゃあ霊界には言葉がないのかというと

そうでもないんですよね。

 

守護霊だって、天使だって、

何かを伝えてきます。

確かにテレパシーという方法もありますが、

テレパシーだって結局言語です。

チャネリングするのが僕だったら

日本語という言語に置き換わって

チャネリングというのは始まります。

あの世に還っても

コミュニケーションがあるという点は

この世と同じだということです。

 

しかし、天使の言葉を聞いていくときに、

ものすごくネガティブなことを言う

天使っていませんよね(笑)

天使とつながったときに

ゾゾッとする波動とか波長とか、

ネガティブな言葉を発するとか、

あり得ないですね。

 

もしかしたら、自分があまりにも

ネガティブに落ちているときに

向こうがあまりにも前向きで明るくて

真っ当な正論を言ってくるのを聞いて

「ああ、もうやってられない」と

思うことはあるかもしれませんが(笑)

でも、それは自分の、

受け止める方の問題であって、

やはり天使とかハイスピリットたちは

常に一定のレベルを保った言葉を発しています。

 

自分のメンタルが落ちそうだなと

思ったときのために、

気分の上がりそうな

アファーメーションを用意しておくといいですね。

 

たとえば「自分ならできる」というような

自分に対して「こうである」と

言い聞かせていくのが

アファーメーションです。

そうでいられるといいな、ではなく

そういう自分であると言い切る

それがポイントです。

 

自分自身でそれをくり返しているだけで

ボルテージが上がってきて、

やる気がみなぎってくる、

そんな言葉をつくってみましょう。

 

目標がある方なら

その目標でもいいですし、

いつも自分に対して

適切な語りかけをしていくことは

とても重要です。

是非取り組んでみてください。

 

もう一つ大事なことは、普段から

発する言葉をきちんとチェックすることです。

この外に発する言葉も

言霊となっていきますし、

その言葉を一番聞いているのは

自分自身であるということ。

 

ですから、外に発する言葉も一つの

自分に対するアファーメーションになります。

日頃からなるべく積極的で明るく

ポジティブな言葉を使いましょうというのには

こういう理由もあるんですね。

 

ギリシャ神話の最高神、ゼウスが

昔、この世に生きていたとき、

言葉を発しただけで

周囲の波動が一掃されてしまったそうです。

そのくらいの波動を持っていたみたいです。

もうゼウスくらいになると、

言った言葉がすべて現実化してしまう。

くり返しますが、この世に生きていた時、ですよ。

 

やはり神に近き人ほど、高次元の霊ほど

言霊の力というのを持っています。

だから僕達もこの世において一生懸命、

言霊の力を磨いていきましょう。

 

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。

 

西川隆光です。

 

突然ですが、皆さん

「今」を楽しく生きていますか?

 

実は、毎日が楽しくないというのは

かなりよくある相談の一つです。

お金や時間がふんだんにある人でも

楽しみがないと嘆く人は結構多いのです。

 

そういう場合、西川は、

「あなたは、どうなりたいんですか?」と聞きます。

すると、ほとんどの方が答えられません。

 

どうなりたいかが見えないから、

行く方向が見えないから、

今も楽しめないということなんです。

 

昔の旅人が北極星を目印にしたように、

ポーラスター(北極星)が見えていれば

たいてい人生は迷わないっていう

僕なりの理論があるんですよ。

だから、

人生のポーラスターを持とうと

西川は言っています。

 

しかし、そのポーラスターを持つとき、

根が真面目な人ほど

きちんとした目的や目標を

立てようとするんですよ。

おそらくそれが一番の問題なんです。

「こうでなきゃって」いう思いが

強いんですよね。

 

僕自身も、若い頃は

「こうでなければいけない」という

哲学というか、決めつけがありました。

でも、そのこだわりをもっているときって

なかなかうまくいかないんです。

 

ということは、逆に言うと

こだわりを捨てればいい。

こだわりという名の執着を

捨てればいいんです。

 

もし自分が「こうでありたい」と

心の中で思っていながらも

行く目標がまだ分からない、

見えてないのであれば、

その目標を仮設定してみることです。

 

今の状態を自転車にたとえると

ギアが空回りしている状態

ペダルを踏んでも、踏んでも

カラカラと音を立てるだけで

少しも前に進めない。

ギアをちょっと入れればいいのだけれど、

そのことに恐れを抱いている。

なぜなら、一歩踏み出すと

それを歩まなきゃいけないんじゃないかとか、

最後までやらなきゃいけないんじゃないかとか、

そう思ってしまうから。

 

そういうこだわりを捨てるんです。

乗り換えOK、途中下車OKだと、

それくらいゆる~く

考えてみてはいかがでしょうか。

 

仮の目標を設定してみましょう。

何の囚われもなくていいです。

お金の心配もない、

能力の心配もない、

それならばどうしますか?

 

一般的に言って、人間は

自分がまだ体験していないことには

どうしても怖さが走るものです。

 

試しに一度、遊ぶくらいの感覚で

仕事をしてみてください。

結果を恐れずに、

好きなことに戯れてください。

戯れるということは

その場を「頑張る」じゃなくて、

その場を「楽しむ」ということです。

ぜひ、心掛けてみてください。

 

今が楽しくないと嘆く人は、

仮でもいいので目標を持つ。

悪い意味ではなく適当に、

いい塩梅に生きてみる。

 

そして、これからの数日間、

その場を楽しむということをテーマに

生きてみてください。

まずは、そこから練習してみましょう。

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。

西川隆光です。

 

皆さん、神社などに行かれた際、

お神札(おふだ)を買ったりされると思います。

 

実はよく僕が受ける質問のなかに、

××神社で買ったお神札や勾玉には

効果がありますか?とか、

もしくはどこかで買った

パワーストーンについて

どんな効果ありますか?

というようなものがあります。

それもかなりしょっちゅう聞かれています。

つまり皆さん、結構何もわからないまま

買ってしまっているということですね(笑)

 

まずお神札については、

必ずご祭神の名前や霊威を表す文字などが

書かれているはずです。

それをきちんと読んでいますか?

ここの文字というのは

参拝する上でもすごく重要です。

 

西川はお神札をつくる側だったことがあるので

よく分かるんですが、

この文字を書くときに一番心を込めるんですね。

もっとも最近のお神札は印刷も多いですが(笑)

それでも、ここに一番の意味があるんです。

 

また、西川の講座を受けている人は

ご存じのことですが、

僕は「シンクロマジック」という魔法を

教えています。

 

その中でもよく話をするのですが、

もし、ここにただの木の札があって、

それをお神札にしようとするなら、

いわゆる性根入れをしていくことです。

あるいは波動を合わせでもあります。

パーフェクトアチューンメントをしていくことで

自分の波長に合わせていく、

波動に合わせていくという作業を

一つ入れるといいよということを言っています。

 

まずは魔法が使えることが前提ですが、

魔法が使えたら、パワーストーンとか

お神札や勾玉もそうですが、

そこに対して一つのベクトルを与えられる。

ベクトルというエネルギーを持たせることです。

 

ベクトルというのは日本語でいえば

方向性という意味なんですけれど、

その方向性という名のエネルギーを与える、

それを魔法でする。

そうするのがベストかなと思っています。

 

僕のエネルギーワークの中で

一番重要なのは、

この「ベクトルを与える」ということ。

 

おそらく他のエネルギーワークでは

浄化する、癒やす、打ち消す、

そういった類のことが多いと思うんですが、

ただ癒やして打ち消すだけじゃなくて、

ベクトルを与えるというのが

僕のエネルギーワーク、

魔法の特徴です。

 

魔法というのはそもそも

目的を与えることなんです。

いろんなもの、いろんなエネルギーに

目的を与えるというのが

魔法の根拠になっています。

 

そして、

どういう目的を与えるかというのが

大事です。

 

お守り、お神札、そして神社参り、

そういったものも結局ベクトルなんですよ。

それを定めるために行くわけですし、

もしくは定めてから行くのでもいいです。

そういう風に西川には

ベクトル重視というのがあります。

 

こういう話はなかなか

スピリチュアルカウンセラーがするのは珍しい、

非常に科学的な話なんですけれども、

ベクトル重視のエネルギーワークというのが

西川の魔法なんです。

ぜひ、覚えておいてください。

 

今日も、最後までのお読みいただき、ありがとう!

あなたも天使の言霊を無料購読してみませんか?

 


https://www.reservestock.jp/subscribe/6956

こちらからどうぞ!では、また。