先週のこと。



保育園のクラスの前に

「RSウィルスが流行しています」

というお知らせが張り出されました。


またよく分からないウィルスが……
と思っていたのもつかの間、
翌日保育園に行くと
なんとクラスの半分以上の園児がお休み。


帰ってRSウィルスについて調べてみると
その感染力は強力
乳幼児は2歳までに100%罹患するとのこと。


怖ぇぇええ!!


と震え上がった次の日には早速オムツ田くんも
盛大に発熱しました。


40.3度。


計測している限りでは
オムツ田史上最高の高熱です。



小児科の先生曰く
・タミフル的な特効薬がないのでインフルエンザより質が悪い。
・食欲が目に見えて減るだろう。
・お腹いっぱい食べさせると吐いてしまうことがあるので、すこしずつ食べさせて。
・咳と鼻水が出る。オムツ田くんの場合、50%以上の確率で中耳炎が再発すると考えていて欲しい。



結局、三連休はオムツ田くんは発熱しっぱなし。
日中は熱が引くことがあっても
夜になると38℃台まで上がってきます。

とにかく鼻づまりと咳が酷くて、
寝ている間はほんとうに苦しそう。

熱がようやく下がったのは
発熱から4日後でした。


念のため5日目は家でゆっくりと過ごして、
6日目の今日、また小児科へ行ってきました。




「まだ胸はゼィゼィいってますが
 RSウィルスは落ち着いたようですね」


と先生は言って手を擦り、
オムツ田くんの耳を診察します。

それからうーんと短くうなり、
顔を上げてこちらを見ました。


「……中耳炎になってますね」




またか、、、。



中耳炎から離れられていたのは
たった1ヶ月半だけだったな。
短い春だった……。