南町リーマンの昼休み

南町リーマンの昼休み

金沢市の南町、武蔵ヶ辻、近江町、香林坊界隈でのランチを食べ歩きする日々を綴る。B級グルメも稀にあり。

Bank21B01

 

南町交差点から徒歩4分

 

金沢市下是町にあるスクエアホテル金沢の1階にあるBANKERS STREET CAFEで、MEAT PLATE~豚肩ロースのグリル¥990

 

お店の名前は、この南町が金沢の金融街であったことにちなんでいるものの、いまではすっかり観光客向けのホテル街へと様変わりしちゃいましたね。

 

前回は、2019年12月に五穀米チーズリゾットとロールキャベツを投稿しております。

 

Bank21B02

 

大きな窓のおかげて明るい洒落た店内の一角に腰を下ろしてメニューをチェック。

 

Bank21B05

 

写真付きでなくなったメニュー表は、パスタ中心の構成に変わってました。 また、カフェということもあってデザート類も色々あり、確かの情勢のお客さん中心で賑わってました。

 

Bank21B03

 

Bank21B04

 

今回は、ご飯を食べたい気分でしたので、豚肩ロースのグリルか、牛ロースステーキの2つから、前者を選択しました。 

 

注文とと共に運ばれてきたカトラリー。 そうそう、このお店のカトラリーは黒でした。 

 

Bank21B06

 

さて、待つこと6~7分ほどで、MEAT PLATE~豚肩ロースのグリルが運ばれてきました。

 

Bank21B07

 

主菜の豚肩ロースは、予想以上にボリューミー。 一枚肉ではなく、カットされた豚肉が何枚も積み上げられていました。

 

Bank21B08

 

プレートランチには、サラダと野菜のフリットが付くということで、色とりどりのお野菜が盛られています。 野菜のフリットは... フレンチフライ。 ま、野菜の揚げモノであることは確かですが...(笑)

 

Bank21B10

 

ライスは、普通のお茶碗で一杯分ぐらいですかね。

 

Bank21B11

 

豚肩ロースのグリルからは、タマネギの甘さを思わせる美味しそうなソースの香りがします。

 

Bank21B09

 

さっそく、お肉を一切れ、頬張ります。

 

Bank21B13

 

美味しい、美味しい。

 

歯ごたえしっかりの豚肩ロースは、脂少な目で肉の旨みがしっかりと感じられます。 ソースは香りから想像される通りの甘口で、照り焼きソースチックな味わい。

 

続いては、お肉とライスを一緒に。

 

Bank21B14

 

甘しょっぱいソースがライスにマッチし、お肉の旨みもあってイイですね。 

 

お野菜も種類豊富で、お豆もあったり。 色々な味わい、食感が交差して、プレートランチを最後まで食べ飽きることなく頂けましたよ。

 

Bank21B15

 

食後は、ランチにセットされているドリンク=ホットコーヒーを選択、を啜りつつ、窓外に行き交う車や人をノンビリと眺めます。

 

Bank21B16

 

カトラリーの黒も固定的ですが、カップとソーサーも、なかなか見ない色合いですね。

 

Bank21B17

 

たっぷり注がれたコーヒーをゆっくりと味わって、ランチタイムを過ごしました。

 

美味しかったです。

ご馳走様。