南町リーマンの昼休み

南町リーマンの昼休み

金沢市の南町、武蔵ヶ辻、近江町、香林坊界隈でのランチを食べ歩きする日々を綴る。B級グルメも稀にあり。

Cocos19401

 

関東編です。

 

金沢にもお店があるファミレスの「ココス」で、まぐろのライスサラダプレート~ニース風~¥961

 

以前には、金沢のお店では実施していない朝食バイキング(昨年1月29日)を利用したことのある「ココス」。 今回はラインタイムの利用です。

 

 

メニューを確認してみますと、スペシャルランチに日替りランチもありました。

 

Cocos19402

 

Cocos19403

 

けれども、食指を動かされたのはグランドメニューのライスプレート。

 

Cocos19414

 

希少部位の「みすじ」を使ったステーキのライスプレートや、ファミレスと言えばのハンバーグを使ったものもありますが、見た目のヘルシーさに惹かれたメニューは、マグロの剥き身を使った一品。 「ニース風」を謳いながらもワサビ醤油マヨソースという、まったくフランス感のないところもステキです。

 

というわけで、まぐろのライスサラダプレートをオーダー。 但し、ワサビ醤油マヨソースは、マヨの油分を嫌って「なし」です。(この2つの素材を外したから、ニースに多少は近づくかな?)

 

さて、ランチ専用メニューではありませんが、ランチタイムはスープバーを利用できるとのこと。 

 

Cocos19404

 

中華風と洋風があり、メニューに合わせて洋風をカップに注いで持って来ました。

 

Cocos19405

 

そのスープを啜りつつ、待つこと6~7分で、まぐろのライスサラダプレート~ニース風~の登場です。

 

Cocos19406

 

横に長~いお皿の真ん中に、ご飯とマグロの剥き身が盛りつけられています。 主役のマグロは綺麗なピンク色。

 

Cocos19407

 

その右側も、

 

Cocos19409

 

左側も、

 

Cocos19408

 

生野菜で彩られています。

 

使われていたのは、レタス、赤と黄のパプリカ、ブナシメジ、紫キャベツ。

 

お皿のサイズは40cm近くありますが、野菜中心ということもあり、ボリューム感はそれほどでもありませんね。

 

 

そして、ニース風の謳い文句を見事なまでに破壊する、お醤油も付いてます。 ま、これがないと、素材の味のみになってしまうので、やむを得ませんね。

 

Cocos19411

 

このお醤油を少しだけマグロに垂らして...

 

Cocos19412

 

ライスサラダプレートを頂きます!

 

Cocos19413

 

うん、マグロ丼。 フランスの風は全く吹きませんね(笑)。

 

マグロは予想以上に赤身部位が多く、しかも、低価格なソレにありがちな、変な脂を混ぜた印象も受けませんでした。 ご飯はお茶碗一杯程度で、温かい白飯です。 ただ、盛り付け前にちゃんと冷ましてあるのか、マグロに必要以上な熱が通らないようにんなっていましたヨ。

 

さっぱりとしたランチになりました。

 

美味しかったです。

ご馳走様。