遅ポン、遅チーはどこまで有効なのか?

テーマ:

昨日のMリーグのドラフト、結構驚きがあったね。まぁ、これについてはまた今度書くとしよう。

藤崎さんが選ばれなかったのがすごく意外だった。

 

さて、話を本題に移そう。先週の金曜日、連盟のタイトル戦である十段戦のベスト8(準決勝)が行われた。面子は、沢崎誠、内川幸太郎、青山めぐみ、前原雄大の4人。

最終5回戦の南3局にちょっとした出来事があった。

 

ここまで、沢崎、内川、青山はかなり接戦で聴牌料ですらかなり大きい場面だ。

4回戦終了時の成績が、沢崎+4.7、内川+5.2、青山-5.1、前原-4.8.

で、5回戦南3局開始時の持ち点が、沢崎35200、内川35500、青山39800、前原9500だ。(5回戦の席順は沢崎ー内川ー青山ー前原)

 

16巡目、すでに聴牌している沢崎から8sが切られた。この8s、下家の内川もチー出来るし(3m55667p677s中 の形だけど、すでに7pを切って手を崩してる状況)

対面の青山は手牌が、444m3567p88s中 なので、8sをポンすれば聴牌に取れる。青山は前巡にドラの中を持ってきて3pと8sのシャンポン待ちの聴牌を崩した直後だ。

ここで動きが止まる。が、止まったままで卓上は進行されない。

30秒ちょっと経った所で内川が牌山に手を伸ばし、牌を触ったくらいのところで青山からポンが入った。特に止められることもなく普通にポンをして青山は3pを切った。立会人が止めることもなく場は進んだ。

 

これに対してコメントはそこそこ荒れた。これはどうなの?と。解説の勝又プロも競技的にどうなんですかねぇ?とか、すごくグレーなプレーに見えると言ってた。

まったくその通りだと自分も思った。

 

まぁ、ルールとしては上家が出た牌に対して鳴くかどうか考えることに時間制限はない。極論を言えば、5分考えようが10分考えようが違反ではないしペナルティもない。

実際、とある対局の決勝戦でメンチンの聴牌をしてて2回の長考が15分近いというのが数か月前にあったし。

でも、じゃあいいの?って言われると自分はちょっとなにか違う気がする。

 

結局、このプレーに対して放送中も対局終了後も運営や選手からの説明はなかった。

内川が牌山に手を伸ばして牌を触っているのを見ると、青山が先にポンの発声をしたとは考えにくい状況だ。いくら微妙な点数状況とはいえ、さすがにこれはないかなというのが自分の感想だ。

 

 

こういうグレーな部分というのが麻雀の最大な欠陥だと自分は思ってる。いや、他のスポーツや競技にももしかしたらあるかもしれないけど・・・。

そもそも、上家から出た牌について止まるというのが自分からすればおかしな話だと思ってる。百歩譲って、その巡目にリーチやドラポンが入ったとか、3人に立て続けに切られたとかならまだ理解できる。けど、それ以外の状況で止まるというのは明らかに準備不足だと思う。

普通、ここが出たら鳴く、ここは出ても鳴かないとか考えながら打つと思うんだよね。

とはいえ、鳴かないつもりでいても、なぜか反応して止まってしまうこともある。自分はこういう時は大体鳴いちゃうんだけどね。鳴かなかったらその牌での出あがりはしないようにしてる。

時代遅れな考えなのかもしれないが。

 

 

で、タイトルに書いた遅ポン、遅チーはどれくらいまでだったら認められるのだろうか?

3秒?5秒?10秒?無制限?

と言っても、ネット麻雀みたいに明確な時間制限をやるのにはリアル麻雀では限界があるしね・・・。

こういうのをこれからどうするのか?これも麻雀界の課題だと自分は思ってる。

 

どうなる?Mリーグ

テーマ:

今日、8月7日はMリーグのドラフトの日。7チーム各3人で21人。

まぁ、誰が選ばれるかの予想はだいたい他の人と似たり寄ったりになりそうなので、書くのは控えようかと思ったけど、とりあえず書いてみるわ。

 

連盟

・前原雄大

・佐々木寿人

・藤崎智

・萩原聖人

・白鳥翔

・勝又健志

・内川幸太郎

・滝沢和典

・荒正義

・沢崎誠

・HIRO柴田

・和久津晶

・黒沢咲

 

最高位戦

 

 

 

・近藤誠一

・村上淳

・土田浩翔

・朝倉康心(ASAPIN)

・平賀聡彦

・日向藍子

・茅森早香

 

協会

 

・鈴木たろう

・木原浩一

・松本吉弘

 

RMU

 

・多井隆晴

 

連合

 

・井出洋介

・小林剛

 

 

ちょっと人数多くなってしまったけど、まぁ、こんなところかなと自分は思ってる。

ただ、問題は女流プロなんだよね。はたして選択候補に入っているのかどうか?

モンドなんかは男と女流のリーグは別にやってるし、他の競技でも男女混合でやってる事の方がまず少ないんだよね。ただ、RTDは和久津プロが出てるのでそのつながりだとあってもおかしくない気もするし。

 

ところで、連盟の所にとある名前がないことに気付いただろうか?そう、瀬戸熊プロの名前がないのだ。これには理由があって、瀬戸熊プロ、今月の後半に某ピン雀にゲストで入っているんだよね。それを見て自分は予想から外した。

あと、協会の鈴木達也プロはオンレートの店を経営してるからまずないかなと。3軒経営してて、最低年俸の400万なんかよりはるかに稼いでそうだし。

 

年俸で話をつなげると、女流プロもほとんどがエントリーしてないと思う気がする。だって、普通に雀荘のゲストに行けば年収400万くらい普通にあるだろうからね。もちろんそれなりに有名な人だけどね。あとはパチ屋の営業に行く人かなぁ。

400万の補償は嬉しい部分もあるけど、いろいろと縛りがあるのを考えるとそこまで魅力的ではないかもね。特に女流プロは露出の機会も多いしね。

 

Mリーグ、成功するのだろうか?自分は疑問点が2つある。

1つ目は、選手が来期以降はどうするのか?2つ目は、生放送でやるならグレーな部分をどう解決するのか?見せ牌・コシ牌・過度の長考、三味行為の線引きなど。

 

まぁ、どうなるかはわからないけど、今までなかったことをやるというのはすごいと思う。

 

 

自分はルールがクソだからきっと見ないと思うけどねwwwww

赤入りで自動配牌とかまったく見る気がしない。

符計算不要論

テーマ:

たまに大型掲示板や某ブログのコメント欄などで、「麻雀に符計算はいらない。初心者の壁になってるし」みたいなのを見かけることがある。

 

たしかに、点数計算というのは麻雀を覚える時に大きな壁になるのは間違いないと思う。ツモ符があるのかと思えばピンフの時にはつかないとか、場所によってダブ東やダブ南が2符だったり4符だったりと。嶺上ツモにツモ符がついたりつかなかったりもする。

その点、役の翻数というのはほとんどのところで一緒で違いはない。せいぜいあっても国士の聴牌の時に暗槓の槍槓が有効かどうかとか、緑一色に發が必要かどうかくらいで、日頃からそこそこ出る役に関しては違いはない。

 

そう考えると、たしかに符計算は不要かもしれない。ヤオチュウ牌の暗槓をしただけで得点がほぼ倍になったりとか、56789という形で、7だとペンチャンに取れて符が跳ねて点数が増えるとかも変だしね。

 

ただ、仮に符計算がなくなったとしたら、今度は役の価値を見直さないといけないと思う。

今のルールだと、例えば1翻役だとしたら、役牌、タンヤオ、ピンフと一盃口が同じ翻数なのは自分としては割にあってないと思う。

どう考えても一盃口の方が難易度は高めだ。

 

2翻役なんて、三色、一通と三槓子が一緒とかあまりにも酷すぎると思う。

役満だって、国士、大三元、四暗刻と四槓子と九連が一緒とかおかしいしね。

 

それと、不要な役は排除するべきだと思う。一発、ハイテイ(ホーテイ)、槍槓、嶺上ツモなんて自分はいらないと思ってる。天和、地和も2翻役くらいで良いと思ってる。

役がないのにハイテイ、槍槓、嶺上ならあがれるとかおかしいと思うんだよね。

あ、ダブリーもいらないかなぁ。1巡目にリーチしたら翻数が倍っていうのもおかしいよね。

 

話は戻るけど、符計算は不要なのかどうか?自分は符計算があるからこそ面白い部分もあると思ってる。もちろん理不尽に感じる部分もあるけどね。

でも理不尽なのは役の方がよっぽど理不尽だと思う。

まぁ、そんなこと言ったら麻雀自体が理不尽なゲームなんだけどね。

 

 

最後に一言だけ言うと、点数計算はやる気があれば1か月で覚えられるから。