未来を拓くビジョンメイキング・新しい自分をつくろう!引き寄せの法則コーチング:さくらあくり公式ブログ

あなたは光です。もっと輝きましょう。
「この世は無です。」すべての現実はあなたが作り出しています。
潜在意識を書き換えて、あなたらしく光り輝くための引き寄せの法則コーチングです。

私たちは自分の潜在意識が考えている通りに日々現実を作り出しています。

あなたは光です。
もっと輝きましょう。もっと幸せになりましょう。夢を叶えてその先の世界を歩きましょう。

①あなたのお話を全力でお聞きします。
②問題になっている潜在意識のブロックを一緒に探し、一緒にはずしていきます。
③その先の夢を叶えるためにどうしたらいいかを一緒に考えましょう。
④具体的な行動ができるまで寄り添います。

同じパターンになってしまう原因を癒し、問題を乗り越えるだけではなく、
その先の夢を叶え、幸せになるためのコーチング・カウンセリングをしています。
あなたがご自分の実感をもって前に進み、ご自分の足でその先を歩いていけるようにサポートいたします。


このブログは、長い時間をかけて私なりに実験し、失敗も、成功も繰り返して理解した「引き寄せの法則」、「思考は現実化する。」についてのブログです。

自己肯定感は、幸せや豊かさの引き寄せのための、心のボトムアップです。

 

自分のことが好きか、嫌いは別にしても、自分はできる。自分は成功する。自分は幸せになれる。と思っていない成功者はいません。

 

引き寄せの法則の本を読んで、一時的にテンションが上がり、一時成功したとしても、この心のボトムアップがないとなかなか幸せな引き寄せは続いていきません。

 

それは自分がいろいろやってみて気が付いたことです。

 

幸せと豊かさの引き寄せコーチング・カウンセリング、の私が自己肯定感にこだわる理由です。

 

 

 

 

 

 

そんな訳で

今回は、自己肯定感を上げる…自分軸で生きるためのワークステップ3「感情を出す」

 

先日、育ってきた家庭について書いてもらいました。書きながらいろいろな感情がでてきたと思います。

 

今回は、その感情を書いてみてください。文字化して意識に上らせるということは、

潜在意識から、顕在意識へのぼらせるという行為です。

 

出てくるだけ全部書きましょう。

 

①あのとき、お母さん、お父さんに、ご家族に、なんていいたかったですか?黙ってのみこんでしまった言葉を今ノートの中で言ってみましょう

 

②あの時思っていたことを全部書いてみましょう。

 

例)父がお酒をのまないように、お酒に毒をいれようと本気で思っていた。もう飲まないでって言いたかった。

母が父と別れてしまったらどうしよう、と思っていた。別れないでで言いたかった。

自分がダメな子だから、両親はいつももめているのだと思っていた。自分になんてダメなんだ!って言いたかった。

自分を消してしまいたかった。

思春期には本気で父を殺そうと思っていた。

居場所を失って2階の押し入れに隠れていた時は、悲しくて、みじめで、誰かに助けてほしかった。でも恥ずかしくて誰にも相談できなかった。

 

 

 

例はまた、私のシェアです。

まだいっぱいあるのですが、ここには書ききれなません。

みなさんはもっと出るだけ全部書いてください。

 

私はこのワークをもう何十回もやっていますが、今でもちょっとだけ涙が出てきます。

 

でも、やるたびに気持ちはどんどん軽くなります。

 

最初はつらいです。痛いです。

でも、必ず軽くなります。

 

あなたのありのままを受け入れるためのワークです。

 

☆思い出せない人は無理に思い出そうとしないこと。

☆不安感、体調の変化(頭が痛くなるなど)があったらやめましょう。

☆うつ病などで医療機関にかかっている人はやらないこと。

 
全部出し切ったら、そこにフォーカスしない。
出し切った感情とサヨナラするつもりで書きましょう。
 
 
 
 
 
次回のステップ4は「感謝する」
次回からはそんなにつらいワークにはならないです。
むしろほっとしたり、ワクワクする時間になるかと思います。
 
今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたが幸せでありますように
さくらあくり
   ↓  よろしければぽちっと応援お願いします。
 


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

昨日までの数日は秋の晴れた空が気持ちのいいお天気でした。

が、今日は雨です。

しっとりとした秋の雨もいいものです。時間がゆっくりとながれていくような気がします。

 

我が家の庭の木が少しづづ紅葉してきました。

 

 

今日は

自己肯定感を上げる…自分軸で生きるためのワーク 

ステップ2過去を振り返る  

 

 

自己肯定感つまり、自分を認められる力は、ほとんどが育ってきた家庭の中で身に着けてくるものです。

 

あなたの育ってきた家庭について振り返ってみましょう。

①あなたの育ってきた家庭はどんな印象でしたか?

どんな言葉がうかびますか?浮かぶ言葉を全部ノートに書いてみてください。

 

例)やさしい。たのしい。さみしい。不安。窮屈。苦しい。

 

②お父さんはどんな人でしたか?お母さんはどんな人でしたか?ご兄弟は?

各項目をつくって、思いつくことを書いてみましょう。

 

例)

父…やさしい。お酒をのむと怖い。しつこい。インテリ。子供っぽい。かっこいい。かっこわるい。

母…やさしい。尊敬している。いつも笑っている。前向き。幸せ。かわいい人。

弟…どちらかというと後ろ向き。頑張り屋。甘える。努力家。

 

 

③その家庭の中であなたの立場はどうでしたか?

あなたが感じていた感情はどんな言葉が浮かびますか?

 

例)不安だった。父がやさしい時と、お酒を飲んで暴れだすと怖くてたまらなかった。幸せで満たされている時と、居場所がないと感じるときとの差が大きくて、どうしていいかわからなかった。悲しみ、寂しさ、不安、楽しい、幸せ。

おばあちゃんがいつもやさしくて、私の救いだった。

 

 

④ご両親、またはどちらがか、次のような人はいませんでしたか?

過干渉、無関心、異常なくらいの心配性、あるいはあなたがいつも誰かを心配していた。

 

例)いつも母を心配してた。父から暴力を振るわれるんじゃないかと心配。弟は両親に愛を奪ったと思っていて嫌いだったけど、いつも心配だった。弟にはやさしくできなかった。

 

⑤今大人になってきちんと親から自立できていると思いますか?

 

例)自分は距離的にも、精神的にも自立できているとおもう。

 

⑥家庭についてあげた言葉の中からひとつ一番印象にのこる言葉について、そのエピソードをかいてみましょう。

 

例)不安…父がお酒を飲むと手が付けられなくなって、自分の居場所がなかった。2階の押し入れに隠れて泣いていた。父は感情のままに怒ったりする人だった。優しい時と怖いときのギャップがあり過ぎて、自分はどうふるまっていいのかわからなかった。小さいころから自分のせいだと思っていた。

 
 

 

 

 

 
ここに書いた例は、全て私のシェアです。
 
私はこのワークを何十回もやっているので、もう当時を思い出して泣くことはほとんどなくなりましたが、今回は、おばあちゃんのことを思い出してやっぱり涙がでました。
 
おそらく初めてワークに取り組む人は、結構重いワークになるか、涙がでるかもしれません。
 
私も最初にやったときは苦しくて、胸が痛くてなきました。
ノート1ページに、書ききれないほどの感情があふれてきました。
 
思い出せる人はまだいいかもしれません。
思い出せないという人も意外と多いです。
 
☆無理に思い出そうとしないこと。
☆不安感や体調の変化などがあったらやめましょう。
☆うつ病などで医療機関にかかっている人はやらないでください。
 
思い出せない人もいつか思い出せる時がきます。今ではないのかもしれません。
 
 
セルフイメージのために、自分がありのままでいいと思えることは、とても大切です。
そのためには、自己肯定感が重要なのです。
 
そこを底上げして、初めて、本当の意味で、幸せや豊かさが引き寄せられるのです。
 
幸せになりましょう。豊かな毎日を送りましょう。
 
個人セッションについては  こちら
 
 
今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたがあなたを大好きでありますように。
さくらあくり
   ↓  よろしければぽちっと応援お願いします。

 


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたのことを語ってみてください。

あなたという人はどんな人ですか?

 

 
 
 

 

 

引き寄せの法則で重要なのは、「自己像」です。

 

「自己像」つまり「セルフイメージ」こそが、引き寄せの法則のカギだと思っています。

 

だから、お金持ちはますますお金持ちになっていきます。「セルフイメージ」がお金持ちだから。

 

幸せな人は益々幸せになります。それも「セルフイメージ」が幸せな自分ですから。

 

心の底で、自分は幸せだ、自分はお金持ちだ、と本当に思えないとその現実はなかなか引き寄せられません。

 

だからこそ、引き寄せの法則を使いこなして、幸せやお金を手に入れるためには、自己肯定感が必要なのです。

 

自分はこれでいい。自分はこのままで、ありのままで幸せになれる。

と、本当に(潜在意識から)思えることが、成功の近道だとおもっています。

 

私は億万長者ではないので、億万長者になる方法は当然シェアできません。

 

でも、自分のことが嫌いで、自分がダメだとおもっていて、パニック障害にもなり、うつ病寸前だった私が、

自分のありのままを認め、パートナーとも知り合い、子育ても楽しみ、

今は自分のやりたいことを仕事に、自由に、楽しく、幸せで、豊かな毎日を過ごしています。

 
私がしてきたことは、マインドを変えただけです。

 

 

 

あなたが今考えているものが、ちょっと変わるだけで、あなたは幸せになれます。必ず。

 

あなたの多くを占めている思考ひとつで、引き寄せられる現実は全く違ってきます。

 

そんなことわかっているんだけど、今苦しくて、できないんです。

どうやってやればいいですか?

 

そうですよね。

 

そこで自己肯定感です。そのままの自分でいいんだと思えるかどうかです。

 

悩んでいていいんですよ。

 

人生のつらいことに直面して悩まない人はいません。

 

誰だって、悩んで、苦しんで、もがいて、それがあたりまえです。

その苦しい自分を認められることが、自己肯定感です。

 

「私、今苦しいな。」「私、今悩んでいるな。」とありのままを受け取ってください。

 

悩んでいる自分を、こんな自分はダメだって責めないで!さらに自分を責める現実を引き寄せてしまいます。

 

 

 

そして

いつか必ず這い上がる!と決めてください。

必ず幸せになると、設定してください。

 

5年後、10年後のあなたが今日のあなたに「ありがとう」って言っていますよ。

今日のこの苦しさが、自分の人生の最高の転機だったと。

 
 

 

 

 

 

大変ありがたいことですが、今週末はスケジュールがいっぱいで、ブログがなかなか書けませんでした。

 

自己肯定感を上げるステップ2を書かなければならないのですが、結構重いテーマなので。言い訳ですが。

 
 
 

今日はセッション終わりに、カフェでたまってしまった事務処理とブログを書きながら、あたたかいカフェラテいただいています。

 

温かいカフェラテが美味しい季節ですね。

 

明日こそ自己肯定感を上げる…自分軸で生きるためのワークステップ2、前回のつづきを書きたいと思います。

 

 
今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたが幸せでありますように。
さくらあくり
 
  ↓   よろしければぽちっと応援お願いします。


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)