前回はステーを作ってナビを取り付けるまで進んだところで終了してましたが、今回は電源工事です。


ホーンから電源を取り出そうと思ったんですが、電圧の測り方が悪かったのか?何だか12Vが取れません???

そこで、シート下のETC電源から引っ張る事にしたんですが、タンクを外すのが面倒で・・・


このワンタッチカプラが外し難くて(^◇^;)
それと、失敗すると割れると脅かされてまして。。。


んで、タンクさえ外せれば問題無く電源工事を済ませて終了だす。。。


無事にナビに火が入りました( ̄▽ ̄;)

それから、ヘッドランプ常時点灯世代のオトバイなので、ナビの消費電力を稼ぐのにLEDヘッドランプに交換します。


これです。


サクッと交換してランプを閉じようとしますが、ヘッドランプケースの奥行きが足りず、閉まりません。。。


仕方が無いのでコネクターから端子を抜いて、LEDバルブの端子を少し曲げて直接取り付けました。

この方法、ドカのパンタ方式でございます(^◇^;)


という事で格好になりました。

でも、日曜日は雨だから走れましぇんです( ̄▽ ̄;)
さて、パニアケースのベースを取り付けるのに付属の汎用ステーで仮固定して様子を見ています。



不本意ですが、ウインカーは元々付いて来たテールランプの横に移動するステーを再度取り付けています。

この位置で限界近く内側に寄せてますよ!
リアサスペンションとの隙間もウインカーとの隙間も何とか取れています。



パニアケースを外してベースを眺めて、どうやって車体にガッチリ固定するか思案しています。

このメッキのグラブバーからステーを溶接してベースを固定する事にしましたよ〜!

後は具合を見ながらボルト締めのステーや左右を繋ぐ補強を考えます。


そして今日工房に行くとセンセが早速グラブバーからステーを出してベースを仮溶接してくれていましたよ!

あと、どうせ付けるなら後部に荷台も欲しいかも?

荷台、アレ持って行ってみるかな〜( ̄▽ ̄;)
またまたセンセの所に厄介になります、ダブちゃんにもパニアベースを取り付けっぞ編の始まりです( ̄▽ ̄;)


リアショックとウインカーとシートの兼ね合いを見ながら位置を決めますね!


さて、どうやってこのGIVIのSB2000ベースを取り付けるか?


なるべくなら横幅はハンドルよりも出したくないし、荷物満載でガタガタ道を走ってキャリアが歪んだり落ちたりしない様にしっかり取り付けなきゃなりませんよね〜!

ダブちゃんもV7ちゃんもバンバンちゃんも、安心して荷物積んで遠くまで走れる様にしたいなぁ(^-^)
帰ってきたV7ちゃん。
これからはオラの仕事が残ってます。。。


このハンドルポストを隠す為の飾りからステーを取り出しますよ!


んで、アルミアングルをジグソー台でガイーンっと切り刻みます。


こうやって直線は楽勝ですね!


曲線はオイルを指しながら


↑コレをベースブラケットにしますね〜!



そして、取り付け用のDINレールをこんな風にとりつけました。



ちょっとメカメカしく為っちゃいましたが、こんなもんでしょ。。。(^◇^;)



ここまでやって夕方になっちゃったので、電源工事はまた後日夜な夜な楽しむ事にします〜!


それからスクリーンのヒビの跡に…


昭栄化工株式会社ステッカーを誤魔化し貼りしました( ̄▽ ̄;)

電源工事する時は、USB電源も必要かなぁ〜。
一泊の旅だと電話の充電も出来ないと辛いかも?

ボチボチ進めますよ〜!

何時も便利に使ってるジグソーですが、細かいものを切るときや小さく切るときなんかはプレートが浮いて傾いたりして上手く切れないんですよね。

そこで、ジグソー台にジグソーを取り付けてみる事にしました。


カラーコンパネの裏に折り畳みの足を四隅に取り付けます。
畳んだ時の足の具合も考えてと…


そしてドリルでジグソーの刃を出す穴を開けました。


プレートの四隅に止めネジ用の穴を開けて


そして取り付け、。。


表から見ると

波平さんの様に真ん中に一本突っ立ってます( ̄▽ ̄;)


試しに切ってみましたが、切断部分を見ながら材料を押せるので楽だしとても作業しやすいですね!

これで、今後の工作の幅が広がります〜(^-^)
今日は仕事終わりでダブちゃんに乗ってセンセの所へ。。。


そして、センセの仕事が完了したV7ちゃんです。


カウルの塗装、パニアケースのベースフレーム取り付け、センタースタンドの加工取り付け。。。

センセ、エロエロとお世話になりましたd(^_^o)

他の交換したパーツは昨日のうちに引き取ってありんすよ。

では、久々に乗って5分の我が家まで。


到着〜!

バンバンちゃんタイヤ太過ぎやわ\(//∇//)\



やっぱ、センタースタンドは良い!
取り付けてホントに良かったです。


んで、早速気になってた白ボケしたテールランプの黒い樹脂部分をメラミンスポンジでゴシゴシして・・・


おお、ホントに白ボケが目立たなくなったよ〜!

それから、ナビを取り付けるためのステーをどこから出そうかな?っと〜


どうやら、トップブリッジの飾りボルトが良さそうだ。。。




この装飾品を外して、このハンドルポスト用の穴を使って固定するステーを作ろうかな〜!

この手に持ってるカラーを入れればM6ボルトで取り付けられるし。


さて、明日は雨だから車庫でナビ取り付け遊びでもしよっと〜\(//∇//)\

お帰り!V7ツアラーちゃん,
可愛い可愛いバンバン90ちゃんですが、サイドスタンドを立てて置くと傾斜がキツいんです。

ノーマルよりも公称で15ミリ程長いサスに交換していましたが、久々にノーマルに戻してみる事にしましたよ!


ハンドルカバーと風防とホムセン箱で武装したバンバンちゃん。
整備台に上がってもらいました。


今付いてるのが何かのカブ用で、形は似てますがメッキ仕上げになってます。

手に持ってるのは純正品ですが、外見がコスコスだったのでシルバーに塗装してあります。


右側はマフラーを浮かせないと取り外せないので、シリンダー側もネジを緩めてサイレンサー側は抜き取らないと交換出来ません。


さて、外して比べて見ますが社外品は形は良いんですが流石動くとゴリンゴリ〜ンってバネが鳴る音がします。



久々に元の姿に戻りましたよ!

跨って一度サスを沈めると、今までよりも確かに低いです。

次回乗ってみてどれ位乗り味が違うのかな?
とっくに抜けてるので、ヒョコヒョコ動く事は間違い無いですが、今までのとあんまり変わらないかもなぁ〜( ̄▽ ̄;)

取り付け部分の回り止めをフレームに加工しないでどこに固定するか、センセと相談してココだべなぁ〜となりました。

 

この左側のアンダーチューブの後ろ端。
 
ココは穴が空いたままだから、丁度ココに入るカラーを入れて回り止めを取れんかなぁと。
 

そして丁度良いサイズのカラーもありました。
 

切り落とした取り付け部分のフランジを後ろ向きに取り付けて、延長してネジ止めするっぺぇなぁ〜!
と、作戦を立てました。
 

そして、こんな感じに成りましたよ!
 
裏から見ると…
 

ちょっと分かり難いけど、トルクアームの様に回ろうとする力を受け止めます。
 
この仮止めの状態で、立てた時と払った時の位置を確認して、干渉する部分など印を付けて取り外しました。
 
 
 

取り外して本溶接、削りを入れたりしました。
 
 
上の写真では、スタンドを跳ね上げた時の角度が浅かったので、もう少し上がる様にベルトサンダーで当ての部分を削っています。
 
本溶接も終わって、立てたり降したり。
案外軽く持ち上がります!
降ろす時は滑りの良い床だと、スタンドが払えないままズズズっと前に出ちゃうので、持ち上げ気味にして右足でスタンドの前を押さえないと成りませんが、軽く降りちゃうよりも安心ですね。
 

さて、ブラストも掛けて後は黒く塗って取り付けたら完成です!
 

久々にエンジンも掛けてブンブン吹かしました(^-^)
 
エンジン音聞くと乗りたくなっちゃいますね!
 
でも、外は雪💦
早く乗りたいわぁ〜( ̄▽ ̄;)
 
カウルも完成したのでボチボチとセンタースタンドの取り付けに掛かりますよ〜!

この純正のセンタースタンドは、フレームの下側を縦に左右に走るアンダーチューブを横にジョイントするボルト締めのパイプを外して、代わりにセンタースタンドの取り付け部分を兼ねたジョイントパイプに交換して取り付けるのですが。。。

先ずは貫通するボルトを抜いてジョイントパイプを外してセンタースタンドを当ててみましたら、5ミリ位センタースタンドが長くてフレームの間に入りません(^◇^;)



センタースタンドの後ろに転がってるのが外したジョイントパイプです。


センタースタンドの上に外したジョイントパイプを当てて見ると


分かり難いですが元々付いてたパイプの方が5ミリ程短いです。

と、言う事でスタンドの取り付け部分の幅を詰めてフレームの間に納まる様にしなければなりません。

しかも、スタンドを立てた時に受ける衝撃から取り付け部分が回転しない様にする為の回り止めのボルト穴が、フレームに有りません(; ̄ェ ̄)

V7レーサーからV7Ⅱレーサーに変化する間に、どんだけ変わっとんねん。。。


センセと当てがってみて、左右どちらを削ろうかと様子を見て見ると、左側を切り落とした方がスタンドとタイヤのセンターが合いそうだとなりまして、切り落としてもらいました。



上の写真は車体右側の取り付け穴。
下は車体左側です。

回り止め用の穴らしい物は有りますが、構造的にボルトを入れられません。

取り敢えずは、パイプを入る長さに詰めてフレーム側を加工せずに、ボルトオンで回り止めを細工する事を考えなくてはなりませぬ〜!

続きますよ〜。
昨夜は会社関係の新年会で、帰して貰えずシンデレラの時間に帰宅しました。
中々寝られずで、今朝は10時過ぎまで起きられずσ(^_^;)

しかし起きたら青空‼️

11時頃から支度してダブちゃんに飛び乗って、真冬の越前海岸に向かいました。

白山ICから金津ICまでワープして、芦原からタカスの横を抜けてMAREまで。

ホントに気持ち良く走れました。




この写真見て貰えばお分かり頂けると思いますが、真冬の鉛色の北風が吹く空にどす黒い波飛沫の打ち付ける日本海とは程遠く。。。

青空に青い穏やかな海、道路の気温も10度〜12度位で寒くありません(^-^)


中は満席で、防寒具バッチリなオラは外で食べよかな?


とも思いましたが、少し風があったので食べ難くて隣の風除け室でおすすめのシチューパンを頂きました。
蟹の足が二本付いててとても美味しかったですよ❗️


食後にコーヒーも頂いて落ち着いたので出発です。

もう少し足を延ばして、呼鳥門まで行きました。



このトンネルの向こうにMAREがありまして、通り抜けたところで振り返って写真を撮ってる状況です。


左側を見ると旧トンネルがあり、この上の岩肌は鳥糞岩と呼ばれてます。



鳥糞岩と日本海。


そして、旧トンネル。


こっちはまた戻って、さっきの反対側で呼鳥門です。



崩落事後があって、新しいトンネルになり旧トンネルは閉鎖。

この呼鳥門も下には入れなくなりました。

しかし、1月の日本海を眺めながらオトバイで気持ちよく走れるなんてライダーなら幸せな事ですが、この先の異常気象が少し気になりますわ(^◇^;)

ダブちゃんも快調でホントに良き1日でございました。