札幌でもすごい勢いで 新型コロナウイルスの感染拡大しています。拡大前に終えられていて安堵していますが、一日も早く終息を迎えることを願うばかりです。

 

 

札幌ジュニアラグビーアカデミー2022に参加してくれた選手とその保護者の皆さんにアンケートをお願いしました。

その結果についてご報告いたします。

ご回答くださいました選手・保護者の皆様 ご協力ありがとうございました。

 

参加選手53名のうち 39名から回答をいただきました。

内訳は (総数)

小学6年生  13名(18名)

中学1年生  6名(6名)

中学2年生  16名(21名)

中学3年生  4名(8名)

   計  39名(53名) 73.6%の回答率

 

(回答が「0」の項目は省略しています)

 

(1)練習への移動の方法について質問しました

①往復ともに自力     8%

②往復ともに保護者の送迎 59%

③併用した        33%

 

 月寒であれば、もう少し自力で移動できると考えていましたが、保護者の皆様にはご負担をおかけしました。あらめて保護者の皆様には感謝申し上げます。

 

(2)アカデミーに参加しての満足度について質問をしました

a 選手

大変満足した 77%

満足した   18%

普通     5%

 

普通と答えた方の意見では コンタクトプレーがなかったことが期待との差となったようでした。

ラグビースクールや部活動でコンタクトプレーの練習時間も確保されていると思うので、アカデミーではコンタクトプレーの時間は作らない設定でした。

 

b 保護者

大変満足した 85%

満足した   15%

 

保護者の皆様には アカデミーの活動は満足度100%でした。開催期間中も多くの保護者の皆様より、たくさん声をかけていただいておりました。コーチ陣の励みとなっておりました。この結果も大変うれしく思います。これからの活動の励みとなります。

 

(3)アカデミーに参加して上達したと思いますか

 

a 選手

とても上達した   72%

上達した      26%

どちらともいえない 2%

 

b 保護者

とても上達した   69%

上達した      31%

 

選手も保護者も アカデミーに参加して上達したと感じていただけたこと嬉しく思います。

選手たちの成長にむけて、毎回テーマと当日のゴールを定めてコーチと選手で共有して練習に挑みました。

練習では ドリルとゲームの組み合わせて、そして常に負荷を高めたりルールに変化を持たせて取り組んできましたので、飽きることがないように そして何よりも楽しめるように配慮しようと各コーチも取り組んでくれました。

コーチの皆さんにも改めて感謝!

 

 

(4)本年度は 受益者負担として保険代と会場費、運営費を参加費として 全8回で5000円で開催しました。

参加費について保護者の皆さんに質問をしました。

 

とても安い    31% 

安い       13%

丁度良い     44%

高い       10%

とても高い    2%

 

88%の保護者の方が 参加費については受け入れていただけたと受け止めています。

閉会式には、札幌支部の佐々木理事長からご挨拶いただきましたが、支部事業としてのご支援もいただけることになればより皆様のご負担も軽減できることと思います。

 

選手たちからのフリーコメントで一番多かった意見が、

他のチームのメンバーと交流できたことが一番の宝になったようです。基礎力が高まった、コミニケーション力が向上したと続きました。

チームを超えたラグビーを通しての交流の機会となれたこと

本当に嬉しく思います。

 

8回の練習を通して、選手たちは本当によく集中して取り組んでくれました。みんなありがとう。

 

全部の質問はご紹介していませんが、皆さまからいただいたご意見を活かして次回以降の活動につなげてまいります。

ご協力ありがとうございました。

 

長谷川竜介

午前中からの雨! 晴れると信じていましたがちゃんと晴れてくれました。

気温28度 月寒ラグビー場はちょいと暑いですがベストコンディションでした。

地下鉄で人身事故があったようで、間に合わなかった選手もいましたが、揃うまで「連続パスチャレンジ」

今日が函館で中学校大会開催のため先週が最終回となった6名と体調不良なで2名が欠席となりましたが、45名での最終回となりました。

 

今日のテーマは、ゲームを楽しむこと そして

ゴールは

「アカデミーで練習したスキルをゲームの中で一つでいいから活かす」ということを確認してスタート。

そのために必要なのが「コミニケーション」

ちゃんとわかってましたね。頭でわかっていても実践することが難しい!アカデミーでの最後のチャレンジです。

 

初回から前回までの振り返りを行い、取り組んできたことをしっかり記憶してくれていたのには少し驚きながら嬉しかったですよ。

 

今日はみんな良い顔をしています。

緊張してがちがちで他のチームのメンバーと交わることのなかった初日からしてみると、すごい進歩です。チームの垣根を超えたラグビーを通しての交流ができるようになっています。

全員揃ったところで記念撮影。保護者の菅原さんにお願いしておきましたがご協力ありがとうございました。

今日はルールの違うゲームでの組み立てです。

ゲーム①スピードボール

ボールを持っていない選手の動きが重要

スペースに走りこむ スペースへパスしてボールを動かせるか!!

初めてやった時は全然ボールが動かなかったけど、今日は良くボールが動いてました。各担当コーチは3秒以内にパスなど徐々にハードルを上げながら練習を進化させてくれてます。

 

ゲーム②ラストマンスタンディング
AT側は、ステップ

DF側は、ギャップを作らずにプレッシャー

進むにつれて意識して実践してくれていました。

ゲーム③3フェイズタッチ

ATは、トライラックからボールプレゼンテーション

DFは タッチした選手が自陣ゴールまで戻ってから再参加

スペースを見て探し そして状況を伝え 素早く行動に移すことができるか!

チームトークをいれて自らの気づきでパフォーマンス向上していきました。練習の成果が見えていますよ。

 

ゲーム④タッチ オールイン

キックありでオーバーラップ設定がないルールで。5回タッチでTO。

白熱した攻防となりました。効果的なキックもちらほら。

 

たっぷりゲームを楽しんでくれました。

クロージングでの振り返りの発表もみな立派に上手に話せるようになってきています。多くの成長を見ることができました。

閉会式では、北海道ラグビー協会札幌支部 佐々木理事長様にご挨拶いただきました。お忙しいところありがとうございました。

またコーチ全員からも一言ずつコメントをいただいて終了。

最後の締めは、3年生の歩君が決めてくれました。

全8回のセッションでしたが天候にも恵まれ良い練習ができました。中には遠いところから毎週来てくれた選手も。

保護者の皆様のご理解とご協力があってこそ。本当にありがとうございました。

 

参加コーチ

長谷川

山本

天野

立野

君嶋

平川

籾山

マット

江美

菅原

 

 

 

 

いよいよ最終回です。

現在 雨模様ですが、18時前後からは晴に変わる予定でもありますので

本日は予定通り開催いたします。飲料(水)と着替えをお忘れなく。

 

現在 札幌市内でも新型コロナウイルス感染症の新規感染者が増加しております。

健康チェックシートに基づき 

発熱がある場合や、鼻水や咳など風邪の症状がある場合は参加はお控えください。

 

 

いよいよのこすところ2回となりました。

曇り空でどんより暗い感じですが 気温26度でもそれほど暑くありませんでした。

 

小学生16名 中学生32名 計48名が集まってくれましたが、今日は仕事の都合などでコーチ陣が少ない中での開催となりました。

 

今日のテーマは「キック」

キックが得意だという選手は2名だけ キックの練習をしたことがない選手が多かったので、今日のゴールは

「正しいキックのフォームを知る」

「キックした後に何をすべきか理解する」

ということを全員で確認してスタートしました。

開始式前のパス練習は、連続パスチャレンジです。

先週の注意点を再確認して 中学生は200回 小学生は100回を目標に取り組みました。

声もよく出ていました。声が出てくるとパフォーマンスが上がります。ちゃんと伝えられてないときにミスが発生しています。頭ではわかっていても質の良いコミニケーションを取り続ける難しさを実感できましたね。

グループに分かれ、ラグビーボールでのサッカーをやりました。ドリブルで浮いたときはキャッチOKでその場でキックというルールで盛り上がりました。

キックの基本的なフォームをみんなで確認しました。

まずは、

〇ボールの落とし方

〇ボールから目を離さない

〇足首を伸ばして甲にジャストミート 

という3点にフォーカスしてペアで 5m 7m 10m と徐々に距離を伸ばしながら練習しました。

次は、ハイボールキャッチの一連の動作をコーチのデモを観察して気を付けるべき要素を確認しました。

〇マイボールのコーリング

〇手を伸ばしてボールを迎えに行く

〇脇をしめる

〇半身になる

というこの4点にしぼりました。

そのうえで キッキングゲームです。

ルールは、グループ対抗戦での得点を競いました。

キッカーがレシーバーを指名して 指名されたレシーバーがキャッチングの4つの要素を満たしてキャッチできれば得点。

負けたグループは、きらきらジャンプで罰ゲーム。

近所のマンションの方がびっくりするくらい元気にやってくれました。

最後は、キックありのタッチ。タッチされたロングリリース。タッチした人はダウン。5回タッチでターンオーバーというルールでスタート。

小学生は、蹴りたがりでそのタイミングでけるのか?という驚きのプレーも目立ちましたが、中学生は裏にだすキックも使い分けながら自分でキャッチしてトライに結びつつけるなどの好プレーもありました。

いろんな種類のキックにチャレンジしてくれました。前進するためのキックからDFの裏に上げたり転がしたり、ボックスキックも。チームトークを繰り返しながら、キック後のワンラインアップが必要なこと、いつけるべきか などゲームの中から気づきがたくさんありました。

 

慣れたところで、3回タッチでターンオーバーにハードルをあげたところでよりキックを上手に活用するチームも。

 

今日は よく声もでていて最初から最後まで集中した良い練習ができました。

 

クロージングでは、恒例となった今日の振り返りの発表のあと、最終回の来週が中学校大会で参加できないメンバーからひとこと挨拶してもらい さらに今週末 菅平へ遠征に行く選手からも一言抱負を語ってもらいました。

みんな人前でしゃべるのも上達してきましたよ!

 

 

このアカデミーでの練習が皆さんのパフォーマンスの向上につながればと願っています。

 

いよいよ次回は最終回です。晴れるといいなー

 

参加コーチ

長谷川

鈴木

君嶋

籾山

平川

立野

マット

(山本)

 

 

 

今日の札幌は暑かった!

本州の方からは怒られそうだけど 月寒ラグビー場も

29度 

今日は6年生 14名 中学生31名 計45名が参加してくれました。修学旅行など学校行事が続いている様子。

 

暑さの中で前半は集中できなく少しだらけた感じでしたので久しぶりの「喝」をいれることに。

そのあとはとても良い集中力で取り組んでくれました。

 

今日のテーマは「チームディフェンス」

ギャップを作らず上がる(プレッシャーをかける)が今日のゴールです。

先週の振り返りでも、ちゃんと理解してくれていました。

 

連続パスチャレンジからスタート

声が出てきて徐々にパフォーマンスが向上していきました。

アーリーキャッチやタメなど再確認できました。

揃って上がる意識づけに4人そろっての前進とバックステップの繰り返しでウォーミングアップ

ビジョントレーニングではピラー役に加えてポスト役の選手も横と対面を見る 先週からかなりの向上がみられます。

 

最初のゲームは、キック&チェイスです

ギャップを作らず前進しながらプレッシャーをかけることも徐々にできるようになってきました。キックが思うほど前に飛ばなかったですね。次回はキックの練習もやりましょう。

 

次はミニタッチで、今日の練習のテーマを確認、繰り返しチームでのDF。少人数だとサボっていたらすぐに見つかっちゃいましたね。

 

最後は4グループに分かれてのタッチ。ルールは先週と同じでしたが、ピラーに立てるようになったので、次は今日の前半の練習の成果を活かしてポジショニング。まだオフサイドもありましたが意識している事が見えましたよ。

アタックもよく前をみてDFが薄いところを攻めれるようになってきて来ます。「見る」が浸透してきています。

チームトークから前に出ていないということに気づきがあり

最後の5分は良い攻防がみられました。

 

暑い中でも、常に動く練習ですので水分補給が大切。のどが渇く前に水分を取りましょう。残り2回です。最後まで楽しくやっていきましょう。

 

出席コーチ

長谷川

鈴木

山本

君嶋

天野

立野

籾山

平川

江美