XS650のネジ山修正をやってみた。 | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


 

前回は折れた部品を対策するとこまでいき、久しぶりにツーリングしたいので、各所をチェック。

 

image

 

以前から気になっていた、タペットカバーのボルトの穴が死んでいて空回りするのを治そうと思う。

 

image

 

このネジ山が死んでいる。

配線をばらした銅線をボルトと一緒にねじ込んで締め込むという応急処置を使って、今までは対応していた。

 

この方法は↓

 

3:20くらいから

 

今回はリコイルという方法で

 

image

 

ドリルで大きく開けなおして。

 

image

 

タップを立てて、中にリコイルを挿入。

 

 

こういう方法でネジ山を作りましたが

 

image

もともとのボルト(下)がネジ穴が駄目になったほうが普通のピッチではなかった。

見てわかるけどね。

 

そこでリコイルした穴には入らないので、ボルト自体を作ることにした。

上のように6mmのボルトを切って作ったんだ。

 

image

 

これで何とかガチっとねじ込めた。

 

純正ボルトではないけど、まあっ別に問題なかろう。

 

image

 

カチっとしまったし。

ここはタペット調整のカバーなので圧縮がかかっているわけではないので、ぶっちゃけ開けたままでも走れんことはないしね。

 

とくに大きな問題でなかったボルトの穴が死んでいた問題ですが、気分的にすっきりした。

 

そんな気分なので↓

image

 

このボロボロのステップを交換

 

今回は自転車用のグリップを500円で買ってきた。

 

image

 

なかなか良くない。

 

image

 

自転車のグリップは安いので、気分転換用に子供用チャリの派手派手グリップでも買っておこう!

 

image

 

今日はこのへんで!

 

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス