ハンドシフトを直すと、また何かが折れるという,,,,,”XS650のハンドシフトが折れても〜た” | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


 

前回、ハンドシフトが折れたとこまでを書きました。

 

image

 

近所なので1速で引き返してことなきを得た。

 

image

 

これが遠方だったら...、エンストしていたら、ニュートラルを出すだけでも死んでいただろう。

 

不幸中の幸い。

 

image

 

それで一ヶ月ちょっとでメッキ加工を終えてシフトが戻ってきました。

サクサクっと取り付け。

 

よしっ! 試乗と思ったら↓

image

 

ウインカーのスポット溶接が取れてブラブラじゃん(T_T)

これもツーリング中じゃなくてよかった。

 

溶接もないしどうしたものかと....

 

image

 

まずは穴を2箇所ドリルであける。

 

image

 

リベッターでリベットを打ち込む

 

image

 

これが意外と良さそうなので、いったんはこれで修理完了。

 

チョッパーは振動によってパーツが折れることが多い。

 

ウインカーもゴムワッシャーでも挟んで防振対策したほうがいいか、またはこんなトラック野郎のマーカーランプみたいなのではなくて、プラスチックで軽くて振動を吸収しそうなチープなやつにでもしようかなと思ったり。

 

ネットで探してみよっ!

 

 

きょうはこの辺で

 

 

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス