組み込みとナット削り ”ミディアムスケールのホットロッド造るよ。フレットレスのジャズベース” | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:


 

さて、一ヶ月ぶりの広島滞在ですが、タレントのようなスケジュールで動いております。

 

image

 

このシリーズをここから読むと、単なるフェンダーのジャコ・パストリアスのフレットレスを作ってみよう企画のようですが、ぜひ上部のリンクから過去に辿ってみてください。

 

もともとはグレコのジャコパスコピーを当方の仕切りでフレットレス化しました。

恐らく市価の半値くらいでフレットレス加工しています。

 

プロ工房様の仕上げは凄くいいに決まっていますが、僕のモットーはプレイヤーズコンディションで納品すること。

過剰に磨いたり手間を掛けず安価に施工しています。

 

image

 

で、このベースですが、蓄光塗料でフレットラインをとめているので、光ります。

 

 

蓄光プラ版でトライしたが光らず、塗料で対応しました。

 

 

暗闇で光ります。

 

 

まあっネタなんで、これによってプレイアビリティが上がるとかではないです。

 

image

 

昨日塗装したヘッドもいい感じ。

ビンテージのような飴色にはならなかったけど、デカールを塗装で抑えるという意味合いもあり、それは達成しています。

 

image

 

組み込んだら、ナット調整。

 

image

 

今回は生徒さん用にあまりシビアには攻め込みませんでした。

 

image

 

このベースはミディアムスケールということもありますし、手探りです。

 

image

 

実際に組み込んでナットを慣れさせていって、また調整しようと思います。

 

image

 

グレコにフェンダーロゴを貼るパロディですが、いい感じに出来たのではないかな。

 

image

 

完全ジャコ仕様ではなくて、リアはディマジオのピックアップでトニーフランクリン仕様ですね。

フィンガーランプでゲイリーウィリス仕様で弾きやすく。

 

image

 

生徒のくぢらちゃんがヤフオクで安価に落としたグレコのミディアムスケールのジャズベコピーですが、写真で見るとビンテージのエエやつみたいですね。

 

こんな風に写真でよく見えちゃうので、ヤフオクにはご用心。

 

ということで、このプロジェクトも一旦は終わりということで、遠征中のオーナーが引き取りに来た時に最終調整としましょう。

 

それでは。

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス