ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

広島のライブハウス オクトパスのオーナーであり、名古屋スクールオブミュージック専門学校の教務部長も務めるロックベーシスト


テーマ:
こんにちは。
最近は自分が教務部長を務めている名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校/NSM以外にプライベートレッスン外部セミナーの案件も多く、ベースを自宅で練習する為の方法論での質問を多く受けます。http://rootwest.com/basslessons/
 
なかなか楽曲のコピーがはかどらない生徒さんは大抵練習ツールが活用できていないこともわかりました。
 
ベースアンプで鳴らしながら、iPhoneのスピーカーから出ている音楽と合わせています。など...
iPhoneのスピーカーでは低音は殆どモニターできないですし、自分が間違っているかも判定しにくいでしょう。
 
そこでご紹介するのは、PHIL JONES BASS ( フィルジョーンズベース ) >BIGHEADです。
 
{44C2D489-28E1-430F-9608-100A9D65005B}
 
僕はMacBook AirやiPhoneを愛用しているので筐体の色味やデザインもツボですね。
 
 
大きさも持ち歩きに丁度よい。
しかも軽すぎない。
これポイントです。
以前はマルチフェクタータイプの超小型のヘッドフォンアンプを使っていましたが、軽すぎてシールドケーブルの重さで机からズリズリとずれて落ちてしまうことも。
 
なので軽ければいいわけではありません。移動に持っていけるコンパクトさと、耐久性という部分も重要です。

 

{DEB8B01F-710A-48AB-8A92-D7E13A96078F}
 
ヘッドフォンも同社のH850ベースプレーヤー用ヘッドホンを使っています。
 
 
 
これはベース専用というだけあってベース音のモニターがし易いです。この質感と音からいうと実勢価格もかなり安い!!
 
 
BIGHEADに話を戻して
 
 
フロントにはヘッドフォン端子、ベースの音作りや音量を司る、ゲイン、ボリューム、トレブル、ベースです。
 
練習機として必要十分なコントロールです。
 
バックパネルにはベースインプット、外部入力端子(ミニピン)と充電ケーブルのインプットとON-OFFスイッチ。
 
充電でめちゃいいのは、乾電池式ではないことです。
乾電池は旅行時とかで結構困る。
 
充電は専用のUSBケーブルなので、コンピュータから充電したり、僕はiPhoneもipad用の充電器を使っているので、それを使って充電も出来る(メーカーが推奨しているかは不明)ので、充電機器を沢山持ち歩かなくて良いので助かる。
  
練習方法について
 
これだけでベースを繋いで練習することもあるけど、大抵は音楽に合わせて練習します。
 
どういう方法かというと。
 
 
iPhoneとBIGHEADをミニピン-ミニピンのケーブルで繋ぎます。
 
iPhoneの音楽プレイヤーで流した音とベース音をミックスしてヘッドフォンで練習することもありますが、僕がオススメは以下のアプリです。
Amazing Slow Downer
 
 
 
随分昔から使っていますが、フリーのアプリに比べると音質がいいのです。
 
あっ何で音質と言うかというと、このアプリは音程を保持してスピードを変えられたり、テンポを保持してキー(音程)を変更出来たりします。
 
大抵無料アプだとキンキンの金属音みたいな変な音になったりしますが、このアプは非常に音質が良い部類です。
 

 

{F64ED5BA-202B-4BF3-A1F1-C1FCEED92800}
 
 
操作画面で見ていただいて分かるように、テンポとピッチが可変できて、練習したい箇所をループして再生出来たりと練習ツールとしては最強です。

 

 

{CEC49F53-5048-48AC-BD8D-F2E1D8821CFF}
 
音の取り込み方もiPhoneのなかの音楽データの取り込み以外にも各種クラウドに投げておいたMP3を読み込めたりもします。
 
また、テンポを変えたり、キーを変えた音源を書き出してシェアすることも出来ます。
 
 
僕は曲コピーでアンプやステレオを鳴らして練習することは殆どありません。
 
それは騒音的な事情もありますが、ヘッドフォンでモニターするほうがミスに気が付きやすかったり、音源と一緒に練習している感(←これが最も重要)が大きいからです。
 
人それぞれで練習方法や環境によりでオススメも違うと思いますが、僕の場合はこんな練習ツールを使っているというご紹介でした。
 
ヘッドフォンアンプは安価なものは音割れが酷かったり、耐久性も無いものが多いので、出来たらこのようなプロユースのものを使われることをオススメします。
 
価格:オープン 実勢価格¥22,500(税別)くらいなので、練習が捗って上達スピードが早くなることを考えると投資としては少額だと思います。
 
ぜひご検討ください。
 
お買い求めは全国のディーラーさんが安心です。
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Keisuke Nishimotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。