バンコク妄想旅行

バンコク妄想旅行

バンコクに居る3人の姪っ子達と旧勤め先でのお手伝い話

昔話だからさらっと流してね!

………2001年8月11日(土) マンボーキャバレー………

 

接待8日目



今夜、デュシタニ・ホテルで夕食をとりました。
ロビーは素晴らしく豪華なホテルです。


ホテルの

ベトナム料理のレストラン『ティエンドゥオン』で食事の予定したが、
店内は混みすぎて入れませんでした。

きっと明日12日はタイの母の日であるため

ママと食事をするんでしょうね

仕方がないので、ホテルの日本食レストラン「将軍」に行くことに
将軍」のホステスさんは僕たちをかなり大きな個室に連れて行きました。
靴を脱ぐ、本格的な和風の個室です。


お客さんはミックス刺身と鰤の単品を選びました。
皆「同じ」にした。


 

内緒)
僕は今日のお昼ご飯を

オリエンタルのジム・ロードで刺身を食べました。
だからベトナム料理にしたのですが入れなかったからね^^



夕食後、会社に近いスクンビットの

マンボーキャバレー(Mambo Cabaret)のショーに行きました。
(現在・ラマ3世通りに移転)

 

今では

タイの魅力の一つになったニューハーフショーですが
お客さんは初めてのレディボーイショーで喜んでくれました。

 


社長の弟は

カリプソキャバレーには行ったことがあるそうですが

マンボークラブは初めてだそうです。



ショーは素晴らしく!
ダンスをしている2人の綺麗なレディボーイに対抗できる女性は

貴女しかいないでしょうね・・・・・ラブラブ


帰り際、社長の弟に

明日はお客さんをチャン島に案内をする』ので
僕に『ゆっくり母の日を楽しんでくれ』と言われた
母の日と言われてもね・・・・



 

タイの母の日 วันแม่(ワンメー)8月12日

 

女王様の誕生日です。
シリキット王妃様(プミポン国王の王妃様)の誕生日

 

タイ語で

「母の日」は「ワン・メー」(วันแม่)
「母の日おめでとう」は「スクサン・ワン・メー」(สุขสันต์วันแม่).
「お母さん大好き」は「ラック・メー」(รักแม่)

 

 

 

 

昔話だからさらっと流してね!

………2001年8月8日(水) 違反キップ………

 

接待5日目

朝から空はどんよりとしています。


今日は社長の弟さんがお客さんと打ち合わせをするそうなので
お昼にオリエンタルホテルで待ち合わせ。

 


ベランダから行き交う船を見ながら旅行者モードに・・・
ちょっと早めに来てしまったので新聞を詳細に読む。
今日もタクシンと憲法裁判所の分割払込金についての特集!



バンコクポストによると、
タクシンが資産を隠蔽するために政治的に5年間追放された9人の政治家達が
首相に有利な判決を下した8人の憲法裁判所判事を追い払おうとしています。
また、政府による報道への取り締まりが強くなってきたと報じています。

 


と読んでいた時にお客さん登場
!!


三人でベランダで昼食をとり
午後はお客さんが日本語のDVDとPCソフトが欲しいと言うので

パンティッププラザに行くことになりました。
駐車場が混雑するのでタクシーで行くことを承諾してもらい

 


 

いざ! パンティッププラザへ



 

パンティッププラザの高層階は、ハードウェアや

大型アイテムに重点を置いています。


下層階の小さな店では

世の中に存在するすべてのソフトウェアプログラムに加えて
数百のDVDやVCDを売っています。
お店には空のケースだけが置いてあります

 


DVDを選ぶと

店員が駆け出し建物の他の場所から商品を持ってきます。
ちなみに全てのお店の店員が同じ場所に走って行きます



ビジネスソフトウェアを買いタクシーで帰る際

 

 

運転手のオートバイを蹴散らす我がまま運転ぶりに

ちょっと~』って感じでした


しばらく走っていたら

 


目の前に100バーツおまわりさん登場
違反キップ・・・切られてやんの!







 

 

 

昔話だからさらっと流してね!

………2001年8月7日(火) ムエタイ………

 

接待4日目

 

お客さんがキックボクシングが見たいと言いだした。
今日の開催場所が分からなかったので
ホテルのコンシェルジュに車とチケットの予約を頼みました。

タイに来たからには世界の格闘技のひとつ、ムエタイを見たいそうです。

ムエタイは、タイ語で正しくは「ムアイタイ」って感じです

          ①(muay=格闘技/thai=タイ
          ②パーリー語で“ムアイ”という言葉は、『1対1』と『縛る

と諸説あるようです。



 

タイではタイ陸軍が運営する「ルンピニ・スタジアム」と
王室の管理下「ラチャダムヌン・スタジアム」が2大聖地です。

ルンピニ・スタジアム」は毎週・火・金・土の開催で
今日、火曜日はルンピニースタジアムでした。

 


 

コンシェルジュが用意をしてくれた車に乗りスタジアムに着くと、
とっても場違いな素敵なホステスが僕達を迎えてくれた。
こんなシステムも有るんだと新たな発見・・・バンコク恐ろしや

 



 

彼女は僕達に変なステッカーを貼り

 

スタジアムの中に案内をしました。

 

 


エキサイトをした観衆の中を進み
リングサイドの外国人専用の座席に案内をされ、水、パンフレットをくれた。

 


こんなシステムも有るんだと新たな発見・・・オリエンタルホテル恐ろしや

会場は熱気ムンムン
ムエタイは対戦前に「ワイクルー」というパフォーマンスがあります。
タイ語で「ワイ」は“合掌”、「クルー」は“先生”
神様やトレーナーやコーチに感謝をささげる舞いです。



 

3試合を見て

 

 

 


オリエンタルホテルが用意をしてくれた車に乗って帰りました。

 

このお客さんは本当に真面目な人だと

感心しながら

 

ぐぅぐぅ

夢の中に・・・・・・

 

 


(注意)

『ルンピニー・スタジアム』は、2014年にドンムアン空港の近くに移転しています
モチット駅から不便なのでホテルからタクシーで行ったほうが良いと思います

(個人的意見)
入場料金は、スタンド席500バーツからリンクサイドの2000バーツです。