身体と繋がり心を整える ヘルシー、ハッピー、ビューティーな日常を

身体と繋がり心を整える ヘルシー、ハッピー、ビューティーな日常を

「健康な体と美しさはみずみずしい筋膜から作られる」そんな時代の到来です。
姿勢をかたち作ると言われている筋膜をバランスするメソッド、
ロルフィング®で「重力と調和した疲れにくい体」と「子どもの姿勢を整える」教育をしています。Dr. Ida Rolf Institute 卒業。

*筋膜リリースと五感を使った身体への再教育プログラム*


ようこそ!

ロルフィング プラクティショナーの茂利尚子です。  

 
一流アスリートやセレブが愛好する、心身バランスに敏感な人の間で注目を集めている画期的かつ科学的なアメリカ発祥のボディワーク。


ロルフィング®とは、生きている限り必ず私たちと共にある「重力と呼吸」に着目し、
お一人お一人の身体と向き合い、バランスする方法を身につけていただくプログラムです。

それには「筋膜リリース」や「神経システム」にアプローチして無意識に行っている個人特有の「クセ」を修正していく「時間」とご本人の「気づき」がとても重要。


誰にも身体のHistoryがあります。
ご自分の身体と1つ1つ丁寧に向き合って、新しい使い方や動きのオプションを増やしていく。
それが、


「自分の姿勢をデザインする。」ということ。


誰かにしてもらうのではなく、「自分で」できるようになる。
痛みや不調がなく、やりたい事や夢をサクサク楽しんで叶えられる。
そんな自分になったらいいな。と思いませんか。



身体を整えるとマインドも整う。 そして、
幸運を引き寄せる身体になる。


今がタイミングかな。


と思われたら、茂利尚子にコンタクトしてきてください。
一歩を踏み出せば必ず未来は変わる。わたしはそう信じています。


「新しい姿勢のルール」への 扉を開いてみませんか?




『健康な体と美しさはみずみずしい筋膜から作られる』 そんな時代の到来です!

ロルフィング705では、姿勢をかたち作る「筋膜」をバランスし自然治癒力を高め、
いくつになってもやりたいことが出来る、好きなことを諦めない、人生を楽しむ為の
本当の 「美からだづくり」を目指しています。

セッションでは「筋膜」と「神経システム」にアプローチしながら、 不調の原因となっている「体のクセ」や「無意識の力み」を手放していきます。 一緒にあなたにとって一番心地よいのに綺麗なバランスを見つけていきましょう!(重力と調和のとれたバランスです)

それはすなわち不調が改善する始まりです。

また、「幼少期からの体への関心や学びは一生の宝としてその子の人生をサポートしてくれる」というコンセプトのもと、「コドモの姿勢®LABO」を立ち上げました。

姿勢の悩みやスポーツの上達、学習能力の土台となる身体感覚と脳神経システムを刺激するムーブメントレッスンを行い、成長過程の子どもを共に見守り、改善していく研究をしています。

近年ライフスタイルの変化に伴い、子どもの姿勢にも変化が見られてきました。 カラダの癖や姿勢の悪さはお医者さんに相談しても病気と診断されません。
ウチの子のカラダ、このままでいいのかしら??

という悩めるお母さんの為の相談会も随時おこなっています。

スポーツ、学習能力、ダンス、芸術、楽器演奏、日常生活すべてにおいて
「身体機能の底上げをする」ロルフィング®なのです。




お問い合わせ&ご予約はHPのご予約フォーム、もしくは電話、メールアドレスへお願いします。

Tel : 080-6962-4304

Mail: rolfing705@gmail.com



⭐️子どもの姿勢が気になるお母さんの為の講座&子どもの姿勢パーソナルセッションも受付中⭐️

⭐️『コドモの姿勢LABO』ホームページからご覧ください

⭐️ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



⭐️ロルフィング®とは?  

アメリカの生化学者、アイダ・ロルフ博士が考案した体の中の筋膜を中心とした結合組織に働きかけるボディワークのこと。 体から無駄な緊張が取り除かれ、重力と自分との関係性を捉え直すことで 新たな気付きが生じて、本来あるべき(赤ちゃんのような)快適な体の在り様、使い方を身につける為の「身体への再教育プログラム」です。

こんにちは。

 

 

15年振りに中国へ訪れてみました。

以前は、南の方の広州に3年間住んでいましたが、今回は北の方の長春(昔の満洲国)です。

 

 



 

正直あんまり期待していなかったので、行ってみてビックリ!!

道路は広くて整然とし、ゴミも落ちていなくて、車は高級車ばかり、コンパクトカーは見かけませんでした。

 

 

 

電気自動車が多いので、排気ガス臭くなくて、街路樹も整備されており

本当にここは中国なの??

 

 

 

 

今回15年ぶりに中国へ行ってみて、驚いたことがいくつかあった。そのほとんどが街や人々の変化だったが、一つだけ変わらないものがあった。

 

 

 

それは、マッサージ。

 

 

 

1ヶ所へ行っただけなので、それで判断するのは適正ではないけれど、私が感じたことです。

 

 

 

一緒に行った友人は、中国へ来たら必ずマッサージ!というぐらいマッサージ好き。

私も15年前は、マッサージ大好き!でした。

 

 

 

安いので当時はママ友とカフェへ行く?ノリで。

マッサージされながらフルーツやお茶、時には麺も出るので、極楽カフェ、って感じ。

今回私は必要を感じなかったので友人のお供で、でも何もやらないではおれないので手と腕だけ軽くやってもらうことにしました。

 

 

 

担当は50代のおばちゃん。

この道20年のベテランだけあって体つきがキャリアを物語っている。

 

 

 

一生懸命にやってくれているおばちゃんにいくつか質問をしてみた、

 

 

 

「男性も やるの?」

「夜は何時まで仕事なの?」

「休日はいつ?」

 

 

 

答えは、

男性も女性も同じようにするわよ。

長春は北の方なので、大柄の男性を多くみかけたので、

大柄の男性をやるときは指が痛くなるから大変。

休みはひと月に2日だけ。

夜はお客さん次第で深夜までかかる時もあるし22時で終わる時もある。

 

 

 

ガシガシとマッサージをしがちな彼女に優しく優しくね、と何度もお願いした私に、

「こーんななでてるだけでいいの?」と笑いながらやっぱりガシガシされちゃう(笑)

 

 

 

同年代の彼女たちと夜の10時ぐらいにした会話が忘れられない。

 

 

 

何が言いたいかというと、

マッサージのスタイルが変わっていなかった。

ということです。

 

 

 

そして過去に受けたマッサージは全て若い男性か女性からだったので、同年代の女性が夜遅くまで頑張っているということに、もっと他の方法があることを知れたらもう少し楽に仕事を続けられるのにな。と思いました。

 

 

 

でもこれはこの国のマッサージの文化なので、

そうそう簡単には変えられない。

 

 

 

マッサージをする側の進化もそうだけど、受ける側の身体感覚も変わらないと分からない話。

 

 

 

色々と思いを巡らせている。

 

 

 

 

 

 

 

”人生が歩きやすくなる” 身体づくり

ボディワーカーの茂利尚子です。

 

 

ここ半年間、キャッチコピーや自分を表す1行などの文章講座を受けていました。

そこでできたのがこのフレーズです。

 

 

 

”人生が歩きやすくなる” 身体づくり

 

 

 

人生を擬人化して、歩きやすい身体と、痛みや不調から解放され生きやすくなる。を掛け合わせました。

 

 

 

快適な身体でルンルン♪ と人生を歩む。

"人生はいろんなことが起こるけれど、身体が快適ならばそうでない場合よりもはるかにラクに上手く行く"

と私は思うのです。

 

 

 

14年前にそう願って飛び込んだボディワーカーへの道。

 

 

 

当時、大人のバレエにはまり膝の靭帯を損傷してしまった私が、

 

・整形外科で内視鏡の手術

・鍼治療

・パーソナルトレーニング

 

を経て「ロルフィング」というメソッドにたどり着いたおかげで、自分の身体のアンバランスが膝に負担をかけていたことが原因だとわかりました。

 

 

結論をいうと、

膝の痛みの原因は、膝そものものの箇所に問題があるのではなく、

股関節と足部の関節のアンバランスが引き起こすケースが多いのです。

 

 

 

それはとても大きな気づきで、自分の身体のアンバランスをどう扱っていくか?

以来、身体への探究を続けてきました。

ゴッドハンドと言われる施術者にいくら調整してもらっても、その後に自分で日々微調整できなければ、

また「してもらう」ことになります。

 

 

「ロルフィング」は、自分で微調整ができるように身体への再教育も行うのですから、

 10数年前の自分の直感に間違いなかったことが今ではとても嬉しいのです。

 

 

私の膝は完治し、とても良く機能してくれています。

 

 

毎日ワンコのお散歩タイムが快適で、それが幸せだな。。って感じます。

 

 

とは言っても、先日のように階段で尻餅をついてしまったり、なんだかんだありますが(笑)

あまり怖くありません。

それは大原則を知っているから。

 

 

 

 

 

 

もし、

・大原則を知りたい。

・自分の体のアンバランスをなんとかしたい。

・膝の痛みを根本から解決したい。

 

 

と思われたら、こちらのムーブメント体験セッションにお越しください。

5月末限定価格で体験できます。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

4月から社会人として働き始めた娘の初任給が出たので、イタリアンランチをご馳走してくれました。

 






 

学生生活を遠くで送っていたので、こうやって気軽にランチへ行ける日常が嬉しい。

 

 

お箸で食べるイタリアン  accorde

 

 

ここの麺はラーメンの麺を使っているのでパスタとはまた違う。

 


 

ランチタイムは混んでいるので要予約です。

 

 

ありがとうね。

 

こんにちは。

全身を整え、印象を変える。ボディワーカー 茂利尚子です。

 

 

 

3月に娘とロンドンへ旅してきました。

30年ぶりのヨーロッパ。そしてロングフライト。。。

昔から飛行機では眠れない、首が痛くなる、が悩みだったので、この年齢でのロングフライトは正直怖かった。

けれども行くと決まったからには仕方ない。

ロンドンに到着してからも楽しく旅ができるよう、旅系youtubeを片っ端から見て、ネックピローの検討を重ね、

2つ購入して実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います!

 

 

 

ネックピローを使ったことがありますか?

 

 

 

よくU字型のを見かけますよね。私はあれではダメなんです。

ウトウトして首が傾きすぎると、めちゃめちゃ首が痛くなるので。

 

 

そして、、、

首が痛くなると、背骨は尾てい骨までつながっているので、腰も痛くなるわけです。

 

 

 

今回はそうならない為に、首が傾きすぎないネックピローを選んでみました。

 

 

 

ジャーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらです。


Techlove ネックサポーター Pro 首サポーター 首コルセット フリーサイズ 空気圧で首伸ばし LKシリーズ 自宅 旅行 出張 仕事用 軽量エアータイプ 母の日 父の日 誕生日プレゼント

 

 

 

 

 

頚椎に痛みがある場合や、ストレートネック気味の場合に首をサポートする感じです。

空気を入れるだけで首がサポートされて頭の重みを直に受けないので、とっても首が楽。

 

 

 

*注意

空気の入れ具合で変わるので、入れすぎて首が圧迫される感じになったら空気を少し抜いて自分が心地よい状態を探しましょうね。

 

 

 

私は首がしっかりとホールドされたかったので、まあまあしっかり空気を入れました。

そのおかげで首は横に傾かず、シートに背もたれたまま前を向いて眠れました。

 

 

 

トイレとか食事では、サッと外して背中に入れると腰のクッションとして使えたので、それも便利でしたよ。

 

 

 

もう1つ購入したネックピローは、こちら。

 

 

BANALE. バナーレ ネックピロー 携帯枕 トラベルピロー 枕 アウトドアピロー 首枕 旅行 飛行機 機内 車 低反発 クッション 空気不要 エアー不要 コンパクト (オムニピロー, ダークグレー)

 

 

柔らかいのはいいけれど、サポート力が弱かったため首が傾いてしまい私には合いませんでした。

よって、娘へ。

 

 

 

おかげでロングフライトも快適に、到着してからも空港からホテルまで荷物と一緒に電車で移動できました!

 

 

 

飛行機でも新幹線でも移動時の首のサポートにとても良いと思いました。

 

 

 

首って重い頭を支えているから、ポジションがとっても大事。

長距離移動は首がポイントかもしれませんね。

 

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ロングフライトが楽になるグッズ また紹介しますね!

 

 

*そもそも自分の首や頭の適正位置がわからない。という方、必要でしたらホームページ提供中のメニュー→個人セッション→ムーブメント体験セッションをご利用くださいね。5月末までお得な価格で提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

全身を整え、印象を変える。ボディワーカー 

茂利尚子です。

 

 

 

今日は、加圧トレーングの日。





 

 

3月に自宅の階段ですべって尻もちをつき、打撲でヘコヘコしていたけれどようやく復活してきました。

 

 

お尻の肉が厚かったおかげで(笑)骨折はまぬがれましたが、ドッスーン!と結構な打撲だったようで

2ヶ月近くのイテテ生活。

 

 

スクワットなどとんでもないっ。状態でした。

 

 

かれこれ7年近く通っている加圧トレーニングは、すごいハードなわけでもなく、

たいして進歩もしてないけれど、週1回の自分のコンディショニングを知るにはとても良いんです。

30分間サクッとすませられるから、私にはちょうどいい。

 

 

痛みがあるときはソマティックなアプローチで少しずつ動かしていましたが、

回復してきたら、こっちのトレーニングも私には必要。

 

 

それにしても、お天気のせいか今日の加圧トレーニングは絶好調!

 

 

 

こういうのを感じられるのが1番幸せ。

 

 

 

加齢にともない色々起こりますが、都度いろんな方法を駆使して復活するゾ。

経験値上がるわ〜。

 

 

 

皆様も階段にはくれぐれも気をつけてくださいね。