住まい、家についてのブログ

住まい、家についてのブログ

住まい、家についてを幅広い視点から書き綴ったブログです。

【PR】リフォームの情報サイトならリフォーム ガイド.netへお越しください。
【PR】人気のエクステリアなら!造園 東村山 の芯光庭苑へ。

【PR】リフォームの定番!屋根 リフォーム ならガンバル板金屋さんへ。
【PR】リフォームに無垢のオーダーメイド家具 はいかがでしょうか?

【PR】ホームページリニューアル!江戸川区 リフォーム のインテックスは相談できる業者さんです。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
これは、中央線などが山に伸びているものを
見ていったものですが、しかし、それ以上に重要になるのが、
山手線ですね。
この山手線は、東京23区をぐるっと
一周しているものですが、この山の手線もしっかりと
しっかりとした意味があって作られたとのことです。

まず、山の手線というのは、円形の形をしていて、
世界的に見ても、非常に珍しい形をしていますが、
しかし、この形と言うのは、やはり、
ただ単に利便性を考えて作られたというよりも
もっと他の考えがあったようで、
東京にある重要な場所を合わせてみると、
その狙いが何なのかよくわかります。

この山の手線は、円形ですが、
そこに中央線を合わせると円に横線が
引っ張られた形で、陰陽図のかたちになると
言われています。

陰陽の思想と言うと、日本や中国で見られる
ものですが、万物は陰と陽から出来ていて、
その二つが合わさって太極となるということになっています。

そして、山手線と中央線によって
首都圏に陰陽図を描いて、結界を張っている
とうことがいわれています。

こうした事が行われていて、
常に首都圏と言うのは、
気が流れるようになっていて、守られている
言われています。

確かに陰陽図を山手線に合わせていくと、その形が
全く同じに重なります。

テーマ:
なので、こういう風に高尾山からの
気を東京の中心部に持ってくることを
狙って中央線は引かれているのですが、
支線と合わせると、山梨県の方にも
繋がっていて、富士山からの気も
東京に入れているということがわかります。

かならず、鉄道は山の方に行くようになっているのですが、
これも山の気を首都圏に入れることを
目的としているとも言えます。

最近だと、筑波の方にまで伸びる筑波エクスプレス
というものができますが、
この筑波に伸びたつくばエクスプレスも
筑波山からの気を主とけにとりい入れる為に
作られたとの言われています。

もちろん、それには、しっかりと利便性を
考えてということでもあるのですが、
どうもそういう事を考えてつくられているようです。

気の流れというと、現代では、あまり考えられませんが、
しかし、都市計画をする上では、未だに誰かが
こうした事を考えて何かを作っている
ということがいえるのかもしれません。

なので、そうした事で良い気が取り入れられて、
東京の街に取り入れられているといことなのですが、
家を建てる際にも、
そうした事を見ていくとその土地の気がどのような
ものか判断しやすいですね。

こうしたものを見ていくと、かなりいろいろな
物が見えてくるようです。

テーマ:
なので、その山の気を東京へと持ってくるために、
高尾山まで鉄道が敷かれたと言われているのですが、
確かに、風水的に見ると、それもあながち間違いではなくて、
十分にあり得ることです。

風水で見ると、山は河や湖と同じく、
非常に意味のあるもので、これらから
気をもらって土地の気を高めるということが
重要だと言われています。

平安京でも、周囲に山があり、
そうした山の気を受けて都市が発展していったという
ことがいわれています。

なので、そうした山の気を東京へと持ってくるために
中央線は高尾山にまで伸びているのではないか
といわれています。
また、中央線は、そのまま山梨県の方の
鉄道ともつながっていて、
富士山の方からも気を受けているといわれています。

こういう風に、山と関係があるのが中央線なのですが、
都市と山を線路でつないで、そこを列車が走ることによって
その気を動かすという事をしているようです。
風水では、人が動くと気が動くと言われているので、
常に鉄道を走らせることによって
気の流れを良くして、
都市部に山の気を流そうとしていたと言うのが、
中央線をつくった狙いであるのかもしれません。

もちろん、普通に利用客が多い場所ということも
言えますが、こうした背景もあるようです。

テーマ:
東京では、いくつもの鉄道が走っていて、
地上はもちろん、地下にも地下鉄というのが、
多く走っています。

いろいろと路線がありますが、
その中でも、一番重要になるのは、山手線と中央線ということで、
都新をぐるっとかこみ、さらにその中をまっすぐに横切る
中央線は、非常に多くの人が毎日利用しています。

山手線と中央線が一番多くの人が使う路線とも言われていますが、
この二つには、非常に大きな意味があって、
風水的に見ても、重要な意味が込められているそうです。

まず中央線ですが、この路線は東京駅から高尾を繋いでいる
路線で、途中でいくつも重要な駅がある為に、
いつのっても、非常に混雑していることでも知られています。

ビジネス街はもちろんのこと、それ以外の住宅街にも
走っていて、吉祥寺なんかは、
非常に人気のエリアになっています。

なので、中央線と言うと、どこの駅も、非常に人気のある
駅が多い路線であるのですが、
しかし、この路線は、そもそも何の為に作られたのかと言うと、
高尾山と東京駅を繋いで、高尾山からの山の気を
東京へと持ってくることを目的として作られた
と言われています。
山の気というのは、風水では非常に重要なもので、
湖や川と同じく非常に重視されています。

テーマ:
鉄道を作る時から、すでに街が発展してくると
線路が邪魔になるということを知っていて、
その為にあらかじめ高架化されていたということなのですが、
本当によく考えて作られていたということがわかります。

現代につくられたものは、本当に30分も40分も
開かない開かずの踏切というものが、
大きく問題になっていて、色々な所で、
多くの人が迷惑しています。

これを改善するために、現在、高架化したり、地下に
移行する為に工事が行われていたりと、
本当に大きな費用と手間がかかっています。

しかし、明治に作られた鉄道は、
初めから、しっかりと高架化されていたということで、
そうした事も一切関係なく、
現在でも使われています。

非常によく考えられていたということがわかりますが、
こうした事を一つ取ってみても、
当時の人達の優れた都市つくりというのが、
よくわかりますね。

こうしたことが実際に起きていて、
非常に機能的に作られていたのですが、
この都市つくりには、風水も利用され得ていて、
鉄道を敷く際にも
それが活用されたとのことです。

鉄道をしくというと、
より効率的であることを考えられていて、
それ以外の事は、普通は考えられていないのですが、
しかし、東京の場合はそれが考えられているようです。

テーマ:
こういう風に同じ土地であっても、
その形というのは、微妙に異なっていることが多いのですが、
これはあまり良くない事を見てきましたが、
しかし、近代化によって良い方に変化したこともあり、
それを見ていきたいと思います。

やはり、江戸時代に重要だとされていたことを
無視するものは多くあり、
新しいものが多く作られたりしていたのですが、
同時に、そうしたものを上手くカバーする
ようなものも作られていて、
それを見ていきたいと思います。

まず、明治政府になって作られたものというと、
一番先にあげられるのは鉄道になります。

鉄道がしかれるようになって、
物資の輸送は飛躍的にのびましたが。
この鉄道を敷く際にも、非常にしっかりと
ものが考えられていたようです。
なので、都内を走る鉄道を敷くさいにも、
適当にひいたと言う事はなくて、
それなりにしっかりと考えられて
しかれていたいうことがいわれています。

これは現実的な事と、風水的な事に分けられますが、
現実的な事で言うと、
すでに当時から高架化されていたということが
わかります。

現代になって、余りの不便さから
高架化されるようになりましたが、
しかし、かつて作られた初期の
鉄道というのは、すべて高架化されていた
ということで、よく考えられていました。

テーマ:
なので、東京の街と言うのは、
ところどころに大きな狂いが生じていて、
それが大きな影響を当てているということになります。

非常におかしな事がよく見られたりしますが、
そうした事も、もしかするとそれが
影響しているのかもしれません。

より良い気には良い物が集まり、発展し、
悪い所には、あまり良くないものが
集まって、発展しないのですが、
しかし、そのどちらも大きく土地の影響をうけているということで、
非常に大きなものがあります。

こうしたものは、あまり気にしない人がいですが、
しかし、よくそれを考えて土地を選んで行けるように
したいものです。
少なくとも、こういう事から見ていくと、
今の東京という街は、かつての江戸の時代とは

大きく違った街になってるのですが、
そうした優れたものをもう一度見直すようにしたいものです。

ただ、一気にそうしたものを壊してたらしい
マンションやお店が建ってしまってるので、
どうにもならないのですが、
こうしたことがいくつも重なってしまっては、
東京の街は変わった所が多く出ているというのは
間違いないようです。
なので、江戸からそのまま何かが
受け継がれているというと、これは
少し違うものがあると言う事を
理解しておかなければいけないようです。

テーマ:
ではこの気がどのようにして流れていて、
街全体に行くようになっているのかと言う事を
見ていきたいのですが、江戸の町をみていくと
現代と異なるところがあるので、
近代の明治以降を見ていきたいと
思うのですが、江戸時代と同じく、
明治時代においても、しっかりと風水にそって
都市計画がされていたとのことで、
その名残が現代であっても大きく見られます。

この時代に新しく作られたものもあれば、
それまであったものを取り壊してしまったり
するものもあって、良い所と悪い所があるようなのですが、
悪い所というと、これは、昔から建てられていた
道祖神などを多く取り壊してしまったことがあります。

これは、道祖神として祭られていたり、
また石塚として置かれていたりするものがあって、
こうしたものを置くことによって、磁場の乱れを防いでいた
と言われています。
なので、こうしたものがしっかりと考えて街のいたるところに
配置されていたのですが、
しかし、近代化によって、
大きく都市を作り直していく際に、
こうしたものは多く取り壊されてしまったとのことです。
なので、その分だけ東京と言うのは、大きく磁場が
狂ってしまっていて、江戸時代と比べると
そうした所が土地としては、悪い部分が出てしまっています。

テーマ:
現代であっても、東京の街と言うのは、
非常に優れた気の流れる街であるということが
言われていて、かなり強力な風水が
仕掛けられているといわれています。


確かに、日本の首都として、他に類を見ない
ほどの発展を遂げている東京ですが、
土地は高く、決して住みやすい
街とは言えないものの、多くの人が次から次へと
やってきては、定住することで有名ですね。

これは、普通に仕事がたくさんあるということも関係していますが、
しかし、その背景には、風水によってつくられた
気の良さが大きく関係しているのかもしれません。

少なくとも、戦後の荒廃からの復興においては、
何らかの大きな力がなければ、
焦土と化した街が数十年で、これほどまでの
大都市になることはできなかったと
いっても過言ではないようです。

この発展には、やはり、目に見えない気というものが
大きく作用としていて、日本が大きく躍進を
作り上げたと言っても良いほどです。
こうした都市の躍進には、必ず、
その土地の持つ力が関係してくるものですが、
日本人の能力もありつつ、
それにプラスして、より大きな発展を遂げたということに
なりますね。

こうしたことからみると、
都心に家を建てたいという人の気持ちも
よくわかります。

テーマ:
昔から土地選びは慎重にしなければいけないと言われていたのは

そうした土地の影響というものがあったが故であるのですが、やはり、
しっかりとした土地に家を建てる、もしくは都市を作る
というのは重要な事のようです。

土地を作ると言うと、前の記事で書いた平安京がその筆頭ですが、
東京、江戸の町も、そうした事をいろいろと考えてつくられているということで
有名ですね。

東京、江戸の場合は、平安京のように初めから
土地そのものが良かったということではなくて、
江戸に都市を造るさいに、様々な風水的な
仕掛けを施したことが有名です。

徳川家康のバックについていた天海という
お坊さんが街造りについていろいろと
アドバイスしたと言われていますが、
江戸時代も
平安時代に続いて、何百年も続いた安定した時代であり、
現代に通じるすべての文化が生み出された
時代でもありますね。

こうしたものは現代でもみられる様々な
伝統芸能や習慣において、それが伝わっていますが、
ほとんどのものは、
それ以前の時代からあったものもあるものの、
しかし、大きく花開いたと言うと、
江戸時代ということになりますね。
なので、日本と言う国のいては非常に重要な時代であった
江戸時代なのですが、
その時代とは、風水によってつくられていたということに
なります。

Ameba人気のブログ