JACKALL FREAK
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

陸式アンチョビドライバー インプレッション!!

こんにちは!

GWに突入しましたが、コロナの影響でなかなか思うように行動ができない日々…。

釣具を見たり、いじったりしているだけでフラストレーションがどんどん溜まっていっております。笑

 

さて、今回の投稿はタックルインプレッションです。

先日、SNSにはアップしましたがブログの方にもアップしておこうと思います!

 

今回のインプレッションするロッドはショアタチウオ用ロッド“陸式アンチョビドライバー”です!!

スペックはこちら↓

 

Name:ADR-S86M

Length:8'6"(2.59m)

継数:2本

Power:MEDIUM

Lure Weight:~8号(30g)

Line:PE 0.8~1.5号

 

レングス、ウエイトキャパ共にロックフィッシュにかなり適したスペックです!

 

以前はJACKALLのショアキャスティングロッドのBRS-96Mを使用しておりましたが、ロックフィッシュで使用するには少しティップが入りすぎる印象でした。

このADR-86Mはテーパーがファーストテーパーなので、非常に操作性が高いロッドです!

 

キャストできるウエイトも幅広く、僕の使用しているマックスウエイトも表記より少し重い35gまで振っております!

(キャパオーバーのウエイトの使用はあくまで自己責任での使用です)

 

また、ファーストテーパーでありながらリーリングの釣りにも使用しやすいのも良いところ!!

ボトムにコンタクトしながら巻いていて、スタックしても張りのおかげで外せるのでテンポよくアプローチをし続けられます。

 

そして、他のメーカーでなかなか見かけない特徴としてはトップガイド〜2番ガイドまでのスレッドのカラーリング!

視認しやすいように白いスレッドを使用しているため、ラインテンションがかかった状態でのバイトを目で確認することも可能です!

手元でバイトを取るのが苦手な方にはこれは大きなアドバンテージになるかと思います!

 

JACKALLのロッドを使ってロックフィッシュを釣りたい!!という方にはもってこいの一本だと思いますが、気になるのは金額。

 

高そうなイメージのJACKALLロッドですが、なんと定価約15,000円!!!

想像以上の安さに僕もびっくりしました(^^;

なんとも手を出しやすい価格だと思うので気になる方は是非買ってみてください!

 

ちなみに僕が実際に使用しているタックルセッティング。

 

Rod:ADR-86M

Reel:15 TwinPower C3000

Line:Seager PE X8 Lure Edition 0.8号

Leader:Red Spool 12lb

 




よく使用するルアーやリグ↓

・シザーコーム3インチ+ビフテキ35g

・ウェーバーシュリンプ2.8インチ+ビフテキ28g

・チャンクロー2.8インチ+ビフテキ28g

 

水をよく掴むルアーは28gが快適に使用できます。

水噛みの弱いルアーは35gを使用してもだるくならずに使用できます。

是非、自分好みのタックルセッティングやリグの使用感などを見つけてみてください!

最近の釣果!!

皆さん、お久しぶりです!

また最近更新を怠っておりました…。笑

そろそろきちんと更新していくようにしたいと思います。笑

 

久しぶりの更新ということで、最近の釣果をまとめて書きたいと思います。

といっても2釣行分しかありませんが…。

 

まずは3/22の小樽ランガン。

最近、フラットでの釣果が目立ってきている小樽港。

ただ、水温自体はまだ低い中でのアプローチ…。

食いも渋く、そう簡単には釣れないのがリアルですが、そんな中でも魚を連れてきてくれるのが【シザーコーム3インチ】です!

 

今回はヘビーウエイトのビフテキと組み合わせて使用して、54センチのアイナメをキャッチできました!

 

シザーコーム3インチ グリーンパンプキンペッパー

 

回遊っぽい個体でしたが、このような個体が回っていることを考えると時期も少しずつ良くなってきていると感じられますね!!

 

そして、もう一つは3/29の小樽ランガン。

週末になると、知人含め多くのロックフィッシャーがエントリーする小樽港。

今回はみんなが敢えてやらない釣りをやろうと決めてアプローチ。

 

今回のメインのアプローチは“際の釣り”。

出ればでかいのは分かっておりましたが、やはり一発でいい魚が出てくれました!

リズムウェーブ3.8インチ ホロラメブラック

リーダーレスダウンショット 3/8oz

 

例年では際ではまだ出ないですが、今年はやはり少し進行が早いように感じます。

この調子で更に良くなってほしいところですね!!


タックル

《ベイト》

Rod:RV-C73H(JACKALL)

Reel:バンタムMGL(SHIMANO)

Line:レッドスプール 14lb(JACKALL)


《スピニングリール 》

Rod:ADR-S86M(JACKALL)

Reel:15ツインパワー C3000(SHIMANO)

Line:X8 ルアーエディション 0.8号(クレハ)

Leader:レッドスプール BFスペック 12lb(JACKALL)

室蘭沖堤リベンジ。

1/11(土)は黒丸夫妻にお誘いをいただき、室蘭沖堤へ行ってまいりました!
今回は波が落ち着いていたため、念願の南へ!

秋から冬にかけてはやはり南の方が出やすい印象でしたが、実際はややタフな感じ。

朝一は食い気が低いことも考えて穴撃ちで様子見。
やはり完全越冬モードではないせいか、入れ込むと反応はあまりよくない。
エッジを絡めた釣りでポツポツ反応がある感じ!
ワームもシルエットの大きなワームや細身の長いワームなどとカテゴリ分けして反応を見ていくもどれもパッとしない…。

中盤でようやく穴撃ちをやめて、釣れなくてもいいからやりたい釣りをしようと吹っ切れました!
そこからはスピナーベイトの壁巻きやオープンエリアでの釣りなどを展開!

今回はオープンエリアの釣りで45.51.54とキャッチできましたが、やはりケーソン上などのマンメイドを絡めた釣りがやっと。
ただ食ってこればデカイといった感じでした!
ファイボス3インチ
コーラブルー/ライトコーラ

ウェーバーシュリンプ2.8インチ
UVカメジャコ

ウェーバーシュリンプ2.8インチ
セクシーフナムシ



スピナーベイトでの壁巻きは54センチ一本!
バイトが頻発してたコースを二度通し直してようやく食わせることができた一本だったのでかなり痺れました!
ただの巻きでは食わず、ボトムから表層までの間で所々に生えているウィードに当てて、ウィードをリーリングで躱した直後にバイトが出る。

個人的な見解ですが、これってスピナベの角度の変化がリアクションになるのかな?と思ったわけです。
以前から巻いてはおりましたが、反応を出すために色々と思考錯誤しておりました。
その中で一番バイトに繋げやすかったのが巻いてる最中にわざとロッドをパンッと一瞬上に煽る。
これでアイをわざと上方向に向けてあげて、トレースコースを上げるんです!
魚からすると興味本位で追尾しているルアーが一瞬でも逃げるモーションに入ると焦って、もしくは怒ってアタックしてこないものなのかな…と思ったわけです。笑
それを壁際で実践している中でウィードがないところでは反応はなかったので、アクション+ウィードという条件を重ねたアプローチにして反応が一気に増えたんです!
これは今時期に限らず、他の時期でも間違いなく通用するアプローチだと思うので今年はこの辺も煮詰めていきたいところです(^^)



ドーン1/2oz+糸重り 7gチューン
マルハタアユ

本数こそ伸びなかったものの、自分のやりたい釣りでペースを掴めたのは良かったです(^^)
これをオカッパリでもやれるように頑張りたいと思います!!

タックル

《スピニング》

ロッド:RV-S69MH-MON(JACKALL)

リール:18ステラ C3000XGM(SHIMANO)

ライン:シーガー PE X8 1号(クレハ)

リーダー:レッドスプールBFスペック 12lb(JACKALL)


《ベイト》

ロッド:RV-C73H(JACKALL)

リール:バンタムMGL HG(SHIMANO)

ライン:オードラゴン  1.5号(YGKよつあみ )

リーダー:レッドスプールBFスペック 12lb(JACKALL)


今年最後の室蘭!

12/22(日)は釣り仲間たちと室蘭沖堤へ!
今年ラスト釣行だったのでとにかく釣るぞ!と意気込んで挑みました。

事前情報では壁際のミノーイングや遠投のオープンエリアでの釣りでもガンガン出ていたとのことでしたが、当日はそんなに甘くなく…。笑

壁際はやはり自分の引き出しじゃ反応させることは容易ではありませんでした。
ようやく【メガロドーン1.5oz】でバイトさせることができたものの、フッキングと同時に壁際のカラス貝にラインを擦られてプッツン…。

気持ちを切り替えて遠投もしてみたものの横からの爆風に上手く対応できず…。
反応自体は砂地から根固めブロックに入るエッジ周りで反応してくるのですがフッキングに至るようなバイトはありません。

ということで最後の手段としてケーソンや根固めブロックの穴撃ち。
季節の進行具合でいけば妥当な選択肢だとは思いますが、どうしても壁やオープンで釣りたいという悪あがきであえて避けておりました。笑

穴撃ちシーズンの走りは穴に入りたてで、非常にアグレッシブに食ってくる個体が多いです。
なので一発目から【フリックカーリー7.8インチ】の17.5gフリーリグでアプローチ。
やる気があればすぐ答えが返ってくる自分的サーチベイトです!

リーチが長くてアクションとステイの割合も6:4くらいでいいので、下手に根掛かりすることも少ないのも魅力。
案の定、入れ込んだ後のステイで速攻ナイスバイト!


フリックカーリー7.8インチ プレッシャーキラースモーク

ロングワームでもこのようにフッキングします。
この食い方を見て、何故だろう?と思った方は是非フリックカーリー7.8インチを使ってみてください!
見た目は長いのでデカイワームに分類されがちですが、食わせの能力やアイナメのバイトの仕方を考えると食わせのルアーとも取れます!
俗に言う“フィネス”的なルアーですね(^^)

ちなみに個人的にこのワームはビフテキではなく、フリリグかリーダーレスダウンショットをお勧めします。
そこもこの食わせ方のキモです!

話が逸れましたが、今回の釣行では他にも【ファイボス3.8インチ】や【チャンクロー3.5インチ】といったボリューミーなワームに好反応でした!

冬の釣りに移行はしておりますが、走りの時期だからこそ反応が出やすくなる釣りでもあります。
普段あまり使わない大きめのワームなんかも使ってみるのも面白いですよ!

タックルデータ
スピニング
ロッド:RV-S69MH-MON(JACKALL)
リール:14ステラ 2500S(SHIMANO)
ライン:シーガー PE X8 ルアーエディション 0.6号
(クレハ)
リーダー:レッドスプールレグナム 10lb(JACKALL)

ロッド:BRS-96M(JACKALL)
リール:15ツインパワー C3000(SHIMANO)
ライン:シーガー PE X8 ルアーエディション 0.8号(クレハ)
リーダー:レッドスプール BFスペック 12lb(JACKALL)

ベイト
ロッド:RV-C73H(JACKALL)
リール:05メタニウムXT(SHIMANO)
ライン:レッドスプール 14lb(JACKALL)

ロッド:BPM-67ML(JACKALL)
リール:07メタニウムMg7(SHIMANO)
ライン:オルトロス 8lb(YGKよつあみ)
スプール:BFC710-RR(ZPI)

先日の室蘭釣行。

皆さん、お久しぶりです。
しばらく更新を怠っておりました…m(__)m
SNS等には投稿しておりましたが、こちらはなかなか進みませんでした(^^;;笑
またボチボチアップしていこうかと思います。

てことで今回の内容は12/1の室蘭釣行。
ネットサイトの『アウトシーカーズ』さんの取材で室蘭港内をランガン。
テーマがテーマなだけになんとしても釣らなければと意気込んで挑みました!

取材自体は1日いっぱいかかりましたが、撮れ高オッケーを貰えました!
内容もかなり濃いものになりそうとの事なので乞うご期待!!笑




話は変わりますが、この日は朝から夕方までびっちり雨が降っておりました…。
釣り人のコンディションやメンタルを削り取る状況でも釣りに集中するためのアイテム。

『JACKALL シェルジャケット』
防水性能が非常に高く、シームもしっかりしているので浸透してくることは一切なし!!
非常に動きやすく、突っ張ったりすることもないのでキャストも楽々でした!



正面からの写真はありませんが、このような体勢でもかなりゆとりがあります!
ちなみに自分は175センチですが、Mサイズで着丈もベスト!
中に厚手の裏起毛パーカーとインナー二枚を着てもゴワつきなし。
インナーで防寒をキチンとすれば、冬でも問題なく使えるウェアだと思います!!

近いうちに自分の使用している『リボルテージ』シリーズのインプレッションをアップしますのでそちらも是非見てみてください!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>