我が家の王様、ジョシュアことじょっちゃん。

 

 

9月で8歳になりました!

(保護猫のため正確な誕生日がわからないので、一応9月1日が誕生日ということになっています)

 

image

 

じょっちゃんハッピーバースデー♪

 

 

じょしゅとの最初の出会いは当時勤務していた動物病院。

 

 

母猫と4頭の子猫が車のボンネットで子育てをしていたようで、車の持ち主が気づかずにエンジンをかけてしまい、母猫が慌ててボンネットから子猫を出していたところそのままタイヤに巻き込まれてしまったようです。

 

 

母猫と子猫のうちの1頭は、保護主さん曰く「一目でダメとわかる状態」だったそうで、まだ息があると思われた子猫3頭を連れて来院されました。

 

 

3頭うち1頭は病院へ向かう道のりですでに息を引き取っており、残る2頭のうち1頭もスタッフの必死の救命措置のかいなく息を引き取り、なんとか生き残った最後の1頭がじょしゅでした。

 

 

生き残ったと言っても当初はかなり重症で、下顎骨折のため一生流動食で過ごさなければならない可能性や、当初から歩行がおかしく、脳に重大な後遺症が残る可能性(これは後に、肢端の骨折や脱臼があることがわかり、手術をすることで良くなりました)があり、一般家庭では負担が大きすぎるだろうということで、私が飼うことになりました。

 

 

当初はどちらかというと大変だなぁという気持ちが強かったのですが、1度お家に連れて帰った瞬間から、もう絶対に離れられない気持ちが強くなりました。

 

 

じょしゅがうちに来なかったら、今の私は居なかったんじゃないかと思います。一生をかけて守っていきたい存在です。

 

 

ずっと一人っ子で上げ膳据え膳状態で育ったじゅしゅなので、昨年10月につくしが仲間入りしてからはだいぶ不遇の時代を過ごしましたガーン

 

 

謎のハゲがあちこちに出来たり、食が細くなり吐いてしまったり…まあ要するに「厨ニ病」が悪化しました(笑)

 

 

つくしにちょっかいを出されるたびに大袈裟な鳴き声を出して私の膝に駆け上りシャーシャー言ったりしていましたが、最近ではじょしゅからちょっかいを出して2人で走り回ったり…

 

 

小競り合いしながらも2人で固まって寝ていたりしているので、同居一年を目前にして、やっと完全に打ち解けた感じですウインク

 


まだまだ子供みたいなじょっちゃんですが、もうシニア世代の8歳。

 

これからもより一層健康に気をつけて過ごさせてあげたいと思いますおねがい
 
 
黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま猫しっぽ猫からだ猫あたま黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま猫しっぽ猫からだ猫あたま
 
 
そして、私事ではありますが、このたび新しい命を授かりました。
 
 
結婚当初から妊活を開始するもなかなか結果が出ず、数年にわたる不妊治療に授かった命で、嬉しい反面心配も尽きません。
 
 
つわりは想像していたより軽い方なのかな?と思うのですが、案外長く続いていますチーンあと数日で5ヵ月目に入りますが日によってはまだ体調が悪い日もあり、思うようにブログの更新が出来ないのにはこのような理由があったのです(ご心配してくださってコメントやメッセージ頂いたブロ友さん、ありがとうございました!!
 
 

ソファーから起き上がって活動できる日はまだ多くありませんが、赤ちゃんと猫たちがともに快適に暮らせるようなおうちづくりを目指していきますラブラブ

 

 

皆様、どうぞこれからもよろしくお願いします音譜