Instagram
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-20 11:30:17

トイザラスだけじゃない“Retail Apocalypse”

テーマ:ビジネス

アメアパの2度目の経営破綻について書いたのが約1年前。

(彼らは経営破綻後アメリカの110店舗を閉鎖)

 

ここ1〜2年のアメリカのリテイル業界は危機的状況。

 

今回のトイザラスの経営破綻も全くもって特別な話ではない。

 

その他今年の大手リテイルの経営破綻もしくは大量閉店が報告されてる会社は:

 

Abercrombie&Fitch

Aerosoles

BCBG

Bebe(全閉店)

Crocs

CVS

GameStop

Gap

Guess

Gymboree

J.C. Penney

The Limited(全閉店)

Macy's

Michael Kors

Payless(800店閉鎖)

RadioShack(1000店舗閉鎖で残70店)

Sears/Kmart

Staples

 

RadioShackなんて昔どこに行ってもあったのに、ピーク時の数千店から今やアメリカ全土で70店という信じられない落ち込み具合。今年1年で1000店閉店てどういうことなんでしょう、本当に信じられません。

 

このように今や“Brick and Mortar”と言われるいわゆる実店舗はアマゾンなどのネットビジネスの影響、H&Mなど格安店の影響、そして全米主要都市で活発化しているミニマムウェイジの上昇により、ここ数年で業界全体が急激に苦しい状況に追い込まれ、実店舗の運営が非常に難しい状況に。

 

そんな事から現在のリテイル業界の危機は“大惨事””世界の終末”などの意味があるアポカリプスという単語を使って“Retail Apocalypse”と言われ大きな話題となってます。

 

みんなこの一番の原因をアマゾン、アマゾンと書き立てるけど、アマゾンが台頭しているのはもちろんなんだけど、普通に考えてアマゾン1社でこれら全てのリテイルの客をさらっているはずがない。

そもそもアマゾンで服買う人なんていないし、リテイルだってそれぞれオンラインで自社商品を売ってるわけだし。

言っても服なんて実際のフィット感とか分かり辛く、オンラインより実店舗で試着して買いたい人の方が多いはず。

実店舗販売の衰退は単にそれだけ集客力がコストに追いつかなくなったという事。

その最大の要因はコストの高騰、つまり人件費の上昇以外に無い。

人件費高騰により人件費自体はもちろん商品製造/運搬など販売に関わる全てのコストが上がる。

極端な人件費高騰はおもに今はまだ主要都市だけだけど、主要都市でコストの急激な高騰、物価上昇、消費落ち込みとなればその影響は全米規模になるのは当然。

 

これらリテイルの実店舗の閉店は今年だけで8月の時点で6300店というのだから超恐ろしい。

そしてもっと恐ろしいのはそれぞれの店で大量に存在していた仕事枠の消滅。この6300店舗の閉鎖だけで考えても何十万という雇用が消失しただろう。

 

そしてもちろんこの影響は飲食業界にもしっかりきている。

Quiznos, Applebee'sあたりの大量閉店、そしてChipotleあたりもここ1〜2年業績が大きく悪化している。

 

どっかの大統領さんは生産業を活性化させようとしてるけど、リテイルや飲食業の衰退による雇用消失の影響は計り知れない。手遅れになる前に誰かが何かしらの対処をしないと。

 

今日も1日お疲れ様です!

↓最後にブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ LAローカル情報いっぱい! ブログ応援ありがとうございます!

AD
2017-09-19 07:43:13

プロが教える簡単抹茶ラテ

テーマ:YouTube

簡単な抹茶の作り方を紹介しています。

 

 

最近すっかり字幕をつけなくなってしまった。

時間を作って少しずつやっていきたい。

編集終えてビデオをアップする時が一番幸せ。

 

今日も1日お疲れ様です!

↓最後にブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ LAローカル情報いっぱい! ブログ応援ありがとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-12 12:02:48

Whole Foodsの365ブランドの大幅値上げ

テーマ:ブログ

Whole Foodsの365シリーズはホールフーズのいわゆるプライベートブランドで、365シリーズでもOrganicのものとそうでないものがあるが、基本的に相当幅広い商品を取り揃えていて、プライベートブランド特有のリーズナブルな値段とホールフーズブランドの信頼性とクオリティから非常に人気のシリーズ。

 

ウチの店でもオープン時からずーっとホールフーズの365Organicの物をケース買いし、多くの商品を使ってきました。

 

このブログで何度も書いてますが、レストランがホールフーズで買い物なんて有り得ないと思うかもしれませんが、オーガニック商品を扱うレストラン業者はほぼ皆無、あっても自分の必要な物が各業者1、2種類位ずつしか扱いなかったりしてとにかく全く利用できないのです。

なのでホールフーズでケースディスカウント(10%)を貰って買うことをメインにしてきました。

野菜類や小さなアイテム類は単品買いで無駄に大きく抱え込まずいつもフレッシュな物を自分の目で見て選んで必要な量だけを毎回買っています。

 

というわけでとにかく8年間ずーっとお世話になってきた365シリーズ。

 

しかしこれまた何度もブログに書いてますがミニマムウェイジの影響で物価がここ2年で急騰し続けています。

 

365シリーズにもこの影響が及び、僕が利用してきたアイテムのほとんどがここ1〜2年で20〜40%という超強気な値上げとなりました。

 

そしてこれに対しなぜか値上げがほぼ行われていないTrader Joes。

 

今までトレジョより安く買えてた自分のお店で使う365シリーズのアイテム全てがトレジョの単品買いの方が安くなってしまいました。

なのでホールフーズで買う物が無くなってしまった。

 

近年売り上げが落ち続けついにアマゾンに買収されたホールフーズ。

落ち続けるだろうね、こんだけ強気な値上げをホールフーズがしてる中トレジョがほとんど値上げしてないんだもん。

僕のようにみんなトレジョなどに流れたんだろう。

 

ただトレジョだってこのままの金額をずっとキープできるはずがない。このままミニマムウェイジが上がり続ければゆくゆくは絶対に上がるだろう。

 

ホールフーズの値上げについて少しリサーチしてみたらアマゾンが今後365シリーズを中心としたホールフーズの商品の値下げを早急に実施する予定だという記事を読んだ。

けどもうすでに40%とか上がっちゃってんじゃん。

まぁもとの値段位に戻れば嬉しいけど、ミニマムウェイジの事情とか考えるとこの情報は正直疑わしい。下げたとしてもまたすぐ上げなければいけない状況になるだろう。

 

まぁホールフーズも客が流れた事実を受入れているという事だろう。

 

今後オートメーション化やデリバリーサービスの更なる強化など、よりアマゾンらしさを活かした経営に向いていくそうだけど。

 

大企業のオートメーション化は間違いなく大きくなっていくでしょうね。

人件費は上がり続けオートメーション化が進む。仕事枠は減っていき、物価が上がり続ける。底辺層には非常に苦しい状況になっていくでしょう。

 

 

今日も1日お疲れ様です!

↓最後にブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ LAローカル情報いっぱい! ブログ応援ありがとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-09-08 08:34:57

事故→全てスムーズに解決

テーマ:ブログ

今写真見たら7/15となってた。もう2ヶ月近く経っていた。

 

いつも通りガーデナ店からビバリーヒルズ店へ向かう時、10に乗る手前で、

 

前の車に合わせて普通にブレーキを踏んだら、真後ろで急ブレーキが聞こえた。

「え?!」とか思ってる間にドーン!と後ろで聞こえた。

その直後僕も後ろにドーンと突っ込まれた。そして「は?!」とか言ってる間にもう2回程ドーンドーンって複数回追突された。

 

ちなみに後ろから追突される事は"rear end"と言いますね。

僕の場合追突されたので "I got rear ended"となり、自分が追突した場合は"I rear ended her"などとなります。 

 

僕を先頭にした3台の玉突き事故でした。

 

急ブレーキ音とかの関係から、僕の後ろのカローラの女性が携帯いじってたかよそ見してたかでブレーキが遅れた事が原因なのは明らかだった。

彼女自身は急ブレーキが間に合い止まれたのだが、その後ろのアウディはブレーキが間に合わずカローラに突っ込み、その勢いでカローラが僕に複数回追突したという感じでした。

 

車を出ると彼女は必至に「あたしは止まれたのよ!後ろが突っ込んできたのよ!」と必至。

僕はとりあえず「そのようだね」とだけ言った。

 

簡潔に電話番号と保険、IDなど必要な情報交換。

その間アウディを運転していた男は謝罪の1つも無く、気にかけていたのは同乗していた奥さんと子供のことだけだった。

アウディの男は僕の車のダメージに関しては自分に責任が無いと思ったのか僕の車の写真すら撮らず。

カローラの女性が僕が急ブレーキしたとか言い出す可能性や、カローラとアウディの責任の押し付け合いとか色々考えられたし、どうなるかわからなかったので僕は全員の情報交換と共に全員の車のダメージの写真を撮った。

 

 

これがその時撮った僕のリア写真。カローラのナンバープレートの痕がくっきり、そして穴のようになっているのはナンバープレートを留めているネジ痕。

 

複数台の玉突きの場合責任の所在が曖昧になり、真ん中と後ろで揉めたりして面倒な事になるかもしれないと聞いていたので長引くかもなと思っていた。

 

保険会社(Mercury)に電話すると意外に超プロフェッショナルな対応。

 

事故直後カローラの運転手、そしてアウディの保険屋からそれぞれ僕の携帯に1回ずつ直接電話が来たが無視。

保険屋を通して全てやって欲しかったので僕は自分の保険屋とだけやりとりした。といっても2、3回のみ。

そして1ヶ月後位に連絡が来て無事アウディの責任が認められたと。

ほう、意外とすんなり。

 

その後は次々スムーズに事が進み、修理屋の手配にレンタカー(enterprise)の手配、そしてその修理屋もenterpriseもみんなみんな超プロフェッショナルな対応。何コレ、アメリカでは超レアな体験キラキラ

 

そして今朝レンタカーを返し、車を引き取り、全て終了!

 

レンタカーする時はenterpriseが修理屋まで僕をピックに来てくれて、返却の際はやはり修理屋まで乗せてってくれて。

僕の車も汚れきっていたのに修理屋がピカピカにしてくれてるキラキラ

車引き渡しの際修理内容を簡単に説明してくれたんだけど「そんな事より車超汚かったのに綺麗にしてくれたの?ありがとね爆  笑」みたいな。

 

本当にみんながみんな完璧なまでにプロフェッショナルで素晴らしくスムーズな対応で驚きました。

こんな事もあるんですね。

アメリカ生活13年の中で相当稀な気持ち良い経験となりました。

 

責任に関しては僕は個人的にはカローラにあると思ってるけど、ブレーキを回避できなかった距離感の責任はアウディにあるとされるのか、結局事故を起こした1度目の追突がアウディだったので、結局アウディの責任になったようだ。

 

ラッキーな事に僕はアメリカ生活13年で保険を通す程の事故はこれが初めてでした。しかも責任自分に無いし。凄いラッキーですよね。これは感謝しなければ。丁寧な運転をしてるわけでもないし。

 

事故の1度や2度みんな必ずしてますもんね。

無保険車にやられて泣き寝入りとか、相手が責任を認めず支払いがなかなか降りないとか...

色々な面倒を聞いている中本当にラッキーな事だなと思っています。

 

気をつけていても巻き込まれる時は巻き込まれてしまうし。

まぁみなさん一応気をつけましょう。

 

今日も1日お疲れ様です!

↓最後にブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ LAローカル情報いっぱい! ブログ応援ありがとうございます!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-09-04 17:35:44

アメリカあるある

テーマ:YouTube

やらなきゃいけない事があちこちあるのですが、YouTubeもサボっていられません。

最近すっかり楽しくなってきました。

 

 

まだまだやりたいネタがいくつもあるのでどんどんUPしていきたいです。

 

ブログ同様続ける事に非常に大きな意味がありますが、過去に上げた物の価値が下がらないというブログ以上のやり甲斐もあります。

 

まだまだビギナーですが少しずつチャンネルを育てていきたいと思います。

 

今回アメリカあるあるをやってます。

日本在住の人には驚く事ばかりかと思いますが、アメリカ在住者には「そうそう」と同感できる事ばかりだと思います。

このあるあるはまたいくつか続編も作るつもりなので、そちらも楽しみです。

 

 

猛暑もとりあえず一旦今日で終わり!

冷房疲れの体に活を入れなければ!

 

今日も1日お疲れ様です!

↓最後にブログ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ LAローカル情報いっぱい! ブログ応援ありがとうございます!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。