京都盲唖院・盲学校・視覚障害・点字の歴史

京都盲唖院・盲学校・視覚障害・点字の歴史

視覚障害教育の歴史を研究しています。京都盲唖院、古河太四郎、遠山憲美、鳥居嘉三郎、石川倉次、好本督、鳥居篤治郎、小野兼次郎、斎藤百合、エロシェンコ、楽善会、雨宮中平、点字

佐々木住職と京都民報社に感謝申し上げます。( ↓ 記事の写真と、本文の転記)

書評 『盲教育史の手ざわり 「人間の尊厳」を求めて』著・岸博実 【京都民報社発行『京都民報』第2971号 2021年2月28日付 掲載】

 2018年に、京都盲唖院関係資料が大学以外の学校関係では初めて、国の重要文化財に指定されたのは記憶に新しいところです。  

 著者の岸博実氏は、1974年から京都府立盲学校に勤務され、現在も引き続き講師として在籍しながら、この盲学校資料室の資料の研究に携わってこられました。

 その研究は、日本における盲教育の歴史全般に広がっています。本書は2011年から2019年まで「点字毎日」に連載された文章に加筆・修正されて出版されました。全体は、「凸字から点字へ」、「盲教育の開拓者たち」など10章からなり、それぞれに10数編のエピソードが描かれます。

 主には、明治以来の先人たちが苦労して作り上げた盲教育の歴史や、全国各地の視覚障害者の権利保障の運動に尽くした人々の話などが中心ですが、決して堅苦しい内容ではなく、著者の実体験や感想も含めた親しみやすい文章となっています。出てくる固有名詞は、人名だけでも400名近くにのぼりますが、両面見開きに一つのエピソードという形式で図版も配され、大変読みやすくなっています。   

 個人的には、評者も在職した京都府立盲学校関係の開校当初のエピソードや、「スクール人力車」、「盲人野球」の項にも興味を覚えました。著者自身が13年に国際パリセミナーで発表された「近代日本では当初から、盲学校を福祉政策ではなく教育機関として位置付けて発展させてきた」ことに、海外から驚きの声が聞こえたことなども新鮮に読ませていただきました。

 最後の「いのちと安全」の章にある「単に年代やできごとを覚えるだけでは歴史を学んだことになりません。かけがえのない命を守り、輝かせるために史実から何を学ぶかが大切です。」という言葉に、著者の歴史を研究する姿勢、そして本の副題『「人間の尊厳」を求めて』につながる視点が集約されているように思いました。盲教育に限らず、障害者運動関係者必読の書です。  

 (佐々木正祥・社会福祉法人アイアイハウス理事長、大善院住職)

写真の説明はありません。

いいね!

コメントする

シェア

♪ 点字毎日活字版2021年2月4日付10面 「図書室」に

 拙著『盲教育史の手ざわり 「人間の尊厳」を求めて』を取り上げ、紹介してくださいました。

  (記事の使用申請をし、私がブログに掲出することに限って、毎日新聞社知的財産ビジネス本部の許諾を得ています。切り抜き写真+テキストデータ)

 

  図書室 盲教育史の手ざわり 「人間の尊厳」を求めて

                                          【岸博実著、墨字】
 2011年~19年まで点毎で連載した「歴史の手ざわり・もっと!」を加筆して編集した1冊。全100回の連載を、「凸字から点字へ」「京都盲唖院の形成」「盲教育の実相」「各地の盲学校」「運動・組織・媒体」「盲教育の開拓者たち」「世界から/世界へ」「盲史の手ざわり」「いのちと安全」の10項目に分類した。サブタイトルに「人間の尊厳」取り入れたのは、視覚障害教育史を形作ったそれぞれの時代に、社会参加を目指して懸命に生き抜いてきた視覚障害者から感じられる熱気のキーワードと捉えたため。引き続き「人間の尊厳」求めながら、「共に生きる」未来につなげてほしいとの願いが込められている。表紙カバーに、点字でタイトルと著者名あり。253ページ。税別2800円。小さ子社(075・708・6834)。巻末に、テキストデータ引換券付き。点字データは福岡点字図書館、音声・テキストデイジーは京都ライトハウス情報ステーションが製作中。


                         

 <まちを見つめて市民版70歳>シリーズ8「府立盲学校の黒曜石」と題する記事が載っています。

 大徳寺校地の玄関近くに常置されている黒曜石をめぐるストーリー。1960年に寄贈なさった福田與先生の教えを受けた卒業生・白畠庸さんへのインタビューなどで構成されています。同じ時に奨学金を提供なさった吉村さつき先生のことも。

 ☆現時点では、ネットには公開されていないようです。写真の黒曜石(和光玉)は岸 撮影。

 

♪ ルイ・ブライユ没後100年を伝える英文記事・部分(1952年 岸所蔵 出典不祥)

A bust of Louis Braille executed by the sculptor Joufiroi in 1853.

(1853年に彫刻家ジュフィロイによって製作されたルイ・ブライユの胸像。)

January 6 was the centenary-of the death of Louis Braille, the blind French priest who invented the braille system of reading and writing.

(1月6日は、読み書きの点字システムを発明した盲目のフランス人司祭、ルイ・ブライユの没後100周年でした。) 【以下略】

 

日本における「盲人と芸術」の歴史-記憶する力と触る力-2014年

 日本の古都、京都から来ました。この場に立てて、喜んでいます。私の発言原稿を英訳した印刷物とその点字版をお配りしています。半田こずえさんに全文を読んでいただき、私は要旨だけを日本語で述べます。パワポ画像も用います。
 私は、京都の盲学校で働いていて、今年、41年目を迎えました。1昨年、パリで開催された国際セミナーHistoire de la cécité et des aveuglesで、「日本盲教育の独自性と普遍性」と題して、日本に於ける盲人の職業と視覚障害教育の歴史を報告しました。
 今回は、<記憶する力と触る力>を軸に「日本の盲人と芸術」についてお話しします。日本の盲人を語ろうとする場合、ヘレン・ケラーが敬愛した塙保己一(1746-1821)がまず思い浮かびます。日本の古書を収録した叢書『群書類従』を編纂しました。彼は、ずば抜けた頭脳を持ち、テキストの<記憶と再録>に驚異的な力を示したのです。他にも、優れた文学作品を残した盲人が少なくありませんが、今回は立ち入りません。

  1 盲人と医療
 まず、<手で診る技>という角度から「盲人と医療」に関する歴史を紹介します。そこにも<記憶する力>や<触る力>を見出せるからです。
日本の多くの盲人が従事してきた職としては鍼・灸・按摩の業が筆頭に挙げられます。杉山和一(1610-1694)という盲人が、鍼を扱いやすくする管を発明し、鍼による治療を自分たちの適職として定着させることに成功しました。彼は、後進に鍼治療を教える学校も作りました。「鍼治講習所」と呼ばれるそれは、驚くべきことに、「世界初の盲学校」とされているパリ訓盲院よりも約100年早く、1683年に創立されたのです!外からは見ることができない体内を手で触診し、揉んだり刺鍼したりして病を治す技は、目の見えない人々にとって<特性を発揮しやすい>領域です。近・現代にも、マッサージや理学療法を取り込んで、比較的安定した職業として大切に扱われ、日本人の健康増進や疾病治療に貢献しています。
 なお、2001年に行われた、障害者等に係る欠格事由の適正化を図るための「医師法等の一部改正」によって,視覚障害者等についても医師国家試験等を受験する機会が認められるようになり、その後、実際に精神科の医師として活動する盲人が生まれています。ちなみに、弁護士資格を獲得して活躍する盲人も複数いらっしゃいます。

  2 盲人と音楽
 古代に、仏教の僧侶となった盲人がいたようです。目は見えなくても、耳を通して長大な経典を覚え、解釈し、他者に伝えたり説教したりすることができたのでしょう。宗教家とミュージシャンを同一視するのは正しくないとしても、記憶力と表現力を必要とする点には共通性を見出すことができるでしょう。
 中世期になると、琵琶を演奏しながら歴史叙事詩『平家物語』を語り聞かせることを職とする琵琶法師が現れました。琵琶は、その共鳴胴が梨の形に似る弦楽器であり、撥で打って音を出します。「平家物語」は、12世紀後半に日本の支配をめぐって覇を競った平氏と源氏の争い、中でも平氏の興亡をドラマチックに描いた長い物語です。琵琶法師たちは、おびただしい数の登場人物と事件、さらに心理の描写を覚え尽くし、みごとな撥さばきによるダイナミックな演奏に載せて、生きいきと歌いました。聴衆は、歴史上のエピソードや過去を生きた人々の喜怒哀楽を想像して、感動に浸りました。盲人たちは、現前にない過去を言葉によって形象化するという方法で、自らの<特性を豊かに発揮できる>芸術を創出し、確立したと言えます。ちなみに、ロレンソ了斎(1536‐1592)は、視覚に障害があり、琵琶法師として働いていた日本人ですが、来日したフランシスコ・ザビエルによって受洗し、キリスト教の布教に身を捧げました。
 近世期以降、琴や三味線の演奏家などとして活躍する盲人も多数輩出しました。近世の日本音楽は盲人が担ったと言っても過言ではありません。耳と手による記憶と創造のための厳しい修行に耐えて、作曲家や演奏家になりました。女性の場合、三味線を背負って遠い山村まで歩き、その音に載せて瞽女唄を歌い上げる瞽女と呼ばれる集団も登場し、たくましく生きぬきました。現在は、盲目のミュージシャンは、邦楽だけでなく、声楽・ピアノ・バイオリンなどの分野でも国の内外で活躍しています。

  3 盲人と美術
 日本では、現在も盲学校の「美術科」教科書は点字化されていません。視覚に依拠するものと考えられがちであった絵画は、盲目の生徒にはなじみにくいと思われてきたのです。二次元の絵画を、盲児のためにアレンジする技法も未開発でした。
 日本で最初に作られた京都盲唖院では、こよりを編んで容器をつくる仕事の教授も試みられましたが、長続きせず、その後の盲学校における美術教育は粘土造形に時間を注ぐのが一般的でした。ユニークで熱心な教員の指導を受けて、優れた作品を仕上げる子が現れ、いくつかの盲学校の生徒の粘土作品写真集が出版されています。
 表現の分野で、近年、描画に挑む視覚障害児・者も現れています。盲目の画家やアニメーターも存在します。立体コピー、厚みのあるテープ、3D描画プリンタや3Dペンなど立体的に線描できるツールも多彩に製品化されつつあります。鑑賞の分野では、紙や布を貼りつけた立体絵本も多く作られ、1983年以来、『手で見る学習絵本テルミ』が10才ぐらいの盲児を対象に定期発行されています。1984年に東京で開館した美術館「視覚障害者のための手で見るギャラリーTOM」は、創立者が自分の子の「ぼくたち盲人もロダンを見る権利がある」という発言に突き動かされて建設しました。触って鑑賞できる企画やコーナーを持つ博物館が増え、既存絵画の立体化も広がっています。 
 目の見えない人たちが博物館や美術作品を心行くまで味わうための営みが、試みのレベルから『触り方』に関する理論に裏付けられた水準へと進化しつつあります。見ることを偏重してきた近代文明を、<触る>営みを通して問い直す新しい思潮や実践が起こっていいます。<触察>は、単に表面をなでることではなく、<モノやヒトの本質や美を察知>することを意味します。世界には、見ただけでは分からないことがまちがいなく存在します。「見えない」ことをネガティブにのみ捉える時代は過去のものとなるべきです。
 ご清聴に感謝します。ありがとう!

 

写真の左から右へ、「暮しのうた」「季刊じゅうえん英字詩集 New Japan Pebbles」さらに「月刊にじゅうえん詩集」もあった!

「月刊にじゅうえん詩集」は、神戸でなく札幌の人々が発行していた!ますます面白くなってきた。

 

 

 墨字版『じゅうえん詩集』創刊号(1957年)の一部を点訳したものでした。

 この『じゅうえん詩集』は神戸大学の学生であった人たち(詩の仲間)とおぼしきグループが発行したもののようです。

 №11によれば神戸の百貨店、映画館、書店、喫茶店、料亭、食堂、バー、花屋、風呂などに置いてもらって10円で販売していました。

 【写真は、右から「発刊に際して」「創刊号」「点字版創刊号」「№11」の表紙】

 

 こんなタイトルの月刊点字詩集が1957年ごろから数年間発行されていたようです。印刷技法は、神戸の今井秀雄先生たちが研究していた謄写点字のように見受けられます。用紙は点字用紙でなく、一般的なザラ紙のようで、点字は謄写式で青色のインクを盛り上がるように刷り出してあります。

 50数冊のうち、38冊を入手できそうです。新しい楽しみに急浮上してきました。

 【写真は創刊号の表紙

 日本点字図書館発行のデイジー版『ブックウェーブ』12月号・NO.249に「人・話題の窓」として、収録してくださいました。

 また、『点字毎日(活字版)』12月3日付・第1143号に要約記事を載せていただいています。

 それぞれのメディアをご利用になれる皆様、どうぞ。ご教示もお願いいたします。

 

 【写真は、カワセミ】