ぶり返さない・もうツラくならない体質をつくる東洋の知恵 ココロとカラダに効く陰陽五行セラピー

ぶり返さない・もうツラくならない体質をつくる東洋の知恵 ココロとカラダに効く陰陽五行セラピー

奥が深く、なかなか独学で理解するのは難しいと言われている陰陽五行説を独自の解釈で、わかりやすくお話しています。お仕事や生活に実際に活かせる五行を学んでみませんか?

陰陽五行って面白そう!
これがわかると、セルフケアができそう、
仕事に活かせそう!

そう思って勉強してみたけれど…

なんだか、ぼんやりあいまいで、よくわからない。
お客様にどう説明したらいいのかわからない。
知識はあるけど、活かし方がわからない。

じゃ、独学でがんばってみよう!と意気込んだものの
これと思う講座がない、本もない。

そんなお悩みのあなたへ、現場で活かせる
陰陽五行セラピー講座をお届けします。


・ご自宅でオンラインで学べます
陰陽五行講座・基本編(2時間単発講座)
陰陽五行セラピー講座・オンライン10回コース

こんにちは。 光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

 

長崎も日に日に寒くなってきました。

 

 

全国的に、今年は雨もよく降ってるような気がします。

 

秋の土用は11月6日に明けましたが、土用が明けても雨の日が多く、はっきりしないお天気が続きましたね。

 

胃腸の調子がいまひとつだった人も多かったかも。

 

朝と昼の気温が違う、昼と夜の気温が違う、

昨日と今日で気温が違う、

雨が降るたび冷える、雷も鳴る・・・

とにかく寒暖の差が激しくて、自律神経も忙しい。

 

人のカラダは、生命維持優先で動きます。

体温が下がっていくと、人は死に近づいていきます。

 

なので、体温を維持することが、生きることの最優先。

 

普段から、体力があり、エネルギーが十分であれば、そうした気候も乗り越えられますが、不足していれば、他のところから「エネルギーを借りて」こなくてはいけません。

 

それが、胃腸などを動かす消化器系のエネルギー。

胃がもたれたり、お腹の調子が悪いからと、すぐ死ぬことはありませんから、消化器系は自分のエネルギーを体温保持の方へ貸してあげるのですね。

 

胃は五行では土に属します。

土は母性的で優しい性質。

自分のことは後回しで、先に人を助けようとします。

 

 

今回、胃腸の調子が悪かった人は、体温保持のほうへエネルギーが優先されたのだ、ということでしょう。

 

雨がやんで、気候変動が落ち着いてくれば、回復してきますよ。

 

人のカラダは本当によくできていて、何事もまず「生命維持」のためにエネルギーを分配するようになっています。

であれば、そのカラダの持ち主である私たちも、協力しなくてはいけませんね。

 

温かいもの、消化のいいもの、栄養のあるものを食べ、適度に運動して体温をあげ、ゆっくり湯船につかり、早めに寝る。

 

冬の間、そうした養生をしておけば、春に病気をしにくくなります。

 

で、5年ほど前になるんですけども、私、冬真っただ中に今の家に引っ越してきたんですが・・・

 

春に体調崩して寝込みました・・・

自然界のエネルギーに逆らった過ごし方をして、それが春に出たのですね。

 

じゃあ、どうするべきだったのか??

引っ越しやめればよかったのか??

 

という話を、明日の11月17日の夜20時に配信するメルマガでしようと思います。

 

・冬は閉蔵(へいぞう)の季節

・冬は夏以上に活動してはいけない

・動物も丸くなって冬眠する

・小雪が降る2月に引っ越し

・引っ越し当日ダンナがトンズラ!!!

・冬の無理は春にしわ寄せがくる

・明日でいいことは明日でよい

 

などなど。ぜひご覧ください。

 

■メルマガ(無料)登録がまだな方は

⇒登録はこちらからどうぞ
 
※携帯メールアドレス(@○○.ne.jpや、@icloud.comなどのアドレスは未着・不着になることが多いようです。
info@mitsufuji.biz からのメールが届くよう、受信設定をご確認ください。

 

■メルマガ登録したのに届かないときは

→こちらをご参考に

 

こんにちは。光藤(みつふじ)です。

 

今月の勉強会は、五行配当表の「五官、五体、五華」について勉強します。

 

お申込みは⇒こちらからどうぞ

 

 



前回参加出来なかった人も、五臓、五腑の復習を10分前後入れていきますので、理解しやすいかな、と思います。

五官、五体、五華は、五臓の不調が現れる体の箇所ですが、それをただ暗記しても応用しづらいんですよね。

どういう不調が、どう出てくるのか、勉強会では日常的な事例をあげていきます。

五官……目・舌・口・鼻・耳
五体……筋・血脈・肌肉・皮毛・骨
五華……爪・顔色・唇・毛・髪
 
と、配当表にはありますが、さくっと説明すると、五臓の不調が
現れるカラダの箇所、と言うことになります。

木=肝に不調が出ると、目に黄疸がでたり、充血したり、目が吊り上がってきたりする、という感じ。

でも、もう少し詳しく解説していくと、例えば五官には「竅(あな=穴)」という意味もあり

経絡を通じて外の情報と五臓がつながっている、という意味もあります。

出入り口、というイメージでいいかな。

 
 

例えば、政治家の答弁や有名人の不祥事を、テレビや新聞なんかを見て文句を言ったり、怒ってる人がいますね。
 
目から入ってきた情報が、木=肝が司る感情「怒り」につながるわけです。

ですから、ちょっとしたことですぐイライラするようであれば、
もうテレビや新聞はほどほどにして、「目にする情報」を減らしたほうが養生になりますね。

配当表は、丸暗記して悪いことはないですし、覚えてないよりは覚えてた方がよいですが、

それで終わると「まるで使えないーー」となりがちなので、この機会に、ぜひその意味まで勉強していきましょう!

お申込み、お待ちしております。

■11月25日13時~五行勉強会
五行配当表を理解する・五官、五体、五華

・開催日: 2021年11月25日(木)
 13時~15時(多少時間は前後します)

・参加費 2,000円(事前振込)

・お申込み締め切り 11月20日(土)20時
(締め切り時間にご注意ください)

お申込みは⇒こちらからどうぞ

 

こんにちは。光藤(みつふじ)です。

 

30代の頃、広告デザインの事務所で働いてたんですが、なかなかハードな職種です。

印刷業とか、広告業とか、出版関係とか、人からは「楽しそうな仕事」「やりがいありそう」と思われるんですが

実際は、そんなこと感じているヒマもなく気力と体力、睡眠不足との勝負!という職場環境です。

締切がありますからね、どうしても時間に追われる仕事。

で、ある日トイレにいくと・・・・

膀胱炎になってました・・・・

痛い・・・・

でも仕事が忙しく、その日すぐは病院に行けず2~3日後に行くと

「いつからなの?2~3日前から??こういうときはね、気づいたら早く来なさい!
膀胱炎のうちはまだいいけど、これが進んで腎盂炎とかなったらもう入院よ!!」

と、叱られました(;'∀')
当り前ですけども。



▲ごめんなさい。次からちゃんとします・・・



先ほどの話、私がお医者さんに言われた

 

>膀胱炎のうちはまだいいけど、これが進んで腎盂炎とかなったらもう入院よ

これは、「腑→膀胱 の炎症のうちはいいけど臓→腎 までいってしまうと、重症よ」ということなんですね。

病変が「腑」に出ているときはまだいいけど(よくはないんですけどね)「臓」にまで病変がでるようになると、重く、やっかいなことになります。

「腑」におきた病変が「臓」に進むと重くなる(重症化しやすい)。

こういうのを、「臓は腑より奥にある」と言ったりします。

このときの「奥」の意味は、臓腑の位置の話じゃなく、病変が進むとさらに重くなるよ、という意味の「奥」です。

 

--------------------

 

今、月1ペースで、どなたでもご参加できるオンラインの「五行勉強会」を開催しています。

 

録画対応しておりますので、リアルタイムで参加できなくても、後日送付する動画で参加することもできます。

 

五行を理解して、お仕事や生活に活かせるようになるには、「学んで終わり」ではなくて、勉強し続けることも大事。

 

これは五行に限らず、なんでもそうですね。

 

美容学校卒業して、美容師資格とったからといって、その日からすぐお客様のカットはやらせてもらえないでしょう。

 

フェイシャルエステの技術を取得したからといって、すぐゴッドハンドになれるわけではない。

 

もっと上手になりたいと思えば、練習し続けることですよね。

 

学びも同じではないでしょうか。

 

なので、少しずつでもいいから五行の知識に触れてほしくて、続けて欲しいなと思って、月1回、2,000円の講座を開催しています。


さて、話を戻しまして・・・

 

今月は、五行配当表をもとに「臓と腑」の関係をおはなししていきます。

 

▲これが五行配当表。画像はオンライン基本コースでお渡ししているもので11項目ありますが、もっとたくさんの項目があります。

 


私、昔は、病気になったら病院で治してもらえば大丈夫、なんて考えの持ち主だったんで、ホント、自分のカラダにひどい扱いをしてたなーと反省。

 

カラダのこと、ちゃんと知るって大事です。

で、勉強会では資料をもとに
他の臓と腑の関係もお話していきますね。

 

▲毎回送付しているオリジナルの資料も好評です。資料を撮ろうとしてたら、にゃんこが入り込んで動きませんでした(笑)


■10月23日(土)五行勉強会
「五行配当表を理解する・五臓五腑編」

13時~15時の開催です。
 

・お申込み、詳細は⇒こちらから
※締切は10月20日の20時になります。

ご興味がある方は、ぜひどうぞ。
お申込み、お待ちしております。

 

 

こんにちは。光藤(みつふじ)です。

 

メルマガでもお知らせしておりますが「気・血・津液・精・神オンライン6回コース」お申込み受付中です。

 

内容など詳細は⇒こちら

 

▲テキスト制作のためのノート。これをもとに資料を作りこんでいきますが、特に「気」は情報が多いので、内容を絞るのがなかなか難しい・・・

 

気・血・津液」のうち、一番多種多様なのが「気」ではないかな、と思います。

 

いっぱいあるので、1種類の「気」しか知らずにいると、わけわからなくなってきたりしますね。

 

ここでは主にみなさんがピンときやすい「気」の種類をあげてみますね。

 

・陰陽の気…陰気、陽気

・五行の気…木気、火気、土気、金気、水気

・天気、人気、地気

・正気、邪気

・元気、宗気、営気、衛気

・運気

・飲食物の気…水穀の気、酒気など

・薬の気…理気、補気など

・病気

 

探してみれば、まだまだあるでしょう。

 

「気」と一言でいっても、これだけのものがありますから、説明も簡単にはいかないです。

 

血とか津液は、見えてそこにあるものなので、「これ」と言えるんですが「気」は目に見えないけど、そこにあるもの。

 

見えないもの、感覚で感じるものは説明が難しいですよね。

 

さて、10月よりスタートする「気・血・津液・精・神」の講座は、特にこの「気」を時間をかけて解説しようと思います。

 

初心者の方でも、東洋医学や東洋思想が好きなら大丈夫です。

専門用語の羅列で終わることはありませんので、楽しみながら一緒に勉強していきましょう!(宿題や試験もありません)

 

募集期間は、来週、10月12日(火)20時まで。

締め切り時間にご注意くださいね。

 

講座内容やお申込み方法は⇒こちらで

 

光藤です。

 

せっかくメルマガにご登録いただいたのに、届かない方もおられます。

 

登録したのに、メルマガ来ないなーと言う方は、こちらのリブログ記事をご覧になり、確認してみてくださいね。

 

ちなみに前回は10月2日に配信しています。

2日に届いてないかたは、まずは迷惑メールフォルダをのぞいてみてくださいね。

 

今日10月5日20時に配信するメルマガで、新しいオンライン講座「気・血・津液・精・神オンライン講座」、お申込み開始いたします。

 

メルマガ登録まだだったなー、と言う方は、20時前までにご登録を。⇒こちらからどうぞ

こんにちは。光藤(みつふじ)明美です。

 

私の夫は、めったに病気しないタイプです。

少々調子悪くても、寝てたら治る、薬飲むと逆にカラダが変な感じになるからいらない、といいます。

 

結婚して18年になりますが、熱をだして寝込んだのは1回だけ。

熱出して、汗かいて、着替えて、寝て・・・で、2日ほどで治り、食事も普通にできるタイプ。

 

対して私は、季節の変わり目とか、ストレスに弱く、日頃から体調管理に気を付けてないと、お腹の調子が悪くなったり、咳が出たりしてしまいます。

 

風邪などで熱が出ると、微熱と平熱をいったりきたり。

なかなかスッキリと治りません。

 

最終的には、病院へ行き、薬に頼らないと悪化してしまいます。

 

ここ4~5年は、寝込むようなことはないですが、油断大敵ですね。

 

さて、夫と私、何が違うか?を東洋医学の視点で見ると、まず「正気(しょうき)」の強さが違う、のですね。

 

正気…病気にならないよう、人間がもともと持っている力。

抵抗力とか、自然治癒力とか、生命力とか・・・を意味します。

これが強いと、体内も体外も正気でしっかり守られているので、病気のもととなる「邪気」がきても寄せ付けないし、仮に侵入してきたとしても、正気が勝つので病気になりにくいです。

 

対して私はこの正気が弱い。

体内、体外の正気が弱いので、ちょっとした小さい「邪気」でもカラダの中に侵入されやすい。

正気が不足すると、邪気が入りやすくなる、と思うといですね。

 

正気とはそもそも何?というと、「気・血・津液・精・神」がセットで働いて充実している状態。

 

それぞれが、うまく働いてカラダの「巡り」がバランスよければ、病気になりにくい、と言えます。

 

この「気・血・津液・精・神」、知っておくと、自分や周りの人の不調のサインに気づきやすくなります。

 

ですが、ここを時間をかけてゆっくり学べる場が少なく、言葉は知っていても、うまく説明できない、理解しづらい、と言われる人も多いです。

 

特に「気」については、目に見えないので、把握しにくいようです。

 

そこで、10月からこの「気・血・津液・精・神」の講座を開講することにしました。

 

ひとまず、日程だけお知らせしておくますね。

全部で6回のコースになります。

 

 

■「気・血・津液・精・神をしっかり学ぶ講座」(仮題)

・第1回目 10月16日(土)13時~
(※2回目以降の日程は、その都度ご案内します。)

第1回「気とは・前編」
気については、1回でお話できないくらい、いろいろあるので、前編・後編の2回にわけてお話します。

【おもな内容】(多少変更することもあります)
・精気とは?~精気学説をもとに考える
・天・地・人の「気」とは?
・人を作っている切っても切り離せない
 3つのもの(精・気・神)
・気の性質
・いろんな「気」について 
 陰陽の気、五行の気、正気邪気、飲食の気、など

第2回「気とは・後編」(11月開催)
・しっかり把握しよう!気の働き
 推動作用、温煦作用など
・気の運動(気機)昇、降、出、入
・元気、宗気、営気、衛気って何?
 どこを流れてる?
・乾布摩擦で鍛えられる気とは?
・深い呼吸と栄養が元になる気とは?
・気が乱れると起きる不調 
 気鬱、気滞、気逆、ほか

 

こんな感じで、「気・血・津液・精・神」をひとつずつ学んでいきます。

ZOOMでのオンライン講座で、全6回のコース。

参加出来ない回は、録画データをお渡しします。

 

お申込みは、10月5日に配信されるメルマガでまずスタート。

それまでしばらくお待ちくださいね。

 

--------------------

 

■無料メルマガの登録まだだった!と言う方はこちらから

ここをクリック

こんにちは。光藤(みつふじ)明美です。

 

陰陽五行をはじめ、東洋思想は「見えないもの」も「この世のもの」として扱います。

むしろ、この世はその「見えないもの」がすべてです。

 

 

もう、この一文で意味不明ですよね。

書いてある日本語はわかるけど、具体的ではない。

 

東洋思想は、こんなんばっかりです(;'∀')

 

ちょっと具体例で話しましょうね。

好感がもてるタレントさん「人気者」っていいますね。

人気、人の気、です。

 

コトバンクで調べてみると

【人気者】人々によい感情を与えてもてはやされる人。とあります。

 

そして一文字外して「人気(ひとけ)」で調べると

【人気 ひとけ】① 人のけはい。人がいそうな様子。人の気(け)。

② 人間らしいこと。人並みであること。人らしさ。多く、「ひとげなし」の形で用いられる。

 

すべて、目に見えないけれど、確かにそこにあるものです。

背が高い、容姿端麗な人(目に見える現象)が人気者、とはしてないですね。

 

となると、人は「気」でできている、と言うことが言えるわけです。

「気」でできているから、人気者、気が合う人、合わない人、なんていうんですよね。

 

そしてその「気」が乱れたときに「その人らしさ」も乱れて、体調を崩したり、思いもよらないことをやらかしたりするわけです。

 

そして「気」はいつでもどこにでもあって、絶えず動いています。

 

「気」が動くから、私たちは「やる気」がでたり出なかったりするんですね。

 

見えないけれど、確かにそこにあるので、「気は物質である」と言う先生もいれば

 

「物質と言うより作用するもの、機能するもの」と言う先生もいます。

 

これも、どちらも正解(^^)

 

両方知っておいて、自分が好きな解釈はどちらかな?としておくといいです。

時と場合によって、使い分けてもいいと思います。

 

見えないものを自分の感覚でとらえるわけですから、それぞれの感覚、感性でいいわけです。

 

 

■テキスト教材「ココロのガマンが不調をつくる」

~病気と心理と陰陽五行~ 発売中

「病気と心理」「東洋思想」に興味がある方々に、好評です

→教材テキストご案内ページ

 

◆2021年10月生募集開始。毎月限定3名さまです。

【オンライン】陰陽五行講座・基本編
 ⇒詳細はこちらで

 

◆この際、じっくりがっつり学ぶならこちら

【オンライン】陰陽五行セラピー講座(全10回)

 ⇒詳細はこちらで

 

※セミナーのお申込みは、携帯メールでは受付できません。こちらからのご連絡がエラーで戻ってきたり、不着・未着になってしまいます。

また、icloudのメールアドレスは、トラブルが多くこちらのメールが届かないようです。
gmailや、Yahooメールなどのフリーメールを取得しておくことをお勧めします。

 

こんにちは。光藤(みつふじ)明美です。

 

今年はなかなかスッキリしないお天気が続きますね。

湿度が高いので、むくみもなんですが、夏の疲れも出たりで、胃腸の調子を崩す人も増えてるようです。

 

 

胃腸の調子は、まず温かくて消化のよい食事にして、早く休みましょう。

 

さて、例えば風邪を引いて寝込んだとき、あなたはどちらのタイプですか?

 

・食欲が落ちて、なんでもは食べられない。微熱でもきつい。

・多少熱があろうが、食欲は変わらない。微熱くらいなら普通に動ける。

 

ちなみに私は前者の方です(^^;)

 

よく「風邪くらいなら、温かいもの食べて一晩寝てたら治る」と言う人もいるのですが、私からするとうらやましい限り。

 

なかなかスッキリ治らず、咳や微熱が続いて、病院のお世話にならないと完治しません。

 

じゃ、光藤はしょっちゅう風邪ひいてるのか?というと、そうでもなく、発熱して寝込むような風邪は3~5年に1回くらいです。

 

自分の体質がわかっているので、それなりに気を付けて過ごしていれば、あまり病気もしなくなってきます。

 

体質が悪い、のではなくて、どう付き合っていくか?が大事。

 

そのためには、まず自分の体調を把握しておくことが大事ですね。

 

東洋医学では、大きくざっくり分けると、虚証と実証というのがあります。

 

気や血、津液など、人のカラダが活動するのに必要なエネルギーが不足して起きるのが「虚証」

 

エネルギーは十分あるけれど、余計なものがあり過ぎて渋滞をおこしてるような状態が「実証」

 

あなたは、どちらに該当することが多いでしょうか?

 

【虚証の場合】

□疲れやすい

□ぼそぼそと話す

□胃下垂である

□下痢をしやすい

□顔が黄色っぽくやつれている

□髪や肌のツヤがなく乾燥しやすい

□鼻やのど、口が渇きやすい

□老化現象が出る

□物忘れが最近多い

□夜になると手足がほてる

□寒がり、手足が冷えてツライ

 

【実証の場合】

□げっぷや吐き気がおきる

□胸やけがする

□脇が張って痛いことがある

□おおきな赤いニキビがよくできる

□イライラから頭痛がする

□舌や唇の色がどす黒い

□痰が絡み咳が出る

□透明の水っぽい鼻水がでる

□怒ったような強い口調でしゃべる

□胃腸がよく痛くなる

□つい食べ過ぎてしまうことがある

 

虚証が多い、実証が多い、または両方とも同じくらい該当する、と言う人もいると思います。

 

いまは虚証でも、また別のときには実証がでることもあります。

 

人のカラダは、季節や気候、気持ちの在り方でも変わりますから、不調もその時々でかわるのは当然かもしれませんね。

 

今月9月22日に開催する勉強会では、虚証と実証、それぞれ6つのタイプについて勉強します。

 

今年は気候の変動もおおきく、不安定なお天気が続きますから、この機会に一緒に勉強しましょう!

 

■9月勉強会「実証6タイプ・虚証6タイプ」

 

開催日: 2021年9月22日(水)13時〜15時

(多少時間は前後します)

 

参加費 2,000円(事前振込)

※日程が合わない方は録画参加も可能です。

 

お申込み締切り 9月17日(金)20時

 

お申し込みは⇒こちらをクリック

 

 

 

■そのほか現在お申込み受付中の講座・教材など

 

■テキスト教材「ココロのガマンが不調をつくる」

~病気と心理と陰陽五行~ 発売中

「病気と心理」「東洋思想」に興味がある方々に、好評です

→教材テキストご案内ページ

 

◆2021年9月生募集開始。毎月限定3名さまです。

【オンライン】陰陽五行講座・基本編
 ⇒詳細はこちらで

 

◆この際、じっくりがっつり学ぶならこちら

【オンライン】陰陽五行セラピー講座(全10回)

 ⇒詳細はこちらで

 

※セミナーのお申込みは、携帯メールでは受付できません。こちらからのご連絡がエラーで戻ってきたり、不着・未着になってしまいます。

また、icloudのメールアドレスは、トラブルが多くこちらのメールが届かないようです。
gmailや、Yahooメールなどのフリーメールを取得しておくことをお勧めします。

 

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

東洋医学、興味ありますか?

 

中医学とか、漢方なんかがそうですね。

 

肩こりや腰痛、頭痛や胃痛、むくみや冷え・・・

病院にいくほどではないけれど、日々、なんとなく気になる不調、体質ってあります。

 

こういう時は、東洋医学がおススメ。

 

特にその中でも、最初に「陰陽五行説」を勉強するといいのですが、これがなかなか難しい。

 

講座を受けたり、スクールに通ったりするものの、用語を丸暗記するのが精いっぱいで、しっかり理解できるところまではいきません。

 

私もいろんな講座を受けて、資格をとってみたものの、当時は用語を知ってるというくらいで、人の体質を見立てたりできるわけではありませんでした。

 

それでも、今まで勉強したものをまとめたり、調べていくうちに気づいたことがありました。

 

陰陽五行説を理解するには、おさえておきたい「3つのポイント」があります。

 

 

1 五行配当表を理解する

 

これがなぜ、5つのグループに分けられているのか?

それがわかると、この表だけでも、不調の原因を探すことができたりします。

 

例えば、木=肝の不調が起きる人は、叫ぶような大きな声で人を呼びつけたり、怒りっぽかったりして、春先にぎっくり腰やネンザなど、筋を傷めることがある、という感じです。

 

 

2 相生・相剋関係を理解する

 

 

配当表が理解出来たら、次にこの図、相生・相剋関係の意味を勉強していきます。

 

火が燃えるためには、燃料となる木の存在が必要ですが、木が多すぎると火が燃えすぎてしまい、少なすぎると温めることができませんね。

 

この理屈を、人の五臓などにあてはめていきます。

肝臓(木=肝)がしっかり血液を解毒して貯蔵してくれなければ、心臓(火=心)に負担がかかり、高血圧になったり、貧血がおきたりする、という感じです。

 

 

3 木・火・土・金・水、5つのタイプを把握する

 

 

五行の木・火・土・金・水には、それぞれ共通する体格や体質、性格などがあります。

 

たとえば、木タイプだと、背が高く筋肉質、好奇心旺盛でチャレンジャー、バランスを崩すと怒りっぽい、筋を痛めやすい、顔色が青くなる、ということがあります。

 

この3つを、まずしっかり勉強していくと、自分や家族、親しい人の体質や性格が理解できるようになります。

 

なんか、表とか図とか、難しそう・・・と思うかもしれませんが、私の講座では専門用語をなるべく使わず、初心者さんでも楽しみながら学べるように解説していきます。

 

東洋医学に興味がある、陰陽五行を勉強してみたい、という人であれば、どなたでもOK.

 

ただいま、8月生を募集中。

毎月、限定3名さま、オンラインにてマンツーマンの受講スタイルです。

 

詳細や、お申し込みは⇒こちらをクリック

 

 

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

ただいま募集中の「五行&アロマ・ホームケア編」のオンライン講座は、6月28日(月)20時が締め切りです。

 

この記事で、父が夜中寝ぼけたようになってることを書いているのですが、念のため大きな病院の脳神経科で見てもらいました。

 

認知症のテストとか、MRIとか、半日かけて検査してもらったんですが、心配なことはなにもありませんでした。

 

物忘れも、年齢相応の範囲内。

「寝ぼけたようになってるのは、薬が強すぎるのがいくつかありますね。その影響でしょう」ということでした。

 

やっぱりそうだよね、と、納得。

 

薬も、血液サラサラとか、痛み止めとか、睡眠薬とかいろいろ5種類くらいあったのですが、減らしていいのもあるということでした。

 

で、その脳神経の先生、薬の一部を漢方薬にも変えてくれました。

 

あ、私なにもリクエストしてないですよ(笑)

先生の方から言ってくれたんです。

 

なんか、ちゃんと見てもらって、相談できてよかったかなー

ホッとしたねー、と言いいながら帰ってきました。

 

で、私がつくってあげたアロマのブレンドオイルも、なんか気に入って毎日使ってくれてるそうです。

 

あれは、どこに売ってるんだ?と聞くので「私が作ったんだよ」というと

 

「お前がつくったのか?お前の仕事は一体なんだ??」

 

と、驚いておりました(爆)

 

なかなかね、アロマセラピーとか、陰陽五行とか、80過ぎた父親に説明しにくいのでねー、謎なんでしょうね。

 

おいおい説明していきます。

 

五行とかアロマとか、薬膳とか、ちょっと調子が悪い、ちょっとイマイチ、というときに使えると、本当にいいです。

 

私も若かりし頃、自分のカラダに無頓着で、ちょっと調子が悪い時は、すぐ市販薬に頼ってました。

 

鎮痛剤、整腸剤、胃薬、下痢止め、いつもバックの中に入れて持ち歩いてたんですよ。

 

もはや、お守りのような存在でした。

あれはいかんかったなーー

 

あの頃、アロマや五行を知ってたら、今頃はどうだったかなー、と思うときもありますが、それもまた自分の経験に必要なことで、勉強だった、としておきます。

 

ちょっとした不調は、ちょっとした時に早く手当てできるといいですよね。

 

それがお薬ではなく、体に負担がかからないものであれば、なおさらいいです。

 

薬が増えるのは不安ですけど、体に優しいアイテムが増えるのは、心強い。

 

自分にも家族にも、ちょこっとだけど、してあげられることがあるって、いいもんだなーと、この年になって思います。

 

若い時は、父とはあまり関係がよろしくなかったんですが(^^;)

 

お互い、年をとって丸くなったかな。

 

 

■五行&アロマ講座・ホームケア編

 

・2021年6月30日(水)13時~15時

(終了時間は多少前後することがあります)

 

※講座は録画しますので、日程が合わない方は後日、録画データで参加できます。

※精油を買いそろえる必要はありません。実習はなく座学のみの講座になります。

 

・参加費 5,000円(事前振り込みになります)

 

・詳細やお申し込みは→こちらをクリック

 

お申し込み後、参加費の支払方法など詳細をお知らせするメールを差上げます。

 

3日経過しても連絡がない場合は、メールの未着・不着が考えられますので、別メールアドレスなどで再度お申込みをされてみてください。

 

ご参加、お待ちしております!