RikiStyle
【 イベント情報 】
※随時更新


【命あるなら来年も!Tーシャツ】


オーガニックコットン100%
¥3500(税込み) 
※売り上げの一部が野沢温泉での野外イベント「命あるなら来年も!」
の運営費として活用されます。


【 Ride Freak  T-シャツ 】
雪山を「Ride」する・波に「Ride」する・音に「ノル」
「Ride」ノルことに「Freak」熱狂する人たちにむけて。

「Feel your BEAT.」
オーガニックコットン100%
¥3200(税込み)

すべてのお問い合わせはコチラから↓↓↓

◆お問い合わせ◆
riki@rikijg.com



パタゴニア
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

修行

てことで19日から25日まで

雪山での修行の日々。

 

気温上がったり下がったり

風の強い日が多かったり

難しいコンディションが続きましたが

基本的には青空が広がる日が多く

美しい景色の中で

 

厳しくも楽しい

苦しくも充実した

そんな毎日でした。

 

 

身体はしっかりと重く疲れましたが

個人的にはかなり収穫のある日々で

自らのレベルアップを実感できています。

 

でも今は

結果はどうあれ

とりあえず無事に終えることができ

ホッとしています。

 

うまいもん食って

ゆっくり温泉入って

2日間くらいは何もしたくないな。w


さて、フェリーで北海道戻ります!!

トレーニングな日々

そうしてJFOも無事終わり13日に片付け。

荷物の発送など。

 

14日からは友人とトレーニングな日々。

山に入って地形の把握とガイディングのあれこれ

 

 

 

 

 

15日

雨なので会場を借りて室内で

 

場所を友人宅に移し

 

 

16日

雪上で

 

 

 

 

 

 

 


17日

買い出しなど諸々、体勢を整える。

爆降雪!!

 

 

18日

引き続き爆降雪!!

この日は完全レストにしようと思っていたけれど

流石に朝から滑りに出る。

午前中の良い時間だけガッチリ滑って

その後、マッサージ行ったり温泉入ったり

完全なレスト。

身も心も完全リセットしこれからの日々に備えます。

 

 

 

 

 

Rikiと滑るベストシーズン道東

こちらのツアーの申し込み締め切り

2月18日の20時まで!!

(あと2日)

 

お急ぎください♪

 

日程   2021年2月27日 – 28日 (1日参加も可)


エリア  トマム周辺~日勝峠

コンディションによっては

ガイドの判断で変更する場合もあります


集合   2021年2月27日 9時 星野リゾートトマム


ガイド料  2日間 30,000円/人(税込)
               1日間 18,000円/人(税込)
ガイド料に交通費・宿泊費・食費・リフト代等の経費は含みません。


定員  最大8名さま(最小催行人数3名さま)
4名様以上であれば

先にご予約いただいたお客様がいらっしゃらない場合は

プライベートに変更も可能です。

詳しくはお問い合わせください。


担当ガイド 日本バックカントリースキーガイド協会所属
Epic Japan 中江明子
Riki Japow Guide 中島力


対象者 バックカントリー経験者 

お客様のレベルに合わせた内容となります。


その他 バックカントリースキーに対応した

レスキュー保険に各自ご加入ください

 

 

詳しくはこちら↓↓↓

 

JapanFreerideOpen2021

ってことで8日にチャミンゴへ移動。

そこからはミーティング、準備。準備、ミーティング。な日々。

9日も。

 

多くの協力者もみんな集まってきてくれて

こんなコロナという状況下で

いろんな制限があっていつものように

手を取り合って!肩寄せあって!な感じでは

なかなかできませんが

それでもみんな楽しみながら

本当に大変な作業の数々を

力を合わせて作り上げてきます。

 

10日は心強い仲間に全てを任せて

僕は山のトレーニング。

来たる日に備えて。

 

でも宿に戻ればミーティングはしっかり濃いめに。。。

 

 

11日

ジュニアクラス大会&セッション


12日

オープンクラス大会

 

と毎日、日の出前から大会斜面のコンディションを確認し

 

 

 

ギリギリまであれこれ考え、いろんな予備のプランを用意し

ほんと長丁場で大変で疲れるんですが

 

参加してくださる皆さんがいつも楽しんでくださって

たくさんの笑顔と想いが詰まった大会になって

 

一緒に作り上げてる感じが嬉しくて楽しくて

がんばれちゃいます。

 

 

今回も多くのご協力をくださった皆様

ご参加くださった皆様。

本当にありがとうございました!!

 

ってことで

JAPAN FREERIDE OPENの本戦も終わり

ジャッジ判定による勝者も決まりましたが

ここからはあなたがベストライダー"THE MAN"を選んでください。 

投票期間は3日間。15日までだけ!!

ってことで今日が投票の最終チャンスです!!

あとわずか!!

 

投票してくださった方々の中から抽選でステキな賞品が当たります!!

TOYOタイヤのスタッドレスタイヤとか!!

あなたの1票で"THE MAN"が決まる!!

是非ご参加ください♪

 

コチラ↓↓↓

 

<<スキー編>>

 
<<スノーボード編>>

 

 

 

 

 

白馬バレー満喫の5日間

そんなこんなで4日

ゲストをお迎えし昼くらいにお宿目の前の栂池に。

強風でリフトが動いているのはわずか。。。

でも、十分に楽しめました。

しかも吹雪でずっと止まっていたリフトが

スキー場クローズの1時間前から動き出すという

嬉しい事件が発生し

そこにたまたま居合わせた僕らは

ノートラックの斜面を

何度もおかわりして堪能。

 

そしてそこから素敵なお宿にご一緒させていただいて

4泊5日の白馬バレー満喫ツアーが始まりました。

 

 

5日

晴れ予報。

素敵な景色を堪能するため岩岳へ。

バッチリ。

 

 

 

6日

この日快晴で風もないはずの予報だったので八方へ。

と考えていたのにまさかの強風で下部のリフトしか動かず。

ってことで五竜&47を堪能。

空は快晴だったので景色は抜群。

 

久しぶりに47のパークを眺めに入りましたが

ちょっと懐かしい感覚に興奮。。。

ま、飛んでないっすけどね。w

 

 

7日

午後から荒れる予報だったので

午前中の落ち着いている時間を使い八方へ。

この日も強風でリフトの規制がありましたが

徐々に風がやみ一番上のリフトまで動いた!

で一番上のリフト動いてすぐ行った瞬間、猛吹雪。w

でも奇跡的に僅かな瞬間をついて

視界のある中で山頂駅まで行けたので

満足満足。

 

ノンストップ滑走を何本も。

 

そして天気も崩れ、早めに切り上げ

温泉&マッサージな日に。

 

夕方から朝にかけてまさかの大雪。

 

 

8日

コルチナ、パウダー祭りな日。

終始、パウダースノー。

満喫。。。

 

と白馬バレーの主要なスキー場のほとんどを

この日!というピンポイントな日に

端から全部滑りました。

そんな数日。

 

ゲストの方にもご満足いただけた??

はず!!

 

そしてこの日から僕はロッジ チャミンゴへ移動し

本格的に大会運営に軸足を置く日々に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆まきと大会準備

そうして朝のうちに白馬に到着。
そのままコルチナへ。
JapanFreerideOpenの大会準備と打ち合わせ。

パトロール小屋には歴代のJapanFreerideOpenポスターが♪

 

そしてこれが今年の


大会斜面のチェックをしたり。



と、今年もはじまった。


3日
前日にまき忘れた節分の豆をまく。
いや、まいてもらう。

厄の人は豆をぶつけられて役を払うんですってー。
前厄の僕の厄払いしてもらいます。
こんな感じ。w


厄も落として、大会の成功を祈願したら
しっかりお仕事。大会斜面を紹介する動画の撮影。
こんなんです。

んでまた打ち合わせして、諸々。


4日は朝から長野駅へゲストをお迎えに。
白馬バレーを満喫する5日間のが始まります!

 


 

本州へ。

そんなわけで30日。

急遽移動することに。

 

しかし今年、前厄の僕。

節分までに厄払いしないと。。。

ってことで主催するイベントの保険に入るために帯広にでた

そのタイミングで厄払いも。

 

厄払いを済ませたら苫小牧のフェリー乗り場へ急ぎます。

ホントはもっと余裕あると思っていたのに

ぜーんぜんなくって

後半はぶっ飛ばしました。。。

そして本当の本当にギリギリで

無事、乗船。。。

あぁ、良かったー。。。

 

船ではなかなか取れないゆっくりした1人の時間で

確定申告を終わらせよう!と

ちょっと高いながらに個室を取ったんですが

天気大荒れで揺れまくり。。。

PC開いていろんな情報や文字見てると

揺れる海上では気持ち悪いだけで。。。

結局眠り優先に。。。

 

31日

南下するにつれて朝には揺れもおさまり

朝日が美しかった。

 

少しは作業も進め

一息ついたら大洗港着。

 

そこから快晴の中、神奈川まで走らせる。

 

途中、首都高入るか入らないかくらいのところだったか

対向車が高速の側壁にすごい音と共に接触し跳ね上がり

こっちに向かって粉塵と共に走ってきてヒヤリ。。。

そのままその景色は僕の後ろへと遠ざかったが

その後すぐに対向の2車線は完全にストップしたので横転したか?

車線を塞ぐ感じになったのだろう。。。

おーこわ。。。

 

僕は夕暮れ時に無事に自宅へ到着。

荷物を投げ入れ

持ち帰って不要な荷物を片付け

いっぱいになった郵便物を整理したり

しながらホッと一息。

 

食材もないし、すぐに家を出るしってことで

滞在中は外食しか選択肢がない。

 

さて食べにいくか。と腰をあげ外に出るが

どこも真っ暗。。。

 

あぁ、そうだった。

こっちは緊急事態宣言が発令されているんだった。。。

食事難民。。。

 

しばらく走り回りお持ち帰りをやってるラーメン屋を見つけ

チャーハンとラーメンを持ち帰り食事。

 

就寝。

 

 

1日

一緒に白馬へ向かう友人が我が家へ到着。

朝から朝食がわりに夏ミカンをもぎって食べる。

玄関先の夏ミカンは食べごろになり

深い黄色に染まった実をタワワにぶら下げている。

 

明るくなって気がついたが家の角に植っていた

洋梨の木が根こそぎなくなっていた。。。

虫がつきそうだったから。と大家さんが判断したらしい

が、まだまだ元気だったし

美味しい実を提供してくれていたのに。。。

まぁ、しゃぁない。。。

 

しかし、庭は確かに少し広くなった。

 

海に入ろう!なんて思っていたけれど

波もイマイチで諦める。

 

到着した友人を江ノ島に届け

僕は家賃払ったり、ドロドロの車を洗車しに行ったり

発送物を出したり

帰ったら家のプリンターで

プリントアウトしよう思っていた書類がたくさんあったのに

望まずも最近買い換えたPC

我が家の古いプリンター対応していないことが発覚。。。

プリンターも買い替えなきゃならんのか。。。

プリントアウトはしばらくおあずけ。。。。

仕事が進まん。。。

 

江ノ島に友人を迎えにいくタイミングで昼食を。

人気でなかなか入れないお店も

待ち時間なくスルッと。

 

夕食も。

こちらはむしろ20時には営業終了しなければ

いけないと言うことで

お客はそれに間に合うようになだれ込み、満席。。。

時短することがいいのか悪いのか。。。

 

早めに風呂に入り、就寝し

2日は4時おきで白馬に向けて出発!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEKI Session

そうして26日。

新に数日分の荷物を積み込みかもい岳ビレッヂ

ここから数日のスキートリップ。

スキーヤーは

坂本豪大

有馬尉亮

立花透

というその世代のフリースキーヤーなら

誰もが憧れたことのあるレジェンダリーでワヤなメンツ。w

それにもう1名スノーボーダーのフーミン加わり

濃い〜メンツでセッションな日々の始まりです。w

各地のローカルの皆さんと滑ります!!

 

鍋を食らって

コテージについているサウナに入り

就寝。

 

27日はかもい岳国際スキー場

まる1日モノスキー。w

めっちゃムズイけど楽しい。w

 

モノスキーパイセンの

坂本豪大さん、立花透さんは激ウマ。w

有馬尉亮さんはこの日でゲキハマり。w

僕も。。。w

 

滑り終わって十勝清水の美蔓亭に移動

途中で秘湯、オソウシ温泉に入って

激ウマのラムシャブNight!!

そしてコテージで時間を過ごし、就寝。

 

28日はBCに出る予定だったけど

コンディション的に諦めて

間違いないトマムへ!!

って、めっちゃいいわ。。。

 

帰りに温泉入って、この日も美蔓亭泊。

 

29日

爆風でどこもリフトが一部運休。。。

ってことでこんな時しか行かない国設南ふらのスキー場へ。

こんな日はモノスキー♪w

 

んでランチして、解散!!

これにてGEKIなセッションは終了。

また必ずやりたい!やりましょう!!

 

夜にトマムに戻り本州行きの準備。

フェリーを検索。

あれ?これ、明日のフェリーに乗らないとじゃない??

ってことで急いで準備。。。

残りは翌日に。

 

就寝。

 

 

 

 

 

 

ニセコ&ルスツ

ってことで21日の朝に新千歳空港へ。

ゲストをお迎えして、支笏湖でランチしてからニセコへ。

この日は移動のみ。

 

そこから22、23日はニセコ

 

 

雪も降り良いコンディション。

 

 

 

 

 

 

 

24日、快晴。

 

この日はルスツ。

これ以上ない絶景。

 

 

 

 

25日は午前中に春のような陽気とコンディションの

ニセコモイワでメローな時間を滑り

 

夕方に新千歳空港へ。

毎日毎日朝から晩までご一緒させていただき

お楽しみいただけたはず。

僕まで楽しまさせていただきました。

ありがとうございました!!

 

そして僕はトマムに戻り、友人と夕食を。

そして翌日からの準備をして就寝。

 

降り続ける。

そんなこんなで15日

雪は降りつもり最高のコンディション。

朝からレッスン。でもレッスンは朝だけ。

雪は毎日めっちゃいい。

ってことで昼飯食ったらプライベートライド。

 

足もできて、感覚も完成されたので

久しぶりにRosssignolのGamerで山に上がる。

シーズン初めはカービングスキー。

そこから太すぎず、細すぎず

しっかりカービングの切れるキャンバーのファット。

と乗り方をつかみながら最後はこいつ。

やっぱ調子いい!!

 

そして一人で山に行っても

山に上がれば知ってるスキー好きがたくさんいる。

 

で、結局楽しくなってナイターまで滑って帰宅。

 

夜はお呼ばれしてClub Medでのディナー。

あぁ、幸せ。

お呼びいただけることに感謝。

食後はバーで。

 

そしてお題をこなしてくスタンプリーがあり

何気なく参加したら、なんとまさかの1番乗りでゴール。。。w

 

この日も楽しい1日でした。

ありがたし。。。

 

 

16日

今日も降り積もり良いコンディション。

 

でも腰も本調子じゃないし

予報もまだまだ降り続ける予報。

焦る必要はない。

ってことで、なーんもしなかった。

腰をいたわる。

 

もう記憶もないわ。w

ご飯作るのにちょっと時間かけたり

洗濯とか、たぶんそういうことだな。

 

 

17日

夜は雪降って、朝やんだ。

この日も雪はいいけど

まだ腰に芯のような張りがある。

まだ休ませる。

 

「あと4年」キャンペーン

ビデオメッセージを撮影。

このことに関してはまた別で紹介します。

 

あとはちょっとした事務仕事。

 

 

18日

この日も雪が降りコンディションは良い。

流石に滑ろうと山に上がる。

 

17日に撮った動画を

もう少し短くして欲しいという要望もあり

滑りに入った山をハイクしながら

途中の景色いいところで休憩しがてらに映像を。

 

この日も雪よし!!

面トゥル!パウダー!ごっつぁんです!

 

 

 

19日

友人と約束してしまったので

ちょっとしたバックカントリー体験をさせるため山に入る。

 

とーんっと使ってなかったスノーシューを貸したやったら

プラの部分が完全に経年劣化でバリバリとちぎれ

友人はまさかのツボハイクに。。。w

すまんね。w

 

しかし良い雪、ロングライド。

 

昼からジンギスカン食ってビール。

シメにソフトクリーム食べてコーヒー。ってフルコース。

 

明日も雪は良さそうです。

 

 

20日

FWT公認のアカデミー僕の提供するプログラムに予約があり

レッスン&ガイド。

ビーコンの使い方から、地形図の読み解き方

ラインどりやラインディグのレッスン

そしてガイディングまで。

 

風が強く少しパックされてはいるが

それでも雪は良い。

 

あぁ、毎日毎日パウダーだ♬

 

さぁ、そして明日からはご依頼いただき

ニセコ周辺に出没いたします♪

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>