元劇団四季。出張コンサートのプロ!松葉梨香公式ブログ

元劇団四季。出張コンサートのプロ!松葉梨香公式ブログ

音楽とふれあいで心を元気に!
保育園・老人ホーム・障害施設など全国600ヵ所以上の実績。

 
現在教材を作っています。   
 
ダウンロードしてすぐに現場で使えるように✴︎ 
  

保育や児童館、
地域交流事業の中などで
取り入れられるリトミックを探している方達がたくさんいることを知りました。  
 

今や情報量が多すぎる中、
しかも無料で出回っている中、

丁寧に、
想いを込めて、
出来る限り納得できるものをご提供したいなという思いで今製作中です!!
  
  
これまで現場で10年間、
日本全国の子ども達のリアルな反応を肌で感じてきました。
子ども達に育ててもらった引き出しの中身を全力開放します✴︎
  

保育士さんの生の声も反映。
特にピアノが苦手!という声に応じた内容も考えてます。
 

私もリトミック講師になって数年は毎月カリキュラムを考えるのが本当に大変でした。。
カリキュラム作らないとおばけに毎日追われていて、、、。
  

そんな方達のお役にも立てれば。 
   




 

大好きなディズニー映画

のひとつの中に

 

『ポカホンタス』

 

があります。

(ストーリーの途中に歌われる

♪Color of the wind 

が大好き・・・!!!)

 

 

いわゆる

○○〇2

という映画で

おぉ!見て良かった!

と思ったことがあまり無かったけれど、

 

ついに

『ポカホンタス2』の扉を解禁・・・!!

 

 

・・・

おぉ、やはり無理やり感がすごい!!

 

特に歌う場面の楽曲の雰囲気に

無理やり感が~~!

 

大好きな土井裕子さんが

歌っていらっしゃるのでね。

その歌声は素敵でした。

 

 

内容もまさかのびっくり展開。

 

ポカホンタスは、

あっさり昔の男を捨て

次なる男と未来を切り開くのでした。

 

 

男に別れを告げて

未来に向かうシーンだけ

巻き戻しして見ちゃった(笑)

 

 

『あなたと共に道を歩んだこともあった。でも私は自分の道を見つけたの。』

 

 

みたいなことを言っていた気がする。

 

強くて潔い女、

かっこいい!

 

 

 

 

ということで、

映画の続編で

これは良かったっていうのがあったら知りたいな~♪

 

 

アラジンの続編もたくさん出てるけど

怖くてまだ見れない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近寝る前に

昔の色々なことを思い出します。

 

昨日は幼少期のピアノレッスンのこと。

 

これは習っていた方々にも

是非聞いてみたいな!!!

 

~その1~

超絶厳しくて怖いレッスンで、楽しいと思ったことは一度もなかったけれど、、

大人になって幼少期に身についた技術や知識が役に立ち、

そしてある程度思うように弾ける楽しさを今味わえている

パターン。

 

 

~その2~

ほんわり楽しく習っていたけれど、

技術や知識は特に忘れていて

いわゆる楽しい思い出になっている

パターン。

 

 

 

②はもう完全に推測の域なので分かりませんが、、

 

私の場合は①で、

どちらが良いのだろうか・幸せなのだろうか、

そんなことを布団のなかで考えていたら

2時間くらい眠れなかった(笑)

 

_______________________________________________________________________________________________________

 

超絶厳しい先生のおかげで、

小学4年生でレッスンの日になるとお腹が痛くなるという経験をした笑

 

 

でも当時から変な部分のメンタル強めの私は、

譜面に書かれた宿題の文字を消して

全てをないことにしようと試みるも

直ぐにバレてその日のレッスン即終了!!

 

嘘はだめ。。!

 

 

 

ともあれ、

一番思うのは

先生が出す課題の本質っていうのがきっとあって、

それを伝えていないのか、それとも私が理解できていなかったのか、

 

とにかく

【やらされている感】

 

を常に感じたため、

ピアノのレッスンに関してはもったいなかった。

 

 

当時の課題曲の譜面には

キーが変わるところすべてに

Gdur・Dmollとか書いてある。

ソナチネでさえ‼笑

 

自分でキーの変化を感じて考え、

曲を深く理解して弾きましょうってことだと思うけど、

4年生にはまったくもって辛い作業となった・・・

 

 

が今、、!!

そのおかげで

簡単な曲なら

耳コピでコード譜を書くことができる!!

 

 

 

常に暗譜を指示され、

苦しみながら練習大嫌いでもやり続けたおかげで、

無駄に今でも

ソナチネ・飛翔・ベートーヴェンのなんか難しい曲

あたりは手が覚えている(笑)←これはあまり意味がないかもしれない

 

こんな難しい曲、

当時理解して楽しんで弾けたことは一度もなかった・・・

 

 

 

が・・・

この超絶先生との出会いは

ピアノではなく違う意味で私の人生に彩りを与えてくれた!!

 

 

当時、アンサンブルの大会での編成は

エレクトーン+ピアノ

というスタイルが定番だったけれど、

 

「You、ドラムやっちゃいなよ!」

 

ということで、

エレクトーン+ピアノ+打楽器隊+ドラム+ド派手な衣装

 

という異例のスタイルで

大注目を浴びて

いろいろなスポットライトを浴びることとなり、

私にとって最高に楽しい思い出となり

現在にも影響を与えてくれている。

(死ぬほど毎日練習だったけど、それは楽しかった!)

 

 

 

今は自分も教える立場になることもあり、

いろいろ自分の中でも

指導に対して

揺れ動くこと多し。

 

 

厳しくて辛くても、

結果がついてくると

それは子供ながらに心の充足感が半端ない。

 

この充足感は

かなり必死に頑張ったからこそのものだとも思うけれど、

やはりその時間が楽しいものであってほしい

という想いもある。

 

 

私の場合は

ドラムというポジションを与えてもらったことと、

アンサンブルという編成が

最高に楽しくハマったことが

結果、楽しかった!になっている。

 

 

ピアノのレッスンだけだったなら、

到底そんな風に思えなかった。

 

 

楽しい

厳しい

 

 

うーん、

難しい。

 

 

 

ピアノを習っていた方々は

どんなレッスンでどんな風に感じていたのかな~。

 

そして今どんな影響があったりするんだろう。

 

 

 

今日はすぐに眠れますように。

布団に入ったら考えないようにしよう(笑)