社長のための戦略的コミュニケーション講座

岐阜を拠点に、東京、大阪、名古屋でマーケッター、プロジェクトマネネジャー、経営コンサルタントとして活動している筆者のブログです。
身近な情報や商品を題材にして、マーケティング、マネジメント、リーダーについて書いています。

今野の仕事についての情報、お仕事のご依頼ご相談は
こちら
からお願いします。



☆マーケッター、プロジェクトマネージャー、コンサルタント☆
今野富康




No.2不在の社長の
売上とマネジメントのお悩みを解決します!


・マーケティング企画
・マーケティングシステムの運用
・商品開発
・マーケティングチームの立ち上げ・運用
・プロジェクトマネジメント
・コピーライティング
・FB広告の運用支援


売上作りに忙しい社長のために、売れる仕組みをを作ります。


コンセプト作り、売上アップについての
お問い合わせは、
こちらのフォーム
からお願いします。



今野の仕事についての情報は、
今野が経営する
株式会社NorthStarのホームページ
まで
NEW !
テーマ:

油断すると成果に関係ないところで疲れ果てる

戦略的コミュニケーションで

御社の業績を最大化する
社外No.2の今野です。

 

先日の小室哲哉さんの

引退会見で、

「才能の枯渇」

という言葉が出てきました。

 

才能なるものを

持ち合わせたことがない

ぼくとしては

なんとも実感として

理解しにくい言葉です^^;

 

そういうフレーズを

発する事ができることに

多少の羨ましさすらあります。

 

しかし、才能はともかく

活力とか、エネルギーとか

いうものについては

「枯渇する」場面を想像できます。

 

社長をやるような人は

基本的にバイタリティに溢れた

人が多いです。

 

しかし、

そんな経営者の方たちですら

油断すると

持ち前のバイタリティを

吸い尽くされてしまうことがあります。


 

社長を何より疲れさせるもの

仕事柄、経営者の方たちと

お仕事をさせていただくことが

多いのですが、、、

 

エネルギーが枯渇しかかっている

社長さんに共通しているのは、

 

雑務が多い

 

ということです。

 

実はこの雑務ほど

経営者のバイタリティを

奪うものはありません。

 

 

社長は雑務が得意だから社長なのか?

もちろん、この質問に

対する応えはNo.です。

 

経営者は、

仕事で成果を出せる、

あるいは、

部下に成果をださせることが

できるから、

経営者になったはずです。

 

断じて、細々とした

雑務を片付けるのが

得意だから社長になった

わけではありません。

 

したがって、

社長は自分の強みに

集中したほうがいいのです。

 

強み=価値を生み出す能力

 

です。

 

その強みによって

社長になったわけですから、

その強みを発揮することが

会社のため、

顧客のため、

社員のため

です。

 

 

他の人に出来ることは他の人にやらせろ

そんなわけで、

雑務によってエネルギーを

吸い尽くされている社長さんへの

アドバイスは、

 

「他の人に出来ることは

 他の人にやらせろ」

 

です。

 

社長自身がもっている

強み=価値を生み出す能力を

発揮するほうが、

結果的に大きな成果をもたらせる

可能性が高いでしょう。

 

しかも、強みの発揮というのは

ストレスがかかりにくいです。

 

したがって、

社長の機嫌も良くなります(笑)

 

社長の活力を高効率で

発揮するほうが、

業績にも、社員の心の平和のためにも

貢献する可能性が高いです。

 

 

まとめ

今回は、

社長からエネルギーを奪うもの。

というテーマでお話しました。

 

冒頭で、ちらっと触れましたが

小室哲哉さんの件は

個人的にはすごく残念です。

 

音楽以外のところに、

エネルギーを使い尽くして

しまったんじゃないかなーと

個人的には想像しています。

 

もちろん、

介護も大切なことですし、

ご自身の体調も大切ですが、

だからといって、

それによって疲弊しないと

言う話ではありませんよね。

 

今後、介護によって

働く事ができない人が

増えることが統計的にも

わかっています。

 

介護をする人に対して

世の中的にサポート体制を

作ることが必要なのかもしれません。

 

 

経営者の場合は、

自分をサポートする体制を

作ることも仕事のうちですので、

ぜひ、強みを発揮できる

体制を作り上げていただければ

と思います。

 

業績指標に直結しない、

なおかつ部署に振り分けるほど

定型化していない仕事を

処理することに時間と労力を

割いていると、

 

成果を出すための行動に

なかなか移れません。

 

社長を疲弊させる雑務の大半は

部署と部署の間に浮いている

担当不明の仕事の場合が多いです。

 

ですから、

それらの仕事を処理するメンバーを

社長直下に置いておくことを

お薦めします。

 

 

もし、

変革が必要ならご連絡ください。

お手伝いさせていただきます。


Presented by
売上づくりに忙しい社長のために
売れる仕組みをつくる会社
株式会社NorthStar
--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。