起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

 

 

毎日、書いてます。

 

 

 

ブログ、メルマガ、

 

ステップメール、ランディングページ、

 

オプトインページ、プレスリリース、

 

などなど。

 

 

 

多種多様な業種のものを

 

書いていて去年の実績を

 

ざっと数えたら、

 

なんだかんだで

 

リアルに1000本くらいは

 

書いていると思います。

 

 

 

大半は目的を持った文章です。

 

 

 

販売するとか、

 

転載や取材を獲得して認知をとるとか、

 

お客さんにメソッドをガイダンスするとか、

 

さまざまですが、とにかく、

 

目的がある。

 

 

 

なので、

 

その目的に沿った結果を

 

出すために大量のインプットをして

 

置く必要が常にあります。

 

 

今日は、

 

それだけの物量をこなしてみて、

 

感じている、

 

生産性の話をしたいと思います。

 

 

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

早く書けるのは重要。

でも、早いだけでは意味がない。

 

先ほどもお話しした通り、

 

ほとんどの文章は目的があります。

 

 

 

例えば、

 

セールスコピーを書くのは

 

商品を売るためなんですよね。

 

 

なので、

 

単純に早く書けても意味がないわけです。

 

 

売れなければ駄目なので。

 

 

一方で、

 

なかなか書けないのもマズイ。

 

 

 

なぜなら、

 

セールスコピーが効果的なものに

 

なっているかどうか?は

 

結局、売ってみないとわからないから(^_^;)

 

 

 

そして、

 

仕事である以上は、

 

納期があります。

 

 

 

それに、

 

実際にお客さんに見てもらって

 

買ってもらえるか?を確認する以外に

 

セールスコピーの性能をチェックする

 

方法はないんです。

 

 

 

 

もちろん、

 

チェックシートをつかって

 

直しを入れることはできますが

 

そのチェックが正解かどうかも

 

売りに出さなければわからないわけですから。

 

 

生産性ってなんだろう?

 

ところが、

 

時間をかけて書いた

 

セールスレターがものすごく売れる

 

とは限らないというのも

 

難しいところなんですよね。

 

 

 

数日かけてかいた

 

セールスコピーが不発で、

 

1、2時間で書いたものが

 

大ヒットすることだってありますから。

 

 

 

実際問題、

 

比較的短時間で一気に書き上げた

 

セールスレターが私のキャリアの中では

 

もっとも売れたレターです。

 

 

 

 

そうなると、

 

単純にアウトプットを時間で割り算しても

 

セールスコピーライターの生産性は

 

測れないということになります。

 

 

 

これは、

 

セールスコピーライターだけではなくて、

 

企画系の仕事をしている人は

 

おそらく全員当てはまるはずです。

 

 

 

時間をかけた分だけ成果があがる

 

というほど単純なものではないですからね。

 

 

 

効果>効率で考え、

バランスを取る

 

 

お話しした通り、

 

時間をかければ良い結果が

 

出るわけではないので、

 

むしろ優先順位は効果の方だろう

 

というように考えています。

 

 

 

どうすれば、

 

もっと効果的に狙った成果を

 

出せる文章を書けるのか?

 

そこがメインの課題です。

 

 

 

ただし、効率はある程度ないと、

 

納期に間に合わなかったり、

 

年間に出せるアウトプットの量が

 

少なすぎて商売として成り立ちません。

 

 

 

なので、効率もある程度

 

あげる必要が出てきます。

 

 

 

実は効率そのものを上げるのは、

 

さほど難しいことではありません。

 

 

 

効率はシンプルに、

 

手順を確立すればよくなるからです。

 

 

 

人間誰でも、

 

決まった手順を踏む作業は、

 

自然に効率よくこなしますよね。

 

 

 

例えば、いつも決まった道を

 

通って通勤している人は、

 

無駄な動きはほとんどないはずです。

 

 

 

最終的にはもっとも効率的な動きを

 

するようになりますから。

 

 

 

同じように、

 

書き物であっても、

 

手順を定めて繰り返すことで、

 

効率はある程度上げられます。

 

 

 

以前、村上春樹さんの本を

 

読んだときに、

 

ほとんどルーチンに近い日課を

 

日々こなしているという話を

 

読んだ記憶がありますが、

 

それも考え方としては同じではないか?と

 

思ったりします。

 

 

 

もっとも、

 

私が書いているのは、

 

俗な販売用文章で、

 

あちらは世界が注目する

 

芸術作品ですから、

 

レベル感はだいぶ違いますけどね、笑

 

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら

起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

セミナーとか、

 

研修とか、

 

勉強とか、

 

好きですか?

 

 

 

えっ、

 

お前はどうなんだ?って

 

私は割と嫌いです(笑)

 

 

 

私の場合は

 

座って人の話を聴くくらいなら

 

とっとと自分で手を動かして

 

やってみたいタイプなんですよね(^_^;)

 

 

 

だいぶせっかちなので。

 

 

一方で、

 

セミナーの集客や実施、登壇、運営、

 

研修の講師側などをいろいろ

 

やらせてもらっています。

 

 

伝える側の立場にたってみると

 

そこから成果を得られる人と

 

得られない人の差は結構明確にあるなあ、

 

と思っています。

 

 

 

今日は

 

セミナーや研修を仕事に活かせる人と

 

そうでない人の差について解説しますね。

 

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

 

「活かせる人」は考え、

「活かせない人」は覚えようとする

 

まず、大前提として、

 

セミナーや研修の場に「お勉強」しに

 

来る人は学びを活かせない人が多いです。

 

 

というのは、

 

「活かせる人」は成果を出すために

 

学びに来ているのに対して、

 

「活かせない人」は

 

知識やスキルを学びにきているんです。

 

 

 

つまりは、目的意識が根本的に

 

違うということ。

 

 

「活かせる人」は

 

成果は知識や情報からではなく

 

行動によって生まれることを知っています。

 

 

 

なので、

 

「活かせる人」は学びを実践にうつす

 

スピードがデラ早い。

 

 

 

人によっては、

 

セミナーなり、講座なりを受講している間に、

 

学びを自分のビジネスに応用する方法を編み出したり、

 

実践していたりします。

 

 

 

 

学びを売上につなげている人は

 

とにかく学びと実行の間の時間的距離が

 

短いのが特徴です。

 

 

 

 

逆にあーでもない、

 

こーでもないと

 

学びをこねくり回す人は

 

成果を出しにくい傾向にあるように

 

思います。

 

 

 

学びを売上につなげられない人の

思考の癖

 

目的意識があるのに、

 

「活かせない人」というのも

 

いるんですが、その場合は、

 

思考の癖が邪魔をしています。

 

 

 

例えば、

 

講師が言った方法論を

 

そのまま実行しようとすると

 

「うちの業界には使えない」

 

「自分の仕事には合わない」

 

「今の仕事ではできない」

 

ということが出てくるはずです。

 

 

 

それは当然で、

 

講師は自分の経験や見聞きした範囲で

 

方法論やノウハウ、知識を

 

伝えているいますから、

 

話を聴いている人にジャストフィット

 

したは必ずしもなってないのが普通です。

 

 

 

学びを活かせない人は、

 

この時点で思考が停止してしまいます。

 

 

 

学びを活かせる人は何をしているのか?

 

学びを活かせる人はと言うと、

 

セミナーや研修で学んだ知識やノウハウを

 

分解して、要点を抽出し、

 

自分の仕事に当てはめて応用しています。

 

 

 

学んだことから本質的な要素を

 

抜き出そうとするわけですね。

 

 

これは特殊な能力ではなくて、

 

単なる習慣の問題です。

 

 

 

活かせる人は、

 

物事の本質的な部分を

 

「つまり、○○だよね」という形で

 

理解している一方で、

 

ディテールについては

 

あまり覚えていなかったりします。

 

 

 

 

なぜかと言えば、

 

ディテールをそのまま覚えていても

 

自分の仕事にはそのまま使えない

 

ことが多いからです。

 

 

だから、本質を押さえて、

 

応用することを重視するというわけ。

 

 

 

詳細にまできちんと正確に覚えることが

 

「具象度」の高い知識だとすると、

 

詳細を削ぎ落として、

 

要点・骨組み・コツみたいなものを

 

抽出するのは「抽象度の高い」思考と

 

言うことができるでしょう。

 

 

 

もちろんジャンルにもよるんですが、

 

抽象度の高い思考ができる人のほうが、

 

学びを仕事に活かせることが多いです。

 

 

 

 

ポイントは単に丸暗記するのではなくて、

 

内容を自分なりに咀嚼して

 

本質を汲み取ろうとするスタンス。

 

 

 

ちょっと意識するだけで、

 

学びの質も深みも変わってきますよ^^

 

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら

起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

 

努力するものは遊ぶものには敵わない

 

ある本を読んでいたら

 

書いてあったんですが、

 

これは本当にそうだなと思います。

 

 

 

最近、

 

そもそもするのにモチベーションが

 

必要なことをやっている時点で

 

その仕事はあまり向いていない

 

可能性があります。

 

 

なぜなら、

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

「やりたいこと」「好きなこと」を

 

するのにモチベーションなんて

 

最初からいりませんからね。

 

 

やりたくないことだから、

モチベーションが必要

 

モチベーションを必要とする時点で、

 

「やりたくないこと」「嫌いなこと」を

 

努力してやっている可能性が

 

高いと言えるわけです。

 

 

 

もちろん、

 

キャリアの中でそういう「努力」が

 

必要なときもありますから、

 

一概にそれが全て悪いとは思いません。

 

 

 

でも、

 

どうあっても好きになれないし、

 

嫌で仕方がなくて、

 

いろんな餌でつったり、

 

気持ちを上げないとできないような

 

仕事ならばやめて次を探したほうが

 

良いと個人的には思います。

 

 

 

それを続けて、

 

健康を害したり、精神を病むほうが

 

よっぽど危険だしリスクですからね。

 

 

出会った仕事を探求するのもあり

 

とはいえ、

 

自分がどんな仕事が好きか?

 

を最初から知っている人なんて

 

いませんよね。

 

 

 

 

そして、

 

今後いくつ仕事を変えたら、

 

好きな仕事に出会えるかもわからない。

 

 

だった、目の前の仕事を

 

好きになるくらい探求する

 

という方法もありです。

 

 

 

私の場合でいうと、

 

最初に営業職で就職したときは

 

営業が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

 

もっというと、

 

スーツを着た会社員という

 

働き方自体が嫌でしたし、苦笑

 

 

 

ホント失礼な話なんですけどね。

 

 

 

ついでに言うと、

 

私は営業適性が異常なほど欠如していて、

 

某・アメリカの有名な適正診断を

 

売っている会社のコンサルタントに

 

「営業だけは向いていないですね」

 

と明言されたことがあります。

 

 

 

実際、仕事を始めた当時は、

 

会社にかかってきた電話を

 

取ることすらできずに、

 

隣の席の年下の先輩社員に

 

5、4、3、2、1、と

 

カウントダウンされていたくらいです。

 

 

 

なぜ、先輩が年下なのか?と言うと、

 

私が社会人になったのが28歳の時

 

だったからです。

 

 

 

でも、

 

仕事は営業という仕事、

 

売るという仕事、

 

それにまつわる人間の心の機微を

 

突き詰めた結果として

 

今やっていっている

 

セールスコピーライターという仕事が

 

成り立っているわけです。

 

 

 

もっというと、

 

私が就職したような時代には

 

セールスコピーライターのような

 

仕事は殆ど存在していませんでした。

 

 

 

 

なので、この職種を選ぶことも

 

不可能だった(^_^;)

 

 

 

そう考えると、

 

目の前の仕事を一所懸命に

 

やっているうちに好きな仕事に

 

たどり着いたと言えるかもしれません。

 

 

 

好きな仕事は遊べる

 

好きな仕事の良いところは、

 

「遊べる」ことです。

 

 

もちろんテキトーにやるとか、

 

いい加減にするとかではなくて、

 

自分なりのアイデアや好奇心、

 

工夫をしながら探求できるということ。

 

 

 

 

もちろん、

 

ご依頼いただいてする仕事である以上、

 

結果に対して責任やプレッシャーは

 

あるわけですが、

 

そんな中でも「遊び」の要素は

 

少なからずあるわけです。

 

 

 

 

そして、冒頭でもお話したように、

 

努力するものは遊ぶものには敵わない。

 

 

結果や成果を追いかけるのではなく、

 

仕事の中に

 

自分の探究心や好奇心を追求できるのなら、

 

その仕事は「遊び」になりつつあると思う。

 

 

 

そして「遊び」は「努力」を

 

遥かに凌駕する成果にたどり着く

 

可能性が結構高い。

 

 

 

結果や成果を手放したら、

 

結果や成果に近づくというのだから、

 

皮肉な話ですが、

 

実際問題、そういうものだと思います。

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら

起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

マーケティングの大家、

 

ジェイ・エイブラハムが

 

「顧客と恋に落ちろ」という

 

ようなこと言っていました。

 

 

 

もちろん、

 

顧客の異性に手を出せ!と

 

言っているわけじゃない(笑)

 

 

 

そうではなくて、

 

「恋人についてもっと知りたいという

 

 くらいの熱意と情熱と関心を持って

 

 顧客について考えなさい」

 

ということです。

 

 

 

これはめちゃめちゃ大事なことで、

 

お客さんについて詳しければ詳しいほど

 

売れる文章をかける可能性は高くなります。

 

 

 

でも、それだけでは不足です。

 

 

なぜなら、

 

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

売れるコピーライターは二股をかける

 

なぜなら、お客さんについて

 

いくら詳しくなっても、

 

自分が売ろうとしている商品についての

 

十分な知識がなければ、

 

適切なアピールができないからです。

 

 

 

お客さんについて知ろうとするのと

 

同じぐらいの熱意と情熱をもって

 

商品についても知らなければならないというわけ。

 

 

 

その意味では、

 

売れるセールスコピーライターは

 

常にお客さんと商品に二股をかけている

 

ようなものなんです。

 

 

 

ライバルも入れたら三股か?

 

マーケティング戦略では、

 

よく3C分析なんて言葉が使われますよね。

 

 

3Cというのは、

 

Customer:顧客

 

Competiter:競合

 

Company:自社(商品)

 

のこと。

 

 

 

さっき話したのは、

 

お客さん=Customerと

 

Company=自社商品の話です。

 

 

 

セールスレターを書く場合には、

 

自分の商品が他社とどう違うか?

 

についても書いていく必要があるので

 

当然、競合についても知る必要があります。

 

 

 

 

なぜなら、

 

お客さんと商品について詳しくなれば

 

自然と「何を言うべきか?」は

 

わかってくるし、

 

その「何を言うべきか?」は

 

たいてい競合との違いになってくるからです。

 

 

 

 

この場合の関心の持ち方は、

 

競合の長所や弱点、

 

訴求内容やその反対に

 

「まだ言っていないこと」に

 

どれだけ注目できるかが大切になります。

 

 

 

 

こうなるともはや4股か

 

さらに要素を入れるとすると、

 

PEST分析です。

 

 

Political  政治

Economical 経済

Social 社会

Technological

 

 

これらの要素もやはり、

 

商売を考えると大きく影響します。

 

 

 

例えば、、、

 

今は社会状況の影響が

 

めっちゃ大きいわけです。

 

 

 

コロナを踏まえて、

 

というか少なくとも地雷を

 

踏まないようにう訴求を考えないと

 

大怪我をします。

 

 

 

社会状況の件で言うと、

 

以前、某大手広告代理店、

 

兼大手中抜き企業のD社で

 

新入社員の過労自殺が発生したときに、

 

それまで好調だった広告が

 

一瞬で沈黙したばかりか、

 

ナガティブ評価の嵐になって、

 

冷や汗をかいたことがありました。

 

 

 

昔からいい印象のないD社ですが、

 

個人的にはこの件で、

 

ますます嫌いになりました、笑

 

 

 

飛んだとばっちりですが、

 

商売では自分でコントロールできる

 

ことばかりが動いているわけでは

 

ありません。

 

 

 

自分が直接関係ないことでも、

 

影響を受けることはあるので、

 

PEST要素も考慮した方がいいと思います。

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら

起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

 

ブログは2日に1本、

 

メルマガは平日は毎日、

 

更新し続けています。

 

 

 

事故的に休むときが

 

年に数回ある程度です。

 

 

 

以前はブログ、メルマガとも

 

毎日更新していた時期もあります。

 

 

 

 

ただし、私には

 

忍耐力はそもそもないし、

 

意志の力もそう強くありません(^_^;)

 

 

 

つまり、

 

ブログであれ、メルマガであれ、

 

意思が弱くても継続できると

 

言うことなんです。

 

 

なんでもそうですが、

 

継続にもコツがあります。

 

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

継続とは惰性である

 

意志の力に頼って

 

継続するのはそれはそれは

 

精神力が要ります。

 

 

 

忍耐力もいる。

 

 

でも、そんなものを

 

持ち合わせていますか?

 

という話なんです。

 

 

少なくとも私は持ち合わせていない。

 

 

 

しかも、人間が1日の間に

 

使える意思決定や判断には

 

キャパシティがあるような気がしせんか?

 

 

 

キャパシティがあるとすれば、

 

例えば、ブログやメルマガを書く前に、

 

1日分の意思力を使い果たしていたら、

 

書く作業はかなりの苦行になるはずです。

 

 

 

つまり、

 

意志の力で頑張って書くのは

 

そもそも難しいと言えます。

 

 

 

では、なんで継続的に

 

ブログやメルマガが書けるのかと言うと、

 

間違いなく「惰性」で書いているから。

 

 

 

動き続けると止まるほうが難しくなる

 

惰性と書きましたが、

 

考え方としたら物理の第一法則と

 

一緒です。

 

 

つまり、

 

慣性の法則とおなじ。

 

 

動いている物体は

 

障害物などの抵抗がない限りは

 

同じ用に動き続ける。

 

 

つまりは一定期間書き続けると

 

そこから先は、

 

意識しなくても書き続けることが

 

できるということです。

 

 

 

では、その一定期間が

 

どの程度か?というと、

 

だいたい21日です。

 

 

 

この21日間さえ、

 

あの手この手で書き続けることが

 

できれば継続する頃は難しくありません。

 

 

 

実際、このアドバイスを

 

実践した人はメルマガやブログを

 

更新し続けています。

 

 

 

私自身も同じやり方で、

 

いろいろなことを習慣化しています。

 

 

 

一回習慣化してしまえば、

 

ある程度、頻度を落としても継続可能な

 

可能性が高いです。

 

 

 

私も、頻度は落としたものの

 

継続すること自体はできています。

 

 

 

しかし、習慣化をする前に、

 

やめてしまうとそれっきりになって

 

継続ができないことが多いです。

 

 

 

実際、生活の中で

 

習慣化できていることはいくつも

 

ありますよね。

 

 

 

例えば歯磨きがそれ。

 

 

あれって、冷静に考えると

 

面倒臭いじゃないですか?

 

 

 

でも、もはや面倒臭いとか、

 

そんなことも考えずに、

 

継続しているはずです。

 

 

 

むしろ、歯磨きしないと

 

気持ちが悪いし、

 

歯磨きせずにはいられない気がしませんか?

 

 

 

実は、習慣化ができると、

 

メルマガやブログを書かないと

 

なんだか気持ちが悪くなってきます、笑

 

 

 

つまり、

 

継続する習慣をつけると言うのは、

 

歯ブラシを毎日するのと同じことなんです。

 

 

 

歯磨きをするときに、

 

いちいち意思の力を必要としないように、

 

メルマガやブログも習慣化すると言うのが、

 

意志の力に頼らないコツというわけ。

 

 

 

継続したければ、惰性でやるというのが

 

実は正解ですw

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら