早くも1年半ぶり

テーマ:

15年12月に書いて以来、空けに空けてしまったので今さら書くのもと思いきや2歳戦も始まったので少々。

 

3歳勢は今現在8頭中3頭が未勝利脱出。1頭が未出走で抹消。

残り4頭のうち、頑張ればなんとかなりそうな雰囲気なのが2頭。

無駄なので早く諦めたいのが2頭。

 

そんな状況なので意識は2歳に目が行く。今年は昨年同様8頭の予定が1頭追加で9頭。

その2歳馬、すでに1頭がデビューニコニコ 勝てないまでも2着で24日予定の2戦目に期待。

そしてすでに入厩してゲート試験も合格しているのが2頭。ゲート試験前が1頭。

比較的早めの始動ができているのは、近年の3歳未勝利祭りが続いていた中では多少の期待感が出てくる状況。

 

そしてそんな2歳のデビューも気にしつつの1歳馬の出資検討とこの時期はいろいろと忙しく楽しい。

AD

普通に数か月あけてしまった更新。


9月に一口愛馬月間5勝で2015年通算9勝目となり今年は楽に二桁勝利と安易に考えてしまったのが良くなかった。


今週5頭出しするもレッドシルヴィの4着が最高で残りはちぐはぐなレースで着外。さて9勝での足踏みのまま3か月経過してしまった。


来週は26日土曜日にウイングリニッジがデビュー戦を迎える予定。新馬からきっちり仕上げる感じの厩舎でもないので使いつつだろうが、まさかの勝利で滑り込みの10勝目なるか?

AD

1年ぶり

テーマ:

思えば昨年7月に書いてから1年空いてしまった。この1年も現3歳勢の不振で2年連続厳しい一口生活。


7月までで今年は3勝。2歳勢次第で昨年の勝利数の7勝に近づけるかという状況。


今週のレッドカチューシャも近況不振ではあるものの得意の新潟コースで久しぶりに一発を期待したいところである。

AD

2歳馬初陣

テーマ:

3歳の出資馬が不調をきわめてしまい、勝ち星から遠ざかっている間は更新する気も起きずに時間が随分と経ってしまった。

なんとか先月ラテラルアークが勝ってくれたので初白星となったものの、古馬勢は未勝利のままである。


そんな中、昨年より3ヶ月早く2歳勢のデビューを迎えた。戦前は総帥の発言からラフィアン今年の一番馬と担がれてしまったマイネルヴォーダンである。


血統からも出資理由は完全にダートで長く、オベリスクに次いでもらいたいと思っていただけに、芝で云々言われて結果芝1800mでのデビューとなったのは個人的にはj若干誤算。

芝では言われるほどの強さはなかったが、大外枠から関西勢の強力どころに次いでなんとか4着と形は作ってくれた。このくらい走れれば未勝利は芝でもそれなりの勝負になるだろう。

早いうちに勝ち上がって欲しいところだ。


出走後公式コメント


丹内騎手「開幕週で内外の馬場差のない状況の中、外々を回されると苦しいものがあります。こちらも脚を使っていたのですが、直線ではなかなか前との差が詰まりませんでした」

伊藤調教師「ジョッキーが言う通り、外枠が響きました。結果を出せず申し訳ないですが、力のある馬ですから、次走以降ではもっと良い姿をお見せできると思います。今後は未定ですが、今のところはいったん函館へ移す方向でいます」

京都記念出走のマイネオーチャードは1.0秒差の10着に敗退。


力負けという感じもあるが、この辺までなのかなぁと思う。公式によるとこの一戦で引退となる。


3歳時の未勝利戦では勝ちあがりをほぼ諦めていたところから6歳春までこつこつとよく頑張ってくれたことに感謝したい。血統的背景的にこの馬の仔に出資するかどうかは現時点では微妙だが、これまで活躍した牝馬に出資できたのは初めてだったので募集時には気が変わるかもしれない。


そして京都1Rに出走したライロアは0.4秒差の2着。勝った馬が逃げた1番人気をマークして楽に抜け出してしまった展開だったので、今回は仕方ないか。確実性が上がってきたので次はそろそろ順番と行って欲しいところだ。