海外旅行や出張が多いと、外貨のコイン、たまっちゃいませんか??

次の機会にと思いつつ、わざわざ小銭をジャラジャラと持っていかないし、

そもそも小銭って使いにくいから、たまる一方ですよね。

 

そして、たまりにたまったコインが2㎏くらいたまってました。

 

このコイン、電子マネーに交換できます。

全国各地に設置されたポケットチェンジの機械に小銭をジャラジャラと流し込むだけ。

 

手数料はかかりますが、円安の今だからこそ、絶好のチャンス!

一昨日あたりからほんのちょっとだけ円高傾向になってきましたから、

大急ぎで、今日、やってきました。

 

交換できるコインは、米ドル、ユーロ、韓国ウォン、中国元だけなので、

我が家にあるほかの国のコイン1㎏分は、交換できませんでしたが、

該当する1㎏分は、交換できました。

 

ただ・・・

コインって、こんなにたくさんあって重いのに・・・

円換算すると、雀の涙。

 

悔しいので、紙幣も足してそこそこの金額になるまで交換。

 

結果は以下です。

 

USD 265.33

EUR    55.44

TWD   200

KRW  2,490

 

41,730JPY

 

これをSuicaなどの電子マネーにするか、Amazonのギフト券にするか迷ったのですが、

Amazonにしてみました。

Amazonの場合は、出力されたレシートに、ギフト券番号が書いてあるので、

それをAmazonのアカウントに追加するだけです。

 

なお、下のQRコードを読み込みますと、

プロモーションコードが表示されます。

これは怪しいものではなく、取引時のレートが良くなるらしいので、

9987953

を、ぜひぜひ打ち込んでください。

それをやっていただくと、アフィリエイトシステムで、僕にも報酬が入るらしいのですが、

きっと1円あるかないかの報酬だと思います。

 

とにかく、このポケットチェンジ、

めっちゃ、楽しく、嬉しいです。

家にたまった外貨コイン、円安のうちに一掃しちゃいましょ!!

 

【要注意!!】

コインは99枚まで連続投入可能ですが、100枚を超えると、

エラーが出て、全部、吐き出されてしまいます。

苦労が水の泡になってしまいますので、90枚くらいで一度、やめて、

何度も繰り返して交換しましょう。

我が輩は珈琲が大好きなんである。
一日に150g分のコーヒーを飲んでいるから、
一ヶ月に4.5㎏の豆を消費していることになる。
そんな我が輩がインスタント珈琲をもらった。

 

インスタント珈琲と言えば、
ネスカフェゴールドブレンドだったか。
あの不味いインスタント珈琲も、最近ではずいぶんと美味くなったと聞いていたし、
大好きな韓ドラを見ていると、インスタント珈琲を空になったスティックで混ぜているシーンが出てきて、やってみたい、飲んでみたい!
と思っていたところにである。
タイミングよくやってきたインスタント珈琲!

フライトのお供に持って行く愛用品だからと言って
くださったCA・Y.T.さんのお薦め!

プレミアム微顆粒パウダーの「INIC coffee」

コピー文句は、
「たった5秒で、まるでドリップした味わい」である。

霧状にしたコーヒー抽出液を瞬間的に乾燥したという超微粒粉だから、
真剣にかき混ぜる必要もなく、
簡単に溶ける。
そして、香る。
酸化した酸っぱい臭いではなく、
豆本来の浅煎りの酸味の香りがきわだつ。
そして、美味い!
黙って出せば、ドリップコーヒーとしか思えない。
いや、下手な抽出をしたドリップコーヒーなんぞよりずっと美味い。
いやいや、恐るべし!

コーヒー業界の革命である。

頂き物の値段を調べるのも無粋ではあるが、あまりに美味いので、
調べてみてビックリ!
INIC Assort Gift
定番4種類のコーヒーギフトセット 【送料無料】

https://www.inic-market.com/c/inic_lineup/gift/4560466080627

3本×4種類=12本で2,790円!
1本あたり200円超え!
高っ!
でも、美味っ!

よく調べて見ると、アソートではなく単品買いなら、1本あたり100円ちょっとだから、
こりゃ、お薦めですな。
https://www.inic-market.com/c/inic_lineup/guatemala/4560466075197

https://www.inic-market.com/c/inic_lineup/mandehling/4560466075180


出張の時は、豆とミルとフィルター、ドリップポット持参なんだけども、
これからはこれでOK!
荷物、減りますわ〜〜
さすが、旅の達人・Y.T.さん!
ありがとう〜〜〜〜〜

でもでも!!!
焙煎狂高山珈琲院研究所の豆にはかないませんのでね・・
家飲みの場合は、
焙煎狂高山珈琲院研究所の豆を使って、ちゃんとドリップして飲んでくださいな。

https://www.takayama-photo-office.net/baisenkyo-top

 

 

 

 

 

 

 

あまりに暑く・・・

MacProのファンがうなりをあげたまま起動せず。

CPUは、いったい何度になってるのやら・・・

ということで、「Mac 温度計」で検索してたどり着いた無料アプリがこれ。

これをインストールして、起動時に起ち上がる設定にしておけば、

常にMacの温度を知ることができ、

いっちょ、冷やしてやるか!と、ファンのプリセットを自動からフル回転に変更すれば、

もの凄い勢いでファンが回り出す。

とっても便利なので、我が家の全Macにインストール。

MacBookProはフル回転にしたところで、うなりはしないが、止まっていたファンが回り出して、CPUやグラボの温度がじゃっかん低くなる。

ただし・・・

今の暑い時期に

MacProのファンをMAXで回すと・・・

暖房器具を増設したみたいじゃん!

Macは冷えても、自分が干上がってしまいそうだ。

うちのように、MacProを反転設置せず、ファンが向こうを向いていれば、

問題ないでしょうが、ファンがこっちを向いてたら、暑さ覚悟ね。

あっ、MacProをなぜ反転させているかと言うと・・

MacProは、フロントパネルに差し込み口が無いので、こっちを向いている必要無し。

背面を壁際に向けておくより、放熱の効率いいでしょ。

冬は暖房になるし、ケーブルの抜き差しも簡単だから、お薦め!

個展は無事終了しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。
開催期間中は、雨粒一滴の救いもなく、驚異的な暑さが続きました。
そんななか、滝のような汗を拭き拭き、ご来場くださった方々には
感謝のことばがありません。
本当にありがとうございました!
出展時に作りました作品一覧、展示風景をMain Site掲載しました。
ご興味がありましたら、ぜひご覧ください↓
https://www.takayama-photo-office.net/高山浩数2023年個展のお知らせ


 

僕の写真展は、ほとんどが5月開催で問題ありませんでしたが、
2014年の2月は「異例の大雪」
そして

今年の7月は「前例のない猛暑」
となりました。
前代未聞の暑さが続くなか、個展にご来場いただきまして、
ありがとうございます!!
ほんとに感謝のことばがありません!

感謝と言えば・・・
15年もブログをしっかり続けている仲良しのお友達が
記事にしてくれましたので、紹介させてください。
古くからのブログ仲間の方々でしたら、

みなご存知のベテランパワーブロガーさんばかりです。

僕の解説なんかより、よっぽどわかりやすく、
素敵なレポートになっていますので、
ぜひぜひ、ご覧下さい。

 

Noriko Graceさん
https://ameblo.jp/charmant-fleur/entry-12813064672.html

 

hareutaさん
https://ameblo.jp/hareuta/entry-12813234928.html

 

向坂留美子さん
https://ameblo.jp/flora-rumi/entry-12813460654.html

 

yybatabataさん
https://yybatabata.blog.fc2.com/blog-entry-4616.html


早いもので、明日が最終日となりました。
15:00終了という早い店終いですが、ご来場、お待ちしております。

【今回、評価が高かった写真の一部です】

↑この写真、右側の壁面窓に猫ちゃんがいるんです。

会場のでっかい写真じゃないと、わかりにくいのですが・・

 

↑PCのモニター上では確認しずらいのですが、

写真ではなく、フレスコ画のように見えます。

 

【Reminiscence…Ⅵ】
高山浩数 作品展 2023

■会期/2023年7月21(金)〜28(金)10:00〜17:00
              ★最終日のみ10:00〜15:00
■会場/京王プラザホテル3F・ロビーギャラリー
■所在地/東京都新宿区西新宿2-2-1
■受付、芳名帳はロビーギャラリーの2Fです。
■お問い合わせ/03-5322-8061
https://www.keioplaza.co.jp/guide/lobby-gallery.html 

2008年の「Reminiscence…Ⅰ」から始めたシリーズの6回目「Reminiscence…Ⅵ」は、
15年間の総集編となります。
今回はTakayama-BLUEのコレクションで、蒼い世界に長時間浸って頂きたいです。

■同時開催中のHawaiian Fair(2023.7/1〜8/31)
Hawaii関連の作家さんたちと合同展示。
Hawaiiの写真10点を南館3Fロビーに展示中ですので
こちらもお見逃しなく!