エネルギーをブラッシュアップ♡

「幸せの質」を上げる

心理セラピスト糸田縁(ゆかり)です♪




自己紹介はこちら→♡♡♡

セラピーはこちら→♡♡♡ 



あなたは母さんと仲良しですか? 



仲良しだけど…少し苦手…とか

いい人なんだけど…^^;なんて方もいらっしゃるかも

しれませんね





私はといえば…

母にイライラすることが多かったーー^^;


母のちょっとした発言にカチン!としてました 


母はちょっと天然だけど、とっても優しい人で

愛情深いし 怒ってる姿は見たことないし 

穏やかな人だったんです 



だから私は心が狭くて怒りん坊なのかな? と

母にイライラする自分を責めたり 

反対に自分を正当化したくて 

妹に母の悪口を言ったりしていました(^^; 





私は幼い時父を亡くしているのですが 

ふるい家の長男に嫁いだ母は祖父母と同居して 

だれも味方がいない中で長男の嫁の務めを果たしていました 

意地悪な親戚もいたりして(^^;

長女の私は母の愚痴をいつも聞いていて 

母を可哀想と思っていました 



だから 母の負担を減らしたくて

甘えたことがなかったんです 

それどころか妹や弟の面倒をみて 

母の代わりをしようと頑張っていました 



実家は商売もしていましたから 

母はその仕事もしていてとても忙しかったんです 



小さいのに甘えずに強がって弱音も吐かずに 手のかからないしっかり者のお姉ちゃんでいました  




〈我慢は怒りになる〉と知ったとき 

母へのイライラの原因がわかったんです


お姉ちゃんだから母を助けないと…ってした

たくさんの我慢が 怒りになっていたんだな!って 




当時は 我慢しているなんて思ってなかったんです 


でも、私の話をもっと聞いて 

私を一番にして 

一緒に遊んで 

抱っこして…なんて言ったことはなかったけど 

ホントは望んでたって今ならわかります 


でも言う前に諦めていました







私のように幼いときに当たり前のように我慢して 

我慢していたことにも気が付かないで 

怒りを抱えている方は多いでしょう



過去の内側に溜め込まれた怒りのエネルギーは 

無くなることはなくて 

今の外側の誰かに映し出されるんです 



「私はこんなに我慢しているのにあなたはなぜ我慢しないの? 」

「そんなことしたらダメ!」

「 言ったらダメ!」って思って怒りを感じることは

ないですか?



そして、イライラする自分に自己嫌悪して🥲




イライラしちゃうあなたは

幼いときたくさんの我慢した人



その我慢をきっと今も色んな人との関係性のなかで

繰り返していると思います



自分を後回しにして

我慢してきたんじゃないかと思います






人とほんとうに安心して一緒にいるためにも

身体に残る幻想のエネルギーをクリアにしていきましょう♡





愛を込めて


糸田 縁(ゆかり)




 

 

ハート メルマガはこちらハート 
 
 

 

 ハートホームページはこちらハート

 

 



エネルギーをブラッシュアップ♡

「幸せの質」を上げる

心理セラピスト糸田縁(ゆかり)です♪



自己紹介はこちら→♡♡♡

セラピーはこちら→♡♡♡ 




私はずっと自分のことを〈ワガママ〉って

 思っていたんです!


そう言われることが多かったからなんですが… 


でも なにがワガママなのか?

本当はよくわからなかったーーー🤣



でも、私はワガママらしいから

「人の顔色をみて発言や行動をしないとならない」と自己否定と他人軸を身に付けてきてしまった!のです



今では 私に〈ワガママ〉って言った人に 

痛みがあったんだなってわかるけど 



当時は「わがまま」って言われては傷ついて

自分はダメなんだなぁ〜

わがまま言わないようにしなきゃって

思っていました



あなたは「わがまま」って何だかわかりますか?





私は幼い頃「ニーズ」がハッキリしていたんです 


これが好き 

ここに行きたい 

これが欲しい 

これはイヤ 


これらは私の〈望み〉や〈希望〉で 

〈ワガママ〉ではないですよね (^^)


これを何が何でも叶えようと 

「私の言うとおりにして!」って支配したり 

コントロールするなら 〈ワガママ〉になるんです 



私の娘も私と同じで ニーズがハッキリしていたんです


2歳の頃から私の選んだ服を 「イヤ!」って

着替えるのです! 

どうしても着せたい私は 

「ワガママ言わないの!」って バトルしてました 


今から考えたら私の方が〈ワガママ〉でした (^^; 


〈ワガママ〉って言葉で ニーズを抑え込まれたから 

今度は人にするんですよね… 




そうやって ニーズを抑え込む循環の中を生きていたんだなぁと今ではわかりますてへぺろ





女性には特にこんな制限が 多かったんじゃないかなと感じています 


女なんだから… 女のくせに…って 


はっきりニーズを表現すると抑え込まれていた!と感じている方は多いんじゃないかと思います


お兄ちゃんや弟はいいのに私はダメ!ってことが

なかったですか?





だから…

どうしたいのか?

なにが欲しいのか?

なにが好きなのか?

わからない方は多いんですよね



ワガママって言われないように

生意気って言われないように

でしゃばりって言われないように



多くの女性が

自分のニーズや想いを伝えることが

怖くて出来ないって思っているんじゃないでしょうか?


過去に否定された怒りや悲しみや怖れ

諦め、罪悪感などのネガティブなものが身体に

残っていたら表現することは難しいです!



だからと言って察してもらうのを待っていても…

怒りがたまります^^;





身体に残っている

幻想のエネルギー(あなたの本質ではないもの)を

手放して

しっかりニーズを表現できる女性になっていきましょう♡



そっちのほうがシンプルで魅力的だもん〜(^o^)





 

ハート メルマガはこちらハート 
 
 

 

 ハートホームページはこちらハート

 

 



 



今年も1/3が終わりますね

早いですねーー

目標の1/3達成していますか〜?(^o^)







わたしのお家の近くに素敵な森があるんです♪

私はモヤモヤしたり、泣きたいとき(笑)

森に行きます




さわさわ揺れる葉の音を聞いたり

足の裏に感じる土の感触に触れたり

森の匂いを感じたり

緑の葉の間から青い空を見上げたりしていると

波立っていた心がスーッと静かになります



素直な気持ちや弱さを森に聞いてもらって

「さぁ♡頑張ろーーー」って帰ってきます







私は人が大好きで

お喋りが得意と思っているけれど

相手の気持ちを考えて言えないことが

今でもあります



イメージはあるんだけど、言語化できなくて

伝えるのを諦めてしまうこともあります





そんなときは森に聞いてもらって助けてもらいます








私は母に対してずっと「大好き」って想いが

あることがわからなかったんです




セッションをしていると

「お母さん大好き」と多くの方が言われます



でも私は長いことわからなくていました





同時に私は無意識でしたが

母からの愛を受け取らないようにも

していたんだなぁと今では思います






母との関係を観ていくなかで

私は母が大好きすぎて

でも、そんな大好きな母を幸せにできなくて

「母のことが大好き」を心の奥に押し込めたんだと

わかっていきました





大好きじゃないから

幸せにできなくても仕方がない


幸せにできないんだから

相手からの愛は受け取れない




そんな風に思っていたのかもしれません





母に初めて「大好き」を伝えるとき

涙が溢れて言葉が出てこなくて驚きました



子供たちには簡単に伝えられる言葉なのに

母に対して私は幼いときからずっと

その言葉を伝えたり甘えたりせずに

グッと押し込めて生きて来たのです





そして、同じように夫にも心の奥の「想い」を

伝えられなかったと思うのです




関係性が上手くいかなくなると

自分の「想い」がわからなるように

相手のことがわからなって

相手からの愛を受け取らないようにする


そして

無意識で相手を幸せにできない自分を責めてしまう



そんなパターンを持っていました






「愛を伝える」=「相手の幸せの責任をとる」と

思っていたから

わたしは愛することも愛されることも

とても怖くて避けていたのかもしれません







愛すること

愛されること(愛を受け取ること)が

わからない人は多いのかもしれません




ご両親が素敵な見本を見せてくれたり

どこかで学ぶ機会があるならいいけれど

知らないまま恋をして

愛に育たなくて

「こんなもんかー」って

仕方なく一緒にいるご夫婦は多いですものね




わたしは諦めが悪くて(笑)

ひとりは楽だけど

誰かといても楽で、更に歓びが拡がる体験を…

ひとりじゃ味わえない体験をしたくて

自分の心の内側を観てきました




まだまだ途中ではあるけれど

壁にぶつかる度に、自分の中の「怖れ」に

気付きます



同時に相手の「痛み」にも向いて

つくづく「合わせ鏡」だと思うのです





「怖れ」が強いと

愛することも愛されることもできなくて

自分を守るしかない…




だから、「怖れ」を癒やしていくことを提案します♪





幼い時からの無意識のところにある「思い込み」は

簡単にはわからないけど

出来事を通して意識できるところに上がってきます




だから、起きることを通して

自分を知り癒やすことができます




起きることは全て「愛」からきています

どんなに辛いことも

相手が悪いと思うことも

自分の絡まりをほどくための神様の愛です



出来事の被害者になるのではなく

自分を知るために使いましょう♪





わたしは自分の痛みに気付き癒やしながら

「愛すること 愛を受け取ること」の

できる女性でいます




相手がどうであっても

自分の中の「想い」を怖れを超えて表現できる

力強くしなやかな女性でいます





あはは〜

私の宣言♡





大切な人を大切にするために

愛すること

愛されること(愛を受け取ること)を

一緒に学んでいきましょう♪








愛を込めて


糸田 縁(ゆかり)



 

ハート メルマガはこちらハート 
 
 

 

 ハートホームページはこちらハート

 

 



ハートセッションはこちらハート

 



春爛漫♪


新しいことを始める方が多い季節ですね

皆さまはいかがですか?



私も新しくチャレンジをすることがあって

ドキドキとワクワクの入り混じった

新鮮な気分でいます♡




呼吸を意識して

グランディングして

自分の中心にいてチャレンジしていこうと思っています






さて、先日はクライアントさんたちとの

グループワークでした



そこで

ずっと「自分の欠点」だと思っていたことが

他の方に評価されたと驚き&喜びの報告を

受けました




皆さまは「自分の欠点」と思っていることは

ありますか?



きっと多くの方が「あります〜」って仰られますね




上の↑クライアントさんも

「欠点じゃないよ」と言っていても

受け取れなかったのに

ベストタイミングで事が起きて…

神様の素敵なプレゼントに嬉しくなりました(^^)





「自分の欠点」って過去のどこかで

誰かに言われたか、または

人と比較して「自分はダメ」と感じた

ことだと思います




クライアントさんも

ずっとお母さまから言われていて

自分に対して恥じていたことでしたし



私自身も幼いとき、よく注意されたり

妹と比べられて怒られていたことを

「自分の欠点」だと感じていました




でも例えば

お母さんが「テキパキすることがヨシ!」の

価値観をお持ちなら

「のんびり」している娘にジャッジが湧きますし



感情を出すことを自分に禁じているなら

感情豊かな人にジャッジが湧きますね




だから、注意されたことがほんとうに

「ダメなところ」かというと、そうではなくて

相手の価値観の押し付けや

「痛み」の投影だったりします




だから「自分の欠点」だと思っていることを

「それってほんと???」って、冷静な目で

観てあげたらいいですよ




誰かの信念や価値観を自分に当てはめなくて

いいですからね♪






それとわたしは、全体で観たとき

私たちひとりひとりは

ジグソーパズルのワンピースと思ってるんです



凸凹している存在♡



凸凹がなければ、ピタッてハマらないし

素敵な絵が完成しない


だから凸も凹もあってもう既に完全なんです



人は、自分の凹の欠けているところを

埋めようとしたり、恥じたりするけれど



凹があるから誰かの凸に助けられて

人と一緒に生きていく歓びや感謝が生まれます



凸凹のない□が素敵!完璧!なんて思っていたら

そんなのツマラナーイ!!



ひとりで全部できなくて

それが素敵なんです♡



凹を認めて、誰かに助けを求めるレッスンも

できますし


凸を使って誰かを助ける歓びも味わえます



そうやって助け合って感謝が循環する

温かい世界を創りたくて神様は

私たちを凸凹に創ったんだと思えるんです





だから凹を隠したり恥じたりしないで

認めてあげてくださいね



隠していたらピタッてハマる凸さんの

歓びを奪うことになるからーーー♡




欠点だと思っているところは

誰かの歓びとなるところ♪



欠点を無くそうとしないで

自分の個性と認めてあげましょうね(^^)




 

ハート メルマガはこちらハート 
 
 

 

 ハートホームページはこちらハート

 

 



ハートセッションはこちらハート

 



東京では桜の開花が発表されましたね♡



そして今日は春分の日

春分は起承転結の「起」といわれています

新しい始まりにワクワクです(^^)








さて

最近、ますます「抵抗しない」ことが

楽ちんだなぁと感じているのですが



皆さまはどうですか?



起きることや

理想と違うことにガッカリして苦しんでいませんか?




理想やこだわり、正しさが強すぎると

「絶対〇〇!!」と握りすぎて

カチカチになってしまいます




そんなときは、反対側にいる人に

ジャッジが湧きますね




私も常識とか正しさに厳しいお家で育ちましたから

様々なことや人にジャッジが湧いてきて

そんな自分のことが嫌いでした




世間の常識や正しさが窮屈で

新しい学びをしても

今度はその中の正しさにとらわれていたなぁと

思います



正しくありたかったんだなぁ

間違いたくなかったんだなぁと

今では思うのです





正しさにとらわれずに

自分の感覚を押し出していくには

感受性が強かったり共感能力が高いと

なかなかハードルが高くて



自分を隠したり

人と近い関係性を築かなかったりして

自分のことを守るんだと思うんです





でも

「正しさ」ってなんだろう?って思います






「正しさ」は人間が決めたもの

生きることはそれを超えますね




「正しくない」「理想じゃない」自分を

隠したとしても

ほんとうはわかっている自分がいます



そんな自分に気付いて

どんな自分が居ても、何があったとしても

「抵抗しない」

起きるままに「受け容れる」



理想と違う自分でも

どんな想いを持っている自分でも

思う通りにいかない現実でも


正しさの枠にハマらない今を、自分を

なんとかしようとせずに受け容れる



それを今体験してるんだなぁってだけですから



外側にある「理想」や「正解」より

等身大の自分をわかってあげたいなって思います







また、「抵抗しない」「受け容れる」は

存在を受容する女性性の質です




このままで今はいいんだなぁ〜

今はそれがベストなんだなぁ~って



抵抗しないで受け容れることで

女性性が高まり開いていきます



この抵抗しない、受け容れるはとても

受け身なように感じるけど

自己信頼とセットです




ただなにもせずにボーッとするんじゃなく

あえて「抵抗しない」勇気をもてることが

成熟した女性性です





女性性のエネルギーは

現実を動かす男性性のエネルギーの

「原動力」となるので

現実的な豊かを受け容れることとも

繋がっていきますよ






きっと決めてきたことは

春になったら植物の芽が出てくるように

時期になったら起きてくるって感じるのです




だから

思う通りにいかない今や自分が居たとしても

まずは、「抵抗しないで受け容れる」

真の自己受容を意識してみてくださいね




 

ハート メルマガはこちらハート 
 
 

 

 ハートホームページはこちらハート

 

 



ハートセッションはこちらハート