今日記したいことは

 

今までの自分自身の体験と

カードリーディング鑑定をしてきて感じた私見 


「礼」  「受け取る」  から続いて

 

「今ここに書いておきたい」と出てきた思いです。

 


ひとつの考え方 

としてお読みいただけると幸いです。

 

 

 

 

先日の記事

 

10年ほど前 息子が次々と

人様の物を傷つけたり壊したりして

親子で謝罪を繰り返した と書きました。

 

この「謝罪」をテーマに 

私は今まで気づかなかったことを思い出し

未消化だった思いを浄化できた訳ですが


この出来事を 

今日は別視点から見てみましょう。 

 

 

あの頃 息子はなぜ 

あんなに立て続けに 

謝罪が必要なほどの粗相をしでかしたのか? 

 

という点から。

 


 

 

結論を言うと それは 

 

「私(母親)を助けようとしていたから」 

 

だと思います。

 

 

それまで 頑張ることが当たり前だった私は

頑張ることで自分を保っていた と言えますね。

 

 

いい親 いい人でいるために

自分でOKと思える合格ラインを

常に”今の自分”より高い点に設定


「まだまだびっくり

「もっとがんばらなければびっくり

 

そうしなければ

自分も認められないし 

人にも認めてもらえない

 

いつも そんな思いに囚われて

ずっと何かに追われているような心境で

毎日キリキリ生活していたように思います。

 

 

外からの評価をもらわなければ自分を保てない

つまりは 「自信のない私」 だったのね。

 

そのこと自体 自分でも気づかずに。

 


 

 

息子はね 


そんなガチガチに力が入った私を

必死にゆるませようとしていた 

 

と思うのです。

 

 

「ねぇ ママ 泣いちゃいなよ

 

 ボク こんなことしちゃって 哀しいでしょ

 

 泣いていいよ ママ

 

 泣いたら 気持ちがゆるんで楽になるから」

 

 

そうやって自分を悪者にしてまで 

私の力を抜くために 

色々やらかしてくれてたんだなぁ と。

 


 

 

カードリーディングのお客様でも 

お子さんが 不登校になったり 病気になったり

それまでの人生で前代未聞の思わぬことを引き起こし

 

「困ってます汗

「どうしたらいいのか…あせる

 

そういうお気持ちのママがいらっしゃいます。

 

 

一方 カードでお子さんの心を見てみると

 

「ママがなんとか 力を抜いてリラックスできますようにキラキラ

「ママの気持ちが どうにかして楽になりますようにキラキラ

 

持てる限りの力で 自分の心体を傷つけてまで

ママを必死に守ろうとしている


そんな純粋でいたいけなお子さんの強い思いを

カードからひしひしと感じることがあります。

 

 

「問題」「大変」ということが起こらなければ

「これは一体どういうことなのri-ma」と思うことがなければ

がんばりやさんのママさんは

立ち止まることも忘れているのでは?

 

 

「ママ ママ ボク(わたし)を見て 気づいてびっくり

「今までのやり方 もう変えて大丈夫なんだよ合格


ママが大好きな子供たちは

そうやって小さな心と体から懸命にサインを送っていますひらめき電球

 

 

お子さんの気持ちとしてはね 

こんなカードが出ます。

 


 

エンジェリックウィスパーカード 16 Family 家族

 

 

ぼくたち わたしたち


わらっている ママが好き


そのママをみまもる パパが好き

 


おだやかで たのしくて ゆるやかで


そんな中にいられる じぶんが好き


 

 

以前観た映画 「かみさまとのやくそく」

 

その中でも 胎内記憶を持つ子供たちが

一様に語っていた言葉がこれです。

 


「自分はお母さんの役に立つために生まれてきた」

 

「お母さんが笑っている お母さんが幸せでいる

 それが自分の幸せ」

 

 

親を思う 子の思い


人は皆 その思いを持っていて

 

それが1番! なのでしょう。

 

 

お子さんがしていること 

引き起こしていることは 

もちろん本人も無意識で無自覚。

 

 

表立って目に見えている出来事は

「問題」で「大変」なこと

なのも確かだけれど


その影にある子供の思いは

とても強い親への思いやりからのもの


お子さんが送っているレスキューサインは

ママの受信を待っています。

 

 

 

 

結局 私は

度重なる息子の粗相と誤解と行き違いで

あるご近所さんから怒鳴り込まれる 

という事態にまでなり
それでも泣かずにがんばってしまった私は

息子からのサインに気づけませんでした。

 


本当に泣けるようになったのは

別居して ひとりになって

すべてが強制終了となってから…

 

 

どれほど 自分が自分自身を責め続けていたか 

 

だから あのような現象が起きていたのか

 

それを 息子はあんなにも助けようとしてくれていたんだ

 

 

涙の後にやっと落ち着いて過去を見つめ 

そう理解することが出来ました。


 

もし 当時の私と同じようなお母さん

心当たりがある方 いらっしゃいましたら
お子さんからのサインを受け取って


「泣く」 「出す」 「ゆるむ


の3点セットを意識してみませんかはてな

 



 

 エンジェリックウィスパーカード   

25 Nurture You Inner Child   

インナーチャイルドに滋養を与える

 

 

いつも頑張っている お母さん


お母さんも人間だもの

 

失敗もするし 常時うまく出来ないし

 

哀しがっていいし 辛いと思ってもいい

 


「ダメダメ」 「もっと」 「こんなんじゃ」


自分を責めたり追い立てるのは

 

もうおしまい やめようね

 


しかめ面の苦しそうなママを

 

誰も望んではいませんよ

 


哀しい時 辛い時は

 

口から目から 言葉も涙も出しちゃって大丈夫

 


『心穏やかであるように』


天も子も なによりそれを望んでいます