巫女体質の元に助っ人がやって来た vol.1 | 天と地と繋がる 食のアーティスト 魂の覚醒を促す 妙華

天と地と繋がる 食のアーティスト 魂の覚醒を促す 妙華

幼少期は病弱、繊細で感受性が強いHSP。エンパス。巫女体質。自然派レストランシェフ。友人の死がきっかけで薬膳調理師を取得、自然療法をベースに、発酵調味料、野草、ハーブ、ジビエを使ったENERGY FOOD。趣味、ヨガと山登り。柔道黒帯。健康、美、アートでヒーリング。

〜自然から学ぶ氣付き〜🍋🌿

自然農の柚子木を取ってよいと言われました✨

肥料も農薬も使ってません
伸び放題 大きさはバラバラでしたが
果皮が安心できました。

隣の出荷用の柚子は、高さを剪定され低く
消毒、傷があるのは地に捨てられていました。

まるで会社員と自然児みたいだなぁと思いました。うちは傷がついたのは鍋やお風呂用に人にあげたり、果汁にまで使いました。

以前、庭の木を2回ほど切られたタイミングと
チャレンジした事に対して
出た杭が打たれたり、心が折れたタイミングと

木が折れた…タイミングが 
一致した事がありました。

木が腐れたり、折れたタイミングは

いつも潜象界と現象界を現しているかのようで、七転び八起きの度に芽を出した木に励まされてきました。

傷付いた柚子みたいに捨てられるのでしょうか?

植物達は
ただ光に向かっているだけでした。

傷付いても  折れても向かっていました。

その度に、自分は何の為の自営業か?と
自分に問いました。

会社員でないから、保障もないから
自分の人生だから、やりたい事はやろう

そう思うと
いつも救いの手が差し伸べられました。

さて、柚子の木のとっペン先の柚子が取れないでいました。

ちょうどそのタイミングで来た彼女は、高枝切りバサミもないのに。ひょいひょいと脚立に乗って手で木を寄せて手で引っ張りました。



危ないし、来年の為に木を折っては?と言ったら、木が可愛そうやんと彼女は言いました。

わたしも、そうだな。と。

確かに人間の都合で
実を取る為に折られた桑の実や。

匂いが…と、病で入院する方から
うちのレモンユーカリが邪魔だと。

視界を遮るからと切られた桜の木。

電線に当たるからと切られた木を思い出しました。

その都度、悲しんだり怒っていたのに

わたしも危うくそうしそうでした。




木は大木になりたいはずです。

沢山の実をつけて食べてもらいたいはず。


確かに最近、やりたい事が出来ない
時間を失っていた大半は
相手の都合を聞いたばかりや

わたしも同じで、逆に人の時間を
自分の都合で奪っていました。

時間に余裕がなくなっていました。

彼女はわたしに合わせてくれたり、色々提案してくれたので。その日の用事もやらなければいけないことも、やりたい事も一緒に出来ました。

おかげで、充実した日が過ごせました✨

彼女は身軽で、要るものと要らないものがハッキリしていました。

奪ったり欲しがったりせず

必要ないものはハッキリ断りました。

受け入れるのもスッキリ
ワガママは何も言わないのでした。

自然のとっペン先の柚子は傷もなく
大きな柚子が取れました✨
下の方は、自分の棘で、お互いを傷つけ合っていました。まるで、人間のようでした。

自分の傷をクリアーしていくと
傷付かなく大きくなっていきます。

彼女は料理しないからと言うので
お礼に炊いた柚子皮をあげました。

わたしはとっペン先の柚子狩が助かりました。

作り忘れた塩柚子ペーストが作れます✨
*また美味しいものをお作りします✨ニコニコ

そして行けなかった場所にも行けました。

行った先には沢山の豊かな出会いがありました。
*里山のドローン撮影は、井上崇巨さん。



巫女体質のもとに、助っ人がやってきて…
声がする方に…冒険に出かける。

まるで、氣分はアナと雪の女王2

アナです❄️☃️   VOL.2へ  続く…。