日本リ・ファッション協会@代表ブログ

日本リ・ファッション協会@代表ブログ

リ・ファッションを「生活スタイルの見直し、変化」と定義し、循環型社会における持続可能な生活、産業へのシフトを推進する活動をしています。
●一般社団法人日本リ・ファッション協会 代表理事
●リ・ファッション キャラバン 代表

日本リ・ファッション協会では学生の自主的な活動にも協力をしています。

今回は東京都立国際高等学校『AWAKE』の事例をご紹介します。

『AWAKE』は制服のひとつであるネクタイをリユース品に変えることで

SDGsを知り貢献するきっかけを作る学生主体の活動をしています

 

この活動は2018年に学生4人『HOPE』というユニットを組み

試行錯誤して始めたことからスタートしました。

それが代々受け継がれ、

年々参加メンバーを増やしている稀有な事例です。

多くの場合、引き継がれることなく単年度で終わってしまうのです。

 

『AWAKE』の具体的な活動は

まず初めに前年度のメンバーから当年度のメンバーに引継ぎを行い

代表や渉外など担当を決めるところから。

次に学校内に呼びかけネクタイを集めます。

同時に渉外担当が協力先である日本リ・ファッション協会に連絡を取って

今年度の打ち合わせをします。

打ち合わせでは、日本リ・ファッション協会から提供するネクタイの本数や進め方を確認します。

 

次にAWAKEに集まったネクタイを整理し、メンテナンスをしてから

『AWAKE』のタグをつけたりしてリユース商品としての販売を準備。

 

販売するネクタイには、AWAKEのメッセージを書いたものを添えます。

 

販売は9月の文化祭会場です。

国際色豊かな学校なので、ネクタイの趣味も多様。

様々な色柄太さが並びます。

 

ネクタイ販売をしながらSDGsに取り組むメンバーの声は

多くの学生に響いているようです。

その成果が翌年のメンバーの多さに現れているのですから。

 

昨年の先輩たちの活動に刺激を受け参加したという

今年のメンバー。

現在、沢山のネクタイのメンテナンスに励んでいるそうです。

写真を送ってくれたので掲載します。

 

今年の文化祭もネクタイを通してSDGsへの関心を深め

行動を起こす人たちが増えることを私も期待と共に応援します!

 

 

◆過去の記録◆

2018年 都立国際高校の学生との初めての取り組み

 

2020年 初代『AWAKE』の取り組み

2021年 2代目『AWAKE』の取り組み

 

 

 

<お問い合わせ>

事務局へメールでご連絡ください。
info@refashion.jp

※少人数で運営しているので返信まで数日いただく場合がございます。

※日中は現場に出ていることも多く、返信は夜になることもございます。

あらかじめご了承ください。

 

 

***(関連情報リンク)***
◆日本リ・ファッション協会のページ
https://www.facebook.com/refashionjp/
**
◆リ・ファッション ラボの詳細
http://www.refashion.jp/lab/index.html

<送り先>

〒342-0043

埼玉県吉川市小松川587-1

一般社団法人 日本リ・ファッション協会

(電話は引いていません。ご記入がなくても届きます)

※事前連絡なしで送っていただいて大丈夫です!

**
◆リ・ファションの東北支援の詳細
http://www.refashion.jp/emergency/index.html

**

◆支援活動を続けるために寄付金(金券可)のお願い
http://www.refashion.jp/emergency/support.html

 

 

 


【最高のバースデー月間満喫中】

たくさんのお祝いメッセージに感激&感謝の気持ちです🙏

いつも私の生き方を応援してくださる方々の存在に助けていただいてることを改めて実感する至福の誕生日でした💖


2022年の私は、相変わらず「循環型社会の実現」に向けてチャレンジし続けています。

そして怒涛の日々を楽しく過ごしております😄

力いっぱい突っ走って倒れる。またチャレンジ!

それの繰り返し😄😄😄


そんなことを続けられるのは、大きなヴィジョンを共有する仲間の存在と、一緒に走ってくれる方々、応援してくださる方々のおかげ。

それと、これまでの成功体験のおかげ(リ・ファッション協会では大小様々なプロジェクトに取り組んで来ました!)。

もちろん、何年もチャレンジしているのにまだ目標達成していないプロジェクトもありますし、大変なことも多いですが、楽しいからやめられない♪

有り難いことに、近年はSDGsの広まりによって、リ・ファッション協会の真の目的が理解されやすくなり、活動に弾みができましたし😄


新たなプロジェクトも動き出しワクワクな2022年。どうぞこれからも暖かく見守ってやってください🙇‍♀️宜しくお願いいたします💖


追伸

歳を重ねるごとに体力は低下しているのは否めません😅これからは体をいたわりながら頑張ります😊✌️


私の「衣育」セミナーでは

衣服の原料が作られる現場をリアルに感じてもらう工夫をしています。

天然繊維となる綿花(コットン)や天然染料となる藍を一緒に育てたり

種を渡してご家庭で栽培する体験を提供することもしています。

 

今回は綿花(コットン)についていろいろな角度から学べるサイトのリンク集を作成しました。

サスティナブルファッションに取り組んでいる方やファッション視点でSDGsを学ぼうとしている方はもちろん、広くいろいろな方にコットンのことを知るきっかけにしてもらえたら幸いです。

※徐々に追加していくので再訪問していただけたら追加されたサイトに出合えるかも。

 

◆産地別の綿花の特徴や

Tシャツにはどのような綿花が使われているかを知る

産地によって綿花そのものの特徴があり、

また栽培、収穫の仕方による特徴がある。

それによって生地の仕上がりが決まり、適した製品が決まてくるというお話。

とても興味深かったのでおススメしたいです。

⇒詳細はこちら

 

◆1枚のTシャツはコットンボール何個分?

Tシャツの重さ:約250g/枚
綿花(コットンボール)の重:約5g(種などを除くと繊維になるのは約2.5g)

よって 250÷2.5g==>100個必要

詳細はこちら

◆1枚のコットンTシャツに使われる農薬量は?
Tシャツ一枚を450gとした場合 使用される農薬は150g
詳細はこちら

◆Organic Cotton|オーガニックコットンを使用すべき3つの理由

 

二酸化炭素等価放出量は通常コットンの場合より平均46%少ない

使用水量は通常コットンに比べ、91%も低い など

詳細はこちら

◆オーガニックコットンは本当にサステナブル? 専門家たちの回答。【サステナビリティ最前線】VOGUE

オーガニックコットン栽培に使われる水の95%がグリーンウォーター

水質汚染を98%も抑えることができる ほか

詳細はこちら

◆ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

(通称「ふく・わた」)

福島県いわき市において、在来種の茶綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化・販売する一連の取り組みをしている集まり。コットン畑ではオールシーズン、ボランティアの受け入れをしている。

体験ツアーを開催したり、学校や企業の研修受け入れも行っている。

(私は複合災害からの復興を目指す活動に取り組んでいる関係で2022年6月より理事に就任し運営に関わっています)

詳細はこちら

 

 

 

 

皆さまと協力しながら行ってまいりました

ゼブ島台風被害への支援活動に一区切り。
日本リ・ファッション協会へのご支援を通してご協力くださった皆様にも感謝をこめてご報告いたします。

最後のお届けはセブ島から更に海を渡りカオバガン島へ

 

image

現地で活動しているNGO DAREDEMOHERO 代表の内山順子さんが届けてくださいました。

 

貧困層の子どもたちが朝起きてまずすることは

朝食を探すことだそうです。

そんな状況にあっても志高く頑張る子供たちに教育を提供し、夢を応援することが DAREDEMOHERO の活動です。

これからも応援を続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北支援仲間の澤葉子さんからのお声がけをいただき始まった物資支援の輪。

現地の情報が少ない中、関わったみんなで協力しながら実行できたことがとても嬉しくチームとしても誇らしい気持ちです。

関わらせていただきありがとうございました。

送料のご寄付や、古着のご寄附をくださった方々にも感謝申し上げます。

 

 

◆この支援に関わった団体の公式サイト◆

●DAREDEMOHERO (セブ島)

https://daredemohero.com/

●NPO 法人ザ・ピープル

https://npo-thepeople.com/

●フェニックス救援隊

https://www.facebook.com/297729980423580/posts/1853764688153427/

●大江戸和髪学会

https://wasoubi.jp/katudou0.php

●一般社団法人 日本リ・ファッション協会

http://www.refashion.jp/

●仕分けボランティア

Refashioncaravan

着物日和会Japan

 

 

<これまでの活動記録Blog記事>

 

 

 

 

 

 

 

【日本リ・ファッション協会の災害支援】

私たちは被災地の方々と思いと一緒に”モノとコトで繋がります”。モノは支援物資です。コトは支援物資をお届けすることを通じてお互いの状況を知り合い、”今求められているコトをお届けする、交換する”コトです。

 

この私たちの活動を応援していただけませんか?

現場で一緒に活動する以外に、下記の応援の方法があります。

応援していただける方々とも長くつながり続けていけると幸いです。

 

<リ・ファッション ラボに

古着や食料などをお送りください>

届いた寄付品は東北支援や途上国支援をはじめ

学生たちが学ぶアップサイクル材料として、舞台衣装として。

一部はチャリティー販売して活動費にするなど

いろいろな場所で、いろいろな形で活用しています。

使わないモノは古くなって劣化したり変色したり虫食ったりする前に、有効活用してくれる方にバトンタッチしませんか?

 

買ったばかり貰ったばかりのものはもちろん、10年20年前のものも受け付けています。

※受付可能なアイテム一覧をご覧のうえ

埼玉県吉川市にあるリ・ファッション ラボまで元払いにてお送りください。

 

モノと一緒にハッピーを循環していきましょう!!

私たちはこの活動を「愛のリレー」とよんでいます。

あなたもぜひ仲間になってくださいね。

 

<送り先>

〒342-0043
埼玉県吉川市小松川587-1
一般社団法人 日本リ・ファッション協会

★初めてお送りいただく方はリ・ファッション ラボのページをご一読いただけますようお願いいたします。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リ・ファッション ラボの詳細
http://www.refashion.jp/lab/index.html
 

 

■□-----------*---------*---------*----------□■
一般社団法人日本リ・ファッション協会

公式サイト http://www.refashion.jp/

facebookページ http://www.facebook.com/refashionjp
 

~活動目的「持続可能な循環型社会の実現」~
・シェアエコノミーとサーキュラーエコノミーの推進

・SDGsへの取り組みは12番と13番を中心としています。

 (12:作る責任・使う責任、13:気候変動に具体的な対策を)
・地球温暖化対策は世界のCO2排出量8%を超えるアパレル製品を
 循環することでCO2削減に取り組んでいます。
・「衣育」出前授業受付中!お問い合わせください。
 事務局 info@refashion.jp

 

<衣類等の寄付を受付で循環する活動>
リ・ファッションラボ http://www.refashion.jp/lab/
東北支援http://www.refashion.jp/emergency/


<ご寄付金(金券可)のお願い>

支援活動を続けるために応援をいただけると幸いです。
http://www.refashion.jp/emergency/support.html

 

<必要な備品をamazonで購入してご寄付いただく場合>

リ・ファッションラボ災害等支援活動に必要なモノリスト

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3K94R8P8WJ44Q
■□----------**--------**--------**----------□■

新宿で古着の回収

参加者数:145名(寄付品を持ってきてくださった方)

回収量:95袋(45リットルの袋)

軽トラック1台+ワゴン車1台

 

毎年恒例となったエコギャラリー新宿での衣類回収。

雨の中、沢山の方が寄付品を持ってご来場くださいました。

 

入り口の案内版

 

会場には回収した衣類がどのように活用されるかを展示。

最近の新聞から関連記事を掲示。

 

着物リメイクを楽しむ会「もったいないチーム」が誕生したそうです。

 

古着を持ってきてくださった方に江戸野菜のトウガラシの苗をプレゼント

 

毎回沢山の古着があるまるため、その場で一時仕分けをしてからアイテムごとに袋に詰めて倉庫に運びます。

皆さん手馴れたものでテキパキと作業を進めています。、

 

今回は雨天のため、いつもよりは集まった量が少なめでしたが

それでも軽トラック1台では乗せきれない量が集まりました!

 

雨も中、古着を持ってきてくださった皆様、運営に関わってくださった皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

寄付していただきた衣類は全て大切に活用させていただきます。

 

 

■□-----------*---------*---------*----------□■
一般社団法人日本リ・ファッション協会

公式サイト http://www.refashion.jp/

facebookページ http://www.facebook.com/refashionjp
 

~活動目的「持続可能な循環型社会の実現」~
・シェアエコノミーとサーキュラーエコノミーの推進

・SDGsへの取り組みは12番と13番を中心としています。

 (12:作る責任・使う責任、13:気候変動に具体的な対策を)
・地球温暖化対策は世界のCO2排出量8%を超えるアパレル製品を
 循環することでCO2削減に取り組んでいます。
・「衣育」出前授業受付中!お問い合わせください。

 事務局 info@refashion.jp

 

<衣類等の寄付を受付で循環する活動>
リ・ファッションラボ http://www.refashion.jp/lab/
東北支援http://www.refashion.jp/emergency/


<ご寄付金(金券可)のお願い>

支援活動を続けるために応援をいただけると幸いです。
http://www.refashion.jp/emergency/support.html

 

<必要な備品をamazonで購入してご寄付いただく場合>

リ・ファッションラボ災害等支援活動に必要なモノリスト

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3K94R8P8WJ44Q
■□----------**--------**--------**----------□■