「Team R」 Official Blog

「Team R」がみんなで色々更新して行きます!


テーマ:

7月11日・12日の
赤坂ブリッツ2days公演におきまして、
僕の友人関係者が多くのファンの方を不快にさせる
不適切な行動をとってしまった事につきまして、
心からお詫び申し上げます。

 

今回のプロジェクトは、
Raphaelとして本当に最後の活動で、
僕の学生時代の同級生をはじめ、

Raphaelがまだ駆け出しの頃からライブに足繁く通い
応援してくれていた友人達に
観てもらいたいという気持ちと、
友人達の性格上もしかしたら今回のような事態が
起きてしまうかもしれないという不安との葛藤の中、

自分本意で無責任な判断をしてしまいました。

 

その後、友人達に状況を詳しく問い質したところ、
「YUKITOを応援したい気持ちが高まりすぎて
ついあのような行動をとってしまった。
お客さんやYUKITO本人にも迷惑をかけて
申し訳なかった」
と反省していましたが、
以後このような事件を決して起こさぬ様、
精一杯のお詫びの気持ちを込めて
当該者 および そうした懸念のある関係者全員を対象に、
徹底して「Raphaelに関するイベント・ライブへの出入りの一切を禁止」

とさせていただきます。

 

そして、「未就学児入場不可」となっていながら、
自分の家族、友人の家族を招待し、
未就学児を入場させてしまったことにつきましても、
心からお詫び申し上げます。

 

一部のファンの方からご指摘を頂いたように、
同じように子供がいる中、
どうにか都合をつけて今回の公演に
足を運んでいる方も多数おられたかと思います。

 

「関係者だからそれが許されるのでは」いう甘い考えは、
そのような状況の中でライブを観に来て
頂いている方の立場を考えれば、
同じ子を持つ親としてとても軽率な行動だったと深く反省しています。

 

解散まで残された時間はあと数ヶ月。
Raphaelを愛してくれるファンの方々、
そして僕も同じようにRaphaelを愛する一人として、
応援して下さる皆様と同じ目線で、

同じ方向を見据えていけるよう、
最善をつくしていければと思っております。
引き続き最後まで応援よろしくお願い申し上げます。

 

改めまして、
この度は応援して下さる皆様に多大なるご迷惑をお掛けして
本当に申し訳ありませんでした。

心よりお詫び申し上げます。


本田之人

いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「YUKITOより」 の記事

テーマ:

YUKITOデス!

とっても暖かくなってきましたね。

皆さんお元気ですか?

 

Raphael全国ツアー癒し小屋、

ついにスタートしました!!

 

初日の横浜ベイホールは、なんと僕の誕生日。

「ケーキが出てくる」

というのは予想していたのですが、

まさか白塗りメイクのジョニー(スター坊主、しゅんすけ)が、

ケーキを持って登場するとは夢にも思っていませんでした・・・

 

 

あまりの衝撃に、はにかむ暇もなく爆笑してしまいました。

お陰さまで一生忘れることができない誕生日になりました!笑

 

改めて、

お祝いしてくれたファンのみんな、

スタッフの方々、

メンバーのみんな、

ありがとうございましたー☆

 

==========

 

YUKIのブログにもあったように、

メンバー、スタッフ、もっちゃんと話し合いを行いましたが、

解決に向かうことはできませんでした・・・

 

どうしてこういう事態になったのか、

今でもよく理解できていません。

 

ただ一つ思うことは、

とても悲しいということです。

 

==========

 

きっと人生って8割は、

辛くて、苦しくて、逃げ出したい、

そんなことばかりだと思います。

 

だからこそ、今目の前で起きている当たり前の出来事が、

本当はとっても幸せなことなんだと思って僕は生きています。

 

その当たり前のことが、当たり前であるうちに、

たくさん笑って、たくさん泣いて。

 

Raphaelが解散するその瞬間、

僕はどんなことを思い、

そしてどんな表情をしているのか、

想像するだけでも涙が溢れそうです。

 

だからそんな先のことは考えるのをやめて、

今この瞬間を支えてくれるファンのみんなと、

今目の前で当たり前に起きている出来事一つ一つを、

大切にしながら最終日へ想いを重ねていきたいと思います。

 

みんな大好きだ!!!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんお元気ですか?


YUKITOは元気です!!

 

4/7に行われた蒼の邂逅、
Shibuya O-EASTでのLIVE、
参加してくれたみんなも、
参加できなかったけど

どこかで応援してくれていたみんなも、
本当にありがとうございました☆

 

この日、僕の口から今回の活動を
行うきっかけになった経緯を話す、
ということはメンバー3人で決めていた事でしたが、

どういうカタチで伝えるのか、
どんな話しをするのかずっと迷っていました。

 

そして本番の2日前に、
ファンのみんなへ手紙を書いて

気持ちを伝えようと思い立ち、


それから時間の許す限り何度も
読み返しながら書いてを繰り返し、
やっと本番直前に手紙を書き終えることができました・・・

 

当日全ての楽曲を演奏し終えた後、
LIVEの余韻を残したままの会場で読んだ手紙。

 

あの日
会場に来れなかったみんなへ、
改めてこのブログで
伝えさせて下さい。

 

==========

 

ファンのみんなへ

 

僕は中学1年生のとき、
プロのミュージシャンになりたいという夢を抱きました。

 

華月に出会ったのは中学2年生のときで、
音楽でプロを目指してるやつがいるから紹介したいと言われ、
渋谷にある小さなリハーサルスタジオで待ち合わせして、
ブルーハーツの曲を演奏しました。

 

それから数ヶ月後、
お互いが人生初となるライブを企画しましたが、
華月が通っていた学校でチケットを
売っていることが問題になってしまい、
ライブを中止せざるをえなくなってしまいました。

 

それをきっかけに華月とは一度離ればなれになったけど、
僕がHIROにドラム教えてもらいながら
学校の文化祭でバンドコンテストに出演したとき、
ライブ後に華月はどこからともなく現れ、
話しているうちにもう一度バンド活動をやることになりました。

 

華月とメンバーを探すことになり、
ちょうど僕がその頃毎日のように学校帰り一緒に遊んでいた、
誰よりも歌がうまいYUKIをボーカルに誘い、
僕よりドラムがうまかったHIROをドラムに誘い、
華月はもちろんギター、
そして僕はベースという編成でRaphaelが誕生しました。

 

そして瞬く間に僕が中学1年生のときに抱いた夢は、
10代のうちに叶ってしまいました。

 

夢が叶うと、
今度はまた新しい夢が生まれます。


武道館でライブをやった、
今度は東京ドームでやりたい、
海外でもやってみたい、
もっともっとたくさんの人達に、
僕らの音楽を聴いてもらいたい。

 

だけど僕らの夢が大きくなるにつれて、
一部の心ない大人達の夢は、
歪んだ夢になっていきました。

 

そして華月が本当の天使になって・・・


Raphaelは活動休止になって・・・

 

あれから僕の、
Raphaelという夢は止まったまま、
そしてその夢を一時も忘れることができず、
生きてきました。

 

音楽を続けることが使命的なもののように、
音楽を中心に生きてきました。

 

だけどZeppTokyoの再演を終えてから、
濃い霧の中にいた自分の視界が、
少しずつ鮮明になっていくような感覚になりました。

 

そしてあるとき、

音楽をやめよう、
と思いました。

 

それは雷が落ちるような突発的なものではなく、
広い草原に横たわり、昇ってくる朝日を浴びながら、
小鳥のさえずりで目が覚めたような、
そんな穏やかな気持ちに近いかもしれません。

 

そしたらふとYUKIに会いたくなって、
連絡を取り合い、会うことになって、
音楽をやめる話しをすると、
YUKIは僕にこう言ってくれました。

 

「自分が今こうして音楽をやっているのは、
元々YUKITOがバンドに誘ってくれたからだよ。
そのことはすごく感謝してる。
YUKITOが音楽をやめるなら最後にもう一度だけ、
俺たちの手でRaphaelの、とびっきりのお祭りをやらないか?
YUKITOの最後の音楽活動を、華やかな終演にさせて欲しい。」

 

僕はまさかそんな話しをYUKIが
してくれるとは思ってもいませんでした。

 

素直に嬉しいという気持ちと、
ずっとひっかかっていた、
再演のときにも結局宙に浮いたままの、
「解散」
という2文字を、やっと言える日がくることも、
僕にとって本当のケジメになると思い、
是非やろうと返事をしました。

 

すぐにYUKIからHIROに連絡をしてもらい、
HIROからも了承を得て、
今こうしてステージに立っています。

 

少年だった僕の夢は、
今年の活動で終わりをむかえます。

 

それと同時に、
同じ夢を抱いた4人が集まって結成されたバンド、
Raphaelも、終幕をむかえます。

 

ファンのみんな、
チームRのみんな、
そして華月。

 

ごめんね、
俺の勝手な思いで、
Raphaelは終わってしまう。

 

もしかしたら、
誰もこんな結末は望んでいないのかもしれない。

 

だけどみんなが、
これもひとつの正解、
答えだったんだって思ってもらえるように、
RaphaelのベーシストYUKITOとして、
最後まで全力でやりきりるよ。

 

だからどうか最後まで、あたたかく見守って下さい。

 

==========

 

夢は、生きる希望。

 

Raphaelが
永遠に誰かの夢を輝かせ続ける、
希望の光となれますように。

 

 

改めて、みんな大好きです。ありがとう☆

 

いいね!した人  |  リブログ(0)