【プロテイン・パラドックス】

▫

●症状

はじめはプロテインでタンパク質を補給し

健康になる

▫

ところが数年目から

逆に体調が悪くなる

▫

これをプロテイン・パラドックスと呼びましょう

▫

この現象はスポーツをしない頭脳労働者に多いです

過去に菜食やファステングを実践していた人には

顕著に見られます

▫

●原因

▫

プロテインによる腸内環境の悪化が考えられます

プロテインでオナラが出る

ガスが溜まる

便秘する、下痢する

プロテインが飲めなくなる

の症状の方は要注意です

▫

●歴史

私の患者さんの中で

肉や卵が食べられない人が

続出しました

▫

最初の数ヶ月は頑張れるのですが

そのうち肉や卵を体が受け付けなくなる

▫

そういう患者さんにプロテインを勧めたところ

とても喜ばれました

7年ほど前のことです

▫

フェイスブック上に

プロテインを勧めたところ

糖質制限系の医療関係者から反論をいただきました

いわく

「栄養は食べ物から」

▫

その後、先頭に立ってプロテインを勧めてきました

一緒に続けてくださる患者さんからも評判が良かったです

▫

ところが、プロテインが突然飲めなくなる

プロテインを飲むほど体調が悪くなる

そういう意見を多く受け取るようになりました

▫

はじめは無視していたのですが、

まじめに栄養療法を行っている患者さんからも

体調不良の声が出ました

例えば

「プロテインで太った」

というクレームは150人ほどから受けました

▫

● 脱プロテイン
 

そこでプロテインの代わりにEAAを勧めました

肉も卵もプロテインも食べられないような人向けです

主にスポーツをしない頭脳労働者や

胃腸が弱い人

ベジタリアン傾向の人向けです

▫

● EAAパラドックス
 

しかし

EAAで体調不良になる人が続出しました

はじめこれはトリプトファンが少ないから

いわゆる「EAAパラドックス」

と思われました

ですがそうではありませんでした


ロイシンの多いEAAのためにアンモニア濃度が高くなったためです

ではどうやって

EAAを安全に飲むかという追求の中で

ノーベル賞を受賞したイグナロ理論に出会います
 

● イグナロ理論
 

分子栄養学はノーベル賞を受賞したイグナロ理論を採用すべきだと

強く感じております
 

● 時代はプロテインからEAA
 

6年前、私のプロテイン推しに反対した糖質制限の医師の方も

プロテイン推しになっています

それから6年、これからの時代、プロテインは時代遅れ

EAAが主流になるでしょう
 

6年前にプロテインを勧めて反対されたように

いま、私のEAA推しは、多くの反対を受けています

しかし時代は変わります
 

 

▽ 著者の書籍購入

▽ お勧めサプリ

▽ 腸内フローラ

▽ お勧めEAA

▽ 著者のホームページ