真面目に頑張っていれば上手くいくと思ってた・・・ | 渋谷 占い館バランガン@浜田らっこのブログ

渋谷 占い館バランガン@浜田らっこのブログ

◆バランガン渋谷店【水・木・金・土】レギュラー出演しております◆渋谷店(対面鑑定)➡https://shibuya.balangan.jp/◆占いの窓(電話鑑定・チャット鑑定)➡https://www.uranai-mado.tv/◆Twitter➡@rakko_balangan

 

 

 

バランガン渋谷店の浜田らっこですニコニコ

 

 

 

先日、バランガンの大先輩である彩乃先生、ショコラ先生のサポートもあり、

『バランガンTV』に出演させて頂きましたまじかるクラウン

 

 

 

 

 

 

動画内で、こんなことを話したんです下差し

 

 

 

「真面目に頑張っていれば上手くいくと思っていたけど、そうじゃなかった」

 

 

 

この言葉に、

過去の自分を重ねました

とたくさんのご感想を頂き、

とても驚いておりますびっくりキラキラ

 

 

 

 

融通が利かず頭が固かった私は

いつも恋のスタート地点でつまずいていました。

 

 

恋愛下手で苦しんだ経験ばかりですが、

イタイ思いしながらも

少しずつ学んできたことがあります。

 

 

 

今回はそんな話をしたいと思います。

 

 

 

題して、【堅物さんの身の守り方】

 

 

 

(予め断っておきますが、恋愛上手さんにとっては、ごく当たり前で新鮮味のない内容になると思いますタラー悪しからず笑い泣き

 

 

 

 

*****

 

 

 

かつての私は、

両親や先生の言いつけを守るような

いわゆる優等生タイプの人間でした。

 

 

 

勉強も部活も

真面目にやっていれば成果が得られる

という価値観が根付いていました。

 

 

 

それは社会人になっても同じで、

仕事もやればやるほど評価されてきました。

 

 

 

 

けれど、恋愛だけは上手くいかないのですガーン

 

 

 

 

学校でも習ってないし、誰も教えてくれませんガーン

 

何が正解なのかもわかりませんもやもや

 

 

 

何の根拠もないけれど、

真面目にちゃんと生きてさえいれば、

神様が見ていてくれて

いい人と巡り合わせてくれると

信じて疑わなかったんですよね。。

 

 

 

自分勝手な発想かもしれませんが、

そのくらい恋愛に対して無知だったんですショボーン

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

「私にもそろそろいい人やってくるかなぁ~」

 

 

そんなことばかり考えていた20代前半の頃、

仕事繋がりで知り合った男性がいました。

 

 

 

クライアントさんということもあり、

お客様として接していたのですが、

 

会う度に、

その男性からの猛烈アピールを受けていました。

 

 

 

「もっと仲良くなりたいので、連絡先を教えてください!!」

 

 

 

正直、押しの強さにドン引きしていましたガーン

 

 

 

ですが、

私の塩対応にもめげず・・・

あまりに熱心なもので・・・

 

 

だんだん気になり始めてしまったんですね。

恋に落ちてしまったんです。

 

 

二人で会う回数を重ねると、

急激に立場が逆転してしまい、

私が追いかけるようになっていましたショボーン

 

 

 

 

そして、事件が発生します爆弾

 

 

 

 

それは、夜景の見える高台への

ドライブデート中に起こりました。

 

 

 

眼下に広がる街の光が宝石のようにキラキラと眩しくて、

ささやかな幸せをかみしめていました。

 

 

「恋愛って素敵だなおねがい」と。

 

 

当時、私史上1番ロマンチックな夜だったんです。

 

 

 

ある1点を除いては・・・。

 

 

 

その男性は聞き上手な人で

いつもと変わらず優しく話を聞いてくれました。

 

 

 

「うんうん、そっかそっかー」

 

「そうだねー、大変だったねー、Kちゃん」

 

 

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

Kちゃん・・・?滝汗

 

 

 

 

 

彼は私のことを違う女性の名前で呼んだのです。

 

 

 

何かが崩れ落ちるようでした。

 

 

 

他にも仲良くしている女性がいるんだ・・・

こんないい雰囲気だったのに、別の人の名前を呼ぶんだ・・・

私はこの人の中で1番じゃないんだ・・・

 

 

 

私のシナリオの中にはない展開だったので、

頭が真っ白になりました。

 

 

惨めな気持ちが襲ってきて、

涙が止まらなくなりました。

 

 

 

これだけが原因ではありませんが、

この男性とは自ら距離を置くようになりました。

 

 

 

連絡もとってはいけないと思い、携帯電話も変えました。

 

 

相手からは連絡がとれない状況なのに、

携帯電話を開くたびに

 

「もしかしたら・・・」と

少しだけ期待してしまう自分にも悲しくなりました。

 

 

「何やっているんだろう私・・・」と

苦しくて1年くらい毎晩泣いていました。

 

 

この世に私が好きになれる人は

その人しかいないんじゃないかと錯覚し

 

その人のことで頭がいっぱいだったんです。

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

その後の私はといえば、

こんなことを繰り返すのが怖くて

ますます恋愛から遠のいていきました。

 

 

 

そんな過去の私へかけてあげられる言葉があるとしたら、

 

 

付き合う前なら、複数の人と連絡をとっていいんだよーということ。

 

 

 

 

記事の冒頭で書きましたが、

何のひねりもないです(笑)

 

 

婚活している人にとっては、常識中の常識かもしれませんね。

 

 

 

けれど、私は30歳を超えるまで

これが理解できなかったんです。

 

 

 

きょええええええええーーーガーン

 

 

それって、キープってこと?

なんかズルくない?

人を比較するなんでヒドクない?

 

一人の人を誠実に思うから

相手からも誠実に思われるんじゃないの?

 

相手にされたら嫌なことしちゃっていいの?

 

 

 

頭かたくてすみませんアセアセ

わからなさ過ぎて?マークがいっぱいだったんですよえーん

 

 

 

 

改めてこの記事の目的ですが、

【堅物さんの身の守り方】です。

 

 

 

真面目で実直で不器用な恋に陥りがちな人が

必要以上に傷つかない方法です。

 

 

 

ダメージを最小限に抑えて、できるだけ早く得意分野に持ち込みたい!と考えていました。

 

 

 

◆友達以上・恋人未満の人が複数名いることを“悪”だと決めつけないこと

 

・執着リスクを分散する

(自分の愛情が重いのはわかっていたので、お付き合いする前から一人の人を好きになり過ぎるのを防いでいました。)

 

・冷静に判断できる

天秤にかけられて気分のいい人はいません。悟られないように配慮も必要です。めちゃめちゃ心苦しいです。でも、自分を守るためだと言い聞かせていました。)

 

 

 

◆1人の人に決めたら、他の人とはキッパリ連絡をやめる

 

この点においては、いろいろ意見が分かれるとは思いますが、私は次の理由から徹底していました。

 

・パートナーができたら、その人との仲を深めていくことに専念したい

・パートナーを心配させるような状況は作りたくない

・そもそもマルチタスクが苦手

・やっと本来の自分に戻れる

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

優等生タイプのあなたは、

“真面目にコツコツ”が板についていますよね?ニコニコ

 

 

お付き合いしてからの

信頼関係を構築していくのは得意なはず!!

 

 

 

融通利かない系真面目さんは、お付き合いするまでの段階で躓いている人が多いような気がします。

(私も然りガーン

 

 

でも、そこを突破できれば

トントン拍子に進んでいけるポテンシャルは高いニコニコ

 

 

あなたがムリなく最短で

自分の得意分野へ駒を進められるよう

スタートダッシュをきれることを心から願っています星

 

 

 

もし話し相手が欲しいときは、
どうぞバランガンへお問合せくださいピンクハート

 

 

あなたの恋を応援していますおねがいラブラブ

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたふんわり風船星

 

 

 

浜田らっこ

 

 

 

 

星渋谷店(対面)