『メアリと魔女の花』公認心理師養成大学とPTSD否認発達障害人体実験 | 翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

PTSDが爆発的に流行しています。
心的感染症ですから、もはや万人にとって他人ごとではないのです。健康で自分らしく個性的に天寿を全うするためにPTSDを学びましょう✨


テーマ:


 

ヒロインである

メアリが

間違って入り込んで

恐ろしい目に遭うのは

 

ネガティブな太母のような

子どもを呑み込み支配する

マダム・マンブルチュークが学長を勤める

「メアリと魔女の...」の画像検索結果「太母」の画像検索結果

魔法世界の最高学府

「エンドア大学」で

モーゼ抜き・霊魂ぬきの

エンドアメーバ説

 

ドクターデイ(D?)なんて名前の

ドクター・K(upin)でもいいかも

 

「メアリと魔女の...」の画像検索結果

魔法界を極めたい一途な科学者といえば

聞こえはよいですが

 

不器用なメアリのハッタリで

論破されるような

数式による衒学で

セロトニン仮説とか?

 

純粋な子どもを捕まえては

科学実験をする

 

「マッドサイエン...」の画像検索結果

マッドサイエンティストが

偉そうにしながら

一緒に働いています。

 



 

こういうギョウカイの風刺でしょうね。

間違って入り込む人が多いですからね。

 

メアリが

こころを開いているのは

ラポールの形成ですね。

 

「メアリと魔女の...」の画像検索結果

 

赤い館の庭師

ゼベディおじさんです。

 

「宮沢賢治」の画像検索結果「宮沢賢治」の画像検索結果

 

ちょっと宮沢賢治のような

箱庭の世界の住人に見えます。

 

圧倒的に悪者の方が強そうですが

 

大学にいる

魔物のような2人も

最後には

力を失い

ただの人になりました。

 

悪い人ではなかったというのは

現実にも即していて

東洋思想らしいところで

 

「陰陽」の画像検索結果

 

予定調和的な安心感があります。

 

メアリは

最初

赤毛のサルとあだ名され

怒っていたのが

赤毛のサルに助けられます。

 



 

イエローモンキーという

コンプレックスが解消できたとき

 

こういう大学に取り込まれて

薬漬け実験にされたり

(コンサータとかストラテラとか)

公認心理師になって

マダム・マンブルチュークの手下になることから

自由になるのでしょう。

 

ジブリじゃなくなっても

風刺がピリリと効いてますね♪

 


翠雨PTSD予防&治療心理学研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス