パワハラPTSD解離自殺で加害者と会社に5500万円支払い命令の名古屋高裁 | 翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

PTSDが爆発的に流行しています。
心的感染症ですから、もはや万人にとって他人ごとではないのです。健康で自分らしく天寿を全うするには、PTSDを学ぶしかないと思います。


テーマ:
名古屋市にある

青果仲卸会社の

女性社員(当時21)が

自殺したのは

職場でのいじめやパワーハラスメントが原因として

女性の両親が

同社と先輩社員2人に

約6400万円の損害賠償を求めた

訴訟の

控訴審で

名古屋高裁は

自殺とパワハラの因果関係を認め

賠償額を165万円とした一審判決を変更

約5500万円の支払いを命じました。
 
精神的苦痛の自殺への

影響と因果関係の違いは大きい。
 
「食欲不振や集中力

注意力の減退があり

うつ病を発症していた」のに
 
原因があるので正しくはPTSD

うつ病はいじめでは発症しない。
 
「先輩社員の叱責を認識しながら放置し

注意義務を怠った」

「会社の責任が

全面的に認められた画期的な判決だ」と高く評価されています。

 

裁判所のPTSD問題理解も

少しずつ変化してきています。

 

 

翠雨PTSD予防&治療心理学研究所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス