1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年08月16日

関ジャニ'sエイターテインメント ジャム 東京最終日前半

テーマ:舞台・ライブ記録

※ うろ覚えの記憶をネットのみなさんの記憶と

合致させて作成させていただきました。感謝です。
※ 個人の記憶まとめにすぎませんので、
ニュアンス部分や

個人的辛口感想も含みます。ご了承ください。

 

早いもので、東京公演最終日。
ワイドショーカメラも入っています。

東京ドームだけの動員数で4公演22万人。

今回の札幌から福岡までのツアーで65万人動員。
2007年の京セラドームから、本日最終日でドーム公演104公演目。
10か月で2回ドームツアーを開催するのは日本で初。

1年の動員数は140万人。

朝から霧雨のような雨が降り続いています。
私は、遠征してきてた友人たちと昼間から酒を飲み、
グッズ談義に花を咲かしていました(15日レポで触れています)


連日、熱心なファンの方々が座席ガチャの

(※座席ガチャ…今回は転売防止のため席が当日まで不明)

傾向分析をしていらっしゃいまして、

ただただすごいなぁ…と、感心していたんですが、

過大な期待はしてはいけないと自分に言い聞かせて

最終日まで、努めてまいりました。

そして、私的、千秋楽。座席ガチャのドキドキ…。
手渡されたチケットを見ると…はっ、アリーナ!!

最終日にして一番の良席。

心の準備が出来てないぃぃぃ~。
…とはいいつつ、テンションUPで席に着いたのでした。

センステ目の前。

※センターステージ

ムビステの下…… 

※ステージごと動くムービングステージ

【注意ガイダンス映像】
このアメコミ風イラスト動画はCXの流れで作られてるのかな。

ラブスーパーマンっぽいもんなぁ。
見れば見るほど

「ぽっちゃりした体形が好きなメンバーは…

渋谷すばる。アブノーマル」は
おい喧嘩売ってんのか、な気持ちになる(笑)。

【オープニング映像】

ルーレット風おしゃれ映像。


錦戸前髪なし。大倉さんは最後まで、左分け。
JUKE BOXの時のペンラを振りながら出てきた大倉さん

時々、振る。

1.High Spirits
丸山ベースソロ、にこにこ笑ってる。

途中、少しベースのリズムが早まったようで、
大倉さんから「はやい」と指摘を受けた丸山さん。
ヤンマーは、向き合ってギター掻き鳴らしててミュージシャンって感じ。
バンドの時、安田さんはサイドに見えやすいようにか、

端っこのほう行っててエライな、と。
小泉と第一工業の間のあたりのお客さんにも見えるもんね。
安田さんのギターソロ、最後のカメラ目線で舌だし。
コージは立派なロックミュージシャンに…オイオイ……
村上「楽しむ準備は出来てるかーーー!!行くぞぉぉ」

2.勝手に仕上がれ
村上さんピースサイン。
丸山♪「今夜も…顔見たいだけさ」のソロパートで
両手を胸の位置でお手振り→

両手をほっぺに当ててキュンな顔。客席きゃーーーー。
渋谷♪「上の方のみんなもよく見えてるぜ、

髪切ったの?かわいいじゃん」
安田♪「みんなの熱視線もOh!アツすぎるぜ、

好きなメンズ、捕まえちゃって」
渋谷♪「ただでさえみんなが帰る姿…声を聴かせてくれーー!!」

最後は
安田♪「Hey!!エイター!エイトと音で繋がろうぜー!」

3.宇宙に行ったライオン
安田♪「エイター!お前らの胸の奥!!」
渋谷♪「俺はこんなもんじゃねー!!」

【村上点呼】
大倉さんバスドラムのキック音ならしながら、水を飲んで

左手でもう一つのボトル置いてあるあたりを探って、
結局持ったのはJUKEBOXペンラ。

バスドラだけでペンラふりふり~。

 

「東京エイター!楽しんでるかーい?熱くなってるかーっ

どんどん熱くなろうぜ!!ラストの今日、残すところなく

こっちに全部ぶつけてください!!」

「ラスト。今日は子供も男も女も、日頃の嫌なこと全部忘れて

全員で…バカになろーぜ!!」

4.象
イントロのドラムロールで天井カメラ抜かれる大倉くん。

歯を食いしばるような顔から、ああああああ!!!と叫ぶ顔に。
締めのドラムの流し目が超セクシー。
安田♪「簡単に蹴散らせるはずの♪」の前に

メガネとって、最後は寄り目

5.traffic
前日天井から見てわかったけど、レーザーが超綺麗。

下だと全然わかんない。天井もたまにはいいものです。
渋谷♪「目が醒めるような美人なお姉さん」で手をすっと出して
渋谷♪「眠そうな目擦ってお疲れ様です」優しくフニャって笑うんだよぉ。
なんだろ…丸ちゃんのこういう曲の時の、

セクシーに対する気遣いっていうか、あんまり本気出すと

俺のファンの心臓に悪いと思ってくれているのか(笑)
渋谷・大倉・安田のようなアピールはしてこない。

6.生きろ
もうすべてのバンド曲を、この7パラ?にしてほしい。

全員の演奏風景をくまなく見たい。
渋谷♪「生きてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」強い。
声の強さとは裏腹に、この曲に対する自分の心が

柔和になった気がする。

【錦戸挨拶】各種WSで使われてましたねぇ。起こしが楽。
錦戸「みなさんこんばーんわー!(両手を上げ)

関ジャニ∞だぉ?(潤んだ目で……捨て犬か!被弾)
きょうは来てくれてありがとうございます!

上の人たち、元気ですか?横の人も元気?

すごいみにくいね、ごめんね!こっちの人たちもみにくいね?
みにくいって言ってるそれは醜いとか、

そっちのみにくいじゃないからね!関ジャニ∞だぉ!(被弾二発目)
まだ、お盆ですか?世の中は?お盆の大事な日を

僕たちに時間割いてくれてありがとう!本当に。
来てよかったって思えるようなそんな数時間を届けられるように、

僕たちこの数時間、頑張って数時間励みたいと思います!
きょうはね、みなさん楽しんでってもらえると、こちらも楽しいです。

東京ラストですから…本当に…盛り上がっていくんだぉ!(爆発)

…さっじゃっ…静かな曲歌います」
会場から「さっ」「さっ」とまねられている(笑)

侍唄イントロを前奏弾き終わったところで、きょうは…「BJ」
錦戸♪「手を振りいつもの人と別れ、静かな電車に揺られ…

(中略)やけに眩しいけど♪」
ドラムはすぐ対応。

安と丸ちゃんも続けようとするけど、忘れている様子で…
錦戸「あんまみんな乗ってきてくれへんな(笑)まだいける?
…街頭に溶けた刹那に消えゆく感情にも似てた~…

Eマイナー!A!B!(メンバーにコード指示だし)手にしたものは

……忘れたんか!?(笑)前練習したのに!

急にやったりあるから復習しといてくれると助かります!」

7.侍唄
錦戸「じゃあ、ジャムに収録されている侍唄歌いますね。

もうイントロはいいよね?」
大倉「いる。あれが味なんですよ」

侍唄後、
大倉さんが安田さんにお前がいけみたいに指示。
安田「Hello!…お元気?関ジャニ元気!…(笑)」
大倉「…終わり?(笑)」
亮ちゃん抜かれて俺?って感じにキョロキョロ。
錦戸「え?」
大倉「横山さん?…なんか喋りたそうな顔してたから」
横山「おれ、喋りたそうな顔してたん?(笑)」ふー。
横山「みなさん元気ですか?(いぇーい)丸、元気?(笑)」
丸山「(マイクに駆け寄って)いえーい!元気じるしぃー!

(顔の横でガッツポーズ)」両手をグー。ほほに当ててキュート。
大倉「毎日やってるやん」
丸山「ジューシー!……美味しい!…

…果汁ハイ(急にチュー顏)」客席きゃあああああああ!!!
(気のせいかすばるさんの「きっしょ」が聞こえた気がしたんだけど(笑))
大倉「麺づくりのお兄さん何とかして」麺づくりのお兄さんって…。
切り替えして、丸にお礼を言う横山さん。そして
横山「すばる元気?」
渋谷「元気~(普通のトーン)。こんばんは。元気かすけべども!

そのすけべな目でいっぱい見てけよ!好きな所、見ていいからな、

双眼鏡で。どんな形だろう?とかって。好きに楽しんで行ってください」
村上「行くか」
錦戸「はい、よろしくお願いしまーす!」
大倉「お願いします!それではカウントしまーす!

ワンツー(錦戸「いいカウントだー!」)スリー…」

8.夢への帰り道
前の元気印ぃぃぃ~の流れがあるのに、

急にスンとして歌う丸ちゃんの変態性が大好き。
大倉さんパートはほぼCD通り。
大倉♪「きみのえがお」で手を差し伸べ、
大倉♪「きみのなみだ」で指差しながらウインク→笑顔。

なにこの破壊力。知ってたけど。
そして最後はすばるさんの微笑。渋谷すばるの微笑。
すばるさんだけではなく、なんでメンバーの目、

みんなキラキラしてるんだろう…と思ってみてた。

9.Tokyoholic
頭の丸ベースソロが超絶かっこいい。

丸ちゃんのベースは何度聞いても心地よい。母心。
何度も言うけど、このベースソロリズムの電気風呂に浸かって

私は癒されたいんだーーー!!
それにかぶってくる大倉…いやーん。
丸山♪「はあぁ~…またやってしもうた…楽しすぎて、

みんなの事が愛おしすぎて……ほんまにもう、あかんわ」
今日はどう?みたいな顔で笑う丸ちゃん。

曲終わって。
安田「関ジャニ∞中毒者、まだまだ行けますかーーー!!」

10.S.E.V.E.N.転びE.I.G.H.T.起き
ギターソロ中の渋谷丸山が向き合ってリズム。曲の最後、

渋谷「七転び八起き!ハッハハハハ…」って笑い声残してて
インパクト大きそうな曲なのに、ステージの背景の派手さに

記憶が持って行かれるのかメンバーの記憶があまりない。

11.NOROSHI
丸ちゃんのベースはここもいいよねぇ。曲出し任されるのカッコイイ。
渋谷♪「あら、控えめなのね(指さし)、ガールズ?(笑顔)」
炎特効がぼんぼこ凄い。なんでも、以前の倍との噂も。
 

ここまでの前半のセットリストは、

「チケット発売後の出演発表→ファン参加不可」だった
あのメトロックのセトリと7曲被りなんですね

(ハイスピ、NOROSHI、ライオン、象、侍、holic、しあがれ)
この日には入りませんでしたが、亮ちゃんが

言ったじゃないかをちょこっと歌ってみたり、

ズッコケもバンドじゃないけどやってくれましたしね。

LIFE…は以前のツアーでも何回も見ているからいっか(笑)みたいな。
凝れなかったファンのためを思って…なら、嬉しいセトリですね。

【MC】
NOROSHI終えてメインステに1列に並ぶメンバー。
渋谷「ありがとう!!」
村上「今日は、本当にありがとうございました」
渋谷「有難うございました、そして俺・た・ち・が?

関ジャニーーーえいとーー」
いつもの締めの挨拶を始める、まだまだまだ!!

→センステへ移動。
村上「また来年!」
大倉「関ジャニ∞でしたーっ」
渋谷「ここから規制退場となります!!」
大倉「ありがとー。また会いましょうー!」
渋谷「ウイニングラン的に」
大倉「ごめんね、近くに会いに来れヘんくて」
錦戸「良いお年を」
大倉「上の方もありがとう!」
安田「また来てやー」
センステに到着してまでしても
渋谷「そして俺達が、関ジャニ∞ー!(二回目・センステで手繋ぎ)
どうもありがとう!明日のこと気にしてください!」

このノリにも自由に乗る観客。

丸山「みんなやってくれるんや、一応(笑)」やりますよ。

村上「じゃあ、喋ったら帰りますんでね」着席を促す。
大倉「バンドとトークショーでお届けします」
村上「この後もバラしとかあるんでね」
大倉「巨人が待ってるからね」
渋谷「巨人が待ってる(笑)」
村上「じゃあ、ね。身支度を整えて頂いて」
横山「身支度」
錦戸「何人くらい本気で信じてるんやろ」

大倉さんカゴの中にあったカンペを持ってきて

横山・丸山の足元に置く。 これ、超目の前の出来事(笑)。

村上「ラストですからね東京も。東京ここまで亮くん、いかがでしたか?」
錦戸「大阪は、体…気温的にはすごく暑かったじゃないですか。
だから東京はすごくすこぶる調子がいいまま4発やりやすかった」

村上「気温的にはやりやすかったもんな」
錦戸「うん、ほんまに。今日も雨降ってた?

昨日ほどじゃない?雨の中、ありがとうございますー」
大倉「ごめんね、なんか」
錦戸「すいませんでした」
村上「すばるくん。東京ラストでございます」
渋谷「良かったっすね。ほんとにね」
丸山さんの肩を肘置きにしてポージングする大倉さん。

2016年からの五大ドームツアーで述べ140万人動員というお話。
村上「10ヶ月で5大ドーム公演2回やったアーティストは、

日本で初めてなんやって」
大倉「すごいね」
村上「みなさんが来てくださったから」
渋谷「140万人っていうのはおるの?全然信じれない。

200人くらいがめっちゃ来てる感じ、うわーっ!って」
大倉「すごいスピードやな」
村上「数字がね、ちょっと大きすぎるからね」
大倉「今回の公演で、累計、僕たち104回目?104公演目?」
村上「これがね」
横山「100超えたんですね」
村上「初めてが京セラドーム、ドーム公演がな」
安田「100回単純に計算したら単純計算で

500万人くらい来てくれたってこと?」
大倉「うわぁ、大都市や」
丸山「現実味ないなぁ」
渋谷「500万人の人に会ったことある?」
横山「延べですけどね」
大倉「関ジャニ区って出来るぐらい」
丸山「カンジャ肉って、美味しそうやな」
大倉「ニクだけやろ(笑)」
横山「平和や」
 

続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月15日

関ジャニ’sエイターテインメント ジャム 東京3日目

テーマ:舞台・ライブ記録

※ うろ覚えの記憶をネットの皆さんの記憶と合致させて作成させて頂きました。

感謝です。
※ 個人の記憶にすぎませんので、ニュアンスや個人的辛口感想も含みます。

 

本日、ド天井。下を覗くのも怖いぐらいの高さ。
地上からの高さはMAX。テンションはLow。
開演前の注意VTR、…見れば見るほどセンスない…(笑)
まるでフジテ…

 

錦戸さんのステージドリンクが、牛乳だって知ってた?

1.High Spirits 
きょうも錦戸さんは前髪無。村上さんが前髪ぴっちり下し。
大倉さんはいつもと逆わけ。

2.勝手に仕上がれ
丸ちゃんパートのところの「顔見たいだけさ」の顔可愛すぎ
渋谷♪「上の方もよく見えてるぜ、おっ、昨日も来てたな」
安田♪「みんなの熱視線ももうあつすぎるぜ

僕ちゃんたちテンション上がっちゃうじゃん」
後奏のところで、
安田「Eighter!!ココで(胸を差し)繋がってるんだぜ!!!」

3.宇宙に行ったライオン
安田♪「エイター、お前らの胸の奥へ!!」
丸ちゃん最後の方、ノールックでピック投げ祭り

【村上点呼】
「東京エイター楽しんでるかーい!!熱くなってるかーい!!!
じゃあその熱い思いを、ステージまで届けてください」

みんなで一緒にバカになろーぜーーーっ!!!

残り一日あるから、まだ明日のことも気にしなくていいからね!

4.象
冒頭の大倉カメラは本当にいい。まだ汗を吸ってなくて、

背後の扇風機に煽られている金髪がふわふわっと。

それを頭上から、なんて贅沢なアングル。
安田♪「玉乗り上手なサーカスの象~」のくだりあたりで、

早めに安田さんの眼鏡が外されたので、いつもの感じの

瞳孔御開帳、舌舐めずり…じっくり拝見できました。

5.traffic
渋谷♪「お疲れ様です」すごい可愛い笑顔で…ずるいー。
渋谷♪「お姉さん」はカメラ目線からの角度キメ。
カメラの動き把握しているし、ライブでのイケメンカメラ選手権

王者は渋谷さんなんだよなぁ。アイドルとして全うしていると思う。
シモ発言はアレですけど(笑)。

6.生きろ
渋谷♪「生きてくれー!!!」強い。

【錦戸挨拶】
錦戸「皆さん、こんにちは!関ジャニだよー!

きょうは来てくれて有難うございます。上の人ー!見えてる?」
上の人(まさしくその中にいたんだけど)見える~というのと、

見えてない~っていうのが実は混ざってた(笑) 
錦戸「横の人も、見えてる?」
いぇーーーーい(…とも聞こえにくいなんか)
錦戸「こっちも!見にくいよーっていう人??」
はーーーーーーーーい!!!!(かなりの意見表明(笑))
錦戸「ごめーん!!ごめんね…。そうね、

今日まだ雨降ってるんですか?そっかぁ、雨の中ありがとうね。
でもね、ホントに、雨に濡れたんかって思うくらい皆さんと

今日は楽しく汗かけたらいいなと思うので、

精一杯楽しんでいってください。…イェーイって言いにくよね、

ごめんね、僕のトーク。何年経っても変わらない」


錦戸「3日目か東京。楽しい思い出になるように精一杯尽くしますんで

皆さんも楽しむ準備をして、楽しんで行って下さい。

何言うてるかわからんわ(笑)。じゃあ、少し静かな曲を…」

7.侍唄
イントロ、唄い出すかと思ったら音がいつもと違う?(ざわつく客席)
錦戸♪「…誰とも付きあわないって言ったじゃないか」(Aメロ全部歌う)

メンバーは爆笑。いぇーーーい、な感じで付き合って乗る丸ちゃんと

ドラムで応援する大倉。
錦戸「ごめんごめん!すみません、ごめんなさい。

やりたくなっちゃいました、すみません。あのー、これやる予定じゃ

ないんですよ、すみません。ちゃんとしたやつやりますね。」
村上「亮の気まぐれタイムやから(笑)」
錦戸「(メンバーに)本当に申し訳ない!!(お客さんに)

皆さんホントに申し訳ないっ、すみませんでした!行きますっ」

イントロ溜めて、侍唄…で、テンドンするか迷ったようで

「…どっしょかな…」
観客から歓声「可愛い~」を主としてあがるものの、ちゃんと
錦♪「僕の心の声をきかーせーてあげるぅ……(あげる(囁)」

笑っちゃってる。もう一度、アドリブ入れるか迷った亮ちゃん(笑) 
そして何事もなかったかのように、

普通のペースにドライに持っていく渋谷さん。

侍唄後、シンバルを撫でるようにする大倉くん。
大倉「こんばんは、しっとりしていますか?侍唄が気持ちよくて、
シンバルをさわさわしちゃいました。

…さぁ、行きますかっ。ね、丸ちゃん」
丸山「はい、丸蔵です。みんなの心のポケットに入りこみたいと

いつもいつも寝る前に思っているかどうかは謎なのですが
今朝は鯖の赤出汁のお味噌汁を食べました。私はまるぞうです!!」

村上「丸蔵さん、元気ー?」

両手を顔の脇にガッツポーズみたいな感じで。

手の甲には、ボディシールがいっぱい。
丸山「いぇえええい(丸蔵は声が高い)元気印ぃ!!じゅぅーしー!!!」
大倉「流氷見たいわ!」
丸山「イェーーイ!!!(高音)」
横山「流氷みたいってなんなん?」
大倉「北海道行ったときに、できたやつ」
錦戸「あ、そうなん?」
大倉「章ちゃん元気??」
安田「イェーーイ!!!(高音)」
村上「無理すな!(丸に)任しとったらええねん」
安田さん疲れた表情(笑)。笑う丸。
大倉?渋谷?「髪型は1番元気」
大倉「しょうちゃん、元気??」
安田「いぇええええい」
村上「丸蔵元気?!」
丸山「いぇーーーい!!!ワタクシ、丸蔵は皆の懐に…」
大倉「もっかいそこからやんの?(笑)」
村上「そこなぞらんでええから」
大倉「赤だしの所までやらなあかんの?」
村上「(赤だしまで)セット違うから(笑)」
大倉「次もしっとりした曲なんですけどね。大丈夫ですか?」
村上「疲れるやろ、それ(笑)」
まるしゃがみこんで頷いてへにゃと笑い、

オフマイクで(疲れるわ)って。
錦戸「大丈夫?」
丸山「(小さい声で)…行こう!!」
大倉「(笑)じゃぁ行くねっ」

こんな変な丸ちゃんだけどね、バンドの時の丸ちゃんの

首筋から右肩にかけてのライン筋肉は本当に美しいのぉ。

筋肉といい、艶感といい、張りといい…あそこだけ模型が欲しいぐらい。
あと、今回のこの一連の元気印コント(笑)の流れに、安田さんを

巻き込んでくれたことに関して大倉さんにお中元ぐらい贈っておきたい気分。

8.夢への帰り道
可愛いまるちゃん全開の後に「やがてあけゆく…」って

切なげな表情で歌い出すギャップがたまらん。

アレンジして歌う大倉。

苦笑いで一生懸命合わせようと弾く村上さん(笑)。
優しい笑みで「ハグしてほしい」と歌う安田さん。

9.Tokyoholic
丸ちゃんソロでのイントロ入りが心地良いのです。

あのリズムで電気が走る電気風呂があったら入りたいぐらい。
イントロ終わりで笑うんですよ、これがまた…。
丸山♪「HEY東京!調子どうですか!関ジャニは好きですか?

だから来てんのやろな~」語呂悪い(笑)

悔しそうな顔する丸ちゃん見て、ニヤニヤ笑っている大倉さん。

10.S.E.V.E.N.転びE.I.G.H.T.起き
安田♪「東京エイター、いきますかー!!」

11.NOROSHI
入りのベースの感じがとてもカッコイイ。

【MC】
花道を移動して、MCのためセンターへ。着席を促すメンバー。

今日もananがドリンク籠に刺さって運ばれてきてる。

錦戸「すみませんね、折角、前出てきたのにいきなり座れ言われてね」
横山「ミッキーマウス出てきて座れ言われたら嫌やもんね」
大倉「ミッキーマウスは「座れ」って言わへんやろ」
ミッキーが言うか言わないか別として、ミッキーとジャニーズを

同等化をサラッとした横山さんに突っこみたいよ(笑)。

3日目の東京は警報が出るぐらいの雨。
雨で足元悪い中、とか、お盆で混んでるし墓参りは?

俺らも今年はいけない、といった親戚みたいなトークが続き、
村上「(夏を)お仕事しながら過ごすって…アリーナツアーは

ありましたけど。ホンマにちょっと松竹座思い出しません?」
安田「Jr.の子たちもおるから、余計そう思うんやろな」

横山「僕らも夏のドームツアーが初めてやからね、

新鮮ですよね。やっぱちょっと暑いって思うもんね」
大倉「俺らのグループってめっちゃ夏似合うと思えへん?」
横山「(笑)自画自賛」
村上「それはちょっとお客さんに聞いてみたら?」
大倉「夏と冬ってどっちですか?俺たち」
横山「関ジャニのパブリックイメージは?」
大倉「夏っていう人」パラパラパラ……
大倉「冬っていう人」パラパラパラ…
安田「夏の方が多いかなぁ…っていうことは

春と秋に流れてるってことかなぁ」
村上「ヤス、ややこしい(笑)」
丸山「挙げてへん人は?(客が)

自分の好きな季節で言うてるだけやん?」
村上「じゃ、四季で聞いてみたら」
丸山「夏だと思う人ー」(大きめ拍手)
丸山「春だと思う人」(少ない拍手)
横山「春っていうイメージはないか」
丸山「冬だと思う人」(中ぐらいの拍手)
丸山「秋やなぁーって人」(呼ばれたーー(笑))(小さい拍手)
横山「ぶっちゃけ、何とも思わへん!って人?」(一番の大拍手)
この反応に笑う渋谷さん。爆笑しているメンバー。
丸山「結構いる!!」
大倉「ちょっとぉ!いや、(拍手)求めてたけど!!」
渋谷「俺ら、弄ばれてる?」 
大倉「季節どうでもいいとか思わんとってよ!!」
村上「動きやすさとかもあるでしょうね。休み長いん夏やしな」
大倉「そやな、夏は並ぶの暑いよね」

グッズマーケティングコーナー。
大倉「それで…どうですか?日傘?グッズの日傘、

正直、日傘、別にいらんかったって人ー?」
(結構はっきりとした数の拍手が)遠慮のない素直なエイター(笑)
大倉「おおいっ!結構作ったぞ!!(笑)」
錦戸「あかんかったんや」
横山「俺らも夏のドームツアーって初めての経験やからな。

みんなが喜ぶもん判らん」
※日傘を持つ→日焼けを気にする世代→にしては幼稚で派手なデザイン…。

もう少しさりげないデザインなら、需要はあったはず。

ぜひ、優秀な大人女性デザイナーを。

大倉「何がいいん?」
丸山「冬場はさ、ブランケットとかは結構…」
(会場からは拍手。でも何枚もいらんねん。かさばるし。

…女性=絶対冷え症とか思わんといて。)
横山「いっつもなんか、打ち合わせでね、何作ったらええねんって

絶対あがんねんけど、夏めっちゃ難しかったよね」

夏場のグッズに苦戦する女心のわからないエイトたち(笑)。
大倉「あれか。でっかーいタオルとかがいいんだ、やっぱり」
タオルは最後の最後は、雑巾にまでなるからね(笑)。
安田「一瞬で冷めたいやつとかは?」
パンチするとキーンとなるやつ。でも40分持てばいいほうです。
横山「すばるは毎回ブラジャー作るっていうけどな」
渋谷「そうなんですよ、一向に作ってもらえないんですよ」
サイズ展開が面倒だからね!

突然、男エイター向けグッズを考案に転換。
渋谷「これだけ男が増えてきている訳ですから、野郎向けになんか…」
村上「男限定?たとえば?」
渋谷「関ジャニ∞オリジナル…ビキニ。」

肌着が好きなんですなぁ(笑)
村上「(笑)いきなりビキニは激しいやろ!」
渋谷「男のなんか…」
大倉「ホットパンツ!」
村上「増やせ!布面積!!(笑)例えば海パン的なもの」
横山「男性も女性も使えるみたいなんがいいよね」
渋谷「あ、わかりました!!『関ジャニ∞オリジナル

脇シューシュースプレー8×8(エイトエイト)』これは良い!!」
村上「スタッフにもいる人いるかもしれんからな」
渋谷「そう、スタッフにも全員分、1日2本ずつぐらい」
村上「支給すんねや(笑)」
大倉「全員臭いやん」
横山「ちゃうちゃう、汗水たらしてね…」
一番匂いに厳しいはずの横山さんが優しいフォローを…(笑)

「女性」という観念が中学生男子ぐらいの思考で

止まってる気がする兄さん達のグッズ会議は引き続いて…

丸山「腹巻きは?女の子は冷えるから」
大倉「マル、腹巻使う人いるんですか?」(会場から拍手)
横山「そんな使わんやろ!」(私は拍手)
大倉「湯たんぽは?湯たんぽ、いらんか」←時代錯誤。
丸山「シミーズ」
大倉「シミーズ?(笑)」ザワザワする会場。
安田「シミーズって!」
横山「ヤバイ、安がツッコんだ(笑)」
大倉「キャミソール…ちゃうな…あの寝る時に着る

ちょっとやらしいのなんだっけ?」
丸山「あ、ネグリジェ?」
大倉「ネグリジェは?関ジャニ∞オリジナルネグリジェ!」
丸山「デビ夫人監修で」
大倉「(笑)そこに結構金いるやろ」
丸ちゃんちょっとデビ夫人のマネ
横山「お前(丸)デビ夫人のモノマネしたいだけやろ!(笑)」
丸山「そう(笑)」

ここで話していない錦戸さんに、パスを投げる村上ママ。
錦戸「なんやろね…女性が持ってるもんでしょ?

…でもポーチとかは出してしまってるわけやから…」
横山「こんだけ長い事やってるから、ちょっと行き詰ってますよね」
※ポーチ案に対する女性らの考え。ちゃんとしたマチ付、中に仕分けあり、
汚れに強いタイプ…などを考えてくれれば、それならOK。


大倉「ピルケースは?薬入れれるでしょう?」
安田「男子でさえ使うからね」会場のいまひとつの反応に…
大倉「…ちゃうんか?もう俺グッズに関わるのやめる」
安田「ライブ会場でピルケース買ってってなるんかなぁって」
大倉「でもなんかオシャレなやつやったらよくない?

7人で1週間で、みんなのカラーにして…」
錦戸「ええけど、薬飲まないとって意識が生まれてしまうんちゃう?

飲まんでいい薬とか…何か無理して飲まないって

思うかもしれへんやん」
大倉「あ、そーか(笑)」
安田「じゃあ、注意書きに書いといたらええねん、

無理して飲まないでください、って」
村上「わかっとんねん!そんなもん」
横山「いいぞー、ヤスーっ!(笑)いいよーっ」
ラムネを入れてもいい。
じゃあ、関ジャニオリジナルラムネを…と駄菓子展開に(笑)。

※ピルケースはいい。ラムネじゃなくても、

サプリぐらい飲む人は多いだろうし<アクセサリーケースにも出来る。

仲間うちで酒を飲みながら語った結果、オリジナルルームフレグランスは?

という案に。ただのフレグランスだと、会場が臭くなるから(笑)、ルームで。
それぞれ好みの香りのものを作って、それぞれのカラーで売る。

でも、ものによっては「グリーン担だけど、香りはオレンジのが好きー」とかなれば
自担以外の多数買いも期待できるし、消耗品なので、そもそもの

大量購入の可能性も見込まれる。
横山さんや安田さんの香りへのこだわりも有名な話だし、

いいと思うんだよなぁ。→香りチェックでグッズ売り場が混む、という

別の友人の意見も。なにを真剣に会議してるんだ私たち(笑)。

たくさんの告知が続く中、
丸山「知らせていこ。知らせたい事いっぱいある。

好きって気持ちも知らせたいけどさ」と軽く、

たらしぶりを発揮する丸ちゃんがいる一方で、それを遮る勢いで、
村上「映画関連でいうとスパイダーマンがえらく好調やと…」
この関係、信用できます(笑)。

スパイダーマン(というか安の曲)はCMでも流れているし、
カラオケ行くと、スパイダーマン画像で歌えるらしい(機種不明)。
丸山「あれカラオケで歌ったらスパイダーマンの絵出てくるねん」
錦戸村上「えーっ」
安田「すげえな」すごい。
丸山「だから安くんの歌にスパイダーマンの物語が出る」
安田「嬉しいなぁ」
丸山「ちょっとテンション上がって途中で歌うのやめたもん」
安田「なんでや」
今月もプレミアムフライデーがきますのでぜひ映画でも、とのこと。

TBS「ペコジャニ」告知。
村上「ほいで、ぺこじゃに」
丸山「初ゴールデンですよ関ジャニ∞が」
横山・大倉「初じゃないよ(笑)」
大倉「みんな太っちゃうかもね、関ジャニ∞もね」
太ってもいいメンバーと、そうでないメンバーと。

TBS「Aスタジオ」(8/18放送)告知。
村上「アルバムについてもやってきましたんで見て頂けたら。

…“ほいで”」
横山「リアルに“ほいで”っていうねんな」
大倉「“ほいで”っていう?」
錦戸「言わへんよ」
渋谷「関西人丸出しやな」
村上「“それから(強)”モーツアルトもまた秋に…」

映画「泥棒役者」告知。
村上「“そして(丁寧に)”泥棒役者」
丸山「泥棒役者!11月18日に劇場でやります『泥棒役者』です。
私、元泥棒役をやるんですけどもホントはやりたくないのに

足洗ったのに(略)……喜劇なんですけど、家族と行ってもいいし

恋人と行ってもいいし、劇場を出た後に優しい気持ちになるというか、

また明日からも頑張れるというか、そんな作品になっていますので…」
結構長い丸ちゃんの告知が続く中、ジリジリと

丸ちゃんに近寄る大倉・横山コンビ。
大倉「(ザクッと)公開が?」
丸山「11月18日です」
大倉「はい、宜しくお願いします」(終了させたぞ(笑))

映画「羊の木」告知。
錦戸「結構前に撮影したんですけど、来年に公開される、
あのいろんな凄い…話はね、僕があの、あのね、
寂れた港町の市の職員なんです。そしてそこに

沢山の受刑者がやって来る。いろんな受刑者がやってくるんですよ」
村上「(受刑者の件)聞きました」
他の事は、ほとんど情報が解禁されておらず、不明なので
HP等でご確認を、とのことでした。

フジテレビ「27時間テレビ」告知。某媒体の撮影で、

たけしさんと「コマネチ」ポーズを要求された村上さん。
安田「すごい」
村上「使われるかどうかはわからへんけど」
横山「やったん?マンキンでコマネチ」
村上「いや、マンキンではできへんよな」

関東のお客さんらは、みんなキョトンしておりました。

解毒や気付けに効果があるとされる万金丹(まんきんたん)を
飲んでいるようなハイテンションで…ということだそうです。

他、クロニクル放送時間帯、テーマソングは「今」が使用される等。

MC終わりにドリンクのかごを片付けたのは安田くん丸山くん。

ほかのメンバーのボトルを奪うように片づける安田さんに
村上「追剥みたいでしたね」

日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」告知。
錦戸「えっと、僕、土曜日の夜10時から日本テレビ系列で

ドラマ出てるんですけど、すみませんね何か情報ばかりいって。

もういろんな日付忘れてるよね、きっとね。
そのドラマで主題歌が、さだまさしさんが作ってくれた曲で、

関ジャニ∞版関白宣言みたいになってるんですけど
テレビとかではフルコーラス流れないんで、

こうやって今日皆さん来てくれてるから、
ぜひフルコーラスで聞いて頂きたいと思いますので、

そのまま座ったままで構わないんでちょっとゆっくり
聞いてもらったらいいなと思います」


12.奇跡の人
丸山安田♪「俺を支配しゅるな~」平和。
渋谷♪「今でも大好きと~」

…で、柔らかく微笑む渋谷さん、仏像並み。

【映像・注意ガイダンス】どう贔屓目に見ても、滑ってます(笑)

13.JAM LADY
サビ終わりの間奏で
安田♪「へい、エイター、疼いちゃってますかー?」
横山♪「明日のこと気にしないやつ手…はーーい」だいぶ早い(笑)
大倉♪「メロメーロ」で前髪をサラッと指で流したり、

投げKissする大倉さん。
「疼く」という言葉に始まり、誰がどこで腰をエロく動かしたとか、
誰が股間(KKN)をどう触ってたとか、誰がいかにエロい顔するかとかを
チェックするのに大変忙しい曲です。特に大倉さんが、うまーいこと
カメラを操っていた(というか魅せ方がイヤラシイ=誉めてる)。
思い切って、コンサートアレンジのまま、地上波で放送して欲しいところですね。


14.罪と夏
華のある場面じゃないんだけど、

花道の噴水のアーチを抜けているときに水と水の間に入って、

順番を譲る横山さんの姿が目に焼き付いて離れないんだな(笑)
センステにつくと、噴水で濡れた足をマットで

ドンドンして水けをとる渋谷さん。
十祭で派手に転んだことでも思いだしているのかな?(笑)
丸山・錦戸のほほえみコンビは、向かい合って何をするかと思えば、
錦戸さんが丸ちゃんのKKN(さっき出てきましたね)を

ギュッと掴んで、それを抵抗することなく受け止めている丸ちゃん…

…という光景があり、見ているこっちが微笑みどころの騒ぎじゃ

なくなってました。嗚呼、罪と夏……

15.DO NA I
村上パートでは、村上さんのラップに(「あっちやで」みたいな感じで

進行方向を案内する)絡みに行き村上さんの笑いのツボを

軽く押しまくるすばるさん。案の定、笑いまくってる。その後、

渋谷♪「間違いの恋でも素敵やーん」

左目上手なウィンクでぎゃーーーー。
そのあとちょいテレ顔できゃああああ~~~。
なにそのギャップ~~
腰を激しく降る大倉さんと安田さん。
安田♪「いい顔してる」のところの、ほのエロさ。

とか、いろいろ見どころはありましたが、
大倉さんが靴脱げるシーンをなぜか、天井から双眼鏡で

一部始終を見ることに(笑)。
丸ちゃんはそれを見て笑ってましたが。私も笑ってました(笑)。
かなり遠い位置に、片方の靴だけが、ポツンとあって、

誰の?と思ったら大倉さんの足が靴下なんだもん(笑)。
「tonight、どない?…」のあたりで、うまいこと振りに乗せて前進して
靴までたどり着いたときには、笑ったなぁ~。上手かった~。

16.キング オブ 男!
気まずい絡みは、すばるくんがめっちゃ照れ笑い。
きょうのカメラキングは横山さん。

17.なぐりガキBEAT
ここぞと踊る横山さんについ目がいっちゃって~。
安田さんにピョコピョコと近づく錦戸さん、

自ら安田さんの肩を組むのに、それ以上、

安田さんが近寄るのは拒絶する。なにそのデレツン~。

【関西ジャニーズJr.ダンス】
 

18.Answer
横山さんの高音のパート、本当に安定しててうまいし、

表情もとてもよかった。会場ざわめいたもんなぁ。
渋谷♪「枯れない想い」のところの熱量もよかった。

19.ノスタルジア
大倉くんフードを被って登場した瞬間「ずるい」と思ったよね。

フードはイケメン増し増しだからね。
そのまんま見ちゃうよね。踊りが滑らかで指先まできれいだし、

体格で得している点も多いよね。
「胸の奥かき…」のところか、胸元で手をひねるような振付が好きで、

全部覚えたいぐらい。
最後はけるときに「愛してるよ」と言った説があるんですか、

そんなの生で見てたら死んじゃう。

20.Sorry Sorry love
天井席であることをいいことに、振りを思い起こししていました…
あの時、苦労していた丸ちゃんを思い出すと胸熱…

21.WASABI
あれ?レタスじゃなくて、ワサビの緑なのかな…

22.えげつない
渋谷♪「あおいでみぃ」で、愛する彼(トロッコ移動中)に

バクステから大きなうちわを仰ぐ仕草をする丸山。
大倉vs安田
安田「俺の髪型真似して金髪に…してるけど!」
最後に大倉が安田の肩を組む。うーん、ずるいぜ。
「ファンサみならえ」では、首を斯き切るポーズの安田さん。
渋谷vs横山対決中は、独自の振りでスタンド席にサービスする丸。
そこからほとんど目が離せない。
渋谷さんは泣き顔が可愛い。その年でその可愛さが真のえげつない。
錦戸vs丸山。上着を投げ捨てステージに立つ丸山。
まるちゃんにガンつけていると目線が泳ぎだす丸ちゃん。
錦戸にdisられている間、服の裾を悔しそうに噛み、お腹が見える丸山。
しょんぼりした顔して、ステージから降りて
村上さんにすがるも押し返される。

ほかのメンバーからも押し戻されて、ステージに転がり乗って
錦戸さんの足元から見上げて「うわぁぁぁ」と怯える。
…でも。「錦戸は丸山の玩具」なので(笑)。

【Never×Never映像】今回11回目。
11回目を迎えて、無傷だったのは村上さんのみ。
横山「村上さんだけやもんな!」
村上「No ローション!」
アウト大倉。濡れても素敵。前髪ぺったり。
大倉「やっべ…俺か…1回目にやってから

ずっとやってなかったから…気持ちいーーー!」
ローションが固まってきて、パリパリになるんでしょうかね。

23.Never Say Never
センステの金テープに見入って拍手する錦戸さんが可愛い。
大倉さんと丸山はトロッコで別れる時に手を振っている。

可愛いの渋滞。

24.ナントカナルサ
一小節後、リズムに乗せて「せーのーせっパーン」

25.前向きスクリーム!
丸山♪「東京ドームでお祭りだ」(ドス太い声で)

26.今
今の大サビ前で立ち位置を間違えて、錦戸さんの前に思いっきり

かぶって立った丸ちゃんを笑顔でドスッと突き飛ばす錦戸さん。
二人で笑ってる~。

本編エンド。

白いタオルをスタッフから受け取り、頭に載せる横山
各スタッフ紹介。

村上「関西ジャニーズJr.!」
大倉「関西から来たみたいです」
丸山「未来のスターですよ」
渋谷「ホテルどこっ?ホテルどこっ??」

お父さんお母さんへ一言。
大倉「僕と失楽園しませんか?」
横山「(笑)ばかやろーー!!」
渋谷「おかあさーーーーん」

東京ドームへ大きな拍手を
大倉「いつも野球してまーす!」

エイターみんな
渋谷「あなた達がいたからー!」
丸山「あなた達がいたからー!」
村上「今日は有難うございました。また会いましょう。バイバイ!!」

一人ずつ、顔を抜かれていくところで、

村上→白い歯見せて安定の笑顔

錦戸→困り顔、

渋谷→笑顔、

丸山→一瞬目線をそらしたかと思ったら
思いっきり前歯出すマルちゃん

安田→丸ちゃんのを受けて笑う

大倉→笑顔

横山→爆笑
でも、最後の最後、閉まりかけに

右手で投げキスする、たらし山隆平。

【アンコール】
27.純情恋花火

大倉さんはちょいとウェッティーなオールバックで登場。

錦戸さんは出方がすでに演歌風。
夕暮れ、で柔らかく笑う丸ちゃん(最高)
村上♪「年に一度の…」
片方の袖で顔を隠しながら、本日も歌う村上さん。

目だけを覗かして色っぽく歌う。
錦戸♪「夏の魔法にかけられ…」
今日は、錦戸亮ちゃんも村上さんをまねて、片袖で顔を隠すし

徐々に袖を下げていくんだけど結局照れて笑う。超イケメン。

そして自分のパートは演歌歌手風。
その隣りには、袖をつまんで、ピョンピョンと座敷童風のすばるさん。

間奏では、Jr.の振り真似をするtorn。

村上さんの必殺袖隠しを引き継いで、大倉さんまで真似る。
流し目で本家を超えて、一番セクシー(笑)。

一番おいしいところ持っていく(笑)
一瞬、丸ちゃんがすごい色気ある顔つきをした…と思ったんだが。
安のパートにうつる直前…かな?

28.パノラマ
最初の横一列の場面で、前日に村上さんが錦戸さんの

KKNを触ったからか、きょうは自ら腰を突出し待つ錦戸さん。

それを見て笑う村上さん。淫靡な平和。

錦戸&大倉は、ピースサイン、

山田もピース(唇尖らせて可愛こぶる丸ちゃん)
鼻をほじる村上さんからの三馬鹿。

そして遅れを取り戻そうと大倉に追い付くか

歩く速さが一定せず、衝突しながら歩く村上さん。

丸ちゃんは安定して変な動き。
 

花火の煙が苦手なのか(最終日アリーナに入った時には、

煙の匂いがすごかったのでその辛さが少しわかった気がする)

村上さんにデカい身体を盾に使われる大倉さん。
そしてその後ろをちょこちょこついて歩く錦戸さん。

29.ズッコケ男道
きょう、村上くんにマイク渡されたのは中村龍之介くん。

【丸山挨拶】
「いやぁ…ありがとうございますぅ~ 楽しいねぇ~。

初めての関ジャニ∞夏のドームツアー、皆さん、

いかがでしたでしょうか?(客いぇーーーい)いぇーーーーい!!
いやぁ、やっぱりライブ好きですわぁ。めちゃくちゃ好きです。
やっぱりこうやって、みんなが、前日用意してくれたうちわだったりとか、
こういうの(ボディシール)つけてきてくれたりね、

ちゃんと届いてますよ。上のほうも届いてますからね。
今回はジャムっていう、アルバムでやらせてもらっています。
このアルバムは、僕たちがいろんなお仕事で、一緒に

セッションしたりとか、トークした方と一緒に作った
今の僕たちを最大限表現したアルバムです。

もちろんそのアーティストさんとか、スタッフさんとか

欠かせないんですけども、そこにはやっぱり13年間、

応援し続けてくれたみなさんとの時間、それがあって、

このアルバムが出来上がりました。

僕たち、いい感じやな、と思ってます。

それを実感させてもらっているのが、こうやってみんなと一緒に

liveで楽しい時間を過ごして、一個ずつ積み上げて、

それをこれからも続けていきたいなと思っています。
変わらずついてきてくれますか?
きょうは楽しい時間をありがとうございました。
最後の曲になります。この曲は寂しげだったりだとか、

ちょっと悲しげに聞こえるかもしれないんですけど
皆さんと一緒に過ごしてきた季節だったりとか、

時間を思いながら歌いたいなと思っています。
これからも皆さんと同じ時代を、同じ季節を過ごせますように

という思いを込めて歌いたいと思います。

それでは聞いてください、青春のすべて」

30.青春のすべて
イントロのジャッジャーンって所で、またしてもGLAY風に

両手をババーンって広げてお茶目る錦戸さん。
この曲は、大倉さんの低音と高音両方が味わえる名曲ですね。

ええ、声だけはとにかく大倉担。
曲終わり、一人一人カメラさんが抜いていく場面では、
安田さんがオフマイクで(ありがとうございました)

ちょっと演歌っぽくて、コージ髣髴。

横山「今日は本当にありがとうございました」
丸山「本当のーありがとー」
錦戸「本当のありがとー」
周りの人との手つなぎ→銀テープ発射。
「本当のありがとー」ハマるメンバー数人。
丸ちゃん「また観に来てくれるかな?」
エイター「いいともーー」反応が早いエイター。
せーのーせっバーンも揃って。
アンコール後の最後の最後で階段下りる直前、焦らして焦らして…
大倉「…愛してるよ」 ずるい(笑)。

21:14終了 
見学者はWESTの7人と薮くん。
高橋優、サバンナ高橋、いきものがかり水野さん、KOOさん
俺節の福原充則さんら。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月14日

関ジャニ's エイターテインメント ジャム 東京2日目

テーマ:舞台・ライブ記録

※ うろ覚えの記憶をネットの皆さんの記憶と合致させて

作成させて頂きました。感謝です。
※ 個人の記憶にすぎませんので、
ニュアンスや個人的辛口感想も含みます。

 

錦戸さんの前髪が上がっている!!ライブ参加2日目。

今回は「JAM」というアルバムを引っ提げての

ライブということで、いろいろ曲紹介を付けていきたいと思います。

【開演前の注意VTR】
ブルゾンちえみ風に、
「ぽっちゃり女子が好きなメンバーは…渋谷すばる、アブノーマル!」
とあったんですが、前列にいらしたぽっちゃり系の奥様方が、
「アブノーマルって、失礼じゃない?」とお怒りでしたよぉ。

2日目の席ガチャは、一階スタンド後方から数えたほうが早い三塁側。
きのうはいい席過ぎたからなぁ…よって前日よりはテンション低め←贅沢。
昨日多少見えにくかった、バンドが横からだけど見やすい、というのは利点かな。


1.High Spirits
アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」に収録されたInstrumental。
発売当初の説明によると、
Drums : 大倉忠義
E.Bass : 丸山隆平
E.Guitar : 安田章大
E.Guitar : 錦戸亮
B.Harp : 渋谷すばる
Organ : 村上信五
Trumpet : 横山裕
アイドルらしさが全然ないので、着信音にしても問題なっしーんぐ。
ライブハウスに通い慣れてるような若い女子だったら、

こぶし突き上げて頭振り乱して頸椎痛めても構わないぜ、な曲。

気持ちは確実に上がる。向かい合って演奏する、錦戸・安田に胸熱。

2.勝手に仕上がれ(OKAMOTO'S提供曲)
この曲から丸のベース技術が格段と上がったんだよぉ、

という丸担自慢の曲。
渋谷♪「後ろのみんなもよく見えてるぜ…(囁きっぽく)愛してるよ」

きゃーーーーーー
安田♪「たまんねぇな、お前たち!」きゃーーーーーー

3.宇宙に行ったライオン

(作詞・作曲:藤森真一(藍坊主)、編曲:藤森真一/野間康介)
関ジャニ∞5枚目のアルバム収録曲。

伸びやかで透明感のあるメロディーが心地いいんです。
アイコンタクトして微笑みあう大倉さんと丸山さんで

一国ぐらい平和にできそう。少しリズムが早まってた? 
安田♪「エイター!!お前らの胸に届け!!」

村上さんの点呼コーナー。
子供、男、女…と声出しさせていくわけです。ある意味、前説です。
バンドコーナーでこれをやると、カッコイイのですが、

本日は村上さん、前髪有なので個人的トキメキ指数は下落です(笑)。
頭の横と、前を両手で指して「バカになろうぜ!」で、ウインク!

4.象(高橋優提供曲)
イントロのドラムロール上アングルのドラムたまらん。

目ひん剥いちゃったり、ウォイ!ウォイ!系。

大倉さんの歌詞「みんな」飛ばしの案件があったついでに言うと、
バンド曲のどこかで、自分のパートを歌い終わると

マイクをどかす大倉っていうのがあるんですけど
それが堪らなく好きでした(笑)。
あと、すばるさんの少し溜めがはいった

「…ありがとう~ひとり…」も好き。

5.traffic(作詞・作曲・編曲:錦戸亮)
音を詰め込んでガガガガッって急かす感じの曲とか、

繊細な少年っぽさと色気を同居させる錦戸さんの感じがよく出てます。
この曲で、イケメンカメラ目線やったら、

間違いなく渋谷さん優勝でしょう!!という感じに
渋谷♪「お疲れ様です♪(自然に零れた笑み)」

「綺麗なお姉さん♪(色っぽい)」

共々、会場黄色い悲鳴。

6.生きろ(作詞・作曲・編曲:渋谷すばる)
こちらも、メンバーの楽曲。ストレートですわ。
夢や希望や、やりたいことなんてなくていいから
「あなたを生きて」「誰でもないあなたを生きて」って

歌われはるんですわ。

『アブノーマル』とか『ヤバいやつ』とか

『下ネタ取ったらすばる君じゃなくなる』なんて
メンバーから言われている人が作った曲なんですよ。
「生きて~」と微笑を浮かべてうたわれたら、

ちょっと生きてみようかな、と思ったりはしますね。


【錦戸挨拶】
錦戸「皆さんこんにちは、関ジャニだよー!いえーい!!

上の方の人元気ですか?」いえーい。
錦戸「横は?みにくいか?」いえーい!!
錦戸「そうだよね!ごめんね(反対側)こっちも!」いえーい
錦戸「見にくい人~!!」はーーーーい!!(エイター素直)
錦戸「ごめんなさーい!帰る頃には見にくい人たちもみんな

楽しんでもらえるようなそんなライブになればいいなと思いますので

皆さん楽しんでいってもらいたいと思います
いえーーい。それでは僭越ながら、あのイントロをやりますね。

失礼します…」
イントロを奏でだし…「聞こえてる?(超可愛い」と中断、弾き直し。

7.侍唄(レキシ提供)
テレビ朝日系ドラマ「サムライせんせい(錦戸亮主演)」主題歌。
この歌を歌うすばるさんを見ると、実はこの人は

タイムトリッパーで、死にたくても死ねないとか
そういった事情を抱えている元サムライとかなのでは?と

妄想することもたまにあるぐらいの熱唱ナンデス。

錦戸「章ちゃんどうぞ」
大倉「大丈夫?大丈夫かな(心配)」
安田「どうもー!もんたよしのりでーす」
大倉「もんたよしのりとして認知されるよ(笑)」
安田「ダンシングオートルナイッ…♪」
村上「関係者席は盛り上がってると思う」
錦戸「それだけか?」
安田「楽しんでますか?ようこそお待たせしました、

関ジャニ∞でございます。上の方も遠いけど楽しんでますか?

下の方も楽しんでますか?どうも、もんたよしのりでした」
俺節演出の福原さんからは「マーク・ボラン」と評されていましたが

…もんたよしのり…なのかも(笑)

大倉「侍唄すごいよかった。気持ちよかった」
村上「気持ちよかったな」
錦戸「(丸)失敗したやろ」
丸山「え?どこ?」
錦戸「ド頭、めっちゃ失敗したやん。バレてるからな」
丸山「ばれてへん…」
大倉「俺、宇宙に行ったライオンめちゃくちゃやった。ごめぇーん!」
錦戸「あ、それは俺も」
丸山「えっと、私もバレました(笑)不安になりました」
大倉「めちゃめちゃ行ってもーた。宇宙」
丸山「帰ってきたから大丈夫や、気持ちは入ったから大丈夫」
変な間に弱い錦戸さん。
錦戸「どうする?やる?なんか、ここフワッとしてるよね」
丸山「フワッて感じ好きやねんけどな。

キャンプファイヤーみたいな気持ちにならへん?」
丸ちゃんのほえーん…といった感じの

キャンプファイヤーしてる時の顔披露。
丸山「キャンプファイヤーしている時の顔」
横山「…丸、元気?」救い船。
丸山「いぇぇぇぇぇえーい!(声高い)元気印ぃぃぃぃぃ」
大倉「流氷観に行く?」(元気が出るCDの夏休み参照)
丸山「いぇぇぇーい!(顔芸続行…長いこと固まった笑顔を

カメラに見せた後、急に真顔)…いこっ」
大倉「ワン、ツー、スリー…」
錦戸「ちょっ待って(笑)」…と、いいつつ

急に真面目に本線に戻りました。

8.夢への帰り道(BEGIN提供)
丸ちゃんの歌いだしが素敵なんですけどね、

さっきのクレイジーな流れからの切り替えを
もしもギャップと呼ぶなら、トキメキますよね。もしも、ですけどね(笑)。
大倉さんの歌のところでは、また村上さんを惑わせようとしたのか、

ニヤニヤしてアレンジかけてた(笑)。
続いての錦戸さんもアレンジを加える。

村上さん、一瞬戸惑いを見せた気もしたけど、無事続行。

9.Tokyoholic(錦戸亮作)
丸ちゃんのパート「はぁ~い、東京、盛り上がってるー?」

(渋谷さんの目が冷たい)で始まり、
「あかんわ」→「ありがとう」になってて、ハマりが悪くて(笑)

大倉さんちょっと笑っちゃってた。
当の本人も、首を傾げて「あかんかったかな…」みたいに

納得して無い表情でそれこそ「あかんわ」だわ(笑)
中指を立てるノリ、私はあまり素敵、と思わないんだけど…

人気あるのよねぇ…。

10.S.E.V.E.N.転びE.I.G.H.T.起き(UNICORN提供)
舞台がポップでカラフル。

わんつーわんつー、って掛け声が入ると、
ジャブストレートジャブストレートって体が勝手に反応するから、

そういう振りにしません?(笑)

11.NOROSHI(生田斗真主演映画「土竜の唄 香港狂騒曲」主題歌)
炎が熱いって噂を聞いていたけど、

それほどでもなく、程よかったです。爆音も。

【MC】
村上「改めまして関ジャニ∞でーす!

では、みなさん一旦腰を落ち着けていただいて」
大体、慣れた方だと、流れを読んでさっさと座るんですが、

近すぎて興奮しすぎたのか、なかなか座らないアリーナの客。
丸山「落ち着けるか?腰」
村上「優しく言いましたけど、はよ座れって言ってるんです」
丸山「言っちゃった!ここから真剣な話しよ」
大倉「真剣な話!?」
村上「丸が言うんやったら真剣な話しよか」
大倉「(アリーナの子に)後ろ見てみ」
丸山「ほらみんな座ってるよ。学校にもおったよなーこういう子」
錦戸「座らな後ろの人見えへんやろ」
村上「マジのトーンやん」
丸山「皆の事を考えて皆で座りましょう…はい、良く出来ました」

はい、しっかりA型。

村上「東京は二日目。昨日は大倉くんが、横山さんの

anan持ってきましたけれども」
横山「それ、もうええよ」
大倉「もうええの?もう一回出す?出す?」

(ドリンクケースの中に入ってるセブンの袋(笑))
村上「知ってるメンバーと知らんメンバーもおるから」

大倉「常に持ち歩いてるから俺」
横山「楽屋とかでもちょいちょい聞いてくるのやめて。

中学生みたいなこと言うてくる
“これっておっぱいとかどうなってるの?”とか」
メンバー爆笑。
大倉「気になるやん!みんなも。見てたのとかもしれいなし、

ほんまに見てたんだとしたらすけべ男や!」
横山「しゃーないやん」
大倉「おかしいよ。この現象は。あんな写真撮られて」
横山「昨日も村上さんにパパラッチや言われたし」
村上「週刊誌のやつやん!」
大倉「楽しかった?」
横山「楽しかった?って(笑)。こういう経験ないよなぁとは思いましたけど」
村上「ちなみに、撮影はどれくらいの時間

かか、かかっか、かかったんですか?」
横山「だいたい4時間くらい」
メンバー・会場「えー!」
大倉「4時間からむことなんてなかなかやな!」
渋谷「四時間も絡むってよっぽどやな!」
大倉「九州までいけるやん」
村上「4時間もちゅっちゅちゅっちゅしよったんか!!」
横山「こんなこすられる思わんかったわ」
村上「後で見させてもうたら、なんかほら

シャワー浴びながら…してるのがあったやん」

(ここで錦戸さん雑誌を獲りに行く)
錦戸「俺、ちゃんと見てないねんなぁ」

著作権の絡みか、本日は床において表紙が見えないようにして
みんなで床に置いて、渋谷・錦戸・安田中心にまじまじ見てる。
横で立ちながら覗き見ている村上・丸山、

持ちだした張本人の大倉。

丸山「道端に落ちてるエロ本見てる子供みたいやな」
渋谷「雨でひっついてめくれんページとかあんねん。

雨でびっちゃびちゃで」って真剣に見入る渋谷すばる(35歳)
大倉「みんなはさ、あれ、どういう気持ちで見るんですか?
自分が外国人の女性やと思うっていう…?まじで?そーーかぁ」

村上「子供もいるから」
横山「オレ、グラビアアイドルみたいな感じになってきた…」
大倉「これ左手だけでブラジャーのホック外した感じなってるやん。

凄いテクニシャンじゃない?!」
横山「これって18禁なんかな…」
錦戸「そんなことないでしょ」
このライブのパフォーマンスの一部のほうが18禁あ…
anan拝読後、メンバーで例のカット(P24参照)を再現する事に。

誰がやるのかで揉める。
大倉「俺、シャワーになりたい」
結局安田くんが女性役、丸ちゃんが横山さん役。
大倉「南米の女性みたいになってる」

と言われながらサンバのリズムでステップ踏む安田さん。
安田「南米でもええかな」
渋谷「ブラジル(笑)」

安田さんが少し開脚してを背を縮めて、おでこの髪をあげる。
そんな安田さんを抱きしめて丸ちゃんが頭を抱えておでこにチュー。
丸ちゃんの背中に手を回す安田くん。
安田さんの頭越しに丸ちゃんの目元が抜かれるというね…

カメラのスイッチャーさん、ありがとうございます。

目を瞑っていたかと思ったら、パッと薄く開いて…ぎゃおー。長い。
錦戸「吸ってる吸ってる!」
大倉「(デコチューについて)おでこ吸うてるの?」
渋谷「おでこって吸うものなん?!」
大倉「蜜とか出てる?カブトムシ的なやつなの?」
読書するニシキド。
錦戸「(1人のショットは)これ、終わった後1人で佇んでるんや」
渋谷「横、乳首ビンビンやな!これ飛び出す絵本やったら

ウワーッ!乳首っ!てなってるで!飛び出しすぎやで!」
雑誌開いて仰け反る渋谷さんは村上くんに叩かれてました(笑)
錦戸「これ、あれ…出てるの?横山くん」
大倉「まだ敏感な時間なんちゃう?」
横山「(笑)ま、いやだから、出てる、んでしょうね」
大倉「なんで、表紙は女性の顔握りつぶしてるの?」
横山「編集長に言われてん」
丸山「握りつぶせって?」
横山「ぎゅっとしてくださいって」(表紙が映る)
渋谷「クラッシャー横山や!」
丸山「ウワー!」
横山「顔隠してみてくださいって言われたから」
村上「ちょっと丸やってみて」
横山さんの頭に手を添えて「ウゥーン!」

握りつぶすように唸るマルちゃん。
大倉「殺されるやん(笑)」
丸山「ウゥーン!やられたらボーン!やんか」
大倉「これは潰される直前なんや」
横山「もうピコ太郎やん」

大倉「俺これ持ち歩いてるからね?ドラムの横に置いてる。

チラチラ見ながら叩いてる。結構売り切れてるところあるから、

残ってるところあったら買ってよ?」
横山「めっちゃ宣伝してくれるやん。(大倉は)8日(発売日前日)に

買ってくれたんやろ?」
大倉「8日に、前日にさ、夜遅くに来たりとかしたら

積んである時とかあるやんか?これもう買えます?みたいな。

あれをイメージしたけど無理やったな」
第二弾も見たい、という大倉さん。
大倉「俺あれだけじゃ足りひんもん」
次は大倉の第二弾で、という横山兄ちゃんと、

なんとしてでもまたいじりたいのか、横山推しの大倉さん。

Aスタ告知
ベー師匠から、アイスキャンディーBOXごと差し入れ頂いた話。
錦戸「あれそうやったん?めっちゃあったやん」
Jr.まで行き渡るように、とのこと。

下のものまで…な気遣いが出来る人って本当素敵。

ペコジャニ告知。

スパイダーマン公開の話。試写室で鑑賞したメンバー。
横山「贅沢やったね。…村上さん、すっごい喋るよな」
村上「びっくりしただけやん」
横山「『うわうわうわっ!そうなるか…↓』って、

めっちゃ喋るし、めっちゃ同意求める」
横山、丸山、村上、安田の並びで見たそうですが…

隣の山田に同意を求める始末。
横山「横の丸と安に話しかけとったやん。うわっそうなる?

(両隣に)なぁなぁっつって!一人で処理してくれよ…」
村上「みんなびっくりしたやろ?」
大倉「隣優しい人達やから(笑)」
丸山「ビックリした。悪い奴出てきたら"悪いやっちゃで!"って。

オーディオコメンタリーみたいやった」
村上「副音声やと思ってくれ。それやったら」
大倉「関西弁やけどな」
村上「壮大やったからさぁ、カット割とか」
大倉「合宿所で泣いてる時とかもヤバかったもんな?

俺ら皆みんな居てるのに『こんなんアカンわぁ~(泣』って」
丸山「ティッシュも用意してたのに、垂れ流しで拭かんと」
村上「しょっちゅうしょっちゅう、そんな(映画)見いひんから」
大倉「出てる俳優さんより泣いてた」

プレミアムフライデー。街でよくあのマークを見かける、という話。
大倉「昼から飲んでいる人いっぱいおる。俺もそこに混ざるぅ」
村上「何の宣伝やねん」

丸山初主演映画「泥棒役者」の告知。
丸山「私、泥棒役者という初主演映画をやらさせて頂く

事になりました。元泥棒がですね、好きな人が出来て、

それによって足を洗う事になるんですけど…

臭いからとかじゃないよ」(おっさん的ギャグ)
横山「みんなちゃんとオッサンになってきてるよね、ええわぁ」
丸山「折角足洗ったのに昔の仲間が誘ってきて

盗みに入ろうっていうて、であっる豪邸に…」
横山「息継ぎおかしいって!どこでしてるん?」
丸山「その豪邸からちゃんと抜け出せるかどうかっていう。

いろいろこうわちゃわちゃいろんな人に間違えられて

そのいろんな役を演じますんで、ころころ変わる表情だったり
演技を楽しんで頂ければなと思います。」

大倉さんがオフマイクで丸ちゃんに耳打ちして
丸山「言うんじゃないって!11月18日公開で、

もう直ぐ誕生日というタイミングです、宜しくお願いします」

フジテレビ系列「27時間テレビ」の告知。
クロニクルも朝の早いうちからやるそうです。

テーマソングも『今』に決定。今のサビの指ダンスやる大倉さん。
林修先生も出るということで、だから今なのか!(=今でしょ!)と

閃いた大倉さんを制止する横山さん。
村上「いや、俺もそうやって聞いてるよ」
大倉「あたりー!」
丸山「ごめん途中で」
横山「なんでしたっけ?」
村上「もうええわ笑」 (中略)
大倉「やっぱギャラもすごいんかな」
村上「緊張感はありますよね」大倉質問無視。

日テレ「ウチの夫は仕事ができない」告知。
村上「で、つかポンや」つかぽーん!と口々に呼ぶメンバー。
村上「昨日来てたからな、スタッフさんも来てるし。上司もな」
錦戸「いっぱい来てくれて。皆さん見て下さいね、

あの土曜日夜10時、あのTB…TBSちゃうわ(笑)」
村上「そこ絶対間違えたらあかんとこやで」
大倉「みんな見逃すで」笑う錦戸。
横山「いろんな局にお世話になってるからな」

フォローをする兄ちゃん。
嫁が可愛い、と一頻話した所で、ミュージカルシーンの話に。
錦戸「昨日観に来てくれて『錦戸くん、もっと踊れるね』って

言われたからもっとえげつない事させられるかもしれへん」
丸山「うわー楽しみ!」ほんまに、ええこや…
客席では、「スタッフ…。錦戸、踊れないと思ってたの?」

という念のようなものが渦巻いていた気がしました(笑)。

錦戸「そのドラマの主題歌の『奇跡の人』という

さだまさしさんが作ってくれた曲があるんですけど、
それを今日は皆さんにぜひフルコーラスで聞いて頂きたいなと思いまして。
座ったままでいいんで、ゆっくり聞いてもらえると嬉しいです」


12.奇跡の人 (さだまさし提供)
歌詞は論議を醸していますが、山田二人の

(今更ながら、関ジャニには山田という人物はおらず、
丸山+安田で山田です)俺を支配しゅるな?!」が激カワなので、

論議はスルーします。

【後半告知のつまんない(笑)アニメ映像】

13.JAM LADY (安田章大作)
かなり攻めた歌詞を書いた安田さんも凄いんですが

(演歌世界の反動でしょうか)
頭に残りやすい、そして離れない曲です。

パフォーマンスも攻め攻めです。

それぞれメンバーのソロのアピールタイムがあったんですが
投げキスやら、腰振りやら…とにかく、あざとさNo.1は

大倉忠義に間違いねぇ…。
あざとさと愛しさとずる賢さと~♪(世代ばれる)

横山♪「明日のこと気にしないやつ手を挙げ…はーい」

ぐらい食い気味(笑)。


14.罪と夏

(作詞:高木誠司、作曲:Dr.Dalmatian、編曲:Dr.Dalmatian、久米康嵩)
「関ジャニ∞リサイタル真夏の俺らは罪なヤツ」テーマソング

なんだ…?(wikiより)
丸山・錦戸コンビがニヤニヤして、股間をアレしたりなんだり…、

安田さんと渋谷さんはバックで……
少年の心を持った大人ってこういうことと解釈しなおしたほうが

いいのかもしれない、と思うばかりの夏です。

15.DO NA I (作詞:いしわたり淳治、作曲:蔦谷好位置)
冒頭のほうの村上さんのパートで、

まとわりついて笑かしに入る渋谷さん。仲良いなぁ、ほんと。
ビジネスと噂の大倉・安田コンビも抱き合い…。
渋谷♪「間違いの恋でも素敵や~ん」でウインクして、

数人のファンを撃ち殺す渋谷さん。
あれ、バキューンとかいうSE足しても結果的に

良かったんちゃいます?蔦谷さん?って(笑)。

16.キング オブ 男! (湘南乃風・若旦那提供)
映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』主題歌。
きょうのキングカメラ「ハッ!!」は、丸山さんでした。

アップになるたび戸惑い顔。
錦戸・渋谷の「つっぱっては、どんだけ引き寄せるかが、

一つの見ものになっている。
今回はいつも以上に至近距離。

そして互いに照れて笑う…なんやの…こっちが照れるわぁ~。

 

17.なぐりガキBEAT (作詞・作曲:NOMSON、編曲:大西省吾)
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』主題歌
錦戸・安田のヤンマーコンビが見どころ。

肩なんかくんじゃって~。
横山さんは一人で全力の正統派の振りで踊りまくる。

【関西Jr.コーナー】

18.Answer(横山裕・渋谷すばる・村上信五作)
写真はあとで見ればいい、と思うのに、

ついつい見てしまうほどいい写真ばかり。

19.ノスタルジア(作詞:田中秀典 作曲:蔦谷好位置)
衣装の白いラインは、LEDなのか発光塗料?なのかなぁ。
大倉さんの前髪がしっかりと降りていて、分け目が変わってた。
4人で踊りだすと、丸ちゃん以外は本当に上手い。
(丸ちゃんは普通(笑)+すごく真面目。)
安田さんは上手くて当然、と思っちゃうわけです。

けど、それよりさらに惹きつける上手さがあるのがtornコンビ。
錦戸さんの表現力とか(自分のパートじゃない所からの

切り替えが凄いので、やっぱり役者として天性のものが

あるんだろうな)緩急の付け方みたいなところとか、
大倉さんの持って生まれた身体の得している部分とか、

しなやかさとか、見惚れてしまう。
この曲ばかりは、双眼鏡(を覗く目)が大倉に奪われる。

「胸の奥…」のところは錦戸さん。
それまで「やばい×α」言っていた客が、

「すごい…」に変わるんだよね。

20.Sorry Sorry love (作詞:SHIKATA 作曲:SHIKATA・KAY)
丸山♪「認めた~(激甘)くな~い」に至る色気ある目つき…。
叶えたい夢の数だけ…から、頭に振りが入っているのは、
間違いなくメイキングの観すぎ、なんだけど(笑) 

あの頃確か、ぬ~べ~と時期がかぶってて、

丸ちゃんが振付に遅れて苦戦している様子が映っていたわけで
今じゃこんなに形になっているもんなぁすごいなぁ。

21.WASABI (作詞・作曲:田中秀典、編曲:野間康介)
最後のあたりの丸ちゃんの

微笑(勝手にクールだったと思い込む)がよかったぁ。

…で、細かい銀テが飛び、魔法をかけられたかのように、

えげつないのテンポへ

22.えげつない (岡崎体育提供)
大倉VS安田。

安田さん、アメリカ人またはプロレスラーがやってそうな、

指で首切るポーズ。
大倉♪「てしぼりのこと…てしぼりってゆうし…

噛んじゃったけど間違えたなんて思ってないもんね」
安田♪「ラップ噛むんやったらさぁ♪ここに立つなよ!大倉ぁ!」
村上「今日は安田くんに綺麗にdisられました」

丸ちゃん待機中、正座。
続いて、渋谷VS横山。このタイムは、丸ちゃんは、

完全口パクで本家よりフリ付でスタンド席サービス。
村上「年長者は仕上がっております」
丸ちゃんがかっこよく脱ぎ捨てた上着は安田がキャッチ。
錦戸さんほどではないものの(失礼)

困り顔が二番目ぐらいに上手な丸ちゃんの見せ所。
村上さんにはどつかれ「こんな喧嘩したないねん」の丸ちゃん、

いややって、という感じで錦戸さんに拒否られ、

安田さんに近づくも跳ね除けられ、大倉さんにもペチッと拒否られる。
まるちゃん最後に「愛してます」

【Never×Never映像】今回10回目。
無傷だったのは渋谷・村上だったが…
今回は渋谷。ローションまみれでもカッコイイ。

変な技出しててもかっこいい。
村上「(ローションの…多分下ネタ)テク出すなや(笑)」

23.Never Say Never(安田章大作)
移動曲。目が足らない。
大倉ソロパート「まぁ実際萎える日々」が、
大倉♪「まぁ実際、繰り返し繰り返し繰り返してばっか~」

大胆に間違える。ごめん、と口パク謝罪(笑)

24.ナントカナルサ(KANA-BOON提供)
目が足りず、大倉のペットボトル噴射事件は

まったく目撃しておりませんでした(笑)。

25.前向きスクリーム!

(作詞:GAKU、渡辺潤平、作曲:GAKU、編曲:久米康嵩)
関ジャニ∞出演 大塚製薬「オロナミンC」CMソング。
丸山「東京ドームでドッキュンドッキュン」
それを聞いて、困り顔で笑う錦戸さんと笑う渋谷さん。

26.今(ニセ明提供)
みんな振りが危ういのか、ニコニコしながら踊ってる(主に丸ちゃん)
上向くショットがとてもいい。

【メンバー紹介&感謝タイム】
関西Jr.紹介タイムでは、
丸山「(彼らを)応援してくださーい!」
大倉「唾つけといてください」
丸山「売れる前から知っててん!って言ってください」
大倉「唾を!!」

横山さんは暑いのか、白いタオルを頭にのせてる。

ちょっとしたおしゃれな日本式幽霊。

子供エイターに
大倉「気づいたら大人やぞ!」
親エイターに
大倉「僕と昼顔しませんか!」
村上「ナニ言ってんの!?」

丸山「僕たちを支えてくれてありがとう!」
渋谷「あなたたちがいたから!!」
大倉くん前髪をかきあげててオールバック状態に。

本編捌け際に、後ろに下がる。
大倉さんは、安田さんのお尻をずっとお触り。
1列になって、扉が閉まりゆく際には、カメラに向かって、

錦戸さんは、口を尖らせ可愛い顔。渋谷・村上は固定の笑顔。
丸ちゃんはおでこ付近で「ちっす」風なピース。
安田さんは決め顔、大倉さんはアンニュイな顔、

横山さんはどーしよどーしよ…な感じで照れてお辞儀。
最後センターにいた丸ちゃんだけが見えるようになったところで、

投げキッス~♪

【アンコール】
27.純情恋花火
(作詞・作曲:平義隆、編曲:久米康嵩)
錦戸さんはおでこだし。自分パートの

錦戸♪「夏の魔法にかけられ」は演歌歌手みたいな歌い方。
村上さんは『大物』演歌歌手を意識してるのか、

左袖で半分顔を隠し、目元だけ色っぽく流し目。
目はねぇ…トイプードルの次に可愛いからね。
渋谷さんは、そのまま座敷童コンテストに応募したいぐらい

可愛く袖を持ち踊り、花火の音にはビクつく。
大倉さんは、途中はJr.の振りを真似して上品な盆踊り。

もし現代に花男があって、年齢を許してもらえるなら
西門は是非、彼を推したい。
その後、村上さんをまねて、袖で顔を隠して、

目だけで殺しに来る男……すべてを掻っ攫う大倉…
丸山♪「好きなんです~♪」のところで、

自然な感じのウィンクを。死亡。

28.パノラマ(作詞:SHIKATA、作曲:SHIKATA・GRP、編曲:野間康介)
フジテレビ系「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」OP曲

かわいく手を振る錦戸さんと、ピースの大倉。
丸ちゃんは安田さんの左肩に両手を組んで乗せて半身でぶりっ子。
三馬鹿のカット、村上さんは引き続き左袖で鼻から下を隠す。

渋谷さんは両手ピース。可愛い。
決めポーズの瞬間にポーズのところで亮くんの股間を

撫で上げるひなちゃん。嬉しそうな錦戸。おい。
花火の煙が残る中、おおくらの後ろにくっつくすばるさん。

どうやら、大きい体で煙除けしていたらしい。

29.ズッコケ男道(作詞::上中丈弥、作曲:ピエール、編曲:白井良明)
村上投げキスが高速化。フロート曲なので遠く行くと、

モニター越しの自担をひたすら指をくわえてみるという罰ゲーム。
きょうの村上さんのJr.選抜は、草間リチャード敬太くん。

【丸山挨拶】
本日は関ジャニ∞初めての夏のドームツアーに来て頂いて

ありがとうございました。いかがですか?関ジャニ∞のライブは

楽しんでもらえましたか?いやぁ、ライブはいいですねぇ。
なんか年に1回、贅沢にもこうしてドームでやらさせて

貰えてるわけですけども初めの頃はね、全然全くそうじゃない所で

やってましたけど、その場所さえも(人が)入らないような、

そんな僕たちやったんですけども、13年目になってまだこうやって
ライブツアーをドームでやらさせてもらえてます。

本当に皆さんの応援して頂ける声に感謝してます。

あのこうやってライブをやるっていうことで

みんなの生の反応だったりとかっていうのが、
やっぱり聞けたり見れたりするっていうのんが、

僕たちの「ライブで育てられた」っていう元なのかなって
思ってます。僕たちの原点だとね、とても思うんです
今回のアルバムは『JAM』ということで、色んな方々に僕たち支えられて
今回は『関ジャム』っていう音楽の番組で携わって下さった、

一緒にセッションしたりトークして下さったアーティストの方々と

繋がりということで、一緒に音楽というものを通してジャムさせて

もらいました。これが、やっぱ当たり前じゃなくて、みんながここまで

13年間支えてきてくれた事が、こうやって形になって、

みんなの前でこうしてライブで披露できるってことを改めて、
ライブやりながら幸せな事だなと思ってます。本当にいつも感謝してます。

今日は本当に楽しいライブをありがとうございました。
名残惜しいですけども、次が最後の曲です。

この曲はちょっと何か寂し気な曲に聞こえたりするかもしれないですけど、
皆と歩んできた季節だったりとかそういう時間を思って歌えたら

いいなと思っています。

これから先、みんなと一緒にいろんな季節を歩んでいけますよう、
そんな想いを込めて歌いたいと思います」

丸ちゃんはまじめで不器用。

30.青春のすべて(いきものがかり・水野良樹提供)
錦戸さん、前奏でいきなりGLAYのteruみたいなポーズを

バーン決めて来て客席を「えっ?」ってさせる(笑)。

そんな錦戸さんを見て笑うメンバー。
歌い終わり、渋谷さんは無音で「ありがとう」。

錦戸「カムサハムニダー!」(有難うの意)
丸山「チャルモッケスムニダ」(頂きますの意)
錦戸「なんでいただきます?」
丸山「皆のハートを頂きます的な?」
横山「皆さん一つになりましょう!」
大倉「…皆で手を繋ぐニダ!」「一つになるムニダ!」
丸山「パンにカニ挟むニダ」大倉大笑い。
横山さんの顔を至近距離で眺め、耳元に近づく丸ちゃん。

横山「準備はいいムニダ?手を繋ぐニダ…」

照れながら…もうっ。最後の煽りには

丸山「それそれぇ!」ってオフで気合付け。
 

最後に大倉さんから丸ちゃんにあれをやれ、と指示。

丸ちゃん、ジャスティースをやって、それじゃないと怒られる。

この辺可愛いかったぁ…最後は大山田揃ってパーン!

丸山「幸せにしてくれてありがとー!」
安田「距離は遠いけど、心の距離は遠くねぇぞ!」
横山「よく言った!安ありがとう!!」
錦戸「サランヘヨ~」(愛してるの意)「上の人、チョアだよ~」(好きの意)
錦戸「アンニョン ヒケセヨ~」

丸山「またあいましょう!」
大倉「丸が愛してるってよ」と言いながら去る。バイバーイ。
 

見学は佐藤勝利くん。文字数ギリ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月13日

関ジャニ's エイターテインメント ジャム 東京初日後半

テーマ:舞台・ライブ記録

前半はこちら

 

※ 後日報道されたデータなどは、最終日レポへ。
※ うろ覚えの記憶をネットのみなさんの記憶と

合致させて作成させていただきました。感謝です。
※ 個人の記憶まとめにすぎませんので、

ニュアンス部分や個人的辛口感想も含みます。

ご了承ください。

 

【アニメ映像あり・LIVE後半アナウンス】 
ここからは団扇有りで、アイドル関ジャニを楽しめとのこと。
電話の電源を消せといったのに、楽屋で大倉さんの携帯が

鳴り響いていたことをお詫びします、みたいなメッセージも

出たように記憶しています。

あれ…面白くなかったんですけど(笑)なんだったのでしょう?

13.JAM LADY(センステ天井から→メイン)

全員ピンク紫系のギラギラ衣装で
セクシーな動きが想像以上に多くてですね、

ぎゃあぎゃあ、です。ゲイン下げなきゃ問題です。
特に大倉・錦戸・安田の腰振りがOK(女が言う台詞じゃない)
丸さんもウインクだけじゃなくて、もっとバッチ来い!!

14.罪と夏(メインから、花道→センステ)
花道の水のアーチの中、横が噴水の合間に入るの

毎回気になってた。ここが毎回、誰と誰がいちゃいちゃしてる、

とか情報があって面白い。

滑らないように…と足の裏をマット?で拭く慎重メンバー。

8月に罪な男たちに、すべてをくれてやったよー。
「真夏の俺らは罪罪罪なのさ~」で錦戸・丸山の距離が近い。

15.DO NA I (センステ→ムービングステージでバックステージ)
ステージがゆっくりと動いている事に気づき…

スタンド1階、バクステ前正面スタンド組勝訴!!

ピンクのチャラチャラしたイケメンたちが…近寄ってきてるーー。
後光を背負ってエイトが来るぞぉぉぉーって…大興奮していましたね。

目線もちょうど高さがあっててですね…神席でした。
安くんの股間掴み(女子が口にする言葉では御座いませぬ)にも

はぁああだし。ドナイ、って手をクイッってするフリが好き。

16.キング オブ 男!(バクステから各所に散らばり)
バクステで目の前で始まったぞぉ。すぐ散っていったけど。

頭の「ハッ!!」でカメラに抜き弄ばれていたのは、村上さん。
横丸のパートでは、丸ちゃんから横山さんに接近。

絶妙に振り払う横山さん。

17.なぐりガキBEAT(サイドステージなど、各所で)
安田・錦戸がくっついてて、背伸びして

肩組んでた時の安田さんが可愛かった。髪は凄いけど(笑)。
ステージ移動が結構あったんだよなぁ。

バクステから三塁側のほうに、安田錦戸、渋谷村上に分かれ

一塁側のほうに大倉、丸山横山で移動。

丸山・横山は一塁側からのサイドステージのムビステに乗って

渋谷・村上は三塁側のサイドステージのムビステに乗って

中央で合体?どこ見ていいかわからーん状態。

遠くの自担か、近くの他メンか問題(笑)。

【関西ジャニーズJrコーナー】

…という名の、衣装着替えコーナー?(笑)
メインステージでスクリーンにユニット紹介
Funky8→「事務所非公認」
DK組→「ファンの間だけ!!」(男子高校生、ということらしい)
残りの子出てきて→「グループ名募集中」 
草間リチャードのソロダンス「なんか見たことある」など。

リチャードの知名度、意外と高い。

18.Answer(メインステージ)
赤・白・紫に点滅するボックスのようなステージの上で

白い衣装の村上・横山・渋谷の年長組が踊る。

メインの画面には、少年時代の三人の姿。

尊い三馬鹿(三人の総称)…。
そういうのにファンが弱いのわかってるよねぇ~。

横山の高音部分の歌パートを聞いて

「ジレッタ効果?素晴らしいキラキラ」と思った。歌詞がグッとくる。

「生きろ」より重みがあるんじゃないかな。

天井からのカメラの画もよかった。

今回ユニット曲は年下組と年上組とに分かれてたんです。

ってことは、次は年下か…?年上がメインステだとすると…
バクステに来る?全員バラける?…と、

バクステ前の席だった私はドキドキしてたんでございますが。

Answer終わって、バッと暗転した瞬間、

一番近いステージに丸ちゃんが走りこむのが見え
祝福する天使(天国に連れ去る)が見えた気がした…魂

19.ノスタルジア

丸ちゃんのソロの歌とダンスでスタートしたんですが、

ダンスがなんつーの?関ジャニにはない感じの

ちょっとPerfumeを感じる、というか、それに手話っぽい

動きも加わってて………。見惚れる、というのはこのこと。

帰ってきて振付だれ?と思って検索かけたら、

みんな屋良くん疑ってたけど、MIKIKO先生の可能性もあるよね。

一塁側から、大倉さんが登場して

三塁側から、錦戸さんが登場して

メインから、安田さんが登場して…

…緑の妖精たち(衣装がね)、全員かっこいい!!!

ってかさ、ってかさ、年下組だとこんなにちゃんとした

ダンスが出来るのね(笑)!!って。

元々、体の長所を生かすのが上手い大倉さんと、

ダンスと言ったら…な安田さんと、言わずもがなの錦戸さんで…

丸ちゃんも大変頑張ってました。

もっと年下組にダンスの仕事(課題)を与えてほしい!!
kinkiさんのとこみたいに、楽器隊とダンス組で

分かれる曲があってもいいじゃん!!と、強く思ったものです。
DVDには画面四分割でのマルチアングル必須で。お願い。

20.Sorry Sorry love(センステ)
久しぶりに来たーーーー♪これも好きーー。
なんかダンスが振り起こし出来るなーなんでだー?と思ったら、

メイキングをバカみたいに見てたからだ(笑)。

最後の大倉の「Sorry my love」で何人か撃ち殺されてた(笑)
あと、スモークが濃かった。

21.WASABI(センステせりあがって、バクステ移動)
元気LIVE以来、再びこの曲に巡り合えまして、感謝…。

が、衣装は和服のアレのほうが好きでした。←わがまま
またしても、ムビステがなんか…近づいてきてない?

え?この曲で目の前に来られたら、死にますけど?な状況に。

後半の振りが大好きなんっすよ。

ギター弾きながら踊ってるようなやつ。

この曲だったかなぁ…後ろから眺めるような構図になった

場面がありまして、「振り覚えするなら、今だ!!」と思ったんだよなぁ…。

後ろから見て覚えるのが一番覚えやすい。

22.えげつない(バクステから始まり、各自アリトロで移動)

バクステで銀の細かなテープが噴出して、

例のイントロが流れだし、ボルテージMAX!!

ちなみに、ここまでノスタルジアの緑の衣装なので、

さっきまでの妖精が、なんかヲタ踊りしてるーていう衝撃。

センステには、レフリー村上がスタンバイ。

三塁側のサイド島には、安田・横山・丸ちゃん。

一塁側のサイド島には、大倉・渋谷・亮ちゃん。
センターのデカモニに対決相手の顔と台詞が出てくる。

一回戦は、安田・大倉。

左右の島から久々に見る超高速移動のアリトロでセンターに。

安田の髪の毛ぐしゃぐしゃする大倉さんに悲鳴が。
村上「髪のおかしい二人でした~」

島に一人残った丸ちゃん見たら、髪ぐしゃぐしゃにして、

タオルで拭いて水分補給中。可愛い。

二回戦は、渋谷・横山。旧友同士すぎて安定(笑)。

さっきまで一人でバブパブしていた(個人的見解)丸ちゃんは、

横渋のバトルの歌詞に独自の振付を付けて踊って、

スタンドのお客さんを沸かせていました。
最終対決は丸山・錦戸。錦戸さんがなんか、優しい。

バトりたくない丸ちゃんの周りにメンバーが集まってきて、
奇妙なダンスへと突入していく…

ラストは脇を全開にして匂い嗅いで「んぁ…ああ」
このダンスはぜひとも完コピしたい(笑)。みんなで踊りたい。

【映像・Never×Never】

各会場でやってきたらしい企画。今回で9回目の戦いとの事。

後々、ネバネバ回数が多かった人が罰ゲームって

流れだったらしいんだけど、そんな説明ありました?

7人分の扉(壁)があって、走って壁を破るとどれか一つには、

熱湯ローションが。渋谷と村上が無傷。
残りのメンバーは何回か犠牲になったようで、

錦戸さんとか髪型がもう変。今回のターゲットは安田さん。

帽子をかぶっていたのが取れて、最後はくるりんぱしようとするが
滑ってうまくいかない(笑)。

23.Never Say Never(アリトロ→バクステ移動)
衣裳がアメリカンアメリカなんだけど、長袖のメンバーもいて、

暑かったと噂の京セラや札幌では地獄の衣裳だったろうと…
丸ちゃんも長袖だったので、汗で髪の毛がもしゃもしゃ。

アリトロに乗ってファンサ中、頭をブンブン犬のように振って、

丸汁をアリーナの一部にかけてましたが…

あれ…担当じゃないとなかなか受けるのも勇気いるよな…(笑)

大倉さんの声を実は堪能できる名曲。
ひたすらアリーナサービスなので、スタンド上段の人は寂し…

24.ナントカナルサ(アリトロ・ファンサ曲)
はい、好きです(笑)。曲は好きですが、遠くから

ファンサ誑しをする自担を眺めているうちに、

死んだ魚のような目に…なりかけました(笑)。

25.前向きスクリーム!(各所アリトロからメインステに)

センステ等では、Jr.たちが全力の踊り。
最後の丸ちゃんパート

丸山♪「同じアホなら、アニョハセヨ!!」ハマりがいい(笑)

26.今(メインステ)
横山さんが全然踊れてくなくて、ああ…いつもの横だ、と思った(笑)
円陣(のような振り)を上から撮影したのは正解。

見上げたメンバーも正解。

噴水で見えにくいところもあったけど振りは可愛いよね。

「今」が流れるまま、村上さんの全員に拍手のコーナー。
お父さんお母さんにも拍手を~、で
大倉「昼顔しませんかー?」←確かに、需要的にはそっちだよね。

メンバーはぎょっと、大倉さんを眺める。
横山「何ゆうてんねん、お前!」 お兄ちゃん叱る。

関係者席にいたウチの夫チームにも拍手。
村上「忙しい中来てくださった上司に、奥さん、

うちの夫は仕事ができないの皆さん、有難うございました!」
大倉「(関係者席に向って)つかぽーん!!」
村上「つかポン、こっちや」
錦戸「俺やで!」

【アンコール】
27.純情恋花火(メインステージ)

実はこれだけは、ネタバレ踏んじゃってたんですけど…

ああ、夏蚊取り線香。十祭の、横山さんの美しく儚い金髪を思い出す。

今は美しい金髪のきいのが、ケロケロ笑ってるけど(笑)。

並びは下手から、安・丸・横・渋・村・錦・大。

十祭の時は、下手から大倉・錦戸・村上・渋谷・横山・安田・丸山。

記憶しているぐらい、心に残った場面だったのよぉぉぉ…な曲。

室内サイズの小さな花火が上がった花火。可愛かった。

和服姿はやっぱり格好いい…。

 

横山さんは、半分は白地に黒の子持ち縞のような柄で、

半分は黒地に筆で円を描いたような文様。これが一番好みかな
丸山さんは、赤地に紫の大きな芍薬?帯はオレンジ。

錦戸さんは白地にモノトーンの大きな■が

入ったような模様。帯が黄色。

すばるさんもモノトーン系で、左右、別生地。

左半身は筆で描いた「破れ格子」みたいな柄。

襟も細かく入れ替えられていた。濃赤?の帯がおしゃれ。

村上さんは、左半身が黒地に紫と青の稲妻のような柄で

右半身は黒地に白い麻葉のような文様。帯が紫。

大倉さんが左半身が、白地に緑と黒で出来たキルティングの

花柄というの?右半身が白地に黒い変わり市松模様。帯は緑。
安田さんの攻めまくっていた、

あの個性豊かな黄色と黒の染色のような浴衣(+ベレー帽)は、

「三勝」の金魚・虎の柄なんだそうですよ。
あそこまでの染物になると、市販品なんですね…

盆踊りの振りが入って、夏の恒例行事にしたい一曲。

28.パノラマ
錦戸・大倉、丸山・安田、三馬鹿のカメラショットから。
花火の煙に目をやられる村上さん。

着物のこなしが可愛かった渋谷さん。
外周トロッコに乗りに行く際、大倉さんに

ビターッとくっついて移動する村上さん。

29.ズッコケ男道

和服姿のイケメンたちが、トロッコに乗ってお手振り。

スタンド席にも、やっとこ久々近くで拝むチャンス。
村上さんの大量投げキス雛ちゃん投げキッスは恒例ですが、

遠投にも挑戦するかと思いきや、ふわっと下に流す、

という肩すかしパフォーマンス。

これを「おいおい」ツッコみながら、眺めるのもまたオツです。
村上さん、途中から、マイクを関ジュの奥村くん?に渡して

背後から支えてる姿は、完全に「お父さん」

【丸山挨拶】
「関ジャニ∞として初めての夏のドームライブでしたけども、

いかがだったでしょうか。楽しんでいただけましたか?
今回はJAMということでアルバムを作って回ってますけど、

関ジャニ∞と一緒にセッションしたり、トークしたりとか、

お仕事させていただいた方々と作ったアルバムなんですけど、

ジャムという混ざるだったりとか、繋がりだったりとか、絆というか

関ジャニ∞にしかできないアルバムになったと思っています。
どんな風に届くかなぁと考えながら作ってみました。
やっぱりアルバムっていうのは、ライブやって、みんなと一緒に

歌ったり踊ったりして、それで完成すると思うんですね。
今日もいいものができていたと思います。

皆さんと出会えて僕たちは幸せです。

きょうは本当にありがとうございました。
それでは最後の曲です。聞いてください、青春のすべて」

 

丸ちゃんって、本当に真面目なんですよね。

いつも頭のおかしい子の役割を担いますが、

頑張ってんだよなぁ…あれは…って(笑)

30.青春のすべて

横一列で、背景のモニターなどに季節感が映し出され、

とてもいい雰囲気に仕上がっています。

アルバムを聞いた時には、ピンときませんでしたが

なかなか、頭から離れないスルメ曲。

 

最後は関ジャニ∞Liveの恒例・手つなぎタイム。

横山さんのいつもの煽りに、

丸ちゃんが口しそうに近づいていく。
そして、それを覗き込む大倉さん。仲良しやな。
上手側では、村上さんが安田さんと手を繋ぎつつ、

両手でお祈りするようなボーズ。銀テ発射!!
今回は、モーゼのように割れて自席には銀テ届かず。

…必死で貰いに行こうと席を離れて漁りにいく女の姿は悍ましい。

亮ちゃん!女の走る姿より、この姿のほうが醜い、嫌いって

言ってあげてよ。

よっぽど、潔く諦めて、天を仰ぐイケメンさんたちを

見ていたほうが楽しいですよ。

 

最後の退場の時に、丸ちゃんは「せーのーせ」パーンTE

意外と騒がしい間だけど(笑)

せーのーせ、を聞き逃さない能力が身につきました。
大倉さんは、最後の最後、カメラ映画にとびきりの笑顔で、
大倉「愛してんぞ!!!ハート …ったく、罪な男だぜ(笑)。

21時12分終了。ウチ夫チームほか、菊池風磨くん見学。

いつもより開演が遅いので(OLさんには優しいけどね)

ライブ後のディナーが選択肢減。



感想。セトリがハズレなし。シンプルに音楽を楽しめるが、

所々音が聞き取り辛い。音響の工夫が欲しい。

錦戸さんがゴキゲンで始終可愛い。

安田さんが攻めている。コージの姿を消したいかの如く。

天井カメラで抜く大倉さんの映像は最高。

今の時の、天井カメラもいい仕事をしてました。

 

以上、初日レポ終わり。

これが残り三日分もあるー(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月13日

関ジャニ's エイターテインメント ジャム 東京初日 前半

テーマ:舞台・ライブ記録

例年、冬にツアーをする関ジャニ∞が

今年頭の2016-2017冬ツアーラストで

この2017夏のツアー発表をいたしました。

エイトにとっても大変だったでしょうが

ファンにとってもお金的な意味で(笑)大変な夏ツアーでした。

 

今回は転売防止のための初システムで、

座席が当日までわからない席ガチャガチャガチャガチャでした。

入場すると席が発行されるんです。

入場ゲートだけはチケットに記載があるので、

席の予想はだいたい出来るのですが、

それがいい方向で裏切られる場合もあり、

入場ゲートでは、受験発表会場のような歓声が

あちこちで湧いていました(笑)。

 

※ 後日報道されたデータなどは、最終日レポへ。
※ うろ覚えの記憶をネットの皆さんの記憶と合致させて

作成させていただきました。感謝です。
※ 個人の記憶まとめにすぎませんので、

ニュアンス部分や個人的辛口感想も含みます。ご了承ください。

 

ドーム入り口前のモニター、通常は普通の看板ですが

今回は動画でした。

 

場内。アリーナはいつもより、少し少ない?

エキサイティングシートなどもあり、

外回りに引かれた外周の線路?みたいなのが

かなりカーブついていました。

 

メインステージ両脇の小さいモニターで、開演前の注意。

アメコミ風なタッチの作風は前ツアーと変わっておらず。

ペンギンズの「兄貴ぃぃ~」が元ネタなんだろうけど…

そこまで知名度あるの?って。

なんか…このVTRすべってない?苦笑

しかし、大事なことを伝えてくれています。
「用意したうちわは、しばらくしまって(下げて)拳を上げて」

とのこと。
 

今ツアーの私的初日。直前にいつもの友人たちと話していて、

「振付を如何にして早く身に着けるか」の話になり、
初日は、振付に注目。一緒に踊ることを楽しみました。

主だったことは初日分レポで書きだしちゃうかと思いますが、

初日はステージ移動について多めに触れて行こうかと思います。

【オープニング映像】
凝ったCG。…感想それだけかーい。

ザ・デジタルって感じ。

なんというかな、前回のエイタメのドラマ風とは別。

JUKE BOXに近い。

映像終わりで、メンバーがバンド位置につくのが

薄暗がりの舞台上に見える。

後々、知ることになりますが、前半はメトロックに来られなかった

ファンへの想いも込めて…のバンド構成だったようです。
うちわ無のおよそ、一時間。ずっとメイン(前方)のステージで。


1.High Spirits(1~11は、メインステージ)
一発目でコレかとGood。大好きな曲調なので

これだけでも、気持上がる~

メトロックもこれから始まったもんね。

丸ちゃんのベースが、はぁ…愛が漏れる…

2.勝手に仕上がれ
そこからそう来ますか、来ますよね。来ますとも。

自然に入り込める鉄板の流れ。好き。
渋谷♪「後ろのほうのみんなも良く見えてるぜ!

…かわいい服着てきたね」
安田♪「みんなの熱視線もoh熱すぎるぜ!

服だけやちゃうくて顔もかわいいで!」 
渋谷♪「ただでさえみんな……エイター声聞かせてくれ!」 

3.宇宙に行ったライオン
はい、この曲も大好きでーす。テンションあがるUP

宇宙っぽい背景のステージ。

ずっと「顔」だと思っていた歌詞が「ガオー」だと知った今ツアーの驚き&成長。
安田♪「雲の果て~…エイターの胸の奥へ!」 
丸ちゃんピック何枚も投げてて…あれ客に届くのかな。羨ましい~

村上さんによる点呼煽り、声出しタイム。

男性の声がライブの都度、大きくなる。
「東京エイター!!俺たち関ジャニ∞と一緒に

……バカになろーぜ!!」は、

変顔じゃなくて、ちゃんとイケメンウインク!!
きょうの前髪をあげた村上さんカッコイイ。

4.象

天井にカメラがありまして、大倉さんの頭上が映るんですよ。

ここに向って、イントロの時にウォーっ!!って

ドラム叩きまくる大倉さんが素敵を通り越して

ヤバすぎて心臓がギュンギュンします。

5.traffic
錦戸さんの作ったこの曲。

色っぽさもあり、でもどこか少年っぽさもあり。歌割が素敵。

特にすばるさんの
渋谷♪「美人なお姉さん…眠そうな目擦ってお疲れ様です」
のカメラ目線芸(笑)というか、

美人なお姉さんでキメ顔行くかと思えば微笑がこぼれたり、

お疲れ様です、は、また違う笑顔なのですよ。
モニターに映し出されるお顔に、

ぎゃあああああああああキャハハ☆…でしたねぇ、ええ。

6.生きろ
初めて聞いた時には、生で聴いたら号泣するんじゃ…

ぐらいに思っていたんですが、意外とサラリと聞いてました。
「生きて」と言われても「うーん、どうかな」と。←歪んでる。

大倉さんの歌パートの次に、村上さんを配置したのは、

ちょっと…考えてあげてほしい(笑)
この歌は、7パラ(パラ映像が7つってことなのかな。

全員のカメラが分割されてメインに映し出される)なので、

メンバーの表情すべてが見えて有難い。

【錦戸挨拶】
錦戸「みなさんこんにちはー!関ジャニだよ!(お手振りしまくり)」

客席は「いえーい」と「可愛い~」の声が大渋滞。
錦戸「逢いたかったですかー?そう言ってもらえると光栄です。

横の人元気ー?ありがとーうね、ずっと横向いてくれてね。
(反対側の)こっちの人も…奥の方の人も!!ありがとぉうございます。
お盆の休みを僕たちに割いてくれてきて来てよかったなと
思えるようなそんな数時間になればいいなと思いますので

楽しんでいってください」
 

大倉さんが、軽くシンバルを叩く。
錦戸「…下手っくそなMCはね、もう散々でしょう(自虐)」
村上「イエーイ!言うてるよ」
錦戸「優しいだけですよ。…マル元気?」
丸山「丸元気ぃー!?いぇーーーーい!」

(ボディシール貼りまくった手の甲を見せてガッツポーズ)
丸山「元気印ぃぃぃ!!ジューシー!(胸の前で小さめガッツポーズ)」
錦戸「はい。どーもありがとう(非情)」
村上「何にも絡まんかったな」
錦戸「ここは、ちょっと静かな歌を歌いたいと思いますので、

じっくり聞いてもらえると嬉しいです……元気!!!」

7.侍唄
侍唄のイントロ弾きはじめる錦戸さん。

数小節弾いて、はい、歌…というところで急に
錦戸「マル、元気?」(突然ふられてビックリする丸ちゃん(笑)
丸山「元気ぃー!…ちょっと、何で?!え?」
と言いつつ、左手で錦戸さんに“どうぞ~”みたいに振ると、
錦戸♪「僕の心の声を♪」

丸の心を弄んで何事もなかったかのように…(笑)

歌い終わり。暫くの間があって…
錦戸「みなさん、こんにちはー!」
いきなり過ぎて、メンバーはえっ?って顔で、錦戸さんを見る。
錦戸「いや、ここ誰も喋れへんからさぁ。…すばるくーん!」
渋谷「元気?関ジャニ∞です。楽しんでますか?まだまだあるよー。

楽しんでいきましょう!友達紹介します、横山裕」
この辺りからうぎゃぉっ~と女子の「男子友情モノ大好き」警報発令。
困ったような、照れたような顔を浮かべて、
横山「ご紹介にあずかりました、横山裕です!

すばるの友達やってまーす。かれこれ20年でーす!
友だち紹介します!村上信五!(照れ笑い)」

ここで絶叫に近い声が会場からあがる。
村上「ご紹介にあずかりました20年来の友達、村上信五です。

じゃあ、僕も、そこそこの友だち紹介します、安田章大!」
安田「そこそこの友達、安田でーす!

19年やってる友だち紹介しまーす。大倉ただよしぃー」
大倉「大倉忠義、ドラムやってます。聞いてください!」
いきなり本格的なドラムソロ。これはこれで悲鳴(笑)。

大倉「ありがとうございます!それでは、次の曲に…」
村上「…だれかマル…(笑)」
丸ちゃんが、まだ紹介されておらず、

目を合わせるけどニヤニヤする大倉(笑)。
丸ちゃんが「待て」された犬のような顔で大倉さんを見つめてる。
渋谷「友達見つかるといいですね」
村上「頑張って探してください」
丸山「頑張ります…」
大倉「隆平、元気ぃ?」
丸山「(超高音で)いぇーい!元気印ー!!」
大倉「それよくわからん(冷)」
横山「丸、俺それ好きよ」お兄ちゃんフォロー。

大倉「そんな盛り上がっていく曲ちゃうねんけど、次」
丸山「…行こう」
村上「(笑)お前がそういうならもう行こう」

8.夢への帰り道
大倉♪「(曲入りのカウント)ワン、ツー」
錦戸「(遮って)俺は友達おるって事でいいの?」
不安になった亮ちゃんから話が戻った(笑)

メンバーが「おるよおるよ」「亮ちゃんからの流れだよ」とフォローはーと。
錦戸「すっごい想像してしまってそわそわした。

俺の友達でよかってんな(巡ってこの6人)」
亮ちゃんの不憫な感じが、とびきりに可愛くてズルいラブおやじ。

さて、曲。

丸ちゃんのイントロが若干、怪しい(笑)。

大倉♪「あいのようだと…♪」

キーボードの音が明らかにオカシイ。ざわつく会場(笑)。
ニヤニヤしてる大倉さん。村上さんも笑ってる。

錦戸「(曲を中断して)ちょっと間違えてるわ!

村上くん!めっちゃ間違えてんで」
笑いこんで顔を覆って倒れる村上さん関ジャニ

「ごめんごめん!!」
渋谷「今のは酷い。曲を変えるんじゃないよ!!」
大倉「丸もイントロ間違ったもんな」
渋谷「アドリブに間違えて対抗すなよ」
村上「俺は(大倉に)CD通りに歌えよって言ったやろ?(笑)
大倉さんがアドリブで歌ったために、

対抗しようとしてしきれなかった様子(笑)。
もう一回、仕切り直し。
錦戸「どっから行く?」
村上「そりゃもう、最初からで」
2回目に歌った時、同じところで起こるクスクス笑いクスクス

9.Tokyoholic

頭の丸ちゃんのベースのソロがカッコいいんです!!

7パラあり。やっぱりいい曲ですね。丸ちゃんのソロのところ

「ヘイ、東京!楽しんでるかい?

関ジャニ∞もめっちゃ楽しんでるぜ~」

リズムに合ってなさ過ぎて、丸ちゃんも首かしげ

大倉は笑い、渋谷さんは睨む(笑)。


10.S.E.V.E.N.転びE.I.G.H.T.起き
メインモニター横の縦長モニターに、

アメコミ風にアレンジされた横山・村上の
「まーこのー」とか「あーそのー」が映し出されたりして、

映像がPOP。
 

11.NOROSHI
もっと下から煽ったサイズで撮ってほしい丸山ベース。

村上さんのグリッサンドを天井から狙うカメラは顔文字ぐっじょぶ

バンドタイム終わり。

一度メインステージで横並びになってから、
センステまで歩いていって、MC。

 

ここで衣裳について触れておきますと…

通常なら、アンコールで着てくるツアーTシャツが

アレンジされて前半の衣装となっていました。

 

横山。白ベースは変わらないけど、全体的にモノトーン。

JAMの文字もグレー。

渋谷。襟は丸でひろめ。黒ベースで、腕のラインが

赤になっていたり。JAMの文字も黒。これがいいー。

村上さん。右半身が黒ベース、左半身が白ベース。

袖・裾が赤太目(両手首に赤のリストバンド)で、

jamの文字も野球チーム風。

錦戸。標準のグッズに近いタイプ。黒の肘丈のアンダーを着てる。

丸山。ベースが赤地。前面にJAM8ロゴ(黒字)が斜めに。

ワッペン多め。何より手にボディーシールが多い。

大倉。丸襟。袖なし。赤地。裾周りには、全会場のものと

思われる限定ワッペンがペタペタ。

安。原型がもはやわからない(笑)。

紫ベースのド派手シャツ。胸元にJAMの文字が十字架のように

入っている。そのノースリーブのTシャツの下に、

タトゥーTシャツ着て、ライオンのような頭にメガネ…と衝撃。

【センターステージにてMC(略称一部除く)】
MCでドリンクを取りに行く時、謎のセブンイレブンの袋を持ってる大倉。
大倉「僕ねぇ…、家の近くのセブンイレブンで買ったんすよ」
ゴソゴソとセブンの袋(なかなか華やかなライブステージで

コンビニ袋を見ることもない)から取り出したのは、

そう…ananの横山さんのヌード。悲鳴が上がる会場。
大倉「1年に1回の、愛とセッフフ特集(少し濁した)」
大倉の元に集まる渋谷、丸山。
当然のごとく照れだす横山。 

渋谷「もう、エロ本やないか!DVDついてる!AV?」

(雑誌本体にはDVDの付録付)
大倉「横山くん、デビューしたん?」
渋谷「デビューしたん?」
横山「DVDは出てないですよ…おい!もう、ええって。お前もぅ…」
大倉「僕の一番オススメはね…」
渋谷「うぉっ!あれっ!これは大丈夫…?」
大倉「これ見て!これやばい」
モニターに大倉オススメのはむはむたらこくちびるしている写真を映し出す(笑)
渋谷「接吻横山」
村上「週刊誌やないか、こんなもん!」
渋谷「袋とじやないか?」
大倉「(恋人役の相手は)これあれでしょ、友達?ロシアの」
ひたすら照れる横山さん。
大倉「もう一個あったわ。これもやっばいねん見て!
横山くんの口がモデルさんの顎にめっちゃフィットしてんねん!」

(シャワー中のたらこくちびる写真)
村上「週刊誌やないか!!(二度目)」
渋谷「エロ本やないかこんなもん」
横山「大倉が出た時もイジったん覚えてんねんなぁ。(逆に)

イジったろ思てたんやろ」
大倉「違う、イジったろとか思ってないですよ。

俺はただファンとして買いに行った!」
村上「普段、会報とかではこんなんやらんじゃないですか」
大倉「俺9日に買いに行ったんですよ。発売日に!

8日にあるかなと思って見に行ったらなくてさ(笑)」
村上「待ち遠しかったんや」
大倉「ドキドキしとったよ。みなさん、見ました?」(見たー!の声)
大倉「まだ見てない人は是非!愛とセッフフ!(濁し)」

撮影裏話について。
大倉「シャイな横山さんが、どんな風にとったのか…」
村上「どういう気持ちやったんですか」
安田「気になるよねぇ」
渋谷「モ矢印デルは指定したんですか?」
横山「モ矢印デルです。指定してないですそれは。選んで頂いて」
大倉「日本人か外国人かってのは選べたんですか?」
横山「僕からは何も言ってないですよ。

いちいちこれがいいですって言わないでしょ(滝汗」
村上「今の汗は、ライブの汗ですか?それとも冷や汗ですか?」
横山「えーっと、後者の方です…(笑)」 

反響について。
大倉「反響はどうだったんですか?」
横山「めっちゃ言われたよ!やっぱり、色んな人に。

脱ぎよったな、言われて」
村上「でもいいやんか。こんなん嬉しいオファーやん」
大倉「いじりじゃないですよ、これは」
横山「いや…、全然(メンバーからは)言うてこうへんかったやん。

あ。丸は多少言うてきたけど」
ニヤッとする丸山。
横山「マルはマルでさ、衣装着替えてる時に

『これがanan(の身体)ですか』って」
丸山「生anan」
横山「脱ぎづらいわ!」 
去年暮れの錦戸監修のエイタメの

オープニング映像を見てのオファーだったらしく
大倉「あのインテリのやつ?

インテリヤクザが脱いだらどうなんのかって?」

今後の展開。
歴代のananヌードモデルの傾向から…
村上「順番で言ったら亮とか来てもおかしくないやんか。
ってことは順番にそれぞれ回ってくるから…

まぁ、トリを飾らせてもらおうかな」
横山「(笑)」
大倉「(村上は)めっちゃ唇尖らせてそうやない?ウーッてしてそう」
村上「相当手ぶれ補正してもらわないと、唇ぷるぷるなってまうから」
ここまできても、錦戸推しの村上ママ。
錦戸「恐れ多いです、そんなん」
村上「色気のある写真なんか」
錦戸「いやいや僕は大丈夫です、恥ずかしいもん」
村上「マルも、そういうモードになったらあり得るやん」
横山「そういうモード(笑)」
丸山「オファーが来たら、絞りはすると思うよ」

撮影のオファーはいつごろ?
横山「いつ言われたやろな?…3か月前くらいかな」
大倉「じゃぁ、ずっと頭の中のどっかにananあったんや」
横山「ドキドキはしてたな」
マネージャーさんから話を聞いた横山さん。
横山「『横山さん、SEX特集きましたんで!』って。

「俺?!」って、え?って言ったもん」
先週号だったか、星野源さんが表紙で、

次号予告に“表紙はシークレット”ってなってて、
横山「これ俺!!って、ちょっと嬉しかった」 

フジ系27時間テレビ、TBS「ぺこじゃに」、

TBS「A-studio」など各種告知。そして…

錦戸「ズムサタが来てるんです今日。

『うちの夫は仕事ができない』のメンバーも。

嫁と、上司と、眉毛のお姉さん」
村上「お!ちょっと後で挨拶させてもらわなあかんな」保護者か。
大倉「うちの亮ちゃん、ほんまは仕事できんねんで、って
村上「今日はな、関ジャニ∞の錦戸亮として」
錦戸「そうなんですよ…恥ずかしい、むっちゃ。なんか恥ずかしい。
親が見に来てる感じ」
親なら、村上さんというのが…(笑)

新曲「奇跡の人」のフリに。
錦戸「ドラマの方ではなかなかフルコーラス流せないんで。

こういう所じゃないと聞けないなぁと思うので、
是非皆さんにフルコーラスで聞いて頂きたいなぁと思いますので、

座ったままでいいんでゆっくり聞いてもらえたら嬉しいです」

力入ると、一文が長いのが亮ちゃんの特徴やね。

村上「最近(ドラマの)エンディングの時、俺スタートじゃなくなったよな」
錦戸「気にならんってことはそういうことでしょうね。

村上くんから始まったら、村上くん!って思いますもんね」
横山「村上さんの歌い方どんなんでしたっけ?(笑)」
錦戸♪「(村上の真似)若い子見てたら腰引けんねん♪」

(カクカクした感じ。吉幾三にもなんとなく(笑))
村上「坂東英二さん入ってるやないか!!」
大倉「噺家みたい」
横山「(笑)それ、俺好きやわぁ」
村上「普通にやってんねんで」
横山「これから村上歌いますけど、笑ったらダメですよ(笑)。

どんだけ堪えるか、っていうのやろ」
村上「笑ったら1人ずつシバいてくで」
横山「マジやから。どんだけ堪えられるかやってみよ(笑)」
錦戸「(振り返りアリーナ前方を見て)後ろの人も

首後ろにしてくれてありがとう。皆さん聞いてくださいね」

12.奇跡の人
センステで一列並び。山田のパートが可愛い。

歌詞がメインモニターに映し出されるんだけど
言ってることは判るけど、古い歌よね。

 

文字制限が出てしまったので(笑)、

後半を別にしました。

以下からアイドルタイムになります。

 

続続続続続続続続続続続続続続続

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。