パット上達法1 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

大げさなタイトルで恐縮です<m(__)m>。

 

幼少からゴルフを始めた方は成長過程でパットの上達法が自然と身に付きます(それだけ練習やRNDの累積時間は大きい)が、大半の方は社会人になってからゴルフを始めた方だと思います。

遊びでやるわけですから、楽しめれば良いわけです。

しかし、同じやるにもスコアを良くしたいというのが本音です。

 

私は40歳でゴルフを始めたのですが、パットが下手で苦労してきました。ベストスコアは71ですから、大きなことは言えませんが、苦労してきただけにパットに関しては一家言あります(笑)。

 

パットが下手だとおっしゃる方は、確かにその通りなんですが、上達のための取り組みをしていないとか、間違った取り組みをしている方が多いように思います。

 

そんな方を含めて、これからパット(=ゴルフ)が上手くなりたいと思っている方に私の経験を含めて、上達の王道(上達のDE FACTO法)として私(Green Keeper)が考えている方法をお示ししたいと思います。

 即ち、可能な限り科学的な(根拠のある)方法をUPします。

 

こんなに気張っちゃって大丈夫?!という気もしますが、、、(爆)。

 

世にゴマンといる本当にパットの上手い方は、こういう記事は出されないようです。いろいろ試行錯誤して上手くなってきているので、系統だったアプローチ(上達法)は示しにくいのかも、ですね。

 

はっきり言えるのは

①パットの上達は時間がかかります。

 ショットは1か月かかれば手直し出来ますが、パットの上達にはその数倍の時間がかかります。

②頭で理解できても体を動かさなければ上達はしない。

③貯めレンは効果なし、少しの時間を毎日続けると効果高い。

 

「ローマは1日にしてならず」です。

それでもローマを目指す方、近道をご一緒させていただきます。

遠回りに見えても無駄のない道が結局一番の近道です。

 

記事はシリーズでUPしますが、脱線も多くあると思います。

ご了承をお願いいたします。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い。「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。