プロボウラー 矢野金太のブログ

テーマ:

シンーズントライアル(相模原パークレーズ会場)に出場してきました。

結果は79人中64位と不本意なものとなりました。

 

原因は、自分のボウリングができなかったこと。

途中、いい感じ(自分のイメージしているボウリング)になれそうな時も何回かありましたが、結局うまく投げられませんでした。

 

それが現在の実力ということです。

多くのボウラーが経験している初歩的なことですね。

 

 

今回の目標は「両手投げで、初ポイントを取ること」でした。

 

絶対にクリアしたかったし、自分のベストボウリングができれば達成できると思ってのぞみました。

 

だからとても悔しいです。

 

 

 

また、ここから頑張ります。

 

 

何が足りないのか?

 

どういう練習をするのか?

 

自分の中でやるべきことは決まっているし、まだまだ成長すると思っています。

 

 

シニアになって始めた両手投げ・・・

 

やりたいことをやるのに年齢なんて関係ない!

 

・・・という想いでやっています!

 

 

もう少し時間はかかるとは思いますが・・・、

 

これからも応援よろしくお願いします!


テーマ:

第9回 HANDA CUP プロボウリングマスターズに出場してきました。

 

結果は総合42位。

 

準決勝には進めませんでしたが、賞金を獲得することができました。

 

両手投げでプレイして初めての賞金です。

 

めちゃくちゃ嬉しいです!!

 

昨年この大会で両手投げデビューをしたのですが、散々な成績でとても悔しい思いをしました。

 

 

先月のラウンドワン・グランドチャンピオンシップの選抜大会でも最下位。

 

「なにやってるんだよ!」

 

「シニアには無理だよ!」

 

いろいろなことを言われたり、笑われたり・・、

 

1年数ヶ月の間、悔しい思いや恥ずかしい思いをいっぱいしてきました。

 

だから、「賞金」という「結果」が出せたことは言葉にできないくらい嬉しいです!

 

 

もっとも、ここで満足しているわけではありません。

 

まだまだ、「のびしろ」はいっぱいあると思っています。

 

目標はまだまだ先にあります!

 

これからも、応援宜しくお願いします!!

 

 

PS とりあえず僕は1年数ヶ月の悔しい思いで済んだけど、「のいちゃん(岩見彩乃プロ)は4年くらいこういう思いをしていたんだ・・」と思うと、改めてその頑張りに敬意を表したいと思います。のいちゃんに「できる!」「大丈夫!」と言っておきながら、僕が途中で諦めるわけにはいかない!・・・いつも心に言い聞かせていました。まずはひとつ結果が出せたのは、のいちゃんのおかげとも言えるでしょう!

 

感謝!!

 

 

 

 


テーマ:

久々の投稿ですね。

 

たくさんの人から、「ブログの更新がない!」と言われました。

 

そう言っていただけるだけでも「感謝」です。

 

 

 

さてさて・・、

 

先ほどまで次号のボウリングマガジンの原稿を書いていました。

 

書いていたのは「オイル(コンディショナー)」についてです。

 

一昨日(8/20)ABSのALRセンターに行って、テクニカルスタッフの酒井君にインタビューをしながら色々と話をしてきました。

 

その時に録音した会話を聞きながら原稿を書いていたのですが、途中から筆が止まりました。

 

 

面白い。

 

 

自分たちの会話を聞いていて「面白い」というのも不思議な感覚なのですが・・・、

 

何が面白いかって言うと、やっぱり興味のある話だから面白いんですね。

 

そしてお互いマニアックな話が好きで、答えが出ないようなボウリングの細かいところを一生懸命話しているんですよ。

 

それを(録音したものを)客観的に聞いていたら、

 

「2人ともこういう話が好きなんだな〜」

 

「俺すごく楽しそう!」

 

っていうのを感じたんですね。

 

思わず笑ってしまいました。

 

 

ちょっと忘れかけていたかもしれない

 

「好きなことを仕事にしている幸せ」を改めて感じました。

 

感謝!

 

 

 

 


テーマ:

昨日(5/22)、新狭山グランドボウルでシーズントライアルを投げてきました。

 

ブログで書くのも恥ずかしくなるような成績でした。

 

それでも、応援してくれる人、両手投げの成長過程で悩んでる人、

 

いやいや、それよりも今後の自分のために書いてみようと思います。

 

 

1.シーズントライアル・結果

 

まず成績ですが、参加者95人中89位。

 

8ゲームトータル1332ピン、アベレージ166.5。

 

恥ずかしい気持ちや、不安な気持ちと戦いながら、

 

最後までなんとかしようと、気持ちが切れないように投げ切りました。

 

 

2.準備編

 

まず、今回のレーンコンディションですが、「全日本用のミディアムコンディション」です。

 

はっきり言って難しいです。

 

正直な話、今の僕の両手投げの実力では厳しいコンディションです。

 

それでも、エントリーして実際に投げることで、「自分のレベルアップにつながれば・・」という思いで出場を決めました。

 

出るからには、それなりの結果は出したいと思い準備をしました。

 

シーズントライアルのレーンコンディションを引いて4回投げました。(もちろん通常の練習はほぼ毎日しています。)

 

1回目  スコアーはつけたりつけなかったり、レーンコンディションの感触をつかむための練習をしました。

 

この時、本番で150〜160くらいのアベレージになることも想定しました。本当にエントリーを取りやめることも考えましたね。

 

2回目  スコアーをつけながら、持っていくボールを絞ることに重きを置いて投げました。ここで持っていくボールを8個に絞りした。選んだボールは、動かないボールか走るボールばかりになりました。

 

3回目  真剣にスコアーを追ってみました。その結果8ゲームで1442ピン、アベレージ180.2。おおよそのレーンの変化の展開もイメージできました。ゲームスタート時の難しさをうまく乗り切れば、うまくいけばもう少し打てるだろうという感触を得ました。ただ、レーンコンディションが最後まで持つのかな?という不安を持ったので持っていくボールを絞りきれませんでした。

 

4回目  前回の練習で想定したレーン変化や対処法を考えながら、9ゲームを投げました。

 

結果1678ピン、アベレージ186.44。この時、自分のボウリングの調子はあまり良くありませんでした。ボール選択や攻め方のイメージがある程度できていたので、キチンとした投球ができれば、もう少し打てるだろう思いました。

 

持っていくボールを決めました。

 

曲がらない順番で・・・

 

スペアープラス(プラスチック) ポリッシュ

ピュアロール(ウレタン) ポリッシュ

タンク(ウレタン) 1000番サンディング

アブソリューション・アクセル(リアクティブ) ポリッシュ

キネティック・エメラルド(使い込んでオイル抜きをあえてしていないボール)

インセプションDCT・パール(そこそこ走って先が緩くピンアクションがいい)

 

このラインナップを見ても、まだスピードが足りない苦しさというのが伝わりそうですね。早くスピードを上げ、もっと強いボールで戦えるようにしなければいけません。

 

それでも、今回のコンディションでは僕にとってのベストメンバーだと思いました。

 

3.当日編

 

睡眠も十分にとれ、コンディションは良かったと思います。

 

スタート時の作戦は、「とにかくスタートを無難に乗り切ること」

 

ウレタンでスタートし、どこかでリアクティブに替えるよう思っていたのですが、レーンが予想よりも早く感じたのでリアクティブ(キネティック)でスタートしました。

 

ところが、僕の悪いクセがいきなり出てしまいます。

 

ボールが出ていかないのです。

 

フィンガーに長く引っかかり、ボールを左へ引っ張ってしまうのです。

 

今まで両手投げで出場した試合で、いつもこのクセが出てしまいます。

 

練習ではほとんど出ないのですが、試合になると力んでしまうのか?なぜ出てしまいます。

 

スポーツコンディションで、ショートやミディアムで内壁がないと、両手投げの僕の回転では

 

「裏ノーヘッド」です!

 

もうこの時点でボウリングにならなくなってしまいます。

 

パニックになっている自分を押し隠すことで精一杯という感じです。

 

 

これって「イップス」みたいな精神的なものなのかな?

 

ゴルフで突然「シャンク」が出ると続いてしまうという・・これと似ているのかな?

 

 

ブログを書いていて、閃いてきました!

 

文章にしていると新しい考えが湧いてきたり、考えがまとまるというのは本当にありますね。

 

 

今1番の課題は、「試合になるとボールが出ていかなくなる」というか「リリースの時にボールを持ちすぎて(フィンガーが離れなくなってしまう)左へ失投してしまう」こと。

 

「シャンク」をちょっと調べてみよう。

 

それと今回、川崎さんという方がフェイスブックでシーズントライアルの動画をあげていて(予選3ゲーム目・僕のBOXが映っている)、そこでも2回突然この症状が出ました。その投球動画があるのでしっかり研究してみよう!(この症状は突然出るので、この状態の動画を初めて見ることができました。川崎さんありがとう!)

 

これを克服して、次の試合(ラウンドワン選抜・札幌会場)にのぞみたいと思います。

 

途中から話が、まとまらなくなってきましたが、いや、まとまった?・・・?

 

僕の両手投げは、まだまだ成長過程です。

 

興味本位でも、笑いのネタでも構いませんから、ぜひ注目と応援宜しくお願いします!

 

 

 

 

日々進化  ツイッターを始めました!

 

https://twitter.com/kintayano

 

 

ProShop KINTAのホームページ  

 

http://www.proshopkinta.com

 

 

 


テーマ:

第18回アジア競技大会ボウリング競技(通称アジア大会)の日本代表のメンバーが今日発表(JBCのホームページに掲載)されました。

 

ショップのスタッフでもある智之(佐々木智之:所属は株式会社湘南モノレール)とゆりちゃん(佐藤悠里:所属は湘南ボウル)も日本代表メンバーに選ばれました。

 

智之は日本代表キャプテンで成績も間違いなしという状況でしたが、ゆりちゃんは当落上にいたのでめちゃくちゃ嬉しかったです!

 

ゆりちゃんは去年のジャパンオープン決勝トーナメント進出(8位)や2018DHC PBA Japan Invitational でも、PBAプレイヤーに混じって26位という結果を残しています。これらの試合は、選考の参考にする記録ではありませんでしたが、アジア大会で戦って欲しいと十分思えるものでした。本戦がとても楽しみです。

 

 

アジア大会はアジアオリンピック評議会の主催で行われるオリンピックのアジア版と言われる大きな大会です。4年に1度開催され、次回が今年の8月18日から9月2日までの日程でインドネシアのジャカルタで行われます。

 

前回2014年に韓国で行われた仁川大会では、男子がダブルスで金・銀のワンツーフィニッシュ、トリオで金メダルを獲得しています。今回はそれ以上の活躍を!・・と期待したいのですが・・・、

 

今大会から競技内容が変わっています。

 

この辺りも「オリンピック」を意識したものなのでしょうか?

 

どう変わったかというと、

 

前大会までは

 

シングルス 6G

ダブルス  6G × 2名

トリオ   6G × 3名

5人チーム 6G × 5名 

 

の4種目があり、

 

その4種目の個人成績の上位16名による総当たりのラウンドロビン、そしてさらに上位3名によるステップラダーでマスターズチャンピオンを決めるというものでした。

 

今年は

 

トリオ   6G × 3名

6人チーム 6G × 6名

 

の2種目と上位16名によるラウンドロビンと3人によるステップラダーと短縮されています。

 

そしてさらに

 

以前ブログで紹介させてもらった「カレントフレーム方式」が採用されます。

 

https://ameblo.jp/pskinta/entry-12344434164.html

 

競技内容、スコアー計算方法といろいろなご意見があるとは思いますが、

 

ボウリング界もオリンピックに向けて「本気なのだ!」という感じがします。

 

皆様はどのように考えるでしょうか?

 

いずれにせよ楽しみです!!

 

http://www.jbc-bowling.or.jp/topics/kokusai180425/

 

 

 

 

 

 

日々進化  ツイッターを始めました!

 

https://twitter.com/kintayano

 

 

ProShop KINTAのホームページ  

 

http://www.proshopkinta.com

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス