こんにちは

美姿勢インストラクター新田仁美です。

 

 

 

昨日の記事の続きです。

【お腹痩せ・下腹引っ込め】数字ではない結果!腹筋運動なしで、”お腹の出方”を変える方法

 

 

 

 

今日は、お腹を潰さず

引っ込める意識をつけやすい

エクササイズを紹介しますね!

 

 

 

 

 

エクササイズ…と言うほどでもない

 

深呼吸に

少し動きを加えただけ

 

 

ですが

 

 

 

 

これで簡単に

お腹の引っ込めかたが身につくと

しめたもんラブラブ

 

 

 

 

 

呼吸も深まり

猫背も改善しやすく

リラックス・リフレッシュ効果も!

 

 

 

 

よかったらお試しください^^

 

 

 

 

 

※以下、椅子に座っていても同じです

 

 

あ!背中が丸まってるな〜と思った時は

 

 

膝周辺に手を置いて

一度、思いっきり丸まってみて。

 

 

 

お腹が潰れている時は

こんな感じで

重心が下に向かっています。

 

 

 

 

これを急に上にしろと言われても

無理だと思うので

 

 

一旦、方向を

「引っ込める方向」にして。

 

・細いズボンを履く時や

・人前で裸になるとき(どんな場面や)

お腹に氷を置かれたときのように(想像の範囲でいいです)

 

 

ひゅっと引っ込めて…

 

 

 

 

その引っ込めたお腹を

今度は

少し持ち上げるように

 

・ハッと息を飲むときのような

床が氷になったときのような感じで(想像でいいです)

 

 

 

そのお腹をキープして

 

 

今度は

胸を引き上げるように。

 

※息を吸うと分かりやすいです。

 

 

・鎖骨を前の人に見せるように

・背中を少し反らすように(お腹の力が入っていると、過剰に反れないので大丈夫)

 

 

 

 

 

座り直すタイミングで

何度か繰り返してみてください^^

 

 

息を吐いて

 

 

息を吸って

 

リラックスする深呼吸だと思って^^

 

 

 

 

回数を重ねるたびに

 

丸めるとき

 

”上から潰れる丸め方”を

なくしていくよう意識してくださいねラブラブ

 

 

 

あとは、お腹を引き上げるときに

お尻を巻き込みがちになる人も

いらっしゃると思うので

 

 

 

エクササイズ終了時に

お腹・胸の感覚を残したまま

 

 

お尻のお肉をムニュッと

後ろへ引っ張って

 

お尻〜太もも裏で

ベタッと座れるようにしてみてください。

 

 

 

お尻が巻き込まれて

 

DSC_0548_20130809140849518.jpg

変な座り方になるのを防げるでしょう。

 

 

 

 

★お尻をムニュッとは、こちらの記事でも。

運転しない方にも参考になる点あるかと思います!

 

 

 

参考にしてみてください

 

 

 

 

<関連記事>

 

【ボディメソッド60】寝て呼吸するだけ!骨盤を安定させ、ぺたんこ下腹を作る意識の仕方

 

脚のむくみ解消・美脚の基礎〜骨盤を安定させる方法

 

 

 

 

 

★お尻を巻き込みやすい体質があります。

体質別でのオススメ美姿勢、ダイエット法など

 

 

 

 

 

★著書

 

 

 

 

 

★肋骨呼吸で体が変わる、全てが身につく美姿勢マスター講座は、現在満席です。