こんにちは

美姿勢インストラクター新田仁美です

 

 

 

最少の動きで最大の効果」が出る

姿勢改善について発信しています。

 

 

おかげさまで多くの方から日々

効果報告をいただいておりますキラキラ

 

 

 




姿勢は大事と言われますし

 

「美しい姿勢の作り方」なんてのは

たくさん情報が落ちています。

 

 

ですが、ちょっと無理があることもしばしば。

 

 

 

そこで、このブログでは

エクササイズを通して

 

 

・不足している筋力を補ったり

 

・無理がある骨格を 戻す意識をお伝えしたり

 

・長年かけて歪んだ 当たり前の感覚を覆したり

 

 

しているわけです。

 

 

 

今日も、お伝えしたことを

しっかり汲み取って実践し

 

効果を感じた方より

ご感想をいただいています。

 

見てみましょう〜!!

 

↓ ↓

 

 
 
 
ありがとうございますラブラブ
 
 
娘さんと、親子で仲良く取り組めるって理想ですねおねがい

 

私も将来、娘とそんな関係性でいられたらいいな〜と思いますドキドキ

 

 

 

そう、美しい姿勢って

本当はラクなのです^^

 

 

一般的に言われるキレイな姿勢のイメージは

 

・背すじが伸びていて

・胸を開いていて

・颯爽(さっそう)としていて

・座るときは背もたれにもたれない

・ピタッと膝を閉じた清楚な仕草

・背中がまっすぐ(壁に背中をつけたら、頭〜かかとまでピッタリくっつく)

 

…といった感じでしょうか。

 

 

(勝手なイメージ)

 

 

 

確かに、美しいです。

 

 

私自身、若いピチピチの子がたくさんいる

ウォーキングのクラスに、産後

通ってみたとき、こう言われました

 

 

「正しく美しい姿勢をキープしていたら、必要な筋肉が鍛えられて、体型もそうなるから」

 

 

 

 

ええ、ええ、若い子は、そうでしょう。

その通りだと思います。

 

 

 

 

ですが

 

体がすっかり変わってしまった

子育て中の私にとっては

非常に難しかったのでした。

 

 

 

理屈は分かるし、頭では分かるけれど

体がついていかない笑い泣き

 

 

 

 

で、痛める。疲れる。

無理が出てくる。

 

イヤになるのを、

根性でなんとかキープする。

 

 

 

メッセージをくださった方は

ここまでじゃないと思いますが

 

こんなふうに感じていた読者さまは

多かったのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ですが本来の美姿勢とは

 

・関節に負担がなく

 

・骨と骨の間が開いていて

 (開く力が適切に働いていて)

 

・動きやすい

 

 

ほんとは、ラクなのですよ照れ

 

 

 

 

積み木を積むように

正しいとされる位置に

自分を当てはめた姿勢や

 

 

 

 

外側でカチカチに

固めた良い姿勢ではなく

 

 

 

内側(インナーマッスル)が働いていて

外側は、ゆるっとしなやかに動く。

 

 

そんなイメージですニコニコ

 

 

 

メッセージをくださった方が

驚いたのはおそらく

座り方だと思います

 

 

 

無料メルマガの3日間講座でお伝えしている

座り方(骨盤)の意識です。

 

 

 

 

このブログでも何度も紹介していますし

 

すでに3日間講座で見た方もいると思いますが

 

 

学び取れることって

その時その時で全然違いますので

ぜひまた読んでみてください。

 

 

 

ざっくりと説明すると…

 

 

まず、わざと背中を丸くして

 

 

太ももの付け根に手を置いて…

 

 

その手を クッと下へ 押し込むと

体が持ち上がります。

 

 

てこの原理をイメージしてみて音譜

 

 

お腹の力の入れ方など

詳しいコツはもっとあるのですが

その点は無料メルマガにお任せするとして

 

 

 

よく美しい姿勢のイメージとして言われる

 

「頭頂部から吊られる 操り人形のようなイメージ」

 

 

これが、簡単にしっくりくる

「上へ伸びるような姿勢」

 

image

 

だと、よく言われる方法ですドキドキ

 

 

 

上へ伸びるだけじゃ、無理なんですよねあせる

 

相反する、下へ押し込む方向への意識が必要なのです

 

 

「上」「背すじ」といったキーワードだけじゃなくて、

 

なかなか思い付かないような

「下方向」も

同時に感じるのがポイントです。

 

 

 

 

そして…

 

膝がだらしなく開くのを

 

 

 

美意識でキュッと締め

内もも強化!とするのが一般的ですが

 

image

 

 

本来の無理のない姿勢になると

 

「膝が集まってくる」と言われます。

 

 

 

 

そもそも、座って膝が開くのは

 

image

 

座り方に無理があるから。

 

 

根本を直さないで膝だけ閉じると、しんどいのですあせる

 

 

根本(座り方の概念)を変えると

勝手に連鎖して整ってくる。

 

 

 

 

ぜひ、皆様も体感してみてくださいね!

 

 

 

一般的に言われる

「美しい姿勢の作り方」は

間違いではないんですよ。

 

 

ただ、それを実践しにくい体になっている人が多いだけ。

 

 

だから、実践しやすい体になっていきましょう^^

 

 

土台を整える

このブログなどを活用していただけたら幸いです。

 

 

【合わせてオススメ】

 

すごい効果ピンクハート座り方とともに、肩甲骨の合わせ技をどうぞ!

 

 

 

今日ご紹介した無料メルマガの3日間講座では、こんな効果も感じた方がいらっしゃいます!

 

↓ ↓

 

 

すでに見た方も、復習してみてくださいねハート

 

image

 

詳しくは→こちら

 

 

※【ザクザク体操をうまくやるコツ】などもプレゼントあります音譜

 

※3日間と言わず、実は15日間あるんですが、15日の配信でピタッと終わります。その後の しつこい配信はないので、ご安心くださいね。笑