ポン助夫婦の日本満喫日記

ポン助夫婦の日本満喫日記

五年のインド生活を終え、やっとこさ帰国したポン助夫婦のダラダラ日記です


 

 

 

「寿司の美味い都道府県ランキング」で、北海道・石川と共にベスト3を競ってるのが、富山県。

富山湾からあがる新鮮な魚貝類を使用した、富山ならではの寿司が食べられるそうだ。

 

高級店でなく、ふつーの回転寿司のレベルが異常に高い(笑)みたい。

馴染みのない店名が沢山!

「番やのすし」「すし食いねぇ」「すし玉」等々。

その中から選んだのが「きときと寿し 氷見本店」

 

 

「きときと」は、富山弁で新鮮。

期待が膨らみ過ぎて、開店前の10時50分に到着。

しかし、既に駐車場には何台もの車が待機。

 

 

早速駐車して、店内を覗きに行く。

と、車内で待ってた人達が続々と(つられて?)店先に集まって来た。

期せずして、行列の先頭に立つ事に…ズルした分けじゃないんだけど。

 

 

一番乗りでカウンター席に着席(^O^)

目の前で職人さんが握ってる。

成る程、大手チェーンみたいに機械じゃないのね。

メニューをじっくり見る前に、職人さんにススメられたのが鰯。

 

 

もともとヒカリモノが好物。

脂がのって、超美味し。

 

富山と言えばコレでしょ。

今が旬の蛍烏賊。

 

 

ベタだけど、蛍烏賊と並ぶ有名どころの白海老。

旬ではないから、冷凍物かな?

 

 

メニューを見ると、「ふくらぎ」とか「はちめ」等、聞いた事が無いネタが多い。

高級魚ののどぐろは、¥660。

 

 

富山での一番人気は、サーモンやマグロではなくブリだそうだ。

ブリとろを頼んでみた。

 

 

想像してたほど脂っぽくなく、何より歯ごたえがしっかりしてるのに驚いた。

今迄食べてたブリとは、別物。

 

やりいかの松笠炙り。

 

 

回転寿司とは思えない、丁寧な仕事。

 

初めて食べた、カワハギの握り。

 

 

もみじおろしと肝付き。

 

 

かなり満足して、お会計。

既に店の内外、待ち人の長い列。

早く着いて良かった。

 

午後からは、雨が降り出す予報。

能登の絶景ポイントは諦めて、水族館に逃げ込む事にした。

 

 

ここでは、ジンベイザメが見られるらしい。

と、入館するなりいた。

どーーーーん!

 

 

モルディブで遭遇して以来。

 

 

目の前に、二匹のジンベイザメ。

 

その他にも、ハンマーヘッドやナポレオンフィッシュ、大型のエイ。

 

 

美味しそうなブリ等が、でっかい水槽を回遊してる。

イルカとアシカのショーを楽しんで、館内を散策した後、ペンギンの散歩を見学。

 

 

旭川動物園の冬限定、ペンギンの散歩が有名だけど、此処で見れるとは…。

 

入館料¥1890が、「高っけ~!!!」って文句言いながら入ったけど、予想以上に充実した水族館で楽しめた。

 

宿泊は、富山駅前。

お決まりの、地酒&郷土料理で軽めの夕食後、〆のラーメン。

勿論「富山ブラック」

 

 

真っ黒なスープに、麺はちょい太麺。

1955年ごろ、富山大空襲の復興に従事していた肉体労働者向けに濃い醤油味のラーメンをつくったのがルーツだそうだ。



兎に角、味が濃い。

しょんばい!!!

たまたま入ったお店のモノが、塩辛過ぎたのか?

ご飯のおかずにすると言うのもうなずける。

 

 

 

翌日の帰り道、中津川の近くでたまたま入ったお蕎麦屋さん。

券売機があるお手頃価格のお店だったけど、味は◎だったヨ。

 

 

 

【今日のチビ】

 

 

ぽち、お願いします♡

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり春めいた三月の週末。

北陸旅行に行って来た。

 

北陸道を通って、一路福井へ向かう。

目指すは、「道の駅 越前」

ここで越前蟹でも食べたい。

 

 

 

…と思ったけど、道の駅は勿論、近隣のお店は既にいっぱい。

週末、予約なしで入るのは厳しいみたい。

辛うじて入店できたカフェで青海苔蕎麦を頂く。

 

 

蟹で取った出汁が効いてる。

青海苔の香りも良く、美味しいお蕎麦だった。

 

 

その後、東尋坊で崖下を恐る恐る覗き。

 

 

金沢に向かう。

 

 

金沢駅の兼六園口にある鼓門。

能楽に使う「鼓」をイメージしてるのだそうだ。

ちなみに、金沢駅は「世界で最も美しい駅14」の一つに選出されてる。

 

 

こちらは、駅構内に展示されてた石川県のゆるきゃら「ひゃくまんさん」

 

 

金沢名物の金箔や、輪島塗を使った豪華なゆるキャラ。

一体200万円もかかってるんだって。

但し、お腹周りがおデブ過ぎて、新幹線には乗れない(笑)

 

 

夜は、郷土料理と地酒を楽しむ。

「北陸珍味三種盛」

 

 

ビジュアル的には映えないけど、

鯖のへしこやイカの黒造りは、メチャお酒がすすむ。

 

ハマグリとホタルイカの天ぷら。

 

 

ホタルイカの食感が新鮮。

 

翌日、向かったのは「千里浜なぎさドライブウェイ」ちりはまと読む。

 

 

 

約8キロl、波打ち際の走行が楽しめる。

 

 

しかし生憎、この日は波が高く一部区間のみ走行可。

 

 

お天気が良かったら、絶景だろうに…(T_T)

いつかリベンジしたいヨ。



そして、今回の旅行の1番のお楽しみ『きときと寿し』氷見本店ヘ向かう。


【今日のチビ】




ぽち、お願いします♡

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

 

 

 

大井川は、静岡県の丁度真ん中辺りを南北に流れる一級河川。

その川沿いにSLが走る事で有名な、「大井川鉄道」がある。

島田市金谷から千頭迄の本線。

更に千頭から井川迄が、「南アルプスあぷとライン」。

今回は、そのあぷとラインの湖上駅へ行って来た。

 

 

 

 

度々、CMのロケ地になってるから、知ってる人も多い筈。

最近、我が家の地域ではパチンコ屋のCMに登場してる。

実は、数年前湖上駅の更に北の接岨峡温泉に行ったのに、存在を知らずにニアミスしていた。

 

 

千頭から車で20分程で、眼下に駅が見えてくる。

長島ダムによってできた接岨湖を渡る鉄道。

湖に張り出した半島部分に駅がある。

 

 

何のために此処に駅を造ったのか?不思議 。

近くに施設や民家は見当たらない。


県道から、湖上駅→という小さな看板に従って右折。

坂を下ると車数台が止められる駐車場がある。

其処から徒歩15分。


途中の東屋からの景色。




傾斜のきつい山道を登ると、眼下にレインボーブリッジが見えた。


 

 線路沿いに歩道があって、湖上駅迄渡れる。

ダム湖の深い緑色がキレイ。



駅舎も無い無人駅。



駅に隣接してカフェがあるけど、工事中だった。


訪れる観光客の数は、そこそこ。

TVで有名になったから?

関東圏等、他県ナンバーが多いのも驚いた。

この近所の寸又峡と合わせて来るのかも。


紅葉シーズンは、もっと素晴らしいと思うヨ。



【今日のチビ】




ぽち、お願いします♡

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

我が家がインド在住中、一時帰国で二回訪れた『いかだ荘 山上』に二年ぶりに行って来た。

 

 

三重県志摩市的矢湾を望む高台に建つ「いかだ荘」

眼下の海には、牡蠣棚が浮かび、11月から3月迄新鮮な牡蠣料理が食べられる。

 

 

 

全十三品、「かきずくし」のフルコース。

 

 

旨煮に南蛮漬け、牡蠣味噌をのせた茄子。

 

 

生牡蠣は、三個。

 

 

コース外で「プレミアムオイスター」を頼んで、食べ比べてみた。

 

 

左がプレミアム。

右の冬牡蠣より小ぶり。

でも、味が濃~い。

プレミアムの後に冬牡蠣を食べると、水っぽく感じる程。

ちなみに、一個¥420。

 

お酒は、地酒の利き酒セットからスタート。

 

 

牡蠣のポタージュ。

 

 

↑これと茶碗蒸しが今回初めてのメニュー。

 

焼き牡蠣。

 

 

牡蠣寿司。

 

 

定番の土手鍋。

 

 

牡蠣蕎麦。

 

 

茶蕎麦に牡蠣の天ぷらがのってる。

 

安定の牡蠣フライ。

 

 

〆の牡蠣ご飯。

 

 

実は、土手鍋辺りからかなりお腹が満たされる。

蕎麦やご飯等、炭水化物は旦那に任せて何とかデザートまでたどり着いた。

 

 

 

2017年に初めて来た時、無謀にも牡蠣のコースに平目の生き作り+伊勢海老+松牛(松坂牛)が付くコースを頼んだ。

若かりし頃なら兎も角、とても食べきれる量じゃない。

年寄りには、牡蠣のコースで充分満足じゃ。

 

ちなみに、このお料理で一泊11,000円(税込)という仰天価格。

部屋は、海の見えない山側(日曜日泊)。

でも、今回は空室があった為、海の見えるお部屋に無料のアップグレード(^O^)

美しい朝日が見られた。

 

 

 

翌日は、ガラガラの伊勢神宮で初詣。

今年は、良い年になると良いね…。

 

やはり伊勢湾フェリーも、半分以下に減便されてるにも拘わらず、車がたった三台のみ。

まる赤字じゃん('ω')

 

【今日のチビ】

 

 

 

ぽち、お願いします♡

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

 

 

 

遅ればせながら、新年 明けまして おめでとうございます。

 

 

 

我が家は、六年ぶりの日本での年越しを、自宅で静かに迎えました。

元旦、お雑煮を食べ、ニューイヤー駅伝を観て過ごし。

翌二日は、志賀高原スキー場に向け出発。

 

 

スキーも六年ぶり。

日本在住中は、年末or正月に志賀高原で過ごすのが恒例だったの。

今年の志賀は、雪が豊富。

 

 

 

踏むとギュッギュッと音がする、パウダースノー。

最高のゲレンデコンディション!

雪山に自分が居る事が不思議に感じる。

 

 

 

だって、昨年迄の正月は、バンコクで食べ歩き倒しまくってたんだよなぁ…と、暫し感慨にふける(笑)

 

 

Go Toが中止になった影響か、お客さんはマバラ。

リフト待ちの時間は、ほゞナシ。

レストランも休業してるお店が多く、営業していてもテーブルはガラガラ。

…と、寂しいスキー場。

リフト待ち二時間!だったバブル期が信じられない状況。

 

 

↓人のいないゲレンデ。

 

 

 

今シーズン、新調したアトミックのミッドスキー(125センチ)は、操作性が良い。

でも、朝から夕方まで滑ったら、久しぶりに使った筋肉が悲鳴をあげた。

身体中アチコチが痛いえーん

 

 

宿は、奥志賀の馴染みのココ

オーストリアの家庭料理が、美味しい。

 

 

まる二日間、スキーを楽しんだ後は、善光寺で初詣。

と言いたいところだけど、流石に大勢集まる場所は怖い。

今年は諦めて、千曲市の名物「おしぼり蕎麦」と「胡桃汁蕎麦」を食べて、帰宅する事に。

 

 

左が「おしぼり蕎麦」

辛味大根の汁に信州味噌を溶いて、蕎麦を食べる。

パンチの効いた辛みが、美味い。

 

右の「胡桃汁蕎麦」

濃厚でクリーミーな胡桃汁が、これまた蕎麦に合う。

 

日本は、ホントに美味しい物が沢山有るね。

 

 

 

【今日のチビ】

 

 

 

ぽち、お願いします♡

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村