ベーグルショップの中の人

ベーグルショップの中の人

ベーグルショップのあれこれを
気ままに綴るオーナーのつぶやきブログ。

【POLDER BAGLE 野田本店】
Tel:080-7961-0790
【POLDER BAGEL かすかべ店】
Tel:080-4892-5865
【なみまちベーグル】
Tel:080-4578-7373

野田にPOLDERがオープンして7年と少し。

 

もしかしたら人気店と思われているかもしれませんが、

実際はなかなか厳しいものです…。

 

飲食経験なし、全てが手探りでのスタート。

広告掲載も一切なし。ブログやSNS、そして口コミだけの宣伝。

それでもジワジワと広がって、ようやくここまでやってきたといった感じです。

 

途中で、産休や子供の病気などで休業を余儀なくされたり・・・。

進んでは止まって、そしてまた進んでの繰り返しで。

 

ようやく体制が整って、継続して営業が出来るようになったのが

2年前くらいでしたね。

 

そこからは、継続することを当面の目標に掲げて

どんな時でも、出来る限りお店を開ける事だけは続けてこれました。

 

魅力的な商品や、店舗の雰囲気作りももちろん大切なんだけど、

やっぱりそれは、行ったら開いている、商品が並んでいる

お店であることが大前提としてあるわけで。

 

わざわざ足を運んで頂いたのに、お店が閉まっていたら

よっぽどの想いがなければ、2度と来てはもらえないでしょう。

 

でも、それがとても難しかった・・・。

 

個人経営、家族経営というのは、どうしても

ライフイベントのほうに優先順位が向いてしまう傾向になってしまう。

 

だから、2年前に法人化して会社としてやっていく事にした。

従業員も雇って、立ち止まれない理由を作った。

 

こんな事、プロの経営者やコンサルタントが聞いたら

鼻で笑われてしまうような事でしょうね。

だけど、実際に体験して肌で感じる事と言うのはとても大切だと思う。

 

ベーグル作りもそうでした。レシピに書かれている何が何グラムという

その数の根拠を研究しながら理解したり発見したりする事が大事だった。

そこから、POLDERでしか出せない食感や味、レパートリーが生まれたと思う。

 

とてもとても時間がかかる、遠回りなやり方だけど、それがPOLDERのやり方なのかな。

飲食店って、オープンがピークみたいなお店がたくさんあると思うし、

うちも実際にそうなのかなと思っていた時期もあるけれど、

今は8年目を歩んでいるPOLDERはまだまだ成長していると感じます。

 

だんだんとスタッフも増えてきて、チームっぽくなって、

笑顔や会話も増えてきて、訪れるお客様も増えてきて。

 

コロナ禍にあっても負けない強さを感じます。

それは、2年前に誓った「何があってもとにかく店を開ける」という

とてもとても低い目標があったからかもしれません。

 

それが無かったら、すぐに休業してしまっていたかもしれません。

リスタートする事の厳しさは前に何度も感じていたから、

もう店もたたんでしまっていたかもしれません。

 

でも、進み続けることでしか見ることの出来ない景色が

今は目の前に広がっていることを感じます。

 

なんだかワクワクしているんです!

楽しくなってきたぞ~って感じるんです。

 

そんな空気間をお店で感じてもらえたら嬉しいですね♪

ここ最近、どの店舗も良い空気が流れている。

 

 

野田と春日部は距離が近いこともあって

 

お互いの店舗の状況を意識し合うようになってきた。

 

当然の事なんだろうけれど、これが言われなくても

 

スタッフ自身が意識するようになってきたのが重要なところだと思う。

 

 

なみまちは、相変わらず通販のバックオーダーに終われながらも

 

店舗営業をやめずに、少量ながら店頭販売も継続している。

 

しかも、店頭販売の継続はスタッフからの要望があってそうなっていることが

 

大事だし、すごく嬉しいことだなーと思う。

 

 

どの店舗も、「やらされている」のではなく、

 

スタッフの前向きな思いが変化をもたらしていることが

 

本当に嬉しい気持ちにさせてくれる。

 

 

そうなると、自分もそれに応えたいって思うし、

 

新作への意欲も湧いてくる。

 

 

今、同時進行で何作も試作を進めているんだけど、

 

試作ってやっぱり難しいね。

 

 

こだわればどこまでもこだわれるんだけど・・・。

 

いざ商品として販売するとなった時に、

 

製造するのはスタッフのみんななわけで。

 

レシピがあれば誰にでも出来るように

 

最後は仕上げていかなくちゃいけない。

 

 

原価とか、販売価格とかはやっぱり

 

意識するけれど、それよりも製造スタッフの

 

負担が一番気になる部分かな。

 

 

そんなことも考えながら、

 

昨日はベーグルサンドの試作。

 

今回は、ローストビーフサンドにチャレンジ!

 

 

ベーグルサンドは、

 

ハンバーガーやサンドイッチと違って

 

バンズの部分が脇役じゃないってところが難しい。

 

 

食材がベーグルに負けてしまうから、

 

ハンパな食材だと味、食感などが

 

全然感じられないサンドになってしまう・・・。

 

 

市販のローストビーフだと、

 

厚みや食感、味全てが物足りない・・・。

 

もちろん、お店の商品としても力不足だ。

 

そこで、自家製のローストビーフを作り

 

そこそこの厚みを持たせて、食感を良くさせることにした。

 

そして、肉を使いながらもベーグルらしく、

 

ヘルシーなサラダ感覚のサンドになるように。

 

 

それで、まずはシンプルにリーフとローストビーフ

 

オニオンスライス、そして自家製のソースで仕上げてみた。

 

ベーグルには、マヨネーズと粒マスタードを混ぜたものを塗っておいた。

 

完成したのがこちら。

 

 

試食してみた感想は・・・。

 

・マヨネーズ&粒マスタードの主張が強すぎる。

・ソースに改良の余地あり。(味や濃さ)

・ローストビーフの食感や量は問題なし。

 

サンドとしての可能性はあることがわかったので

 

これをベースにして、改良を重ねて商品化していきます!



 

 

完成したら、サンドの新作としては久々だなぁ~。

 

自家製ローストビーフ、なかなか贅沢なサンドになりますよ~♪

前回のブログで書いた通り、

グッズ制作の打ち合わせに行ってきました。

 

ベーグルの新商品を開発する時もそうなんですが、

新しいものを生み出すときはいつもワクワクした気持ちになります♪

 

そして、そんな時に心がけている事。

それは、予算とか気にしないでまずは理想をそのまま

アイデアとして出していくという事です。

 

僕たちは、常にプロではない事を自覚し、

そして、プロでは到底考えられないような

常識を無視したアプローチをしていく事を

意識して開発しています。

 

販売価格を決めてから

逆算で商品を開発すると

妥協の産物になってしまうからです。

 

 

というわけで、今回はオリジナルマグカップの制作打合せだったのですが、

理想を追求した結果…販売価格は3,000円を超えてしまいそうです(笑)

 

いちベーグルショップのオリジナルマグカップを3,000円で買うか~?!

でも、そこは想いやこだわりをじゅうぶんに伝えさせて頂いて

大切にして頂ける方に、1つ1つゆっくりと時間を掛けて販売していければと思っています。

 

 

「作るんかいっ!!!」

 

 

って、突っ込まれそうですが(笑)

 

 

でもね、でもですよ。

 

「1,500円位で販売したいな~」

「じゃ、この材質は使えないからこっちだね~」

「あぁ・・・そ、そうだよね~。仕方ないか・・・」

「デザインも、面積がそこまで取れないからこの中に納まるように・・・」

「え、そこも厳しいんですか?!」

「1500円で売りたいんですもんね?」

「は、はい。。。」

 

こんなの、自信もって購入して頂けるとは思えません!(笑)

 

 

ま、3,000円で理想のものを制作した場合でも・・・

 

「素敵なマグカップですね~♪ 販売してるんですか?」

「はい! 1つ3,000円になります!」

「(高っ!)け、検討します~(汗)」

 

って、なりかねないですけどね(笑)

 

 

結論、お客様に損をさせるわけにいかないので、

理想通り作って、店側が損をします!(笑)

 

なので、そのまま理想を追求して、

そして、3,000円でも欲しいと思える

ステキなマグカップを作りたいと思います♪

 

POLDERは、ロゴとワンポイントメッセージ的なものになるかな~。

なみまちは、鎌倉のお土産としても選んで頂けるようなデザインに

したいと思っています。

 

まだデザインはスタートしたばかり。

これから、少しずつ詰めていって

春には商品化出来るように頑張りたいと思います!