jac2  

 こんばんは、龍司です。最近では「出馬 」で堀江社長 が話題になっているライブドア が昨日、中古車販売のジャック・ホールディングス の買収について発表しました。(記事は、こちら

(プレスリリースは、こちら


 ライブドアのネットポータルサイト 上に、ジャックのノウハウを生かして、消費者同士で中古車を売買するオークションコーナーを新設する予定だそうです。

 ジャックは全国に75店舗の「リアル店舗」も持っていますから、「中古車の受け渡し拠点」としても活用できますね。(ジャックの店舗リストは、こちら !みなさんの家のお近くにありますか?)


 自動車といえば、中古車といえども値段もそれなりに高いですよね。

以前にマンションをネットで探す傾向についてもお話しましたが、ネットで取引される商品の金額も年々高くなっていくと思います。

 一昨日の記事 で、ははこぐささん が「インターネットで金融業は、まだまだ怖いです」と仰ってましたが、The ちゃらり~マンのDAIさん が「みんながネットを利用すれば自分もネットを利用するし、みんながネットでお金を使うようになれば、それを見て自分もお金を使うようになる・・」と仰っていたように多くの方が高額商品も取引するようになると安心感も強まってくるのかもしれません。


 今回の買収により、ジャックの側から見れば、本日の日経新聞の記事にも載っていたように、競争が激化している中古車販売において競争力を高められることが期待できるのでしょう。

 そして、ジャックの株価も急騰


 買収する側、される側双方にとってのメリットがわかりやすいですよね。


◎ところで、「」に関連して、堀江社長は著書「稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 」の198ページで、興味深いことを書かれています。(以下、引用)


 「たとえば、トヨタ自動車がテレビでCMを流しています。それで皆トヨタの車が欲しくなって買うわけです。

では、もし現在ナンバーワンのポータルサイトのシェアを持っているヤフー が車の宣伝をやったらどうなるでしょうか。最初はトヨタの車を売っているかもしれませんが、そのうちヤーフーブランドを作って、ヤフーの車を売るようになるかもしれません。弱い自動車メーカーに、車を作らせてヤフーブランドの車を売ることになってもおかしくないのです。

 ~

 インターネットの場合、ライブドア だったら、「ライブドアカー」というブランドをつくり、そこで受注をやりますといえば、ダイレクトに受注できてしまいます。

 そうなると、営業マンはいりません。納車はどこかの下請け工場や販売店にやってもらえばいい。つまりブランドの力だけで勝負できるのです。

これはインターネットの登場以前にはできなかったことなのです。」(以上)


 中古車売買で盛り上がったら、いよいよ「ライブドアカー」の発売もあるのかもしれないですね。


 tomiya社長 からコメントをいただいたように最近のネットでの取引には本当に「機が熟した感」がありますね。多くの人が参加し、多くのモノがネットで動き、動くお金も大きくなってきています。

 5年ほど前の「ネットバブル」の頃とは違い、主にソフトバンクの影響により加速したブロードバンドの普及のおかげで、ようやく「サイバースペース」は「マーケットプレイス」になってきましたね。


P.S.今回のライブドアの買収によるジャックの株価急騰 で儲けた方も多いでしょうね。

買収を予測していた方も多かったような(笑)気がします・・・・

数日前に私がこれを予測して記事を書いていたら、きっと∞最前線通信の媒体価値も上がったのでしょうけれども・・(笑)


◎追加

 ライブドアの子会社となった中古車販売のjacジャック)は、2006年1月1日から社名を「ライブドアオート」に変更するとの発表をしました。