ペトロフP125F1マホガニー艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
試弾をお待ち頂いているお客様のために
先日入荷したP125F1マホガニー艶出の
プレップアップを実施いたしました!
 
PETROF P125F1 Mahogany High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
 
今回はピアノプレップ店主と同じ工房で
研鑽を積んだ仲間にサポートを依頼、
そう、先日チェコ共和国&ペトロフ社の
工場見学に同行した技術者です。
 
調律、調整、整音をただ行うのではなく
ピアノの製造現場をその目で確認して
チェコの空気を直に体感していることも
PETROFを扱う者として大切な要素...。
 
いつも店主が実施している作業、まずは
チューニングピン&弦をクリーニングを...
 
弦の間隔に至るまで細かくチェック。
 
キーホールに混入している木屑を掃除。
 
店主が接客する間に着々と作業は進行...
こちらは終盤の3弦合わせの模様です。
 
最後は店主直々にチェックを実施...
弦合わせが綺麗に揃っています。
 
鍵盤の高さ&深さもチェック。
 
鍵盤が精密に均されています。
 
弾き心地に関わるキャプスタンを点検。
 
ハンマー接近&ストップ、ダンパー調整など
整調点検が終了、調律はA=443Hzで実施、
音質のムラまでチェックしてプレップ完了!
 
担当者が代わってもプレップアップ作業の
クオリティはそのまま、店主が最終点検を
行うことでピアノプレップ品質を維持します。
 
チェコの特産品ボヘミアン・ガーネットを
想わせる美しい赤褐色のマホガニー材、
ワックスで艶々に磨き上げました。
 
ペトロフ社の使用する上質なマホガニーは
これからのクリスマスの季節にぴったり...
ご試弾を楽しみにお待ちしています!
 
気がついたらもう2018年も残りひと月...
本日11/22はご近所の明治学院大学で
クリスマスツリーの点灯式がありました。
 
ぜひこの機会にチェコの名器ペトロフを
白金台ショールームでお試しください♪
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

その他の納品事例はこちらから

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス