19.英語は好きだけど、会話が出来ない・・・ | ピアノとジャズと酒と人生

ピアノとジャズと酒と人生

楽譜も満足に読めないのに何とかしてピアノを弾こうと悪戦苦闘してきた我が人生。
  ジャズピアノの果てしない魅力と、ちょっぴりほろ酔い加減の我が愛すべき人生の日々を少~し紹介。


テーマ:

ある時、市民ホールで 本業の ピアノ調律をやってリハー

サルに 立ち会った時の事。


外国人ジャズピアニストが 通訳と一緒に来てた。



リハーサルが終わり 舞台袖に居た時 その外国人ピアニストが 一人で こっちに近づいて来た。


(俺に話しかけるなよ・・・こっちに来るなよ・・・)と、ビクビクしてると


Hello  Excuse me・・・」と、モロ話かけて来た!


暫く ペラペラしゃべってた。 何言ってるか 全く分からず

私の口から 出た言葉は・ ・ ・ ・ ・ 「へ っ !?」


外国人ピアニストは、 再度ゆっくり 「ペラ ペラ ~」・・・・・

全く 聞き取れない! 頭 パニック! オロオロしてると


相手は ちょっと ガッカリした感じで 舞台のピアノを指さし


「トケイ・・ガクフ・・ピアノ・・ウエ」

と、カタコトの 日本語で・ ・ ・


やっと私 「あ! あ~ぁ!」と、

大きく うなずき タッと 走って


時計と 楽譜を 取ってきて渡した。

彼は 「Thank you」と、 寂しく 笑いかけて控室へ・・・・・



その時、 心底思った 「いかん!これじゃぁ いかん!」・・

それから 数年 少しづつ独学で 英語の勉強を続けている



先日、同じ 外国人ピアニストのリハーサルに立ち会う機会があった。 全身の力を 振り絞って たどたどしい英語で


「久し振りです!」 「お元気でした?」と、多くの スタッフの前で、


大声で 話しかけた!


彼は、 ニヤッと 笑い 軽くハグしてくれた。 その時から 何か  少し吹っ切れた!


単語を、覚えるのも大事だけど 一番大切なのは 人前で

大きな声で しゃべって 「恥ずかしさ」を 吹っ切る事だと

強く感じた!


そのあと、暫く たどたどしい

ながら けっこう会話を 交わす

事が出来た!


「 Good ! 」  「 Good ! 」 

「Good  job !」 「イェ~ィ!」


・・・しかし、頭 うすくなったのは このせいかも?・・・ハㇵ・・




コーヒー・ブレイク 今回はお馴染みの曲「二人でお茶を」(著作権消滅)を軽くジャズ風に弾いてみました。宜しければクリックを・・・



ジャズピアノを習いたい方、ピアノ調律をご希望の方はこちらを

クリック お願い致します。 www.piano-serino.com/  





 














ほろ酔いジャズピアノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ