テキストの次のページを開いて、譜読みを始めたら、

 

自分から何度も弾き始めて、

 

とうとう最後まで弾けるようになった、年長さんの生徒さん。

 

 

長い時間集中して、やり切った素晴らしさに、

 

思わずお母様と一緒に、拍手をしてしまいました。

 

 

「初めて自分で音符を読んだ気がします」、とお母さまがおっしゃるように、

 

鍵盤から手を離すことなく、

 

目を楽譜にくぎ付けにして、

 

数えないで全ての音を読んだのは、

 

初めてかもしれません。

 

 

以前から、音符を読む力はあったけれど、

 

読むよりも耳で覚える方が簡単だし、

 

教えてもらえばもっと簡単なので、

 

なかなか自分で集中して読み続けることは、していなかったのですね。

 

 

 

この子は音楽が好きで、

 

幼稚園で歌った歌の断片を弾いて、楽しんだりもしている、


耳の良い子です。

 

 

それに、子どもらしい無邪気さが、とてもかわいいのです。

 

 

 

最近、ちょっと嬉しいことがあって、

 

たぶん、自分でも、自分への評価が高くなったたのかもしれません。

 

 

自分は出来るのだという自信ができてくると、

 

集中してがんばる力も、湧いてきますね。

 

 

 

ここからぐんぐん伸びそうな予感がします。

 

 

楽しみです (^.^)

 

 

 

 

ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらです

http://www.furutsukapiano.com/

 

お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-8885-3794

 

ポチッと応援していただけたら、すごく嬉しいです。

            ↓


にほんブログ

 

 

ミニ発表会で、きれいな曲を表情豊かに演奏した、高学年の生徒さんは、

 

小さい頃から音楽が好きで、

 

最初から、表現力を感じさせる弾き方をしている子です。

 

 

ちょっと面白い子で、

 

テキストの曲を弾くのは、あまり好きではないのですが、

 

自分の気に入った曲を弾き始めると、

 

どうしたらもっときれいに弾けるだろうと、

 

ずっと考えていたりするのです。

 

 

 

ミニ発表会が終わって、

 

テキストに戻るか、何か他の曲が弾きたいかをきいてみたら、

 

速攻で、「曲が弾きたい」、と。

 

 

音楽で表現することは、当たり前にする子ですが、

 

自分の思っていることを、言葉で表現することは、

 

恥ずかしがったり、相手に悪いかなと考えたりして、あまりしない子なので、

 

ちょっとびっくり・・・というより、ちょっと嬉しい (^.^)

 

 

「弾きたい」という気持ちを、まっすぐに感じる発言です。

 

 

 

それで、どんな曲にするか色々提案していたら、

 

しばらくして、提案した曲とは別の、「〇〇の曲がいい」、と。

 

 

自分で、次に弾きたい曲を決めていたのですね。

 

 

なんて素敵なのだろうと、さらに感動して、

 

その曲に決めて、さっそく練習を始めました。

 

 

 

弾きたい曲を中心にレッスンしていくのは、

 

ピアノレッスンの、普通の進め方ではないけれど、

 

この子が、この子にとって幸せなあり方でピアノを弾き続けて、

 

音楽のある人生を歩んでいける人に成長していく道は、

 

こちらなのかもしれない、という感じもしています。

 

 

 

その子にとって幸せな、ピアノとのかかわり方を探すのも、

 

ピアノの先生の仕事なのかも、しれませんね。

 

 

 

 

ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらです

http://www.furutsukapiano.com/

 

お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-8885-3794

 

ポチッと応援していただけたら、すごく嬉しいです。

            ↓


にほんブログ

 

 

マスクに、帽子に、あったかそうな上着でやってきた生徒さん。

 

寒くなりましたからね。

 

 

それに、

 

この子は先週、8度以上の熱を出していたのです。

 

 

それでも、週末には熱が下がったからと、


ミニ発表会には参加して、素敵な演奏をしてくれました。

 

 

あんなに練習したのに、発表できないのは寂しいですからね。

 

たぶんちょっと無理をして、がんばったのだと思います。

 

 

 

体調が良くない時に、人前で演奏するというのは、

 

大変なことですよね。

 

 

それでなくても緊張する場で、

 

きっとものすごく疲れただろうと思いますが、

 

楽しい思い出になったようで、良かった、よかった (^.^)

 

 

 

本番を控えて、体調を整えるのは、大切なことかもしれませんが、

 

こればかりは、自分の力だけで何とかなるものでもありません。

 

 

だから、どんな体調でも、なんとか弾けるようにしておくことも、

 

大事なことなのでしょうね。

 

 

 

本番で、かっこいい演奏をしたこの子の、

 

これまでの努力をご存知のお母さまも、

 

きっと、ものすごく感動なさったことでしょう。

 

 

この体験は、きっと、

 

「具合のよくない時でも弾けたのだから、今回も大丈夫」

 

という、これからの自信の下地みたいなものになりますね。

 

 

どんな体験にも、きっと何か、大事な意味があるのですよね。

 

 

 

 

ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらです

http://www.furutsukapiano.com/

 

お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-8885-3794

 

ポチッと応援していただけたら、すごく嬉しいです。

            ↓


にほんブログ