ピアノクリニックヨコヤマ最新情報
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年10月15日

Hausmusik Japan 主催 音楽探求シリーズ第4回『知られざる巨匠 レーガー』

テーマ:公演情報
今年もやってまいりました。じわりじわりと浸透してきた感があります。
レストランでいう、隠れ家的レクチャーコンサート ともいえる
Hausmusik Japan 主催の音楽探求シリーズ!
 
クラシック音楽のコンサートといえば、音楽ホールで素晴らしい『演奏』を聴くことをまず
思い浮かべると思いますが、Hausmusik Japanは、
もっと演奏者と聴衆の距離を近くしたい。

音楽そのものをコンサートの中心にしたい。

という思いから、小規模な会場でのレクチャー・コンサート、室内楽コンサートを始め

気負わず楽しめるプログラム構成の季節のコンサートなどを中心に提供されています。

 
前回はクリスマスシーズンの開催で、お子様もOKのミニコンサートもあり
大変ご好評を頂きました。(過去の公演はこちら→Hausmusik Japan WEB
 
第4回目となる今回は、東山洸雅(Pf)さんによる
レクチャー&コンサート『知られざる巨匠 レーガー』です。
 

 


「第二のバッハ」あるいは「ブラームスの後継者」とも目されていたドイツ・ロマン派の大音楽家、

 

マックス・レーガー。その生涯、ピアノ作品、「ピアニストとしてのレーガー」についてなど、

演奏や最新の研究成果を交えてわかりやすく解説します。

 

*****************************************************
第4回レクチャーコンサート『知られざる巨匠 レーガー』

Hausmusik Japan 主催 

日時:2018年11月11日(日)午後2時~4時

会場:リシュモア音楽教室・ピアノクリニックヨコヤマ修理工房

入場料:1500円(学生1000円) ※お飲物

お申込み:ピアノクリニックヨコヤマ申込フォーム

※公演名、人数もご入力ください。

 

【プログラム】

マックス・レーガー
即興曲集 Op.18-1
青年時代より Op.17-8
7つの幻想小曲集 Op.26-5
J.シュトラウスの《美しき青きドナウ》による即興曲
私の日記より Op82/l/No.10   他
そのほかシューマン、ブラームス、リストなども一部演奏

 

演奏&レクチャー:東山洸雅(Pf)

(京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程へ進学。

修士課程修了後、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程へ進み、その間にさらに

ドイツ・フライブルグ音楽大学へ留学。同大学Advanced Studies課程を満点の成績で修了ののち帰国し、

今春、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程を修了。第6回レプティーンピアノコンクール2位、

ハンス・フォン・ビューロー国際ピアノコンクールプロ部門2位など)

 

~~~以下、 Hausmusik JapanWEBよりそのまま掲載させていただきます~~~

演奏家インタビュー:ピアニスト 東山洸雅

2018年6月2日

現在、第4回レクチャー・コンサートの企画が着々と進んでおります。

現時点では、2018年1111日(日)午後の開催を予定しております

今回は、新鋭ピアニスト東山洸雅氏によるレクチャー&演奏というプログラムになります。

 

東山氏は富山県出身、音楽が身近にある家庭で育ち2歳の頃にはおもちゃ代わりにピアノに触れていたとか。高校の頃には音楽の道へ進むことを意識するようになっていたそうです。

 

京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程へ進学。修士課程修了後、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程へ進み、その間にさらにドイツ・フライブルグ音楽大学へ留学。同大学Advanced Studies課程を満点の成績で修了ののち帰国し、今春、京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程を修了。第6回レプティーンピアノコンクール2位、ハンス・フォン・ビューロー国際ピアノコンクールプロ部門2位など、多くのピアノコンクールにおいて数々の受賞歴を持つ、注目の若手ピアニストです。

 

レクチャー・コンサートでは、東山氏の研究テーマである、マックス・レーガーのピアノ曲についてお話が聞ける予定です。レーガーといえば、まず思い浮かぶのはオルガン作品。ピアノ曲についてはほとんど知られていません。まず、レーガーの作品自体、日本ではあまりなじみがないのではないでしょうか。ピアノ曲に関しては演奏される機会もあまりないと思います。先日、東山氏にお会いして、お話を伺ってきました。(以下 インタビュー)

 

横田    「バッハ、ベートーヴェンをはじめとする、俗にいうドイツ音楽の作曲家がお好きだということですが、その中でレーガーという作曲家を研究テーマになさったきっかけは何だったのでしょうか。」

 

東山    「もちろん彼の作品が音楽的に面白いなと思ったからですが、それに加えて、高校の頃音楽の道へ導いてくださった先生がドイツ留学経験のある方で、ドイツ語の話し方やリズムなども含めて本当にドイツ音楽を理解するためには、レーガーとヒンデミットを勉強するべきだとおっしゃっていたのが頭の片隅に残っていたことも理由の一つです。」

 

横田    「レーガーの作品というと一般的にはオルガン作品が思い浮かぶと思うのですが、まず日本で演奏されることも聴くこともその機会が少ない作曲家だと思います。東山さんからレーガーとはどんな作曲家なのか簡単にお話しいただけますか。」

 

東山    「レーガーは1873年にドイツのバイエルンという地域に生まれた作曲家です。父親は音楽家で、学校などで教えたりしていたのですけれど、弦楽器を始め、オーボエなどの管楽器、そしてもちろんオルガンも演奏する人で、レーガーはその父親から様々な楽器の弾き方を教わりました。ピアノの方は母親から教わりました。」

 

横田    「どんな音楽を書いたのでしょうか。」

 

東山    「作曲家としては、いわゆるドイツ3Bと言われるバッハ・ベートーヴェン・ブラームスの様式を受け継いで発展させると公言していた作曲家です。和声的にはおおむね後期ロマン派と言えますが、例えば室内楽では伝統的なソナタ形式や変奏曲形式といった、ウィーン古典派の伝統に則った形式による作品が多く見られます。あと、複雑で入り組んだ対位法もレーガーの特徴の一つです。ちなみにレーガー自身は、「私は対位法をバッハから学んだ」と言っていたそうで、この言葉にも先ほどお話しした「伝統を受け継ぐ」という意志が表れていますね。レーガーの楽譜を見ると音符や演奏上の指示がぎっしり書き込まれていて真っ黒だったりするわけですけれど、これがレーガーの音楽と言われて一般的にイメージされやすいところですね。レーガーは特に30歳頃、そのような作品を多く書いています。彼は43歳で亡くなっているので、創作の中期頃ということになりますね。」

 

横田    「確かに、レーガーというと音が多くて重厚なイメージですよね。今回はその中でも、私たち聴く方にしても珍しいピアノ曲を取り上げます。やはりそのイメージ通りの、重厚な音楽なのでしょうか。」

 

東山    「ピアノ曲に関しては、レーガーは実は大きな作品というのはあまり書いていなくて、小品がメインです。それも多種多様で、シューマンの子供向けのピアノ小品に通ずるような素朴なものだったり、一方で、とても入り組んでいてテクニック的にも難しい曲だったり。それらが一つの作品集の中に入っていたりするので、これはいったい誰が弾くことを想定して書いた作品集なのだろうか、と思ってしまうこともあります。」

 

横田    「興味深いですね。今回はそのピアノ曲をテーマにレクチャー・コンサートをしてくださるわけですが、どういったことをお話していただけるのでしょうか。」

 

東山    「まずはレーガーという作曲家の生涯や、具体的にどんな作品を書いていて、それにはどんな作曲家たちからの影響が見られるのか、などです。それから、レーガーは作曲家であっただけでなく、ピアニストとして演奏活動もしていました。僕の研究テーマは、レーガーが自分の作品をどのように演奏していたのかを探ることで彼の作品の演奏解釈について考えるというものなので、もしレーガーのピアノ曲をまさしくレーガーが弾いていたように演奏するとどうなるのか、そのようなこともお話ししたいと考えています。」

 

横田    「あまり知る機会のないレーガーについて、いろいろお話が聞けそうですね。とても楽しみにしております。ところで、すでに若手ピアニストとして活動をされている東山さんですが、この春博士課程も修了して本格的に活動されていくことと思います。今後についてですが、ご自身の理想像としては、どういったピアニストをイメージしていらっしゃるのでしょうか。」

 

東山    「それは僕自身が留学中にもよく考えていたし、帰ってきてからもよく聞かれる質問です。まず僕がずっと思っているのは、演奏を聴いた時に、『あ、この曲良い曲だな。』と思ってもらえるような演奏ができたらなと。特に日本に帰ってきてから思うのですが・・・ドイツでは、有名ではない曲が演奏されると、『あ、面白いね』とか、『こんな曲も聴けて良かった。』と興味を持ってくれるんですね。一方日本での演奏会であまり知られていない曲が演奏されると、『何か知らない曲だったな。』で終わってしまうことが多い。この受け止め方の違いにすごく違和感を持っています。」

 

横田    「確かに、それについては私も感じますね。来日するオーケストラにしてもピアニストにしても、結局どれも似たようなプログラムばかりだなと思います。それでいろいろ話を聞いてみると、日本にも来ているある有名な演奏家から聞いた話ですが、興行的な理由から日本での演奏会では必ず入れてほしいという曲目があり、それ以外の曲を演奏したくても結局思うようにプログラムを組めないといったこともあるようですね。名曲を知ることはもちろん大切だと思いますが、知らない曲を聴くことによってさらに音楽の世界は広がりますよね。ですので、今回のレーガーのピアノ曲というテーマは新しい音楽の世界を知る良い機会だと思います。東山さん自身、ピアニストとして名曲にはこだわらず、様々な音楽に挑戦していきたいという感じでしょうか。」

 

東山    「もちろん有名な、いわゆる名曲と言われる曲も素晴らしいとは思います。やはり、名曲は人の心をつかむ何かがありますよね。ただ、名曲は名曲と言われるだけあって、誰が弾いてもある程度曲が助けてくれる部分もあると思うのです。一方、そこまでではない曲というのは、良い所もあるけれど、やはり、そこまで人々に愛されない理由というのがどこかにあるのだと思います。作曲家も人間ですから常に完璧ではなく、そういった曲の中には、ここは少しわかりにくいなといったような部分があったりするわけです。でも、そういった曲の中にもここはとびぬけて面白いなとか、なんだか味があるなといった部分もあるので、。そういう面白いところや、その曲が持つ知られざる魅力をしっかりと引き出してあげる、そういう演奏ができるピアニストになりたいと思っています。」

  

横田    「今後のご活躍が楽しみです。今日はお忙しい中、お話をありがとうございました。」

 

2018年10月14日

遠方調律!皆様の街へ伺います♪(10月は関西、11月は九州、中四国)

テーマ:ピアノクリニックヨコヤマNEWS

ピアノクリニックヨコヤマには、2018年10月時点で、まだ支店がありません。

ですので、これまでずっと、横浜のお店から

全国、そして海外にまで、当店の音色を求めてくださるお客様がいらっしゃれば

どこどこまでも調律・調整にお伺いしております。

 

さて、今回は10月15日(月)~22日(月)まで、

塩田勇太が関西方面に伺います。

※いつもお伺いしているお客様にはお葉書発送済みです

 

雨が降ろうが槍が降ろうが、どんな時にも“おっとりさん”の塩田です!

長年趣味で聴き込んできた巨匠ピアニストの音色や演奏の蓄積が

音作りにも大きく活かされ、各地の皆様に非常に喜ばれています。

全国からたくさんの御礼のお手紙や喜びのメールを頂戴しており、

とても嬉しく思っています。

ヨーロッパ伝統の調整・調律にご興味のある方がいらっしゃいましたら

お気軽にお問合せください。

(現時点で既にスケジュールが埋まっており、場合によっては

次回のご案内になるかもしれません)

 

 

また、11月2日(金)~25(日)頃までの予定で、

只木瑠真が九州、中四国方面に伺います。

※いつもお伺いしているお客様にはお葉書を発送したところです。

もうすぐ届くかと思います!

 

日本で唯一、ピアノ作りをゼロから行うことが出来た

エスピー楽器 元社長 岩本氏から直々の指導を受けた最後のピアノ技術者。

3年間の修行を許された特別な逸材でもあります(通常、2年間の修行しか許されていませんでした)。

 

とにかく察しが良く、器用で要領が良い!!

当店入社以降も劇的な進化を遂げ、今では海外出張まで担当できる技術者に成長しました。

日々喜びのメールやお手紙が届くことはもちろん、

宮大工のような、それぞれのピアノにあわせた適切な修理を行うことができ、

入社数年目にして既に、今後のピアノクリニックヨコヤマを担っていく大きな存在になっています。

修理のご相談も、お気軽にご相談ください。

 

ちなみに、出張料金は一律8,000円頂いております。

それプラス、調律、調整代→詳細はこちらの料金表をご覧ください。

遠方調律は、地域ごとにスケジュールをまとめて伺うことで

出張料金全国一律¥8,000という料金設定を実現しています。

 

遠方各地でまた皆と再会できますこと、

二人共、心から楽しみにしております!

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB

2018年10月13日

リシュモア人気講師のピアニスト 姜愛玲 出演コンサートのご案内♪

テーマ:公演情報

リシュモア音楽教室(ピアノクリニックヨコヤマ主宰)で、

開講早々に時間枠が一杯になってしまったほどの人気講師であり、

各地の演奏活動で活躍中の 姜愛玲(かん えりょん)が、

来る11月18日(日)、ヴァイオリンとのデュオコンサートに出演します!



 

姜愛玲の演奏は、一音一音に丁寧に命を吹き込み、

大切に、大切に紡いでいくような演奏です。

心に染み入るような優しく温かい音色で、

緩やかな時間が流れる、豊かな音楽の世界へといざなってくれます。

そして、聴く人の心を癒し、温かい気持ちにさせてくれます。

 

奏でる音楽そのものが、姜愛玲の人となりでもあります。
紡ぎ出す音楽すべてに、
誠実で、真っすぐで、接する対象全てに対して丁寧な
姜愛玲自身が溢れています。

 

出身大学は、たくさんの音楽家を輩出している名門 桐朋音大。

もっとプライドが高くてもおかしくない経歴、技術がありながら

信じられないぐらい謙虚で低姿勢。

 

これだけ人を魅了する演奏が出来る先生でありながら、このお人柄。

当然あちこちの音楽教室から引く手あまたで、たくさんの声がかかっていました。

そんな中から、リシュモアで教えることを選んでもらい、現在に至ります。

 

今回の公演では、横山ペテロが調律を担当させていただきます。

是非、足をお運びください♪

 

無料体験レッスンで、姜愛玲の演奏を聴いて涙する人までいらっしゃる理由が、

きっとおわかり頂けると思います。

 

****************************************************

■斎藤久仁子 ヴァイオリン & 姜愛玲 ピアノコンサート

日時:11月18日(日)13時半開演(13時会場)

会場:紀尾井町サロンホール

チケット:一般前売り¥3,000(当日¥3,500)/学生¥2,000(当日¥2,500)

プログラム:Beethoven Sonata for violin & piano No.6

               Brahms Sonata for violin & piano No.2 他  

お問合せ:ピアノクリニックヨコヤマ お問合せフォーム

****************************************************

 

ちなみに・・・姜愛玲のレッスンを希望される方へ

 

だれでも音楽を習う時、演奏技術も確かで音楽性もある素晴らしい先生に習いたいのは当然です!

なおかつ、教え方、雰囲気など、相性の良い先生に習いたいのは当然のことだと思います。

が、そのような先生を自分で探すのは、本当に至難の業なのです!

 

リシュモア音楽教室では、個人宅でつけばワンレッスン数万円という先生まで、

ご自身で探して辿り着くことは滅多にできないレベルの講師陣がそろっています。

 

講師自身が、確かな技術で、人を感動させることのできる演奏ができること。

そして生徒に寄り添ったレッスンが出来る、柔軟な人間性を兼ね備えていること。

これが、リシュモア講師の条件です。(このような講師また・・・滅多に巡り合えないのです!)

 

リシュモア音楽教室では、ご入会希望の方にはまず

複数の先生で無料体験レッスンを受けて頂き、生徒さんご自身に先生を決めて頂いています。

自分ではなかなか探すことのできないレベルの講師がそろうリシュモア音楽教室で、

自分で講師を選ぶという、完全に生徒さんの立場に立ったシステム。

口コミが口コミを呼んで、今では遠方各地から通われる生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

 

ご興味のある方は、是非無料体験レッスンをうけてみてください。(予約制)

 

リシュモアWEB

ピアノクリニックヨコヤマWEB

 

 

2018年10月12日

リシュモア音楽教室に、新しいスタッフとピアノ講師2人を迎えました!

テーマ:リシュモア音楽教室NEWS
10月とは思えない暑い日々に汗ばんだり、
朝晩の冷え込みに震えたり・・・ 気温の変化についていくのが大変な毎日ですが
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

さて、ピアノクリニックヨコヤマが主宰している リシュモア音楽教室に
このたび新しいスタッフ1人と、新しいピアノ講師2人を迎えることになりました。


ウインクリシュモア音楽教室総務 瀬戸陽子(せとようこ)


【経歴】
岡山県出身。
山陽女子高等学校音楽科卒業
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業
チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院大学院修士課程修了


2012年~2016年まで、くらしき作陽大学モスクワ音楽院特別演奏コースにて
ロシア人ピアノ講師の通訳アシスタントとして勤務。2013年からは、
山陽女子高等学校ミュージックコース、2015年から、くらしき作陽大学音楽学部
子ども教育、各非常勤講師として後進の育成にも携わる。
2018年8月より結婚を機に神奈川県に居住。
2018年10月よりピアノクリニックヨコヤマに入社 (リシュモア音楽教室 総務)

【皆様へひとこと】
小さい頃からずっと、ピアノと共に歩んできた人生。私にとってピアノは欠かせない存在
となっています。いいことばかりではなく、思い悩み、苦しむこともありましたが、
その経験全てが、かけがえのない財産となっています。少しずつでも音楽の真髄に近づい
ていけるようにこれからも努力してまいります。

以前はピアノ一筋で演奏や後進の指導に邁進しておりましたが、こちらでは
リシュモア音楽教室の総務として、教室運営、イベント企画、事務など、音楽教室の
業務全般を担当させて頂いております。音楽の愛に溢れた素敵な環境で働けることに
感謝していますし、大好きな音楽を通して皆様のお役に立つことができることをとても
幸せに思っています。

全てのご縁を大切に、何事も全力で取り組んでまいります。皆さまの思い出に残る
ような楽しいイベントもたくさん開催できればと思っています。どうぞよろしくお
願い致します。

 

【瀬戸陽子さんってどんな人?】
謙虚で低姿勢でありながら、しっかりとした筋のとおった人。まぶしいほどの笑顔で

テキパキと業務にあたる姿は社会人の鏡です!誠実を絵に描いたような雰囲気で、

出会ったその日から相手に信頼感、安心感を与えてくれるのは、人徳の成せるわざ。

そして意外や意外、芸人も羨む“笑いの神さま”がついている人。
たびたび飛び出す天然発言でたくさんの笑いを提供し、いつも意図せず場を和ませて

くれるお茶目さんです。気さくで話しやすく、思慮深いので、リシュモア音楽教室の

生徒さんや先生たち、お店スタッフのパイプ役としても力を発揮してくれるに違い

ありません。溢れるアイデアで、今後はリシュモア音楽教室のみならず、

ピアノクリニックヨコヤマにも新しい風を吹き込んでくれることと思います!

 
お願いリシュモア音楽教室 特別講師 井谷俊二(いたにしゅんじ)

 

【経歴】

大阪府出身。大阪音楽大学卒業。
ドイツ国立ミュンヘン音楽大学卒業。
活水女子大学名誉教授。
全日本ピアノ指導者協会正会員。

 

1982年大阪にてデビューリサイタル。「非常に美しい音を持った人。有望な新人。」(音楽の友誌)

との評を得る。その後、東京、神戸、長崎、福岡ほかドイツ各地でもリサイタル開催。

大阪フィルハーモニー、長崎交響楽団、ドイツ・ミュールドルフシンフォニカー等と共演。

NHK・FM、ラジオ第一、FM福岡等に出演。日本、ドイツ各地で室内楽、声楽家のリサイタル、

日伊ガラコンサート、ドイツ歌曲演奏会等で数多く伴奏をつとめる。これまでにシューマン、

ブラームス、ショパンの3枚のCDをリリース。

長崎の活水女子大学音楽学部で33年間教鞭をとる。その間、新装なった長崎県美術館の

ロビーコンサートの企画、演奏、ながさき音楽祭の立案、ながさき音楽塾講師、

また飯塚新人コンクール、長崎県新人オーディション、カワイ音楽コンクールほかで

審査員をつとめる。井澤利、E・テーンベルク、G・オピッツの諸氏にピアノを、

O・ケーベル氏に室内楽を師事。

 

【井谷俊二先生ってどんな人?】

名誉教授ときくと、様々な人物像が頭をよぎるかもしれません。

気難しい顔でふんぞり返ってないだろうか・・・

厳しいスパルタレッスンをされるのではなかろうか・・・

多くの人たちが抱くであろう数々の不安を、会えば一瞬で取り除いてくださいます!

とーーーっても気さくで話しやすい、笑顔の多い先生です。

趣味の大人の方には、小難しいことより、まずは弾きたい曲が美しく弾けるように。

子供には、個々の理解度に応じて、楽しみながら上達できるように。

音大受験生には、より専門性の高いレッスンで志望校に合格できるように。

ピアニストやピアノ講師には、自分自身で音楽を構築できるように。

個々の生徒さんが求めるレッスンを柔軟にしてくださる貴重な先生なのです。

そして先生自身の音楽がまた素晴らしい!!綿密に練り上げられた圧倒的な演奏は、

真の音楽家と呼ぶにふさわしく、当教室初の特別講師としてお迎えすることになりました。

今後は希望者を募り、定期的に公開レッスンを開催するなど、様々な新しい企画に取り組んでくださいます。

(※井谷先生の個人レッスン料は特別料金となります)

 

ニコニコリシュモア音楽教室 ピアノ 髙橋 恵(たかはしめぐみ)

【経歴】
北鎌倉女子学園高校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
 

 ピアノを松尾民子、小牧洋子、兼松雅子、オルガンを高橋靖子、指揮を高階正光の

諸氏に師事。ソロピアニスト、アンサンブルピアニストとしての活動の他、宗教作品、

オラトリオのチェンバリスト、オルガニストとして多くの演奏会に出演し、高い評価を得ている。

 2007年から10年間過ごした北海道では、生の演奏を聴く機会の少ない方々のために、

北海道内各地を巡りスクールコンサート等の演奏を精力的に行う。また、病者の家庭を訪問し、

音楽の贈り物を届ける活動も行なった。

 

【髙橋恵先生ってどんな人?】

一人一人の生徒さんの良いところを絶妙なポイントで見つけて絶妙な言葉で褒めるプロ!

こんな先生に巡り合っていたら、ピアノをやめずに済んだのに!!という声が聴こえてくるようです。

否定しないで、認めて、なおかつきちんと指導する。そんな難しい技を、顔色ひとつ変えずに

ゆったり笑顔で進めていく姿には、いつも驚かされます。

褒められて自信がついた生徒さんは、不思議とどんどん伸びていかれます。

個々の進度に合わせた的確な指導を行いながらも、心に寄り添った優しい言葉で導いてくださいます。

本当に、心に優しいレッスンです。

先生自身の演奏は、いつも揺るぎない安定感と確かな技術で、やさしさ溢れる豊かな音楽を届けて

くださいます。東京芸大をはじめ国内の主要音大への進学実績も豊富ですので、受験生もウェルカムです!

 

以上、ご紹介させて頂きました!

3人もの新しい仲間を迎えることができ、

リシュモア音楽教室はますます活気づいています♪

是非無料体験レッスンを受けてみてください♪詳細はWEBをご覧ください♪

 

リシュモア音楽教室(大人の生徒さん向け WEB)

リシュモア音楽教室(子供の生徒さん向け WEB)

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB

 

2018年08月10日

イエルク・デームス 90歳バースデーコンサート(4日間のFestival)※プログラム&日程変更

テーマ:当店主催イベント

今年で90歳になる、ウィーンの巨匠 イエルク・デームス氏。

ますますお元気で、相変わらず世界各地を飛び回って活躍されています。

今年も当店の主催でバースデーコンサートを開催できますことを

大変嬉しく、有難く思っております。

 

もともと5日間の開催予定だったのですが、急遽日程が変更となりまして、

プログラムも大幅変更となりました。(すでにお申込み頂いておりましたお客様には

現在進行形で順次ご連絡しているところです。)

 

また、デームス氏のバースデーは12/2なのですが、

12/6のコンサートホールでのコンサートをバースデーコンサートとさせて頂きます♪

今年もたくさんの皆様と、4日間特別な時間を共有させて頂くことができましたら幸いです。

 

***************************************************************

4日間のイエルク・デームス フェスティバル~Jorg Demus Festival for 4days~

チケット:各¥6,000(全席自由) 

12/2,3,5会場:ピアノクリニックヨコヤマ ショールーム
12/6のみ会場:横浜市戸塚区民文化センター さくらプラザホール

主催:ピアノクリニックヨコヤマ ・ リシュモア音楽教室

***************************************************************

 

【第1日目:12月2日(日)14:00開演】
『 イエルク・デームス 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 コンサートⅠ』

会場:ピアノクリニックヨコヤマ ショールーム

■プログラム

J.S バッハ:

平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第1番~6番(BWV 846-851)
パルティータ第6番 ホ短調 BWV 830
平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第7番~12番 (BWV 852-857)


【第2日目:12月3日(月)19:00開演】
『 イエルク・デームス 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 コンサートⅡ』

会場:ピアノクリニックヨコヤマ ショールーム

■プログラム

J.S バッハ:
平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第13番~18番(BWV 858-863)
平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第19番~24番(BWV 864-869)
半音階的幻想曲とフーガ BWV 903


【第3日目:12月5日(水)19:00開演】
イエルク・デームスコンサート ~クロード・ドビュッシー没後100周年記念~』

会場:ピアノクリニックヨコヤマ ショールーム

■プログラム

C.ドビュッシー:
ベルガマスク組曲
映像 第1集
映像 第2集
Voyage a travers le Monde
~世界一周の旅~
(前奏曲集第1巻、2巻より12曲抜粋)


【第4日目 最終日:12月6日(木)19:00開演】 
『 イエルク・デームス 90歳バースデーコンサート 』

会場:戸塚区民文化センター さくらプラザホール

■プログラム

W.A.モーツァルト:ロンド イ短調 K.511
F.シューベルト:3つのピアノ曲(即興曲) D 946
L.v.ベートーヴェン:ピアノソナタ第32番 ハ短調 作品op.111
J.デームス:田園ソナタ op.19
C.ドビュッシー:月の光が降り注ぐテラス(前奏曲集 第2巻より)
金色の魚(映像 第2集より)
月の光(ベルガマスク組曲より)
沈める寺(前奏曲集 第1巻より)

 

 

お申込みはこちら→お問合せフォーム

※お申込み日、枚数、チケット送付先、お電話番号を必ず入力の上送信をお願いいたします。

 

今年の締めくくりにふさわしい、

皆様の心に深く残るコンサートになりますように。

 

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB

 

リシュモア音楽教室WEB(大人用)

リシュモア音楽教室WEB(お子様用)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>