実録!包茎手術・治療日記

実録!包茎手術・治療日記

包茎に悩み、包茎手術を決心してから、実際にクリニックで包茎手術を受け、そして完治するまでの真実の記録です。
包茎治療を考えていらっしゃる方には必見です。

包茎手術を受けることを決めた28歳独身会社員。 包茎手術に向かって日々の出来事をリアルタイムに発信中。 

包茎手術後1ヶ月が無事に経過しました。

ここから、ブログを読み始めた方のために手術後1ヶ月たった現在の状態を簡単にお知らせします。

1、傷跡・・傷は少し硬く盛り上がり、幅1mm程度で1周あり

  ます。少し赤みを帯びていますが、まだ治りかけのようです。

  勃起させると硬い傷跡によって締め付けられるのか、少し

  違和感がありますがあまり気にならない程度です。

2、縫合糸・・8割ぐらい糸は取れています。結構中々取れない

  ものです。お風呂に入った時に、かるく指でこすっていると

  少し盛り上がった傷跡に埋もれていただけの糸が取れました。
  残っている糸も、かなり頼りなく残っている感じで、体内に

  入っている糸の部分はかなり溶けてしまっている様子です。
  あと数日で全部とれるところまできている気がします。

  糸がとれるにしたがって、縫合糸が入っていたところが陥没

  してしまい少し凸凹しています。

3、見た感じ・・勃起した時のことを考えてか、陰茎部の皮は少

  し余裕をもたせている感じです。
  ですから、萎んだ状態のときには亀頭のカリの部分を少し越

  えて皮がきます。
  傷跡が皮によって上から覆われているので、萎んだ時には

  傷跡は隠れています。
  包茎だったせいか亀頭部がピンク色で、陰茎部の皮膚が少し

  黒いので色の違いが少し目立ちます。これは個人差ですかね。
  ピンク色が肌色に近くなれば、自然な感じになりそうなんで

  すが…。切除ラインをはさんで色が急に変わるので勃起させ

  ると切除ラインが出てくるので少し不自然ではあります。
  これは包茎手術をしていると仕方のないものなのかもしれま

  せんね。
  亀頭の裏側の小帯の周りが少し膨らんでいます。

  勃起したときや正面からみれば目立ちませんが、横から見る

  とふくらみがわかります。
  気にするほどではないのかもしれませんが、
  できればもう少しおさまれば言うことなしの仕上がりです。

4、亀頭の敏感さ・・包茎でつねに皮がかぶった状態だったせい

  か亀頭が少し敏感です。
  手術直後は、包帯で亀頭部の半分くらい覆われているので、
  先端部がパンツにこすれくすぐったい感じで、包帯を取って

  からは全体がパンツにこすれるので最初は落ち着きません。
  3週間もすれば、かなり慣れますが、真性包茎の人は
  かなり大変だと思います。

包茎手術を受けてアッと言う間に1ヶ月が経過してしまいました。
途中出血したりして術後にヒヤっとしたこともありましたが、

なんとかここまできました。
禁欲生活も1ヶ月たち、なんとか我慢できるものだと自分でも感心しました。

糸がとれて機能面に問題がなければ包茎手術…成功といって良いかと思います。
それではまた報告します。


別のサイトを立ち上げました。僕の受けた包茎治療クリニックの詳細と候補クリニックについて考察しています。
包茎手術・治療専門クリニックを検討してみよう!」です。


包茎手術にまつわる、ここだけの治療話!」という私と同じような包茎手術の体験者のサイトがあります。包茎手術専門のクリニックの情報等よく調べているサイトなので、よろしかったら訪問してみてください。

 

包茎手術を受けてついに4週間が経過しました。
もう、この時期になると、勃起した時の痛みはほとんどなくなります。
傷口も完全にふさがっているようです。
ただ、切除したラインは少し赤みを帯びたラインになっていて、周りより少し硬くなっています。
切除ラインが一周にわたり、細くて硬いゴムバンドに巻かれている状態と言えばわかってもらえますか?そのゴムに沿って糸がポツポツと残っている感じです。
だからなのか、勃起した時につっぱる痛みはなくなりますが、切除ラインに沿って少し締め付けられるような違和感があります。まだ糸が残っているのでそのせいかもしれませんが…。

治療を受けたクリニックに問い合わせると
「包茎手術を受けて一か月ぐらいですと、傷が治りたてなので硬くなっていると思います。性交渉やマスターベーションの際に、そこがこすれて赤く腫れる人もいます。
このような硬い傷跡も時間の経過とともに柔らかくなりますから、安心してください。」ということです。
また、縫合糸が全部とれたら、入浴時にマッサージをしてあげると血行が良くなり柔らかくなるのが早くなるそうです。

4週間経過時の縫合糸ですが、だいたい4割ぐらいまだ残っています。
最初は左側からとれ始め、その後全体的にチョボチョボと所々取れ始めます。入浴時に軽くこすったらポロリと取れる糸もありました。あまり無理をしないで待つつもりです。
残っている糸も、解けたような感じで、ほとんど取れかかっているようです。

縫合糸が取れ始めると気になるのが糸目の跡です。傷が固く盛り上がるので糸が入っていたところが陥没して段差ができます。細かい糸目は無数にあるので少氏目立ちます。時間の経過にともなって目立たなくなるそうですが…。

縫合糸が全部取れたら、ようやく性交渉などが解禁です。一か月近い禁欲生活は辛かったですが、あと残り少し我慢します。

週明け、私に触発されて包茎手術を受けたいと言い出した友人と会う約束になっています。少し話を聞いてみたら私より症状が重そうです。
とにかく包茎手術の仕上がりの不安と痛みが怖くて治療に踏み切れなかったようで、私の話を聞きたくてしょうがないようです。
私的には、現時点では仕上がりには…不満はありません。だいたい自然な仕上がりだと思っています。
しいて言えば、裏筋の部分の腫れ…と、糸目の跡ぐらい。
最近、伸縮性の包帯を巻いて圧迫するのをサボっているので、それが原因か?

ちょうど一か月目ぐらいで糸が全部とれてくれないかな…と願いつつ、それではお休みなさい。

 

包茎手術を受けたことをカミングアウトした同級生から問い合わせがありました。
その後の状況を聞きたかったらしく、丁寧に教えてあげました。
ブログで公開していることはあえて教えていません。知り合いに自分の文章を読まれるのは、少し恥ずかしいですから・・・。
今度、また一緒に飲むことにしました。
たぶん、そのころには糸は全部取れていることでしょう。だいぶやる気になっているようです。

前に包茎手術を受けたクリニックを教えてあげましたが、自分でもその後いろいろ調べたらしく、包茎手術にかなり詳しくなっていました。
一生に一度しか縁の無い手術です、自分が納得するまで調べるのは必要なことです。
予約日には一緒についてきて欲しいと言ってましたが、包茎手術は一人で行ってこそ男に生まれ変わるというものです。
場所は教えてあげるから、ひとりで行かせるつもりです。

さて、今日は包茎手術を受けて25日目になります。

前回のブログでは、左側の糸が取れかかっていると書きましたが、3~4箇所の糸がその後取れました。
それ以外では、全体的にポツポツとほどけたような感じになってきました。

手術を受けたクリニックの人に、少しでも早く糸が取れる方法は無いのか聞いたところ
「早く取れる方法はありませんが、人によっては、体の表面に出ている糸が、盛り上がってくる肉に埋もれて、こびりついているだけの人がいます。ちょっと擦っただけでポロポロと糸が取れるのに、大事にしすぎてしまったケースです。ただ、無理して引っ張るのはやめてください。出血したり、炎症をおこす場合があります。入浴時に軽く擦るように刺激をあたえてあげるだけで取れる糸はポロポロ取れますから・・・。」と言われました。

もうそろそろ、4週間目も近づいてきました。そろそろ入浴時に試してみたいと思います。