実録!包茎手術・治療日記

実録!包茎手術・治療日記

包茎に悩み、包茎手術を決心してから、実際にクリニックで包茎手術を受け、そして完治するまでの真実の記録です。
包茎治療を考えていらっしゃる方には必見です。

包茎手術を受けることを決めた28歳独身会社員。 包茎手術に向かって日々の出来事をリアルタイムに発信中。 

テーマ:

このブログも開設から5年が経過しました。これを機会にと思い一度読み返してみたのですが、記述漏れ、言葉足らずのところや誤字・脱字も見つかり改めて修正する必要に気づきました。

そこで、最初から文章を見直し加筆修正して掲載することにします。そのため修正が全て終わるまでブログの新しく修正した古い文章が前に出てきてしまいます。
時系列的に文章を読みたい方は左側にある「テーマ」から選択して順番に読んでください。

なお、私の包茎手術の結果を画像で紹介したサイトを立ち上げています。
包茎手術の結果を早く知りたい方は下記をクリックしてみてください。包茎手術を考えている方には参考になるはずです。

   
包茎手術・治療専門クリニックを検討してみよう!

このブログを読まれている方の中には、包茎手術を真剣に考えられている人がいらっしゃると思います。包茎手術を受ける際に一番大事なのは病院選びです。後で後悔しないためにも可能な限り情報を収集して慎重に検討してください。

それでは「包茎手術から…2週間目です。」の本文です。


包茎手術後2週間がたちました。

日常生活はほぼ支障が無くなりました。
つい最近まで、急な出血が起きた場合を想定して、緊急用にガーゼ・包帯・消毒液・テープ等をひとまとめにして持ち歩いていましたが、もはやその必要もなくなさそうですね。

いま、一番気にしているのが…
1、亀頭の裏筋あたりが全体的に少しふくらんでいること。
2、糸がいつとれるのか。
この2つになりました。

前から抜糸にかんしては興味があったので、治療したクリニックに聞いてみました。

「ご希望でしたら、抜糸もおこないます。
包茎手術後、最低でも2週間が過ぎれば抜糸できます。
その際には予約を入れてから来院してください。抜糸に代金はかかりません。アフターケアでおこなっています。
でも、ほとんど抜糸をする人はいませんよ。糸を切って体内に入っている糸を引っ張り出すわけですから、当然に痛いですし、またシャワーや入浴の制約がでてきます。せっかく吸収糸で包茎手術をしたのですからあと1~2週間です。待ったほうが良いと思いますよ。」

「裏筋のふくらみは、包茎手術をおこなうと、多少はできてしまうものです。勃起したときのことを考えて裏側は多少皮に余裕をつくります。その余裕をもった皮の部分に、リンパ液などの体出液がたまって、少しブヨブヨしてしまうのです。時間の経過とともに自然と目立たなくなりますから心配しないでください。
どうしても心配でしたら、伸縮性の包帯を巻いて軽く圧迫しておいてやれば、早めに回復しますよ。」

ということでした。
何か、抜糸は面倒だから来るなと言われているようで、少し不信感。でも、まぁそれもそうだとも思いました。

黄色いシミもほとんどパンツにつかなくなったので、傷口がジクジクしていた時だけ軽く巻いていた包帯や消毒は治療後2週間目で止めることにする。
入浴後、切除ラインをみると、結び目がほどけるような感じの糸が2~3本発見できた。

痛いのはもう勘弁してほしいので、自然に取れるのを待つことにしました。

追記(ここからは後日に追加して記述してます)
Tクリニックに限らず包茎手術を受けたら、必ず早めに抜糸してもらいましょう。そのほうが傷跡は綺麗になります。Tクリニックは抜糸はアフターケアに入るらしく無料でやってもらえます。ただクリニック側から積極的に抜糸を勧めることはありません。面倒なのでしょうね。できるだけ回避したいようです。なので包茎手術を受ける前に抜糸希望であることを伝え、手術後の受付の時に抜糸日の予約を入れてしまうことです。

また、おもしろいサイトを発見しました。「全日本包茎手術クリニック」です。包茎治療を検討しているなら参考にしてください。専門クリニックの選び方は参考になります。

 


テーマ:

 

包茎手術をうけてから13日目になりました。 明日で治療を受けて2週間になります。 本当にあっという間でした。
毎日自分のペニスを見ながらブログを更改してきましたが、どんな時でもブログを書かないと1日が終わらない気がして…、特に出血がひどい時は、顔を引きつらせてキーボードをたたいていました。

 

 

 

さて、今日ですが包茎治療後…初めてお酒を飲んでみました。
包茎治療クリニックからは、抗生物質を服用している5日間は禁止。2週間ぐらいは節酒してくださいといわれてましたが、今まで一滴も飲まずに我慢してきました。
飲んだ量は…ビールを中ジョッキで2杯、酎ハイを3杯ぐらいです。軽めで我慢しましたが、久しぶりのせいか、少し酔っぱらってブログを書いてます。(これだけ飲めば充分だろうとは言わないでくださいね。これでも普段より我慢してるんです。) さすが、治療後2週間近くたつと、このぐらいの飲酒はほとんど問題ないです。痛みもないし、血のめぐりが良くなって出血するんじゃないかと少し心配もしましたが、まったくありませんでした。

 

 

今日一緒に飲んだのは、大学時代の友人です。
ちょっと酔った勢いで「俺、包茎手術を受けたんだ!」とカミングアウトしてしまいました。

 

 

包茎手術の顛末を酒の肴にしました。

 

 

治療痕を見たがってましたが、まさか居酒屋で出すわけにはいかず、丁重にお断りしましたが、やっぱりみんな興味はあるんだね。話を聞くとみんな仮性包茎っぽいし。大いに盛り上がりました。

 

 

家に帰り今日は暑いので、ぬるめのシャワーですませました。まず患部を確認。パンツにも黄色いシミがつかなくなり、傷口はドライな状態を維持している。 問題なし。

 

 

では、おやすみなさい。

 

 

追記

私は仮性包茎でしたが、真性包茎の手術の場合は術後の痛みなど違うようです。真性包茎の場合の体験談を知りたい方には「私の包茎手術顛末記(包茎手術体験談)」が詳細に説明していますので参考にしてください。

 


テーマ:

すみません。

 

包茎手術…11日目のブログがアメブロさんから、公開禁止になってしまいましたので削除しました。 問題がないように、簡単にその内容を書きますと…。

 

 

昨日、フラストレーションがたまってしまって痛いのを我慢して、少しいじってしまいました。 途中で裏側から少し出血しているのが解りあわてて止血、のぼせ上がった頭が一発で正気に戻りました。 とにかく糸が入っている限り無理は禁物ということです。
という内容だったのですが…(このくらいの記述はOKでしょうか?)書いてる方は真面目に書いてるつもりなのですが、実際のありのままを書こうとしたら、 少し記述が生々しかったようです。 今後気をつけます。

 

 

さて、包茎手術を受けてから12日が経過しました。
昨夜のように無理をしなければ、ほとんど出血はしなくなりました。 黄色いシミも、下着に少しつくぐらいで、傷もかなりドライな状態になりました。包帯を軽めに巻いたりしていましたが、もうしなくても良さそうです。 下着の中で出したままの状態にしておく方が、治りが早い気がします。 少しですが治療痕が固く盛り上がっているのが気になります。

 

 

亀頭のブツブツを焼いたところも、黄色いシミが固まってできたような「かさぶた」がだいぶ取れてきて、中からツルリとした綺麗な粘膜がでてきました。 ほとんど、ブツブツのあった痕跡はありません。

 

 

糸は、包帯を替えるさいに取れてしまった数本を除いて、ほとんど残っていますが、勃起させても最初の頃よりは10日ぐらい我慢すれば糸が緩むのか、 体が痛みに慣れるのか、身体が危険を察知してFullの状態にならないように自動セーブしてくれるのかは不明ですが楽にはなります。

 

 

糸が取れるまで治療後3週間から1ヵ月かかるそうですから、まだ半分もきてません。先は長いですね。

 

 

ちなみに、削除した11日目のブログは書き直しません。欠番にします。また、そろそろ毎日更新しなくてもいいかなって思っています。 手術も終わり、後は回復を待つだけになり、その回復状況の変化も少しづつといった感じです。もちろん問題が生じたら別ですが…少し考えてみます。