精神科医ブログ、長崎広島原爆・福島原発放射能、第二次大戦、児童虐待・DV・レイプの遅発性晩発性複雑性PTSDの心理・薬物療法完全融合

「PTSD」以外の病名の文字のあるブログの読者登録は基本拒否しています。タイトルも含めて全て「精神障害」に書き換えてください。


遠隔地の生保の患者は診ません。それはその地域の精神科医の義務です。生保の移動は私が保証人になることを意味しますので責任を負いかねます。「自分を治らない遺伝病としてではなく、PTSDとして診断治療せよ!」と要求することは患者の権利です。権利は患者自身が行使してこそ権利として認められます。自分で行動しなければ助けはどこからもきません


 精神科臨床一筋の精神科医。山口県岩国市出身。広島学院中学高校卒。平成2年に国立山口大学を卒業。岡山大学病院・広島大学病院で研修後、町立西城病院(現広島県庄原市)、国立呉病院、児玉病院(広島市安佐北区可部)、下永病院・松永駅前クリニック(広島県福山市)、日良居(ひらい)病院(山口県周防大島町:周防大橋により半島化)で精神科臨床にたずさわる。精神科病院・総合病院精神科・精神科クリニックでの30年近い臨床経験で、日本の精神科臨床の表も裏も知り尽くす。

 

 平成14年(2002年)ごろより精神科臨床の激変を直感した。遺伝脳病(仮説)内因性精神病(うつ病・躁うつ病・統合失調症・非定型精神病)の新規発病の消滅と心因性(無意識の)精神障害のPTSD・神経症(フロイト型PTSD)の爆発的発病であることを理解する。
 平成16~19年(2004~2007年)に広島市可部(かべ)の児玉病院で多数の「フラッシュバックを認めない複雑性広島原爆PTSD」患者を発見し、診断・治療を行う。「広島原爆PTSD」患者は「晩発性複雑性広島原爆PTSD(被爆後60年以上無症候で高齢期に発病)」と「遅発性複雑性広島原爆PTSD(被爆後10年ぐらい経って発病し人生の大部分を難治性統合失調症として精神科病院で過ごす)」の2種類が存在する。
 アメリカが「トラウマ(フラッシュバック)を消すPTSD治療」に失敗した新規向精神薬(SSRI・SDA)単剤・少量を用いた独自の薬物療法「中核トラウマ薬物強化受容療法」「化学的フラッシュバック誘発療法」「ラポール・新規向精神薬療法」を広島原爆PTSD治療を通して確立した。

 

 平成16年(2004年)より広島県医師会雑誌「広島医学」に「成人発病遅発性複雑性(フラッシュバックのない)児童虐待トラウマPTSD」症例報告掲載を手始めにPTSD論文7編を発表。論文掲載を妨害されたために、平成19年(2007年)より学会発表を開始する。
 2007~2017年(平成19~29年)までに「広島医学」論文を含めて「日本最多のPTSD33症例発表」を行う。
 2017年113回日本精神神経学会学術総会:名古屋では発表申し込みをした3演題が全て「理由なき不採択(憲法21条違反の検閲)」で妨害される。
 2017年11月、世界で唯一の「複雑性PTSDの薬物治療本」である「うつという医学の言葉は存在しない~ヒロシマで見つけた無意識の病PTSDの薬物療法」(文芸社:1512円)を出版する。


「PTSD(とくに複雑性PTSD)の研究史の中にご自身の臨床経験を位置づけ、深い苦悩を背負い続けてこられた患者の立場に立って、実証的に論理的に書かれている著者の医師・精神医学者としての人間性・生きる姿勢に、深い共感と敬意の念を覚えずにはいられません。」

 「日本帝国陸軍と精神障害兵士」「ハンセン病児問題史研究」著者

清水寛 埼玉大学名誉教授の帯書


232ページ「中井久夫先生からの手紙」

「各種文献を熟読され、ことに最近では世界的に忘れられている、(ハリー・スタック)サリバンやリフトンの著作を読みこなされて、PTSDを中心とする外傷性障害の診断と治療に深い思索をなさっているように感じました」


 2006年(平成18)年の「PTSDをうつ病と誤診し薬物治療と称してアクチべーション・シンドロームで自殺を促進する基本法」制定以来の日本社会全体の歴史的な「PTSD否認」(福島原発事故・東日本大震災を経験してなお続く)の風潮から、私の精神医学の革命的な研究は全面的に「否認」され、否認した17000人の日本人精神科医と日本精神医療はとめどもない荒廃と崩壊を続けている。
 世界の精神科医でただ一人、「長崎・広島原爆~東海村JCO臨界事故~福島原発事故放射能恐怖~北朝鮮核恐怖トラウマPTSD」という「現実」を直視し、日本人と世界の生き残りをかけた真の精神医学研究を続けている。


精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本精神神経学会指導医      日本精神神経学会は2019年に退会予定


「うつという医学の言葉は存在しない~ヒロシマで見つけた無意識の病PTSDの薬物療法」は国営学術情報システム「リサーチマップ」 公開の「広島医学」論文とリンクしてます  http://researchmap.jp/muratazouroku/

 

2018年 国連(WHO)の新診断基準(ICD-11)に「複雑性PTSD」が登場。「PTSD=全てが複雑性PTSD」に

取り組んできたのは17000人の日本人精神科医で私ただ一人です。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-09-19 23:47:17

26分の1

テーマ:多剤併用・OD・神経毒ハロペリドール
施設の患者の外来診察でカルテにくちゃくちゃと「26・・」と書いてる意味が自分でわからなくなったが、患者の方が「施設入所前にもらっていた薬の26分の1になったと説明を受けました」ときっぱり答えた。この患者は知的障害があると福祉情報にひっついていたが、別に問題はなさそうである。外傷的環境で育っていたからそう見えただけである。

同居家族に死なれ独居能力無しとしてセーフティーネットの施設入所したが、ごちゃごちゃと薬を出されており、最近の入所者一般のように施設・病院を飛び出しさ迷うのではないかと予期したが、色々あったなかに、何とか指導・助言を繰り返すうちに、すぐに数年経った。一方ではサクサク減薬していったのである。ラポール(あなたは脳病ではありませんよと無意識に語る)形成しながら。

身よりも全くない状態だから、施設で安定した生活をしてもらいたい。


減薬に苦労する?離脱?

異常に長引き重篤な離脱というのは、トラウマが身体症状に「転換」したPTSDである。

「機能的(ベンゾ薬害の会のリッチーさんが経験した失声)」であるだけでなく、「器質的(フリーライターかこさんのところに寄せられる筋肉の萎縮症状)」であることもある。

国営学術情報システム「リサーチマップ」に公開され一万回以上閲覧されている「晩発性複雑性広島原爆遺児PTSD」がそれである。

進行する関節の拘縮・筋肉の萎縮の「転換」症状がラポール・セディール→ラポール・パキシルで停止→回復に転じた。
並行して父親を原爆に殺された怒りと悲しみと思慕の念の感情が「解離」していたのが想起された。

患者は「肉体」だけでなく「人間」の「心」をラポール・セディール・パキシルで取り戻したのである。

深刻な転換型PTSD(第一次大戦PTSDで多発)の歴史上初めての薬物治療完治例である。

日本精神神経学会機関誌の「精神神経学雑誌」はこの症例報告論文を理由なく採用しなかった経緯については、自著にも記載。


「転換型PTSD」を否認する者に「離脱」なる非医学的問題を語る資格無し。
2018-09-19 20:49:20

消えた本物の統合失調症が異常犯罪の病名として出なくなった喜び

テーマ:統合失調症≒PTSD
PTSD=複雑性PTSD・フロイト型PTSD(神経症)の大量爆発(2002年)と同時に消えた遺伝性脳病内因性精神病の新規発病。
それ以前に発病した本物の統合失調症の人たちは、「静かな目」をして社会の片隅にひっそりと生きているはず。私の本に出ているように。

統合失調症にたいして似てもいないのに、統合失調症とされるPTSDは「おびえた目」をしているが、うつ病にたいして似てもいないのに、うつ病とされるPTSDよりは圧倒的に少数(2006年まで百年かけた疫学的結論が破綻してることをみなが否認している、遺伝病統合失調症≫遺伝病うつ病でなければならないはずが)。
ところが、異常犯罪が起きると依然統合失調症というイメージが残っていたから、本物の統合失調症患者さんたちが、どれほど心を傷つけていたか。

まあ、さすがに統合失調症とあまりにかけ離れた「加害者型PTSD」の凶悪犯罪の連発に統合失調症・凶悪犯罪イメージは大分薄らいできた。

かといって、加害者型PTSD=解離性同一性障害の異常犯罪とも診断しないから、異常犯罪が連発しても、何も得るところはない。


また、本物の統合失調症、躁鬱病、うつ病、非定型精神病、認知症(内因性精神病に遅れて2007年から消失)が発病するようになるのはいつの日だろうか。

わたしはこのまま、精神病消失、全部PTSDのままの方が居心地がいい。

PTSDは基本的に治るが、患者のほとんどは自発的に廃人・変死・自殺に止まっている。福島原発事故・東日本大震災以後の国民・精神科医・患者のPTSD否認で、それは明白である。どうしても治すと覚悟を決めた少数の選ばれた人だけチョイスして協力して治療すればいいのだから。ラポールは双方向からの心(無意識)の交流がないと形成できない。
去る者は追わず。追わなくても、自称精神科医に「処分」してもらえばいいだけだから。

2018-09-19 20:14:56

長期固定した解離性同一性障害(PTSD=複雑性PTSD)のラポール・薬物キュア(治療)

テーマ:PTSD薬物治療・ラポール新薬単剤
ラポール
(1)精神疾患の複雑さ、内因性精神病仮説にすら全く歯が立たない原始的で未熟な脳科学の精神医学への関与を断固拒否する意志(モノアミン仮説の破綻により、米製薬会社が向精神薬部門から撤退)
(2)現在消滅している薬がよく効くはずの内因性精神病の存在を頭から認めない覚悟(薬を飲むだけですぐ治り復職できるはずの心の風邪うつ病がうつ病廃人患者百万人)


「精神疾患=全てPTSD=全て複雑性PTSD」のラポール・薬物キュア一例目(首都圏から転医)は、入院6ヶ月となった。薬物キュアは4ヵ月超。

ラポール形成→ゼプリオンデポ注→インヴェガ→セディール追加→セディールからベルソムラに変更して一週間。

今日、6ヶ月にして初めて私に、「ラポールが形成された主治医に対する壁」を越えて、「外に散歩に行きたいのですが」と自分から言えた。

ゼプリオン→インヴェガ→セディール→ベルソムラの新規向精神薬単剤(各グループ)少量のリレーとラポール(無意識の精神医学の遺産)による薬物キュアの土台のおかげである。

最終薬のレクサプロ(インヴェガ併用)まであと4週間。


うつ病
躁鬱病
統合失調症
非定型精神病
発達障害
人格障害
不安障害(パニック症、強迫症、社交不安、全般性不安)
認知症(フランス政府は抗認知症薬は無効であると税金の支出を停止)


「PTSD」以外の病名を


「言わない」
「書かない」
「思い浮かべない」

それが精神科薬物キュアを可能にする絶対条件(ラポール形成)である。


「4800億円」アメリカの「PTSD=うつ病のロボトミー・脳波追随電気ショック・コンピューター治療研究」「Brain Initiative」


ファイル00110007.jpg

2016年オランダ

20代女性、児童性的虐待トラウマPTSD

40代男性、アルコール依存症(依存症は全てPTSD)

「T4(安楽死)」治療

精神医学最後の薬物キュア
「中核トラウマ薬物強化受容療法」






2018-09-19 17:52:12

2010年に仙台市で首吊り自殺をネットで中継した銀行員(就職したばっかり)の人格解離

テーマ:人格の解離・解離症状、複雑性PTSD
2016年アメリカ軍発表

ベトナム帰還兵が40年間無症候だったのに、退職や友人の死という心理的契機で晩発性PTSDを発病して自殺している。


就職したばかりの銀行員が遺伝性脳病内因性精神病の「うつ病」を発病して休職。

「うつ病」なのに、街に出てナンパを繰り返して、一方では自殺すると言う。

ネット民が罵るなか、あっさり首吊り自殺。

家庭崩壊のトラウマがあった。相模原大量殺人、座間市大量殺人と同じ。

大学の友達と就職で離れたことが引き金だったんだろう。

私も研修医最初の一年はつらくて、国試を落ちた友達とかに電話ばっかしてたなあ。ごめんなさい。
2018-09-19 17:47:11

吉澤ひとみも仙台警官殺害大学生も解離性同一性障害(PTSD)

テーマ:人格の解離・解離症状、複雑性PTSD
「落とし物を届けにきました」→スイッチ切り替わる→死を恐れぬ殺人鬼


「2歳の息子が可愛い過ぎて死にそう!」→スイッチ切り替わる→飲酒運転ひき逃げ事故
2018-09-19 17:31:34

仙台市交番警官殺害は21歳大学生

テーマ:通り魔・解離異常犯罪・犯罪被害
夕食 を持ってきた栄養士さんと話していたら、「警官が嫌いで嫌いでしかたがない犯人じゃないですか~」と。

21歳大学生じゃあ、接点そのものがなかったろう。
2018-09-19 17:09:56

警官と暴漢(加害者型PTSD)の相討ち死を目撃してPTSD発病した若林しほの妄想

テーマ:通り魔・解離異常犯罪・犯罪被害
ドラマ「天までとどけ」でブレイクした若林しほが、偶然、警官と加害者型PTSDの相討ち死を目撃してPTSDを発病した。
お決まりの「薬出すだけ」の「治療」を受けて悪化しODや自傷を繰り返した。

最近、「天までとどけ」でいじめを受けていたと告白で登場。当時のスタッフの証言も見てみると、事実とは思えない。
PTSD=複雑性PTSDの解離性被害妄想であろう。


加害者型PTSD患者が「警官を狙って」交番を襲った事件は関係者により深い「心の傷(恐怖・不安)」を与えるだろう。 でも「こころのケア(PTSD予防)」「DPAT」は安倍晋三が消滅させました。

事件を解析し対策を立てるべき「精神医学」は存在しない。

PTSD否認で存在しないからこそ、PTSD殺人が多発するとも言える。

雑誌「精神科治療学」9月号「疾患~」に「PTSD」はありません。


この事件は起きたと同時に終わった。次の事件へ。
2018-09-19 08:00:43

昨日は埼玉でゲリラ豪雨(広島市土砂災害DPAT消滅)、富山・仙台警官殺害解離感染

テーマ:原子爆弾(黒い雨)放射能トラウマPTSD
「PTSDの世紀」

抗う安倍晋三と17000人の自称精神科医



ファイル0009.jpg

精神医学最後の薬物療法「中核トラウマ薬物強化受容療法」
「うつという医学の言葉は存在しない~ヒロシマで見つけた無意識の病PTSDの薬物療法」文芸社、1512円、Amazon販売中
2018-09-19 07:27:24

仙台市交番で警官が刺殺される、犯人は射殺

テーマ:通り魔・解離異常犯罪・犯罪被害
日本に政治テロはなくても加害者型PTSDがいる。富山交番警官殺害のように。

「精神科医に拳銃を持たせてくれ」の虚しさ。


「異常」な殺人だが、日本の自称精神科医とは何の関係もない話。
2018-09-19 00:44:29

雑誌「精神科治療学」9月号、「精神疾患~」

テーマ:書籍
他の病名を全部並べてPTSDだけ抜いとる。
いつまでそんなことが通用すると思ってるんかね。

17000人の自称精神科医が「PTSDと言うと死んじゃう病」にかかっているに違いない。
ファイル0017.jpg

この分でいくと国連WHOの新診断基準「ICD-11」の邦訳小冊子も出版しない気じゃないか。関係者が全員「複雑性PTSDと言うと死んじゃう病」だから。

それなら公的診断書のICDの疾患コードナンバーを書く書式を変えてくださ~い。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス