ミラドライ施術後レポート185 | 美容皮膚科医の日常

美容皮膚科医の日常

一美容皮膚科医の想い


テーマ:

今回は、20代男性。治療1か月後のレポートとなります。

 

掲載にあたり、ご本人の承諾を得ています。

 

以下、原文のまま。

----------------------

 

1. ミラドライを受けようとお考えになった動機をご教示ください。

一年中脇の汗が止まらないこと。臭いも気になっていたため。

 

2. 当院をお選びいただいた理由をご教示ください。

ブログの内容、面談を通して信頼できる先生だと思ったため。

 

3. 施術前の私の説明は十分でしたか?わかりにくいところはありませんでしたか?

十分でした。

 

4. 施術中の痛みや気になることはございませんでしたか?

注射が多少痛んだが、そのあとは全くなかった。

 

5. 他に、来院から施術後まで、何か気になることはございませんでしたか?

特にありません。

 

6. 施術後どのような経過をたどりましたか?

当日夜から一週間程は腫れ、痛みがあった。腫れは腕、胸まで出てきた。

その後痛みはなくなったが多少の腫れ、腕を上げた時の突っ張りがある。

 

7. アフタケアに関して、何か困ったことはございませんでしたか?

特にありません。

 

8. 施術結果については、どのようにお感じですか?

汗、臭いが全くなくなったので非常に満足。今後どの程度発汗が戻るか気になる。

 

9. 私やスタッフに何かコメントがございましたら、お書きください。

丁寧にご説明、施術誠に頂きありがとうございます。

 

10. 他の方にミラドライを薦めたいと思いますか?

はい。

 

--------------------

 

以上となります。

 

ご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

ミラドライは、治療効果が高い割には、治療後副作用、トラブルがきわめて少ない治療ですが、ごくまれに処置を必要とする場合があります。

 

こういったケースでは、複数回のご来院が必要となりますので、当院では、患者さんの負担を考慮して、都内並びに近県の方のみ治療をお受けするようにしています。

 

医師もしくは施設により考え方に違いがありますので、遠距離の患者さんでも、場合によっては、交通費まで負担するというサービスを行っているところもあるようです。おそらく、有事にも、通院交通費補助や分院あるいは近隣施設への紹介など手厚いサービスを行いうる体制なのでしょう。常識的に考えるならば・・・

 

当院の場合は、交通費補助を行うには、経済的に余裕がないといいますか、それはちょっと違うかな・・・と感じていることと、全国展開して、各都道府県に分院があるという体制ではありませんので、遠距離の方に対する有事対応が現実的に厳しいのです。また、症状を直に診ることなく、結果として、きちんとした説明書面をお渡しすることもできない状況では、紹介も難しいと言わざるをえません。

それに、ミラドライは今や国内のほとんどの地域で治療が行われていますからね。

 

というわけで、上記のような対応をしているのです。

 

少し話はずれますが、遠隔医療・オンライン診療など、近年の通信機器の発達、セキュリティレベルの強化により推進される傾向にありますが、あくまで対面診療が前提となっています。

 

ミラドライ以外の話しとなりますが、当院では海外在住で一時帰国の際に診療を希望される方で、治療後通院の必要のないケースに関しては、スカイプなどを用い、対面診療前にお話をさせていただくというシステムを何年か前からとっています。もちろん、対面診療時に、再度、詳細な説明を行い、インフォームドコンセントをとらせていただくわけですが・・・。

 

治療内容によっては、遠方の方の治療も可能ですので、ご希望の方は、当院ウェブサイトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

本田淳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス