<14th Nov Wed>

誕生日ケーキ今日はチャールズ皇太子の70歳のお誕生日

この年になって「まだ待機中」なのは気の毒ですが、おめでとうございます。

記念に3組の夫婦が集う写真がリリースされましたが、長年のW不倫でメチャクチャだった夫婦、これからおそらく問題を起すであろう夫婦の中で、一組だけでもまともにやってる夫婦がいるのは一安心。

チャールズ皇太子って、頭は良いし、まじめに色んなことを考えてるんだけど、なんか魅力がないからアピールしないのよね・・。

------------------------------------------

 

11月11日の日曜の午後、セント・ジェームスにある有名なジェントルマンズ・クラブにご招待して頂き、着物仲間と別世界で夢のような時間を過ごしました(イギリスユニオン・ジャックが掲揚されてるのは、この日第一次世界大戦終結百年記念式典がすぐ近くであったからでしょう)。

 

イギリスの伝統と特権階級の底力を感じられるロンドンの会員制ジェントルマンズ・クラブ、19世紀には120程あったのが現存するのは50余りだそうですが、その中でもこのロイヤル・オートモーヴィル・クラブRoyal Automobile Clubは施設の規模に於いては断トツのトップに違いありません。想像よりずっとスケールが大きくて驚きました目。 宿泊用の108部屋を始め、多数のパーティー用の部屋、図書室、ビジネスセンター、レストラン、ジム、トルコ風呂、5レーンの美しいプールもあります(詳しくは→こちら)。

でも、大規模なゆえか、RAC会員だけではやっていけないのか、世界中のクラブと提携してるそうで、ジェントルマンズ・クラブも時代と共に変わってゆくのでしょうね。 「スマホ使用禁止」(かつての電話コーナー以外は)にして伝統を守ろうと努力はしてるのですが。

     

車「ロイヤル自動車クラブ」という名に因んで、エントランス・ホールには自動車が展示されてます。2週間毎に入れ替えられ、会員のマイ・カーであることも多いそうですが、玄関の回転ドアを取り外して車を入れるんですって。

 

    

 

    

スタッフの方が特別に案内して下さって、素晴らしいお部屋をいくつか拝見しましたが、ハイライトはやはり吹き抜けの楕円形のエントランス・ホールで、大きな油絵は2011年のクラブ創設百年記念の集まりの様子だそうです。

 

  

↑↓ 中規模のダイニングルームが一番ゴージャスキラキラ

    

                      一番大きいボールルーム(私は真ん中に立ってます)。

    

ライブラリー。            すっきりした小部屋も素敵。

  

 

ここには女王様の肖像もありました。

  

偶然ですが、全員が無地もしくはあっさりした柄で揃いました。日本語が少し話せるフランス人の若いポーターが大喜びしてくれた他、たくさんの方に褒めて頂いて気分良かったです。朝のうち大雨だった所もあったのですが、午後は良いお天気になって本当に良かったです。

 

    

コーヒーゆったり優雅なドローイング・ルームでお茶を頂きました。予約できないところを特別に特等席をリザーブして頂いて、ご招待して下さった方のお心遣いに感謝です。

   

全員がスコーンを注文。小さいしクリームもジャムも美味しいので、3個づつ頂きました。食器が名前入りの特別誂えなのはさすが。

 

   

前日の大雨で葉っぱが全て落ちた紅葉との最後の写真。

雲柄の水色の無地は、12年前にムスメが私の誕生日カードにアラレちゃんに着せて描いてくれましたが(→こちら)、十代の時に白地から染めてもらったのに見本よりずっと地味な色に染め上がってしまったので、母が代わりに着てたもの。

今日の主役は季節限定の菊柄(ですよね?)の赤い帯ですが、これも娘時代にお琴の演奏会とかでよくお世話になりました。

水色と赤という着物ならではの組み合わせの実家セットでした。

 

 んちゃ!!

<12th Nov Mon>

ムスメが遊びに来てくれたので、会社休んで、一日親子3人、DVDを観ながらのんびり過ごしました。先週観たアニメ映画「未来のミライ」と同じ監督の「おおかみこどもの雨と雪」と「サマーウォーズ」を日本語で、「Paddington 2」を監督のコメント版で全編。

--------------------------------------------

10月23日はロイヤルオペラハウスでヴェルディのレクイエム。 ヘンデルのソロモン(→こちら)同様、リングサイクル中はヒマでやることがない合唱団の有効活用でしょうか。

  

珍しくアンフィシアターに座りましたが、音のバランスは良いけど、やっぱりソロは近くで聞くのが好き。オケが舞台に乗るんだったら、脇の席は最初から売って下さいよねムキー。 いつのまにか放出されて、気がついた時は既に遅しショボーン

Conductor Antonio Pappano
Soprano Lise Davidsen
Mezzo-soprano Jamie Barton
Tenor Benjamin Bernheim
Bass Gábor Bretz
Chorus Royal Opera Chorus

パッとしない顔ぶれですが、テノールはたしかフランチェスコ・メリの予定だったような気がするけどなあ(だから切符買ったんだと思うの)。 でも、ベンジャミン・ベルンハイムも聴きたかったので、ま、いいか。彼はラ・ボエームで有名歌手が都合がつかない日に一回だけ出るという穴埋めをたしか2度やった人で、私はどちらも都合がつかなくて聴けなかったから。

で、どうだったかと言うと、可もなく不可もなく・・・。

バスのガボール・ブレッツは写真で見るとルックスは悪くないけど全く印象に残らず、どんな声だったかすら全く覚えてない。 

 

  

4人の中でベストだったのは、急遽代役のリサ・ダヴィッドセンで、リングサイクルでフレイアを歌った時も良かったけど、声量たっぷりの長身美女ソプラノ。

一方、小柄で太目のメゾソプラノのジェイミー・バートンは駄目でしたね、又。

 

  

 

ソロがぱっとしなくてもコーラスが抜群だったらそれで良しってことにもなりえる曲ですが、ここのコーラスは上手だと思ったことがないですからねえ。オケはまあまあ。

結構好きな曲で、切符代は安かったけど(14ポンド)、果たして行った甲斐があったかどうか・・? 売り切れだったのでリターンすれば確実に売れたけど、今シーズンから手数料が倍増して一枚4ポンドになり、トーチャンと二人分だと損害が多過ぎて口惜しいし、第一、実際に聴かなきゃわからないもんね。

でも、いくらなんでも、もうちょっとましな歌手出さないと馬鹿にされると思うので、辞めると言ってたけど5年の残留と発表されたパッパーノ大将、コネを駆使してもっと格上の歌手呼んできて下さいよね。切符代が倍になってもいいから。 こういう単発コンサートは大歓迎だし、以前やってたようにソロ歌手のリサイタルも復活させましょう。

<10th Nov Sat>

バレエのマチネが終わって外に出たら、イギリスには珍しい激しい土砂降り雨。気温は高いし風もなかったので(傘は持ってるし)不快ではなく、ザアザア降る雨もいいなあ、と思いながらジムに泳ぎに行きました。水が好きなんでしょう。

-----------------------------------------

バレエそう言えば、バレエの記事がないけど、今シーズンになって行ってないの? バレエは減らさなきゃっていつも言ってたけど。

 

いえいえ、一昨日も行ったし今日も行ったし、来週も2回行くんです。バヤデール。なかなか減らせませんね。

 

先月のマイヤーリングには行かなかったの? 

行きましたよ。2度だけですが。

 

実際にあったオーストリア・ハンガリー帝国のルドルフ皇太子(日本では有名なエリザベート皇后の息子)が男爵令嬢とピストル心中銃するという暗い内容で、踊りもあまりなくて地味なので人気がない演目。9年前は売れ残りの大ダンピングでオーケストラストールにうんと安く座れたこともありました(→こちら)。 その5年後にも観ました(→こちら)。

でも、何度か観るうちに、演劇を重視するロイヤルバレエには向いてる演目かなと思うようになりました。特に皇太子役は数人の女性ダンサーと複雑な振付でからむし担ぐ場面も多いだけでも大変なのに、内面を表現する演技力が必要で、男性ダンサーにとっては一番しんどい役ではないかしら。

 

1 10月6日の初日はプリンシパルが6人(平野、オシポワ、ラム、ヘイワード、キャンベル、ニュネツ)も登場する豪華メンバー。

  

↑クリックで拡大

 

 

この手の狂気の演技が得意なエド・ワトソンの予定だったんですが、ひっそり平野亮一さんに変わってました。他の目立たないチームで出る予定だったのに、ロールデビューでいきなりトップチームに抜擢され、緊張してるのがよくわかってハラハラしましたが、レヴューは上々でした。 最初はどうしてもワトソンと比べてしまって物足りなさを感じましたが、平野さんは平野さんなりのキャラでやればいいわけですから、上出来のロールデビューだったと思います。 その後、回を重ねて緊張が解け、また違う感じになったことでしょう。

 

Telegraph ★★★★
Evening Standard ★★★★
Independent ★★★★
Time Out ★★★★
Times (£) ★★★

 

花束の量はビミョーなんですが、この日のオシポワとラムはまあそんなに差がなくてよかったね(実は、今日のバヤデールのマチネは大変な差でびっくりしたんです)。

王子様はしっくり来ない平野さんですが、クセのある役は得意ですから、これはいつか当たり役になるかも。

 

 

  

 

 

     

 

2 10月25日はフェデリコ・ボネリ

ボネリは好きなのに、ローラ・モレラと共演することが多いので行く気が失せてしまうことが多いのですが、今回は奥様の小林ひかるさんの引退公演ということで、見逃せません。

  

 

この後もう一回あった日がひかるさんの最後の日だったので、その時は花束をたくさんもらったのは勿論のこと、お別れのシーンも感動的だったそうです。 長い間ご苦労様でした。

   

 

この役は初めてではないようで、平野さんと比べればリラックスしてたかな。 でも、精神的におかしい皇太子を必死で演じたけど、いかにも常識的な好青年という雰囲気のボネリにはこの役は合わないような・・。

   

 

   

 

 

<9th Nov Fri>

昨日は午前中の仕事と夜のバレエ鑑賞の間に久し振りのテート・ブリテンアート。バレエの前にROH近くのジムで水泳もして、実に充実した一日でした(バヤデールのムンタ君、素敵だったしラブ)。ロンドンには博物館、美術館があり過ぎて、いつか行こうと思ってるうちに終わってしまうことがしょっちゅうですが、折角入場料が割引になるNational Art Passも使わなきゃ勿体無いし、これからはどんどん行くつもり(注:常設展は無料)。

 

カメラ写真はクリックで拡大します。Photos will be enlarged by clicking.

   

「バーン=ジョーンズ、すごく良かったよニコニコ」、とトーチャンに言ったら、ムスメの猫の世話で2ケ月近く拘束されてなにも出来なかった反動か、彼も早速今日行ったのですが、そんなに感動しなかったようです。バーン=ジョーンズの耽美なアートは男性にはあまり受けないかもしれないですね。そう言えば、昨日も客は中年以上の女性が多かったし。

 

Sir Edward Coley Burne-Jones (1833-1898)(→こちら)は、ラファエル前派と密接な関係を持ち、ウィリアム・モリスとも親しかったイギリスとっては重要な人物で、絵画だけでなく、ステンド・グラス、鉛筆画、タペストリー等、画材の種類も豊富で、私はとても楽しめました。

 

あちこちから集めた中には個人所有の作品もたくさんあり、作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーも数点貸し出してるようです。彼はうんと若い時から(たしか十代)この時代の埋もれた絵画を蒐集し、値上がったところで売って稼いだお金をミュージカルの軍資金にしたというのは有名な話。バーン=ジョーンズが特に好きだったそうですから、今私たちがキャッツやオペラ座の怪人を楽しめるのはバーン=ジョーンズのおかげかもですよお金。来年2月24日までやってます(→こちら)。

 

写真OKなので気に入ったのを撮ってみましたが、暗いせいかほとんどはボケてますが、雰囲気はわかって頂けるかと。

    

 

   

               大きなタペストリー2点

   

↑↓ 壁の4面に飾られた「眠れる森の美女」ぐぅぐぅ

   

 

   

 

  

 

  

 

   

デッサンを見たのは初めてでしたが、おデブさん「受胎告知」、忘れられませんゲラゲラ

 

   

彼はステンドグラスにも熱心だったそうで(この展示には少ししかなかったけど)、実は実際に本来の姿で11月1日に見たのでした。Sloane StreetにあるHoly Trinity(→こちら)。 コンサートで度々行くカドガン・ホールのすぐ近くにこんな美しくて重要な教会があるとは知りませんでした。

 

 

<7th Nov Wed>

散りゆく我が家の庭の紅葉の今日の様子。

  

 

 

以下は一昨日のことですが、写真が多いので全て小さく載せておきます。

カメラクリックで拡大します。

    

もみじ散りゆく紅葉の下で着物姿の写真が撮れて嬉しい。

焦げ茶色のラメ入りの着物に乱菊柄の帯。先回派手過ぎた反動もあり、晩秋らしく、しっとり地味に。

 

    

行ったのはコベントガーデンで、まず友人とランチ。Barrafinaバラフィーナ(→こちら)というモダン・ スパニッシュ・タパスの店で、この支店はまだ日が浅いので知られてないのかそんなに混んでなかったけど、姉妹店は(予約不可なので)長蛇の列になる人気店です。

     

着物が汚れないように、雨ゴートのまま頂きまーす。全て二人分で、全て美味しかったですが、まずは獅子唐とコロッケ。

    

ターボットの切り取られた部分を煮込んでもらいました。

    

 ビーフの頬肉。                スパニッシュ・オムレツ

 

   

クリスマスツリーまだ飾りの付いてないついてないコベントガーデンのクリスマスツリー。

リッチモンドのピーターシャム・ナーサリーがちょっと前にコベントガーデンにオープン(プラントのナーサリーではなくお店とレストランとカフェだけですが)。中庭は緑の少ないコベントガーデンではちょっとしたオアシスかも。 今日はカフェでお茶だけ頂きました。

 

    

 

  

  

今日のメインイベントはロイヤルオペラハウス。しょっしゅう行ってますが、この日は珍しいイベントがあったのです目

 

Sitzprobe席リハーサルに一般客を入れるのは初めてとのことですが、オーケストラストールに数十人座らせてもらいました。 友人が招待されて私はゲストでしたが、座ったのはP列で、見上げれば美しい丸天井。シモン・ボッカネグラ(→こちら)を通しではなく、ちょこちょこと指揮者があれこれ注文つけながら2時間。希望者は音符が借りられます。

   

オケと指揮者はオケピット、コーラスは男女左右に分かれてストールサークル。ソロ歌手たちは矢印のロイヤルボックス席。   

   

私の撮った写真ではよくわからないでしょうから、メリ君がFBに載せてたセルフィーを拝借しましょ。右からフランチェスコ・メリフルラネットカルロス・アルバレス(ボッカネグラ役)。男性3人は素晴らしかったけど、アメリア役のソプラノはしょぼい声・・・。

   

終わってから、コンサーバトリーでちょっとしたレセプションがあり、ワインとおつまみ。指揮者とタイトルロールのカルロス・アルバレスが来てくれました。久し振りのカルロスさんは立派な声になってて、本番の期待が高まりましたが、「僕、来年4月に日本でジャンニ・スキッキに出るんだよ」。と嬉しそうに言ってました(新国立劇場→こちら)。きっと彼は素晴らしいに違いないです

 

というわけで、紅葉と一緒に着物写真撮れたし、ランチ美味しかったし、珍しいリハーサル見学も出来て、充実した一日でしたOK