8月8日に一泊したコワース・パークはまだ日が浅いせいか知名度は低いですが、2018年のロンドンのアフタヌーン・ティー賞を取ったそうです(→こちら)。ウィンザーやアスコットに近く、ロンドンからも簡単に行けますので、もしポロの試合がある日に行ければおハイソなイギリスを垣間見るチャンス! 

 

私たちはアフタヌーン・ティーではなく、ランチとディナー、スパの軽食、drawing roomのお茶を楽しみました。

カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

 

1 The Barnのランチ。

        

本館から少し離れた新しい新築エリアにあるThe Barn(→こちら)というカジュアルなお店で、到着直後にランチ。

夜しっかり食べるので、ここではチーズ・スフレとサラダ、Primroseさんとアップル・クランブルをシェアして軽く済ませました。

   

 

2 本館レストランでディナー

マンション・ハウスと呼ばれる18世紀のお屋敷の雰囲気の良いミシュラン星のレストランに着物で行ったのがハイライトで、tasting menuと3コースもある中で私たちはアラカルトで選びましたが、量も程よく、イギリス料理とは思えない程どれも美味しかったです(→こちら)。

 

  

3種類のアペリティフ。

  

前菜は、Marrinated Scallop, Glazed Pork Belly, Apple, Cabbage。

 

 

メインはのSalt Aged Waterford Beef, Cep Puree, Oxtail, Drippingは絶品。パリっとしたロールの中にオックステール肉。

 

 

デザートも甘過ぎず、美味しかった。

7時スタートで、外の緑が徐々に暮れていくのを感じながらの夕食はイギリスの夏らしい風情あり。

   

食後は、夕暮れのお庭を少し散策してから、drawing roomでピアノの弾き語りを聞きながらお茶を頂きました。

 

3 朝食

    

ディナーと同じレストランで、とぐろを巻いたカンバーランド・ソーセージ中心のフル・イングリッシュ・ブレックファストを頂きましたが(白いのはポーチト・エッグ)、結構な量で、大食いの私でも夕方までお腹が空きませんでした。

 

4 スパのカフェで夕方の軽食

   

水泳の途中でもバスローブで来られるスパ内の明るいカフェで、ロンドンに戻る前に軽く腹ごしらえ。 きっとここの菜園で採れた色とりどりの美味しいトマトとクリーミーなブラータ・チーズチーズリンゴ

 

5 drawing roomでコーヒー。

    

スパのカフェは早く閉まるので、ロンドンへの交通渋滞を避けて遅めに出発するために、drawing roomでコーヒーして時間つぶし。昨夜と同じ男性のピアノの弾き語りも。

 

<11th Aug Sun>

ヨーロッパ選手権で色んなスポーツをTV観戦しながら、楽しかった一泊旅行の写真を選び、ゆったりした週末でした。

ハイライトとも言うべき着物編です。

----------------------------------------

8月8日と9日に行ったコワース・パークCoworth Parkは、ロンドンから車で1時間なので、スパとディナーだけなら日帰りで充分なのですが、私たちには着物という目的もあり、ゆっくり一泊しました(お屋敷編→こちら、お部屋とスパ→こちら)。

 

Primroseさんと着物でご一緒するのはこれで5回目で、マナーハウスは3度目(2012年(→ラックナム・パーク・ホテル)、2012年(→ROH)、2014年(→チューリッヒ)、2017年ワットリー・マナー(→ワットリー・マナー))。

 

可愛いピンクの花柄小紋は今年4月に名古屋のリサイクル店で見つけたもので、まず私自身がお花見がてらの誕生日に着てしまいましたが(→こちら)、彼女のために買ったようなもの。今回こんな素敵な所で若くて美しい彼女に着て頂ける機会があって嬉しいことでした。

私はどれにしようか迷いましたが、この水色の小紋に金地の蝶々の帯でバランスが取れたでしょうか?

 

 

前日まで30度超えの猛暑だったのに、急に気温が10度下がったのはラッキーで、冷房のあるホテルで着替えてレストランに行くわけですから暑くてもいいわけですが、涼しくなったおかげで袷の着物で快適にお庭の散策もできました。

  

ホテルのあちこちでスタッフや他のお客様に写真を撮ってもらいましょう。

 

去年と同じ巾着ですが、去年はお互い着物と同じ色のを持って目立たなかったので、今回は逆にしましょう。

 

  

  

   

過去4回はいつも締め付ける部分が少なくて楽であろう半幅帯でしたが、今回初めて名古屋帯に挑戦して頂きました。この白い可憐な帯がぴったりですもんね。 回を重ねる度に着物に慣れて下ってるようで、全然苦しくないわと仰って頂けて安心しました。 

 

 

  

ここは入り口を入った所で、レセプションもエコホテルらしいリラックスな設えです。

 

着物でディナーを頂きましたが、素敵なレストランでの着物写真は「食事編」で、食事後のお庭の散策は「お庭編」でアップしますね。

 

8月8日と9日のアスコットにあるスパホテルCoworth Park滞在、白亜の美しい建物は→こちらでご覧頂いたのですが、中もモダンとクラシックが程よく調和して、どこもすっきりとした美しさ。 これは玄関ロビーのくつろぎスペース。

明るい感じのdrawking room。時折歌手がグランドピアノを弾きながら歌ってくれます。

日本人女性グループもよく見かけました。ロンドン南西に住んでたら、ランチやお茶に簡単に来られますもんね。

 

      

ランチ後にチェックイン。雰囲気ある廊下を通り抜けてお部屋に着くと、クローゼットも洒落てます。

 

            キラキラキラキラキラキラ うわぁ~ ~ ~ ~っキラキラキラキラキラキラキラキラ

あまりに素敵な部屋なので、写真撮影後はリラックスできる服装に着替えて、夕方まで、わくわく、のんびり、ごろごろ照れ 

 

お部屋のポイントは大きなシャンデリア。大きな家に住める身分になったら、これ欲しいラブ

 

 

窓からの眺め。向こう側の林の向こう側が広いポロのグラウンドで、二日目にぐるっと散歩しました。

     

 

母屋から少し離れたところにあるスパ。一階はジムとプール、二階はカフェとトリートメント部屋。最初の日は程よい暑さだったので日向ぼっこ向きですが、前日までの猛暑では身体が焦げてしまったでしょう。私たちがプールに行った時は雨だったのでバギーで送迎してもらいました。

浮き輪プールエリアにはジャクチもサウナもなく、スチームバスのみですっきり。デッキチェアで横たわってる人がほとんどの中、私たちは二日目にしっかり泳ぎましたとも。18メートルのプールは床のタイルも美しいし、水中だけで聞えるヒーリング系音楽付き音譜

エコがテーマのホテルですから、プールサイドの装飾はアメジスト・ジオード宝石紫宝石紫で、20個ほど並んでました。

にんじんリンゴバスローブで入れるヘルシー趣向のカフェ。最後にここで軽くサラダを頂きました。

<10th Aug Fri>

ぐんと涼しくなって20度以下のロンドン。昨日今日と急に大雨になったりして変わりやすいお天気ですが、異常な暑さは去ってようで、やれやれです。

--------------------------------------------

 

8月8日と9日はPrimroseさんと「マナーハウスで着物とスパ」シリーズ3度目として、ロンドン中心から車で1時間、競馬で有名なアスコットにあり、ウィンザー城からも近い高級エリアにあるコワース・パークCoworth Park(→こちら)という、カントリーハウスを改造したゴージャスなホテルに一泊し、夢のような素敵で充実した2日間でしたキラキラ

前日までは30度越えの猛暑だったのが、到着日は急に快適な温度に下がり、更に翌日は雨だったので、まさに一日だけの着物日和に当たってラッキーそのもの。Primroseさんの美しい着物姿はお楽しみにして頂くことにして、まずはお屋敷の外観を。

 

Coworth Houseの歴史は持ち主がころころ変わって複雑ですが(→こちら)、18世紀後半に事業家によって建てられて、エドワード7世(ヴィクトリア女王の息子)の王妃に仕えた公爵令嬢が個人で最後の住民で、その後学校になったりして、2010年から高級スパホテルCoworth Parkになったそうです。広大な敷地内には超おハイソなスポーツであるポロのグラウンドもあり、飾ってある絵画等のテーマは馬馬 

 

 

いつものようにホテル選びから運転までして下さったPrimroseさんに感謝お願い

 

夕方6時40分。ディナー前に着物でお庭を散策してるのですが、白いお屋敷が夕陽に染まって美しかったです。、

   

階段の上にも下にもラベンダーが植えられて、良い香りでした。

中東の家族連れが他にもたくさんいました。カタールの方だそうです。今日は涼しいからいいけど、昨日までは暑苦しかったでしょうねえ・・。

   

あ、この池に飛び込む女性の像は、グラインドボーンの池のほとりにもありますよ。先月見ました(→こちら)。

エプロン夏服なんて不要の年が多い中、久し振りに引っ張りだしたワンピースは母のお下がり。どんだけ古いんだ・・ガーン。モノが捨てられなくて困ったものですゲッソリ

 

  

マンション・ハウスと呼ばれる白い本館の近くには、あらたに建てられた一画があり、カジュアルなレストラン、コテッジとかステイブルstable(馬屋)と呼ばれるレンガの宿泊施設がずらっと並んでいます。近くには有名ゴルフ場Wentworthもあり、スポーツを楽しみために滞在するには最適です。そこそこのサイズのプールもありますしね。テニスコートも。

 

  

 

  

 

この後、お屋敷の内部編、スパとお庭編、着物編、食事編に分けてアップする予定で、週末はうっとりと思い出しながら写真選びドキドキ

 

<8th Aug Wed>

台風が過ぎて日本は涼しくなったそうですね。ロンドンも昨日までの猛暑から10度温度が下がり、今日は爽やかな理想的なイギリスの夏の日になりました。

 

今から、一泊だけですが、カントリーサイドに行って来ます。

楽しかった一年前のマナーハウス滞在(→こちら)のリピートですが、急に涼しくなったので袷の着物でも大丈夫なのがラッキー。

 

芝生はどこも茶色でしょうが、イギリスの良さはカントリーサイドにありですし、ゆったりリゾートで楽しんできます。

 

ところで、渡辺謙さん主役の王様と私で、こんなオファーが来ましたので、ご興味ある方はどうぞ(→こちら)。

私が先月行った時の感想は→こちらで、今まで観たミュージカルの中でベストだとは思えませんでしたが、充分楽しめますので、どうぞ。

尚、私はミュージカルの切符の買い方がよくわからないのですが、当日に劇場で割引される場合もあるらしいです。そう言えば、去年秋にアラジンを観た時に、ご一緒した方の前から買ってあった席より私が直前に劇場で買った切符の方が同じエリアでも安かったような・・。